2017年12月

【サッカー】2得点の岡崎を地元紙が絶賛、評点9 「点取り屋らしい2得点」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★ :2017/12/14(木) 09:54:26.94 ID:CAP_USER9.net


12月14日(木)9時23分 サッカーキング

2ゴールで勝利の立役者となった岡崎慎司 [写真]=Leicester City FC via Getty Images

写真を拡大
 プレミアリーグ第17節が13日に行われ、日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンと同FW岡崎慎司のレスターが対戦。フル出場の岡崎は2ゴールを挙げ、4?1での快勝に大きく貢献した。

 自身初となるプレミアリーグでの1試合2得点を記録した岡崎を、地元紙『Leicester Mercury』は高く評価している。同紙は4得点で快勝したレスターの戦いぶりを「今シーズン最高のパフォーマンス」と手放しで称えた。そして各選手の採点では、先発11選手全員が「8」以上(10点満点)という高評価。岡崎はチーム最高タイ(他に4選手)の「9」が与えられた。

 寸評では「点取り屋らしい2ゴールを記録し、(ジェイミー)ヴァーディの隣で傑出したプレーを見せた」と、絶賛されている。

 今シーズンの得点数を「6」に伸ばし、プレミアリーグにおける1シーズンの自己記録を更新した岡崎。今後、さらなる活躍に期待がかかる。レスターは次節、16日にクリスタル・パレスとホームで対戦する。

https://news.biglobe.ne.jp/sports/1214/sck_171214_9724141668.html
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513212866
続きを読む

【サッカー】<FW伊藤達哉(ハンブルガーSV)>プロ契約し21年まで延長!「チームに意外性をもたらす選手」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/16(土) 05:31:42.21 ID:CAP_USER9.net

ハンブルガーSV(ドイツ)は現地時間14日(以下現地時間)、
FW伊藤達哉(20)とプロ契約を結び、2018年6月30日までとしていた契約を3年延長し、2021年までとしたことを発表した。

ハンブルガーのイェンス・トッドSDはクラブ公式HP上で「達哉は今季、素晴らしい成長を遂げており、彼がブンデスリーガで披露しているクオリティは非常に印象的だ。
その伸びやかで溌剌としたプレースタイルのおかげで、チームに意外性が生まれている」とコメント。

同クラブのアカデミーからまた1人、才能ある選手がブンデスリーガの舞台で活躍し、同クラブで新たなキャリアを歩むことになり、喜んでいると語った。
柏の下部組織出身の伊藤は、2015年にハンブルガーのユースアカデミーに入団。ひざのケガもあり、思うようにいかなかった時期もあったが、

昨季、同クラブU-21チームの一員として地域リーグでプレーした。今季はトップチームに昇格し、9月24日のレヴァークーゼン戦でブンデスリーガ初出場を果たし、
それ以来トップチームで8試合に出場、うち5試合で先発出場している。

12/15(金) 11:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000010-ism-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171215-00000010-ism-000-view.jpg


【サッカー】<DF冨安健洋(アビスパ福岡)>ベルギー1部オファー DMM経営権取得のシントトロイデン「交渉は大詰めに入っている」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1513369649/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513369902
続きを読む

【サッカー】<内田篤人>ウニオン・ベルリン退団を希望か…今冬にも同クラブを去ることになるかもしれない

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/15(金) 00:15:27.69 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ2部ウニオン・ベルリンに所属するDF内田篤人は、今冬にも同クラブを去ることになるかもしれない。アンドレ・ホーフシュナイダー監督は同選手の去就について示唆した。

内田は今夏、7年過ごしたシャルケから恩師のイェンス・ケラー前監督が率いていたウニオンへと移籍。
しかし、新天地でも負傷も響き、出場は第5節フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦、第7節ザンドハウゼン戦の2試合にとどまっている。

また、先月末に負傷から復帰してからもその状況が改善する予兆が見られない。ケラー前監督のラストマッチとなった第16節ボーフム戦(今月3日)に続いて、
ホーフシュナイダー新監督の下で迎えた第17節ドレスデン戦(同9日)でも登録メンバーに含まれなかったのだ。

そして、ドイツ誌『キッカー』によれば、内田はワールドカップに向けて日本代表チームへの復帰を目指しているため、出場機会を求めてウニオンを離れることを検討しているという。
ホーフシュナイダー監督も内田の状況について「どうやって、みんなのためとなるように解決するのか、考えなければいけない」とのコメントを残し、同選手の移籍を示唆した。

先日、ノルウェーのバイキングFKに所属する右SBのジュリアン・ライヤーソンに興味を抱いていると伝えられるウニオン。
新たな報道では、同じく右SBを本職とするアウクスブルクのゲオルグ・タイグルの獲得に動く可能性が浮上。メディアは内田の退団は濃厚と見ているようだ。

12/14(木) 19:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00010001-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171214-00010001-goal-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513264527
続きを読む

【サッカー】<イブラヒモビッチ>「グアルディオラは最も幼稚なコーチ」バルサ時代の指揮官を痛烈批判!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/15(金) 06:53:29.00 ID:CAP_USER9.net

マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチは、バルセロナ時代の指揮官であるジョゼップ・グアルディオラ監督を“最も幼稚なコーチ”と罵っている。

2009-2010シーズンを前にインテルでの成功を引っさげてバルセロナに移籍したイブラヒモビッチ。初めて降り立ったスペインの地で、1シーズン目から出場した29試合のうち先発出場は23試合で、

16ゴールを挙げるなど数字ではインパクトを残したが、リオネル・メッシやティエリ・アンリを重宝するグアルディオラ監督とはそりが合わず、わずか1シーズンでイタリアへと渡っていった。

10日に行われたマンチェスターダービーでグアルディオラ監督と再会したイブラヒモビッチは、試合後『スカイスポーツ・イタリア』のインタビューで
「最初の半年でゴールを量産し、2つのスーパーカップ(スーペルコパ・デ・エスパーニャ、UEFAスーパーカップ)を制した。最初の6カ月は完璧だった」とバルセロナ時代を回顧。

しかし、メッシ中心のチーム作りが始まった途端、イブラヒモビッチのチーム内での序列は下がっていった。そのことを振り返った同選手は「でも半年が過ぎたら、システムと戦術を変更した。
それは私にとって良くないもので、クラブはグアルディオラと直接話すように言ってきた」

「グアルディオラに向かってメッシのために他の選手を犠牲にしていると言ってやった。そうしたら、ベンチに追いやられた。その後も状況は変わらなかったし、
彼は問題が発生すればこのように解決すると思った。それ以降、彼は話しかけてこないし、私を見ようともしない。部屋に入れば、彼はその場から離れる。彼と話し合おうと思っても、
すぐにどこかへと逃亡する。フットボール以前に大きな問題があった」とグアルディオラ監督との関係に問題があったと話した。

さらに、イブラヒモビッチは「私との間のトラブルを解決しなかった彼の問題だ。彼は最初から私のことを勝手に決めつけていた。全く知らない人物をそのように判断できないはずだ。
それに(マリオ)マンジュキッチや(サミュエル)エトーも同じ立場に置かれたと思う。彼は出会ってきた中で最悪なコーチではないが、間違いなく最も幼稚なコーチだ」とスペイン人指揮官を辛辣に批判している。

12/13(水) 12:41配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000011-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171213-00000011-goal-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513288409
続きを読む

【サッカー】≪本田圭佑≫「貯金反対」生活費以外全て投資とツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/15(金) 17:36:25.08 ID:CAP_USER9.net

12/15(金) 17:07配信
本田圭佑「貯金反対」生活費以外全て投資とツイート
パチューカ本田圭佑

 クラブW杯(ワールドカップ)に出場しているパチューカのMF本田圭佑(31)が14日、開催地のUAEからツイートした。


 日本語で、「貯金」「投資」について、持論を次のようにつぶやき、社会に問いかけた。

 「貯金の重要性は理解しているが、僕は貯金反対で実際に生活費に必要なお金以外は全て消費ではなく投資に使う。

 投資とはアスリートで例えるとフィジカルトレーニングみたいなもの。」

 本田は16日にクラブW杯3位決定戦でアルジャジーラと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00078125-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513326985
続きを読む

【サッカー】<ガンバ大阪>MF家長昭博(川崎フロンターレ)に正式オファー! 成立すれば5年ぶりの古巣

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/15(金) 06:10:26.12 ID:CAP_USER9.net

G大阪が川崎Fの元日本代表MF家長昭博(31)の獲得に乗り出していることが14日、明らかになった。複数の関係者によると、すでに正式オファーを提示。成立すれば13年シーズン以来5年ぶりの古巣復帰になる。

2年連続無冠に終わったG大阪は長谷川監督に代わり、来季はレヴィー・クルピ氏(64)が新監督に就任することが決定している。家長はクルピ氏と10年シーズンにC大阪でともに戦った経験があり、
攻撃の中心としてリーグ31試合4得点10アシストを記録。C大阪のアジア・チャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献するなど、クルピ氏の戦術を熟知しているのは大きい。

来年6月で32歳になるが衰えはない。むしろ円熟味、凄みは増している。右MFでプレーした川崎Fでは今季リーグ21試合2得点だったが、シーズン中盤以降は主軸に定着した。
11月29日の浦和戦では強靱(きょうじん)なフィジカルと技術で右サイドを突破して決勝点をアシストするなど、逆転優勝の原動力の1人になった。G大阪はタイトル奪還へ向けて、攻撃の核として期待している。

当然、川崎F側は必要戦力として慰留に努める構え。Jリーグ王者か、古巣か。家長の動向から目が離せない。

◆家長 昭博(いえなが・あきひろ)1986年6月13日、京都府長岡京市出身の31歳。G大阪ユースを経て04年にトップ昇格。マジョルカ(スペイン)や蔚山現代(韓国)でプレーし、
17年に大宮から川崎Fに完全移籍。日本代表には07年に初選出され国際Aマッチ3キャップ。1メートル73、70キロ。左利き。

12/15(金) 6:01配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000027-spnannex-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171215-00000027-spnannex-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513285826
続きを読む

【サッカー】<レスター地元紙>岡崎の驚異的な“ゴール率”を紹介! 「シンジはアグエロより優れている!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/15(金) 06:57:12.82 ID:CAP_USER9.net

プレミア80試合で5回目のフル出場
 
水曜日のサウサンプトン戦で2ゴールを挙げ、全得点に絡む奮迅の働きを見せた岡崎慎司。レスター・シティは試合を4-1でモノにして4連勝を飾り、まさに飛ぶ鳥を落とす勢い。
岡崎自身もクロード・ピュエル監督の信頼を得て、4-2-3-1システムのトップ下(シャドー)で出場機会を、先発での出場をより増やしていきそうだ。
 
試合から一夜明け、レスターをこよなく愛する地元紙『Leicester Mercury』はあらためて岡崎の攻守両面における貢献を称えた。
 
「シンジがいればレスターの機能性はグッと高まる。これはいまさら説明するまでもない事実で、今シーズンのゴールラッシュが始まる前から明らかだった。
以前と変わらないハードワークをベースにチャンスに絡み、ボックス内で絶えず果敢に立ち振る舞い、ゴールを重ねているのだ。14試合で6得点という結果は妥当な報いだと言える」
 
そして独自のデータを引っ張り出して、こう論じたのだ。
 
「すべてのコンペティションで換算すると、オカザキは107分間に1ゴールのアベレージで得点している。これはセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)より優れた結果で、
ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C)、アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)、ロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、さらにはアルバロ・モラタ(チェルシー)をも凌ぐ。
彼の上を行くのはハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー)とモハメド・サラー(リバプール)のふたりだけだ」
 
言うなれば出場時間換算の「ゴール率」で、名だたるプレミアの名手たちを抑え、岡崎は堂々3位に食い込んでいるというのだ。1ゴールに要した分数を並べてみると、
岡崎が107分間、アグエロが108分間(わずか1分間の差!)、G・ジェズスが140分間、ラカゼットが148分間、ルカクが155分間、モラタが155分間。そしてケインが101分間で1位、
サラーが103分間で2位となっている。ちなみにレスターのエースで相棒のジェイミー・ヴァーディは214分間もかかっている。
 
最後に同紙は、岡崎が今シーズン初のフル出場を果たした点に触れ、
「オカザキが90分間を戦い抜いたのは、彼のプレミアリーグにおける80試合の出場歴でなんとまだ5回目だ」と、驚きをもって伝えている。

12/15(金) 6:49配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171215-00033781-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171215-00033781-sdigestw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513288632
続きを読む

【サッカー】< ハリルJ 落選の “ビッグ3” >復権アピール! 本田はCWCで躍動、香川&岡崎は会心のゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/14(木) 22:50:27.54 ID:CAP_USER9.net

3人がそれぞれの所属クラブでクオリティーの高さを示す
 
11月の欧州遠征に臨んだ日本代表から予想外のメンバー落ちを経験した“ビッグ3”のFW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)、MF香川真司(ドルトムント)。
3人がそれぞれに所属クラブで実力を示し、復権をアピールしている。

メキシコのパチューカでプレーする本田は、ゴラッソを連発。ここまで国内での公式戦では16試合6得点を決めて中心選手として君臨している。
そして、本田擁するパチューカはUAEで開催されているFIFAクラブワールドカップにも出場し、「背番号02」を背負うレフティーはアフリカ王者のウィダード・カサブランカ(モロッコ)と南米王者グレミオ(ブラジル)相手に連続スタメン出場した。

得点こそ奪えなかったものの、本田自身も「記憶にない」と振り返った中2日での2試合連続延長120分をフル出場。
0-1で敗れた現地時間12日の準決勝グレミオ戦でも、FIFA公式サイトで「影響力は輝き続けた」と絶賛されるほどのクオリティーを示した。

日本代表歴代3位の50得点という記録を持つレスターの岡崎も、点取り屋としての意地を見せた。

リーグ戦で7試合ゴールから遠ざかっていたストライカーは、現地時間13日のサウサンプトン戦で3試合ぶりのスタメン出場を果たすと、前半32分と後半24分にネットを揺らして2ゴール。
クロード・ピュエル監督からも「違いを作り出した」選手として名指しで絶賛された。

「本来のパフォーマンス」で代表復帰なるか
 
危機的状況のチームを救うべく結果を出したのが、ドルトムントの香川だ。ペーター・ボス前監督が解任され、ペーター・シュテーガー監督体制の初陣となる現地時間12日のマインツ戦(2-0)で、2試合連続の先発出場。
FKのキッカーとして先制点の起点になり、試合終了間際の後半44分にはFWピエール=エメリク・オーバメヤンのアシストを受けて9試合ぶりの得点をゲット。
8試合連続勝利なし(3分5敗)という泥沼にはまっていたチームに9月30日のアウクスブルク戦(2-1)以来、約2カ月半ぶりとなる勝利をもたらした。

公式戦4得点目を決めた香川。チームが低迷するなかで香川がゴールを決めれば全勝という記録は継続し、チームに勢いをもたらす存在となっている。

日本代表を率いるバヒド・ハリルホジッチ監督は、3人をメンバー外とした10月31日の代表発表記者会見で、「挙げた名前の選手たち(本田、岡崎、香川)は、前回の合宿であまり評価をしていない。
彼ら本来のパフォーマンスを見せるべきだと。他の選手より良いパフォーマンスを見せてくれれば、ここにいるはず」と手厳しい評価を下し、チーム内での競争を促していた。

渦中の3人は、まさに三者三様で確かな結果を残した。このパフォーマンスを維持し、再び日本代表メンバーに返り咲くことはできるだろうか。

12/14(木) 22:10配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00010020-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20171214-00010020-soccermzw-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1513259427
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ