2016年01月

【サッカー】ハーフナー・マイクが2戦連続ゴールで今季11点目!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/01/28(木) 09:21:40.77 ID:CAP_USER*.net

[1.27 エールディビジ第20節 デ・フラーフスハープ 3-1 ADOデンハーグ]

 エールディビジは27日、第20節を行った。FWハーフナー・マイクが所属するADOデンハーグは敵地でデ・フラーフスハープと対戦し、1-3で敗れた。

 ADOデンハーグは前半9分、左CKがファーサイドまで流れ、ハーフナーが右足で押し込み先制。ハーフナーの2試合連続ゴールで試合を優位に進めたADOデンハーグだったが、最下位に沈むデ・フラーフスハープに後半3得点を許し、1-3で痛い敗戦を喫した。

 ハーフナーは昨年12月4日の第15節AZ戦で肋骨2本を骨折。その後の試合を欠場し、ウインターブレイク明けの今月17日の第18節アヤックス戦から復帰していた。前節カンブール戦で2得点を記録すると、この試合でも得点を奪い、今季リーグ戦で11得点目となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160128-01613470-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1453940500
続きを読む

【サッカー】G大阪強化本部長 高校2年生でプロ契約を結んだMF堂安律 チェルシー移籍報道に不信感「出すわけない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/01/29(金) 18:44:47.03 ID:CAP_USER*.net

G大阪の梶居強化本部長が29日、英紙デイリー・テレグラフの記事に不信感を示した。

同紙はチェルシーが高校2年生でプロ契約を結んだMF堂安律(17)に興味を持っており
「すぐにG大阪へ期限付き移籍させる可能性もあり、数日中に報告できる」と報道したが、

梶居強化本部長は「全く聞いたことがない話。報道で知ったくらい。違約金の設定をしていないから言い値だし、
出す(移籍させる)わけがない」と寝耳に水を強調。

長谷川監督も「すごいですね」と苦笑いを浮かべるだけだった。

堂安は15年5月27日のACL決勝トーナメント1回戦・FCソウル戦でクラブ史上2番目に若い16歳344日で公式戦デビュー。
今季から飛び級でトップ昇格を果たしている。

スポニチアネックス 1月29日(金)17時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000131-spnannex-socc

写真
http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160129-00000131-spnannex-000-view.jpg

http://www.jleague.jp/img/cache/2015/gosaka/player/1500574_l.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454060687
続きを読む

【サッカー】インテル退団のDFヴィディッチが現役引退

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ふんわり ★@\(^o^)/:2016/01/30(土) 01:58:37.02 ID:CAP_USER*.net

元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチが29日、2006年から2014年まで所属したマンチェスター・Uの公式サイトで、現役引退の声明を発表した。

 今月18日に、日本代表DF長友佑都の所属するインテルを退団したヴィディッチは、34歳での引退を決断。
2006年1月にマンチェスター・Uに加入後、2014年5月までクラブに在籍し、5度のプレミアリーグ優勝、3度のリーグカップ優勝、
1度のチャンピオンズリーグ並びにクラブワールドカップ優勝に貢献した。

 ヴィディッチは、引退について、声明で次のように説明している。

「スパイクを脱ぐ時が私にもやって来ました。ここ数年のケガが、選手としての自分にとって致命的なものになりました」

「これまでともにプレイしてきた選手の皆さん、ともに仕事をしてきた監督、スタッフの皆さんに感謝しています。
そして、何年もサポートしてくださったファンの皆様に、心から御礼を申し上げます」

http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20160129/396686.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454086717
続きを読む

【サッカー】インテルがイタリア代表FWエデル獲得!現在12ゴールで得点ランク2位タイ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/01/30(土) 00:38:24.82 ID:CAP_USER*.net

日本代表DF長友佑都の所属するインテルは29日、
サンプドリアからイタリア代表FWエデルを獲得したとクラブ公式HPを通じて発表した。

発表によると、同クラブはサンプドリアと買い取り条項付きの2年レンタル契約を結び、
エデル本人とは2020年6月30日までの3年半契約を締結した。

エデルは現在29歳。2012年からサンプドリアに所属し、昨年3月にはイタリア代表デビューを果たした。
今シーズンはセリエA第21節終了時点で19試合に出場し、得点ランク2位タイの12ゴールを記録。24日の第21節ナポリ戦でも1ゴールを挙げている。

発表に際して同選手は「ここに来れて嬉しい。
インテルのようなビッグクラブでプレーするために何年もハードワークしてきたんだ」と喜びのコメントを表明した。

31日に行われるセリエA第22節で、インテルは日本代表FW本田圭佑の所属するミランとの“ミラノ・ダービー”を迎える。

SOCCER KING 1月29日(金)23時54分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00396685-soccerk-socc

エデルが加入
http://www.inter.it/jp/news/11789

写真
https://pbs.twimg.com/media/CZ5JV5nWEAAc9QB.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454081904
続きを読む

【サッカー】イタリア国内での予想は二分!「ガゼッタ・デロ・スポルト」、「本田はダービー、アウト」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/01/29(金) 19:31:37.73 ID:CAP_USER*.net

■ガゼッタ紙は背番号10ではなくクツカの先発を予想
 
ACミランの日本代表MF本田圭佑が、31日のインテルとのミラノダービーで、公式戦7試合ぶりに先発落ちとなる可能性が浮上している。
イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が、「本田はダービー、アウト」と報じている。

公式戦6試合連続で先発出場を果たしてきた背番号10だが、
インテルとの大一番でベンチスタートになるかもしれない。記事では「大きな疑問は2つ。右MFとセカンドストライカー」と報じている。

本田は昨年末から右の攻撃的MFの定位置をつかんでいたが、
スロバキア代表MFユライ・クツカが先発に回る可能性が高まっている。

記事では、クツカは本田に比べて創造性は少なくなるが、運動量とボール奪取能力、空中戦という強みを出すことができると指摘。
クツカがボランチに入った場合、本田が先発する可能性もあると指摘している。

一方、「コリエレ・デロ・スポルト」紙と「トゥット・スポルト」紙は、いずれも右の攻撃的MFで先発すると予想。
伝統のダービーに向けた10番の立ち位置について、イタリア国内での予想は二分されている。

 ガゼッタ紙の予想スタメンは以下のとおり。

GK
ドンナルンマ
DF
アバーテ
アレックス
ロマニョーリ
アントネッリ
MF
クツカ
モントリーボ
ベルトラッチ
ボナベントゥーラ
FW
バッカ
アドリアーノ

Soccer Magazine ZONE web 1月29日(金)19時22分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160129-00010014-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454063497
続きを読む

【サッカー】広州恒大、アトレティコ・マドリード主将…ガビに総額約31億6000万円での3年契約を用意!年俸約10億5000万円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/01/29(金) 19:07:41.03 ID:CAP_USER*.net

中国スーパーリーグ(1部)の広州恒大が、
アトレティコ・マドリードのキャプテンを務めるスペイン人MFガビの獲得に動いている。スペイン紙『アス』が29日に報じた。

報道によると、広州恒大はガビの獲得に向けて総額2300万ユーロ(約31億6000万円)での3年契約を用意している。
年俸約760万ユーロ(約10億5000万円)という破格の条件で、ガビを迎え入れたい考えを持っているようだ。

同紙はガビについて、広州恒大以外にも複数のプレミアリーグ所属クラブが興味を示していると報道。
ただ、同選手に移籍の意思はなく、エンリケ・セレソ会長も2017年で満了となる契約を更新する意向を示していると伝えられている。

ガビは1983年生まれの32歳。アトレティコ・マドリードの下部組織出身で、トップチーム昇格後はヘタフェへの期限付き移籍も経験した。
2007年夏にサラゴサへ移籍したが、2011年にアトレティコ・マドリードに復帰。現在はキャプテンを務めている。

SOCCER KING 1月29日(金)18時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00396639-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454062061
続きを読む

【サッカー】ガゼッタ紙予想はともにベンチ…本田長友のスタメン対決はまたもお預けか

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/01/29(金) 14:35:19.42 ID:CAP_USER*.net

ミランとインテルによるミラノダービーが、31日に行われる。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が
スタメン予想を掲載しているが、MF本田圭佑とDF長友佑都はいずれもベンチからのスタートになると
予想されている。

 またもミラノダービーでの日本人選手先発競演はお預けとなってしまうのだろうか。
本田がミランに加入した14年1月以降、公式戦のダービーマッチは5度目となる。
しかしこれまで過去4度の対決でともに先発のピッチに立っていたことがない。
14年11月の対戦は長友が先発、本田が後半途中出場して初のマッチアップが実現しているが、
今年9月の対戦では本田が先発出場したのに対し、長友はベンチで試合終了のホイッスルを聞いた。

 本田は昨年末から公式戦7戦連続でスタメン出場中。しかし26日のコッパ・イタリア準決勝
アレッサンドリアでもフル出場していたが、ガゼッタの予想では本田の定位置右MFには
MFユライ・クツカが入ることが予想されている。

 一方の27日のコッパ・イタリア準決勝ユベントス戦にフル出場していた長友もベンチからの
スタートになる模様。右SBにはDFダニーロ・ダンブロージオ、左SBはアレックス・ニコラオ・テレスが入ることになるという。

 キックオフは日本時間2月1日午前4時45分。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-01613502-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454045719
続きを読む

【サッカー】長友が蹴落とした!? サントンがサイドバック争いから脱落

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/01/29(金) 14:31:04.13 ID:CAP_USER*.net

運命を分けた10月末のローマ戦

未だ絶対的なスタメンが決まらないインテルのサイドバックは、毎試合のように顔ぶれが変わっている。
一時は日本代表DF長友佑都がリードしたかに思えたが、16日のアタランタ戦と24日のカルピ戦では
スタメンから外れてしまった。最近5試合で起用されたサイドバックは長友、アレックス・テレス、
マルティン・モントーヤ、ダニーロ・ダンブロージオの4名だが、誰か忘れてはいないだろうか。
そう、序盤戦ではサイドバックで起用されることも多かったダヴィデ・サントンが忘れられているのだ。

伊『Corriere dello Sport』はサントンに何が起こったんだと驚いており、どうやらロベルト・マンチーニの構想から
外れてしまったようだ。同メディアが驚くのは当然で、サントンは今季開幕からサイドバックのスタメン争いを
リードする存在だった。その証拠にサントンは開幕から8試合連続でスタメン出場しており、その間長友は
1度もスタメン起用されていない。当初は左サイドバックにセンターバックも担当できるファン・ジェズスが
起用されていたこともあり、マンチーニが身長の高いDFラインを好んでいると伝えられた。ファンは185cm、
サントンは187cmと長友より15cm以上高い。

しかし長友は10月31日のローマ戦でスタメン出場を果たすと、持ち前の俊敏性と運動量の多さで1-0の
勝利に貢献。ここでマンチーニの評価が一気に変わることになる。サントンはローマ戦の4日前に
行われたボローニャ戦に出場して以降、1度もスタメン起用されていないのだ。ローマ戦がマンチーニに
何か大きなきっかけを与えたのは間違いない。

同メディアはEURO2016への出場に望みを繋ぐためにサントンが今冬に移籍するかもしれないと伝えており、
開幕から出番のなかった長友は契約延長が間近に迫っている。本来であれば逆の立場になるはずだったが、
長友が生き残ってサントンは脱落という結果となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00010007-theworld-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1454045464
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ