2017年08月

【サッカー】日本代表、豪州戦のスタメン発表!ハリルは大一番で乾と浅野をサプライズ起用 19時35分試合開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/31(木) 18:18:12.94 ID:CAP_USER9.net

本サッカー協会(JFA)は、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選 日本代表対オーストラリア代表のスターティングメンバーを発表した。

先発には乾貴士(エイバル/スペイン)、浅野拓磨(シュトゥットガルト/ドイツ)らが名を連ねた。一方、本田圭佑、香川真司はベンチスタートとなった。

日本代表はこのオーストラリア代表戦で勝利すれば6大会連続のワールドカップ出場が決定する。仮に引き分け以下で終わった場合でも、9月5日に行われるサウジアラビア代表戦で引き分け以上で終えれば、W杯への切符を手にすることができる。

日本対オーストラリアの一戦は、埼玉スタジアム2002にて19時35分にキックオフを迎える。

《日本代表先発メンバー》

■GK
1 川島永嗣/メス(フランス)

■DF
19 酒井宏樹/マルセイユ(フランス)
22 吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)
3 昌子源/鹿島アントラーズ
5 長友佑都/インテル(イタリア)

■MF
17 長谷部誠/フランクフルト(ドイツ)
16 山口蛍/セレッソ大阪
2 井手口陽介/ガンバ大阪

■FW
15 大迫勇也/ケルン(ドイツ)
18 浅野拓磨/シュトゥットガルト(ドイツ)
14 乾貴士/エイバル(スペイン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00010000-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504171092
続きを読む

【サッカー】本田、香川はメンバー入り 日本代表23人発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:神々廻 ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 22:56:28.72 ID:CAP_USER9.net

W杯ロシア大会アジア最終予選オーストラリア戦(31日、埼玉)に臨む日本代表23人と背番号が、アジア・サッカー連盟(AFC)公式サイトで発表された。

 試合開始90分前まで変更可能なリストだが、ベンチ外の危機もささやかれていたFW本田圭佑(パチューカ=4番)やMF香川真司(ドルトムント=10番)はメンバー入り。
ベンチ外の4人はDF植田直通(鹿島)DF三浦弦太(G大阪)MF小林祐希(ヘーレンフェイン)FW武藤嘉紀(マインツ)になっている。AFCが発表した日本のメンバーと背番号は以下の通り。

 【GK】

 1 川島永嗣(メッス)

 12 東口順昭(G大阪)

 23 中村航輔(柏)

 【DF】

 3 昌子源(鹿島)

 5 長友佑都(インテルミラノ)

 19 酒井宏樹(マルセイユ)

 20 槙野智章(浦和)

 21 酒井高徳(ハンブルガーSV)

 22 吉田麻也(サウサンプトン)

 【MF】

 2 井手口陽介(G大阪)

 4 本田圭佑(パチューカ)※日本協会の発表はFW

 6 高萩洋次郎(東京)

 7 柴崎岳(ヘタフェ)

 10 香川真司(ドルトムント)

 16 山口蛍(C大阪)

 17 長谷部誠(フランクフルト)

 【FW】

 8 原口元気(ヘルタ)

 9 岡崎慎司(レスター)

 11 久保裕也(ヘント)

 13 乾貴士(エイバル)

 14 杉本健勇(C大阪)

 15 大迫勇也(ケルン)

 18 浅野拓磨(シュツットガルト)

https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1880254.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504101388
続きを読む

【サッカー】<日本代表のハリルホジッチ監督>“大博打” 浅野、乾先発!本拠初採用4―1―4―1

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/31(木) 05:48:00.70 ID:CAP_USER9.net

日本代表は31日、埼玉スタジアムでオーストラリアと対戦する。勝てば6大会連続の本大会出場が決まる大一番で、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)が先発布陣を大シャッフルする大博打(ばくち)に打って出る。インサイドハーフにはMF井手口陽介(21=G大阪)、MF山口蛍(26=C大阪)を併用。前線にはFW浅野拓磨(22=シュツットガルト)とFW乾貴士(29=エイバル)を起用する見込み。W杯予選のホームゲームで初めて4―1―4―1システムを採用するなど、勝負手を放つ。


 公式会見を終えたハリルホジッチ監督は、席を立つと手を叩いて声を張り上げた。「アレ、ニッポン(行け、日本)!」。会見場を出る際には詰めかけた約150人の報道陣を振り返り「“アレ、ニッポン”と書いておいてください。メディアの皆さんもサポーターになってください」と頭を下げた。11~14年に指揮したアルジェリア代表監督時代には何度もメディアと衝突。来日前はマスコミ嫌いで知られただけに、異例の要請だった。

 勝てば6大会連続W杯出場が決まる大一番。冒頭15分を除き非公開で行われた前日練習で、指揮官は4―1―4―1の布陣をテストしたもようだ。過去のW杯予選では3月23日のUAE戦(アルアイン)で採用したが、ホームでは一度も試していない。激しいプレスで中盤でボールを奪い、速攻から好機を生み出す狙いがある。

 強度の高い動きが求められるため、故障明けの本田、香川は先発落ちが濃厚。インサイドハーフにはボール奪取力が高い井手口、山口が配置される見通しだ。29日の練習では攻撃センスのある柴崎を中盤でテストしたが、守備重視の布陣にシフト。前線にはスピードが武器の浅野、乾を配置するなど、6月13日のイラク戦から先発4人を変更する可能性が高い。

 ハリルホジッチ監督は6月のコンフェデ杯を直接視察。2カ月以上前からオーストラリアの分析に着手しており「自分のチームのように把握している」と豪語した。ロングボールを多用するサッカーからボール保持率を上げるスタイルに移行した宿敵の長所を消す戦術で勝機を見いだす。

 29日の試合で2位サウジアラビアがUAEに敗れたことは追い風だが、指揮官はミーティングで「サウジアラビアの結果は気にするな」と選手に伝えた。結果次第で解任の可能性もあるが「我々とオーストラリアにとってポジティブと捉えられるかもしれないが、我々の決意は変わらない。必要としているのは11人の戦士、侍です。勝利を求めて戦う。失敗は許されない」と力を込めた。勝てば天国、負ければ地獄。大胆采配で運命の一戦に臨む。

[ 2017年8月31日 05:30 ]スポニチ
http://m.sponichi.co.jp/soccer/news/2017/08/31/kiji/20170830s00002014345000c.html

【サッカー】<日本代表>一問一答・ハリル監督、豪州対策に自信!「自分のチームのように把握」「アレ!ニッポン!アレ!ニッポン!」©2ch.net
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1504125467/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504126080
続きを読む

【サッカー】宇佐美貴史、ブンデス2部・デュッセルドルフ移籍へ…すでにメディカルチェック済か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 20:04:04.69 ID:CAP_USER9.net

アウクスブルクに所属するMF宇佐美貴史が、ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフへ移籍することが濃厚になった。ドイツ紙『ビルト』が報じた。宇佐美は30日の朝に現地でメディカルチェックを受けたとみられる。

美女サポの“自撮り”がすごかった…スタジアム、行こうぜ!FC東京×横浜FM編【15枚】

昨夏にアウクスブルクに加わった宇佐美だが、新シーズンでの公式戦ではメンバー入りを果たせていなかった。移籍先を探していたことが、マヌエル・バウム監督の下での状況に影響していたのかもしれない。

そしてどうやら宇佐美が向かう新天地は現在2部の首位を走るデュッセルドルフとのこと。同クラブはFWイラス・ベブがハノーファー移籍に迫っているため、その後釜として宇佐美の獲得を進めているようだ。

また『ビルト』のツイッターでは、宇佐美はすでに現地入りし、メディカルチェックを受けたと伝えられている。シャルケからウニオン・ベルリンに移籍したDF内田篤人と同じく宇佐美も2部の新天地で再スタートを切る決断を下したようだ。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000023-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504091044
続きを読む

【サッカー】日本代表 才能豊かな世代がなぜ遅咲きに? 紆余曲折を経た「プラチナ」の現在地

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 11:54:46.49 ID:CAP_USER9.net

かつてはネイマールとコウチーニョを擁するブラジルとも互角の勝負を展開。

 8月31日にオーストラリア戦を迎える日本代表だが、約2年ぶりの復帰を果たした柴崎岳、初招集となった杉本健勇が話題を集めたほか、92年生まれの選手が計5名招集された。決戦へ向けて、いわゆる「プラチナ世代」の選手たちに再びスポットライトが向けられようとしている。ただし、ここ数年、多彩なタレントたちが代表入りしてきたプラチナ世代だが、いまだ代表の主軸として定着した選手は皆無だ。その苦戦の要因とは何だったのか。そして、このワールドカップ・アジア最終予選のクライマックスで、彼らはいよいよ主役の座を掴めるのだろうか。 文:加部 究(スポーツライター)
 
――◆――◆――
 
 6年前の今ごろは、少なくともこの先10年間は、日本サッカーの右肩上がりが確実だと思っていた。アルベルト・ザッケローニ監督が率いる日本代表は、前年の南アフリカワールドカップとは対照的な戦い方で成果を挙げ続け、札幌ではライバルの韓国に3-0で完勝している。ドイツでブレイクをした香川真司を筆頭に中心選手たちが欧州で評価を高め、下からは才能豊かなプラチナ世代の有望株が尻を叩く構図が出来上がりつつあった。
 
 1992年生まれが「プラチナ」と呼ばれるようになったのは、U-13アジアフェスティバルで韓国を寄せつけずに圧勝してからだという。特に攻撃面では多彩なタレントが溢れ、やがてU-17ワールドカップでも、ネイマール、フェリペ・コウチーニョらを擁すブラジルと互角の熱戦(2-3)を繰り広げた。
 
 この世代のフロントランナー、宇佐美貴史は、十代でバイエルンと契約し、宮市亮は高校を卒業するとJリーグをスキップして欧州進出を果たすと、早速レンタル先のフェイエノールトで躍動した。ところが2014年ブラジル・ワールドカップでは、予備登録も含めた日本代表30人のメンバーに、プラチナ世代の選手の名前はなかった。ザッケローニ時代の日本代表メンバーが硬直化し、後半の2年間で失速した要因のひとつとも言えた。
 
 早くから嘱望されて来たプラチナのフロントランナーは、宇佐美、宮市、あるいは高木善朗に代表されるように冒険を急いだ。この頃は、欧州で結果を出さないと、代表定着が難しいほどの活況を呈していたことも事実だった。一方最も継続的に揺るぎない評価を築いてきたのが柴崎岳だが、国内外の指導者間では微妙に見解が分かれた。もともとプラチナ世代の才能は、攻撃に偏っていた。だからU-17日本代表を指揮した池内豊監督も、ボランチの人選には頭を悩ませた。柴崎を筆頭に、小島秀人、堀米勇輝、さらに最終的には年代別ワールドカップの選に漏れた小林祐希も含めて、守備能力に目を向けると適任とは言い難かった。実際ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も、柴崎はもちろん、ヘーレンフェーンではアンカー的な役割をこなしてきた小林も、おそらくボランチの戦力とは見なしていない。
 
 そして先頭集団が伸び悩む間に、プラチナ内の序列にも変化が起こった。FC東京でマッシモ・フィカデンティ監督と出会い、FWに定着した武藤嘉紀が一気に飛躍し、かつてG大阪ジュニアユースを辞め、米子北に進んでからDFに転向した昌子源が日の丸をつけるようになった。

2 名前:プエルトリコ ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 11:54:54.50 ID:CAP_USER9.net

明らかに遅咲きが目立つが、いつどんな刺激で変貌するか分からないのがサッカー人生。

 だがこれらの現象を総括して、成功の方程式を見つけるのは難しい。結局成否の分岐点は、巡り合いを中心とした運不運になる。ただし強いて挙げれば、いくら逸材と呼ばれて来ても、やはり日本代表に辿り着くまでには紆余曲折があった。
 
 育成段階では、杉本健勇はCBに、武藤はSBに転向する可能性もあった。広義でプラチナ(93年早生まれ)の大島僚太にとっては、川崎が理想の環境だったが、杉本にとっては試練の場所となった。しかし一度外に出て舐めた辛酸をバネに、ようやく古巣に戻り規格外の能力を発揮し始めた。東京Vでは十代で主将を務めた小林も、もし移籍先の磐田で関塚体制が成功していたら、ボランチの控えで萎んでいたかもしれない。選手生活の剣ヶ峰で名波浩という監督に出会い、トップ下に戻されたことで再浮上した。また何より小林には、自身と取り巻く状況を客観視し、進むべき道を妥協せずに切り拓く賢明さとメンタルの強さがあった。
 
 こうして今回は、プラチナ世代から5人が日本代表に選ばれた。だがロシア・ワールドカップの年に26歳になる彼らは、もはやベテランの域へと差しかかっていく。決して期待度の高くなかった北京五輪世代の充実と比べると、明らかに遅咲きが目立つ。しかしいつどんな刺激で変貌するか分からないのがサッカー人生である。5人を突破口に本気でしのぎを削るようになれば、まだプラチナ世代が次の隆盛を築く可能性は残されている。
 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170830-00029379-sdigestw-socc&p=2


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504061686
続きを読む

【サッカー】<岡崎慎司>左FWで起用か!? 長友との “ONライン”でレッキー封じる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 08:59:52.96 ID:CAP_USER9.net

「W杯アジア最終予選、日本-オーストラリア」(31日、埼玉スタジアム2002)

 サッカー日本代表は29日、勝てば6大会連続6度目の本大会出場が決まるオーストラリア戦に向け、さいたま市内で冒頭15分間をのぞく非公開練習を行った。オーストラリアの強烈なサイド攻撃対策としてFW岡崎慎司(31)=レスター=が左サイドに入る戦術もテストしたという。

 ハリルホジッチ監督は大一番に秘策を用意していた。この日行われた戦術練習では岡崎を左FWで起用。運動量に秀でた岡崎-長友の“ONライン”でオーストラリアのサイド攻撃を封じ込める。

 3-6-1布陣のオーストラリアはスピードのあるレッキー(ヘルタ)を配した右サイドが脅威となる。コンフェデ杯などを分析した結果、指揮官は解決策にたどり着いた。

 岡崎は「勝つしかない。深くは考えない」と本能をむき出しにし、長友は「中央はフィジカルが強いのでサイド勝負になる。3バックの裏を狙った速いカウンターが効く」と攻略のイメージを描く。

 代表通算50得点を刻んだ侍ストライカーは「持っている力を見せ付けて勝ちたい。W杯に行く資格があることを見せたい」と力強く言葉を結んだ。

8/30(水) 6:02配信 ディーリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000015-dal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170830-00000015-dal-000-2-view.jpg


岡崎“聖域弾”だ!右FW先発浮上「自分の出せる全てを出す」

8/30(水) 6:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000019-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504051192
続きを読む

【テレビ】『みんなのニュース』スタッフ逮捕に内田嶺衣奈アナ思わず安堵

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 06:28:35.55 ID:CAP_USER9.net

8/30(水) 6:00配信

『みんなのニュース』スタッフ逮捕に内田嶺衣奈アナ思わず安堵

「逮捕された慶大生って、内田さんがリポートした昨年の東京国際映画祭のロケにも同行していましたよ」

「本当に!? 抱きつかれて、胸さわられなくてよかった~」

 フジテレビの内田嶺衣奈アナ(27)は、番組スタッフを前に安堵の表情を浮かべながら、こう語ったという。

 8月22日に、強制わいせつ未遂の疑いで警視庁麻布署に逮捕された慶應大4年の光野恭平容疑者(25)。

「容疑者は8月1日の深夜、南麻布の路上で、20代女性にいきなり後ろから抱きついたが、相手が抵抗したためその場から逃走」(警察関係者)

 ところが光野容疑者は、犯行から30分後も現場近くを徘徊。不審に思った警察官が職務質問したところ、「近くに住んでいて、『ポケモンGO』をしていた」と答えたという。

「このときの様子が挙動不審だったため、事件の重要参考人としてマーク。被害者の証言や防犯カメラの解析により逮捕に至った」(前出・警察関係者)

 現役慶應ボーイということもあり、テレビや新聞でもその愚行が大きく報じられた容疑者だが、じつはフジテレビ『みんなのニュース』の番組スタッフでもあったのだ。フジテレビ企業広報室は、以下のように回答する。

「2年ほど前から週2回程度、派遣会社からアルバイトとして派遣されていました。勤務態度に特に問題があったとは聞いておりません」

 だが、光野容疑者を知るフジテレビ関係者は、まったく異なる見解を示す。

「仕事中、ずっとスマホをいじっているチャラ男という印象。アルバイトは15時前に出社してくるのですが、『朝まで飲んでたんすよ』と、悪びれる様子もなく遅刻を繰り返していました。

 定時になると、『合コンなんで、お先に失礼します』と早々に退社。休憩時間でもないのに、喫煙コーナーでしょっちゅうサボっている。

 女性スタッフからは “残念すぎるイケメン”って呼ばれていましたよ(笑)。逮捕前日に『身内の不幸で1カ月ほど休みます』と、連絡があったそうです」

 今回の事件に関して、日本テレビやTBSが報じる一方で、フジテレビは完全にスルー。フジテレビ関係者が、局内の様子を明かす。

「逮捕当日、所轄する麻布署に記者を派遣することになっていたが、上からの通達により、なぜか急遽取りやめになったんです」

 身内の不祥事を報じなかった『みんなのニュース』は、 10月に大幅刷新。みんなが知りたいことを総力を挙げて徹底取材するそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170830-00010000-flash-ent
https://amd.c.yimg.jp/im_siggaSYMYO22uomnlRqMPwYBqg---x900-y711-q90-exp3h-pril/amd/20170830-00010000-flash-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504042115
続きを読む

【サッカー】<高地帰りの走れる本田圭佑>瀬古利彦が太鼓判!「標高2400メートル!?そりゃ、帰って来たらすごく走れるんじゃない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/08/30(水) 00:22:26.99 ID:CAP_USER9.net

日本代表FW本田圭佑(31=パチューカ)が28日、高地トレーニングを完了させ“下山”した。標高約2400メートルの高地パチューカから28日早朝に帰国し、運命のオーストラリア戦(31日、埼玉)に向けたさいたま市内での代表合宿に合流。走りのスペシャリスト、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(61)も本田の高地トレ効果に言及。27人の大量招集でベンチ外=スタンド観戦の危機だが、走れる本田として2大会連続でW杯切符を日本にもたらす。

 本田は軽いメニューの控え組で1人だけスパイクを履いて走り込んだ。高地トレーニングを完了させ合流。28日早朝、標高約40メートルの成田空港に降り立った。決戦の地は標高約7メートルの埼玉スタジアム。「相手どうこうではない。大事なのはシンプルに強気。チームのテーマがそれ。あんまり余計なことは言わない」。この場所で再びW杯切符をつかむ。

 7月に電撃移籍したメキシコの都市パチューカは標高約2400メートルの高地。富士山6合目と同じ高さにあり空気が薄い。本田は「このアルティチュード(標高)に慣れないと」と繰り返す。移籍後初の帰国。その差を「今日の感じだけでは分からない」と言ったが、日々の練習は、そのまま長距離ランナーのパフォーマンスを高める高地トレにもなっている。日本陸連の瀬古リーダーは、この環境に目を丸くし「標高2400メートル!? そりゃ、帰って来たらすごく走れるんじゃない」と太鼓判。陸上とサッカーは違うが、走るという根本は同じ。苦しい時間帯、勝負を分ける1歩、あと1ミリ足が伸びるかどうかが、W杯切符の行方を決める。

 今回は登録23人より4人も多い27人と異例の大量招集。本田は香川と並び、招集時の位置付けはベンチ外=スタンド観戦危機だが「11人の招集でも入るつもり。当然ながら(ピッチに)立つつもりで準備したい」と言い切った。

 一般に、高地トレーニング後1週間をメドに好記録が出やすいとされる。本田は25日に米国との国境近く標高約20メートルの都市ティファナでプレー。実質的な“下山”は前日24日。運命の一戦は、ちょうど1週間後に当たる。もともと走り回って運動量で貢献する「水を運ぶ人」ではないが、走れる本田なら、より一層ハリルジャパンの力になれる。4年前と同じようにW杯切符を運ぶ人になる。【八反誠】

8/29(火) 7:54配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-01879345-nksports-socc

【サッカー】<本田圭佑>不敵な笑みで不安説一蹴!豪州戦出場へ強烈な自信「右で出ると思う」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503975602/

【サッカー】<本田圭佑>“強気”W杯弾俺が決める!「大事な試合でこそ強くいけるかが求められる」
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1503960938/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504020146
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ