2016年10月

【サッカー】<ACミラン>伊紙が出番なしの本田を異例の“MOM選出” 「見事な間接的貢献」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 19:57:34.40 ID:CAP_USER9.net

練習で直接FKを決めた本田 その一撃から決勝弾のボナベントゥーラは着想を得る
 
ACミランの日本代表FW本田圭佑は30日の本拠地ペスカーラ戦で出番なしに終わったが、
練習場で見せた一撃が評価され、イタリア地元紙によりこの試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」(MOM)の1人として異例の“選出”をされている。

イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「マン・オブ・ザ・マッチはボナベントゥーラ、ロナウジーニョと……本田のコンビ」と特集している。

後半4分、イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラが勝負を決めた。ゴール中央左のFKの場面で、
相手の壁が飛んだ下を射抜く技ありのシュートで、ゴール左隅に決勝点を決めた。この直接FKについて、記事ではこう評している。

「これが学校ならカンニング組として嫌われたかもしれないが、ピッチでは幸い違う。
隣の宿題を盗み見ることは、向上の助けによくなるものだ。ジャック・ボナべントゥーラはよく観察していた。そして記憶し、実践に移した」

ボナベントゥーラは練習場で同僚のプレーから値千金の一撃の着想を得たという。誰のプレーなのか。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が舞台裏を明かす。

「数日前に守備のセットプレー練習で、本田が相手チームになり、出し抜いたやり方でFKを決めた。明らかにジャックはそれ(本田のFK)を覚えていた」

「本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった」

試合後のテレビインタビューで指揮官はこう語った。レギュラー組の守備練習において、前節ジェノア戦で今季初先発ながら背信パフォーマンスで0-3敗戦の戦犯となった本田は、
ペスカーラ選手の役を担った。本田が練習で見せた直接FKは、ボナベントゥーラが放った一撃のように壁の足下を射抜くものだったという。

本田はこの日出番を与えられなかったが、チームの勝利には寄与したという。記事では皮肉交じりに本田の働きに言及しつつ、一方で“結果が重要”と称賛している。

「見事な間接的貢献。それなのにケイスケを不要と言う人はいる。何はともあれ、本田、あるいはロナウジーニョのやり方だった。
シニョーリも壁の下を通すことに長けていた。結果が重要なのだ。ジャックのFKで勝ち点3を得た。3位はいい香りがする」

かつてミランで活躍したブラジル代表のファンタジスタ、ロナウジーニョ、そして元イタリア代表の左利きの名手ジュゼッペ・シニョーリも低空FKを得意としていたという。
試合のピッチで今季目立った貢献のない背番号10は、今季「練習場だけのサムライ」と揶揄されていた。ユニフォームの販売枚数以外でも、好調ミランの勝ち点3に黒子役として本田は貢献したと地元メディアも認めている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010018-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477911454
続きを読む

【サッカー】<レアル・マドリッド>FWギャレス・ベイル、年俸40億円!史上最高年俸選手に!違約金は約1150億円に設定

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:SAMMY931 (★W):2016/10/31(月) 19:18:26.45 ID:SAMMY9319.net

やかましいわ Ticket #:2fa65ce7b5992e51-NRT


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477909106
続きを読む

【サッカー】<アジアを制したU-19日本代表>堂安律が大会MVPを受賞!過去には1998年大会で小野伸二も受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:32:13.51 ID:CAP_USER9.net

バーレーンで開催されていたAFC U-19選手権の決勝が現地時間30日に行われ、
U-19日本代表はU-19サウジアラビア代表をPK戦の末に下して大会初優勝を飾った。

試合後には、ガンバ大阪所属のMF堂安律が大会最優秀選手(MVP)に選出されている。
アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えた。

サウジアラビアとの決勝は、0-0のまま120分間を終えてPK戦にもつれ込む激戦。
今大会6試合を全て無失点で戦ってきた日本は、5人全員がPKを成功させて5-3で勝利を収め、悲願のアジア制覇を成し遂げた。

チームの優勝に貢献する活躍でMVPに選出された堂安だが、自身のプレーに満足はしていないようだ。
「MVPに名前が呼ばれた時は驚きました。大会を通して、それほど良いパフォーマンスができていたとは思っていませんでしたので」とコメントしている。

「もっとゴールを決め、もっとアシストをしてチームに貢献したいと思っていました」と語る堂安だが、
「自分だけで勝ち取った賞ではなく、チーム全体がやってきた仕事の結果だと思います。チームメイトのみんなに感謝しています」と受賞への喜びを表した。
過去には1998年大会で小野伸二(現コンサドーレ札幌)も受賞した栄えある賞を手にすることになった。

今大会で準決勝以上に進出したことで、U-19日本代表は来年韓国で開催されるU-20ワールドカップの出場権を獲得した。
日本にとって5大会ぶりの出場となる世界大会に向けて、堂安は「楽しみにしています。

チームを改善できる部分はたくさんありますので、集中し続けて、良い結果を求めていきたいと思います」と意気込みを述べた。

フットボールチャンネル 10/31(月) 8:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010007-footballc-socc

写真
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20161031-00010007-footballc-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477877533
続きを読む

【サッカー】<ACミラン>本田放出でレスター岡崎獲得へ 伊メディア「クラブ関係者の渡英理由はセスクと岡崎」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 09:57:10.01 ID:CAP_USER9.net

日本人の後釜に日本人?

欧州情勢は複雑怪奇だ。昨日までの絵空事が、明日の常識となってしまうかもしれない。
今季限りで契約が満了する本田圭佑の代役として、ミランはプレミアリーグで“走りまくる”日本人FWの獲得を目指しているという。

イタリアのTV番組『Premium Sport』を情報源に伊『Il MILANISTA』が報じたところによると、
本田はミランからの退団が確実視されており、ロッソネーリは彼の後釜としてレスターの日本代表FW岡崎慎司獲得を視野に入れているとのこと。

曰く、数週間前にミラン関係者がイングランドへ飛んだのはセスク・ファブレガスに関する交渉だけがその目的ではなく
、“フォクシーズ”の日本人ストライカー獲得に向けて何らかの動きも併せて行われたのだという。

今季はヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の下で出場機会をほとんど与えられず、蚊帳の外に置かれている本田。
そんな悩める10番の後釜を、レスターの20番が埋めることになるのだろうか。

なお、岡崎とレスターの契約は2019年で満了を迎え、その市場価値は1000万ユーロ(約11億5000万円)だとされている。

theWORLD(ザ・ワールド) 10/31(月) 8:10配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00010004-theworld-socc

写真
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20161031-00010004-theworld-000-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477875430
続きを読む

【サッカー】<ニコ・コバチ監督>長谷部を称賛!「君は宮本のようだ。今は君が日本のアイコンだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 12:26:51.57 ID:CAP_USER9.net

ニコ・コバチ監督は、長谷部を宮本恒靖の姿と重ね、日本をけん引する存在として評価
 
フランクフルトの日本代表MF長谷部誠は公式戦2試合連続で3バックの中央でプレー。

“リベロ”の役割を完璧に全うし、チームの連続無失点に貢献している。
長谷部をコンバートしたニコ・コバチ監督はかつての同僚、
元日本代表DF宮本恒靖氏にその姿を重ねている。独紙「ビルト」が報じた。

コバチ監督と宮本氏は2006年から09年までオーストリアのザルツブルクでともにプレーしていた旧知の仲。
その元日本代表キャプテンを現日本代表キャプテンの長谷部と比較している。

「私は彼に『君は宮本のようだ。彼は日本のアイコンだった。今は君が日本のアイコンだ』と言ったよ」

クロアチア人指揮官は、長谷部は日本をけん引する存在だと絶賛した。
宮本氏は身長176センチとCBとしては小柄ながら、2002年日韓ワールドカップ(W杯)ではフィリップ・トルシエ元監督の下で“フラット3”の戦術を支える3バックの一角を担い、
初のベスト16進出に貢献。06年のドイツW杯でもレギュラーとして2試合に出場した。

長谷部も宮本氏と同じく10年、14年大会と2大会連続でW杯にキャプテンとして出場し、
今では日本サッカー界の象徴的存在になったと評価されているようだ。

コバチ監督は「彼は本当に素晴らしいよ」と長谷部に全幅の信頼を寄せている。また、フランクフルトのブルーノ・ヒュブナーSDは長谷部を、
「日本のフランツ・ベッケンバウアー」と元ドイツ代表のレジェンドと比較して表現するなど、新境地を開拓した長谷部の評価は右肩上がりに上昇している。

Football ZONE web 10/31(月) 12:20配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010010-soccermzw-socc

写真
http://www.eintracht.de/fileadmin/_processed_/csm_csm_2925-Welcome-Kovac_6f0b415b18_aa2badbbc3.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477884411
続きを読む

【サッカー】本田、出場機会失うも隠れた貢献。ミラン決勝点FKの“お手本“に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 08:48:01.41 ID:CAP_USER9.net

ミランの日本代表FW本田圭佑は、現地時間30日に行われたセリエA第11節のペスカーラ戦に出場することはできなかったが、隠れた形でチームの勝利に貢献していた。
30日付の伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

前節ジェノア戦で今季初先発のチャンスを与えられた本田だが、失点に絡むミスを犯してしまうなど、アピールは成功せず。
再びベンチに戻ったペスカーラ戦では出場機会を得ることができなかった。
試合は、MFジャコモ・ボナベントゥーラが直接フリーキックから決めた1点が決勝点となり、ミランが1-0で勝利が収めている。

そのボナベントゥーラのFKは、壁の下を抜いて相手の意表を突くものだったが、本田が練習中に見せたキックが“お手本“になっていたのだという。
ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は試合後に、「今週の守備の練習中に、本田にああいう形のFKを決められていた。ジャック(ボナベントゥーラ)はそれを覚えていたのだろう」と話している。

この勝利でナポリを抜いて再び3位に浮上したミランは、次節はアウェイでパレルモと対戦する。
厳しいポジション争いを強いられている本田だが、もう一度練習からアピールを続けて出場機会をもぎ取りたいところだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010005-footballc-socc
フットボールチャンネル 10/31(月) 7:20配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477871281
続きを読む

【サッカー】PK戦でサウジ撃破!U-19日本代表が7回目のファイナル挑戦で悲願の初優勝!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 02:13:36.34 ID:CAP_USER9.net

[10.30 AFC U-19選手権決勝 日本 0-0(PK5-3)サウジアラビア]

 19歳以下のアジアナンバー1を争うAFC U-19選手権バーレーン2016は30日に決勝を行い、U-19日本代表は0-0で突入したPK戦の末、サウジアラビアに5-3で勝利。過去準優勝6回の日本は7回目となる決勝挑戦で初めて勝利し、悲願の初優勝を果たした。

 2020年東京五輪を23歳以下で迎える97年生まれ以降の「東京五輪世代」がアジアの頂点に立った。日本は準決勝のベトナム戦から先発10名を入れ替え、U-20W杯出場を決めたタジキスタンとの準々決勝と同じ11名でスタート。4-4-2システムのGKは小島亨介(早稲田大)で4バックは右SB藤谷壮(神戸)、CB冨安健洋(福岡)、CB中山雄太(柏)、左SB舩木翔(C大阪U-18)。中盤は主将の坂井大将(大分)と市丸瑞希(G大阪)のダブルボランチで右MF堂安律(G大阪)、左MF三好康児(川崎F)。2トップはFW小川航基(磐田)とFW岩崎悠人(京都橘高)がコンビを組んだ。

 日本は2分にいきなりピンチを迎えたが、決定的なシュートをGK小島が指先で触ってポストに救われると、7分には中山のロングフィードからPAで切り返した小川が右足を振り抜く。縦に縦にボールを運んでくるサウジアラビアの攻撃を中山と冨安中心に跳ね返す日本。危険なシーンもつくられたが、ボールを失ったあとに坂井らが切り替え速く守備陣形を築く日本は、舩木がスライディングでスルーパスをカットしたほか、藤谷が狙いすましたインターセプトから一気に前線へ駆け上がるなど、飲み込まれることなく攻め返す。

 藤谷と舩木が攻撃参加からクロスを入れ、岩崎、小川のスペースへの抜け出しや堂安のドリブル、三好の左足セットプレーなどでサウアジアビアゴールを目指した。29分には岩崎が右サイドを駆け上がり、折り返しを受けた小川を経由して市丸が右足シュート。44分には三好が左足FKでゴールを狙った。

 後半も互いに攻め合うが、スコアは動かない。攻めきれずにボールを失うシーンが増えていた日本は15分、負傷した三好に代えてMF遠藤渓太(横浜FM)を投入。23分にはその遠藤がカットインから右足シュートを放つ。逆に25分にはサウジアラビアにショートカウンターを浴び、GK小島がかわされかけたもののシュートはヒットせず、体勢を立て直した小島がキャッチした。

 日本は30分、市丸に代えてMF原輝綺(市立船橋高)を投入。遠藤の左クロスを岩崎が頭で合わせるシーンもあったが、奪ったボールを敵陣に運ぶ前に奪われてカウンターを食らうなど日本は押し込まれる時間帯が続き、セットプレーやロングボールのこぼれ球からシュートを放たれた。

 試合は0-0のまま90分間を終了し、前後半計30分間の延長戦へ突入。日本は藤谷に代えてSB初瀬亮(G大阪)をピッチへ送り出す。アジアの頂点を懸けた総力戦。日本は相手の直接FKを小島が好反応で阻止したものの、遠藤の決定的なクロスなどを得点に結びつけることができず、勝敗はPK戦に委ねられた。

 PK戦で先攻の日本は1人目の坂井から堂安、遠藤、中山が成功。そしてサウジアラビア4人目のシュートが枠を外して優位に立った日本は決めれば優勝の決まる5人目・小川が右足で右隅に決めて頂点に立った。初めてアジアの頂点に立った日本。来年、5大会ぶりに出場するU-20W杯(韓国)で輝くために、今大会選ばれていない同世代の選手たちも含めて競争してチームをさらに強くする。
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-01632771-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477847616
続きを読む

【サッカー】セリエA第11節 ミラン、昇格組に勝利し3位浮上。本田は21歳若手に途中交代枠とられ出番なし

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 01:00:44.61 ID:CAP_USER9.net

【ミラン 1-0 ペスカーラ セリエA 第11節】

イタリア・セリエA第11節が現地時間の30日に行なわれ、ミランはホームで昇格組ペスカーラと対戦し、1-0と勝利を収めた。日本代表FW本田圭佑は出番なしに終わっている。

ミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督はジェノア戦でターンオーバーを済ませたことで、再び両ウイングにスソとエムバイェ・ニアンを先発起用。本田はベンチスタートとなる。

序盤は攻撃的なサッカーを志向するペスカーラがボールを支配するも、徐々にミランが押し返す。
後半終盤にはニアンがヘディングでポストを叩き、ボナベントゥーラも惜しいミドルシュートを放つなとチャンスを作るも、スコアレスでハーフタイムを迎える。

すると後半開始早々の49分、ミランが先制点を奪う。ボナベントゥーラがFKで壁の下を抜く技ありシュートで1-0とリードを奪った。
その後、モンテッラ監督はニアンを途中交代するものの、代役に選んだのはマリオ・パシャリッチ。
今季ミラン初出場の同選手に交代枠を取られる形で本田は出場機会を失ってしまう。

そのまま試合は1-0で終了。ミランがセリエA3位に浮上している。本田は出番なしに終わった。

【得点者】
49分 1-0 ボナベントゥーラ(ミラン)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161031-00010000-footballc-socc
フットボールチャンネル 10/31(月) 0:58配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931267.html
試合スコア


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477843244
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ