2015年09月

【サッカー】“アジアのテベス”と評される岡崎慎司。韓国のファンたちの間でも広く知れられており「日本の選手のなかでも好きな選手」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2015/09/29(火) 18:16:56.80 ID:???*.net

★プレミアリーグの注目度は絶大。岡崎には「日本の選手のなかでも好きな選手」とのツイートも。

日本同様に海外リーグへの人気と関心が高い韓国。特にプレミアリーグの人気は絶大だ。

2005年にパク・チソンがマンチェスター・ユナイテッドに移籍したことを機に、韓国ではプレミアリーグがテレビ中継されるようになり、
07年にはイングランドの専門誌『Four Four Two』の提携ライセンス誌として『Four Four Two KOREA』も創刊された。

パク・チソンに続く形で、イ・ヨンピョ(トッテナム)、ソル・ギヒョン(レディング)、イ・ドングッ(ミドルスブラ)、キム・ドゥヒョン、(WBA)、チョ・ウォンヒ(ウィガン)、パク・チュヨン(アーセナル)、
チ・ドンウォン(サンダーランド)、ユン・ソギョン(QPR)、キム・ボギョン(ウィガン)らがイングランドに挑戦し、現在もキ・ソンヨン(スウォンジー)、イ・チョンヨン(クリスタル・パレス)らがプレミアリーグでプレーしている。

そんなプレミアリーグに“次世代エース”ソン・フンミン(トッテナム)が進出したこともあって、韓国のプレミア人気はさらに盛り上がっている。
韓国は9月26日から29日まで年に一度の大型連休である“秋夕(チュソク)”シーズンにあったが、
26日に行なわれたトッテナム対マンチェスター・シティの一戦はケーブルテレビ局『SBSスポーツ』での生中継だったにもかかわらず、3.17パーセントの視聴率を記録した。

「スーパーマッチ」「韓国版クラシコ」と呼ばれるKリーグのFCソウル対水原三星の試合(9月19日)が国営放送KBSでの生中継でも1.7パーセントだったことを踏まえると、
韓国でのプレミア人気がかなり高いことが分かるだろう。

そんな韓国のメディアやファンたちは、今季からレスターに移籍した岡崎慎司をどう見ているか。
6月に移籍が発表された当時は、「岡崎慎司、レスター行き」と各メディアが一斉に報じた。

マインツでク・ジャチョル、パク・チュホとチームメイトだった岡崎は韓国のファンたちの間でも広く知れられており、
「ついにプレミアリーグに行くのか。活動量があり本当に一生懸命プレーするし、勝負根性がある選手」「日本の選手のなかでも好きな選手」とツイートするファンも多かった。

SOCCER DIGEST Web 9月29日(火)18時0分配信
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=11567

2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2015/09/29(火) 18:17:08.51 ID:???*.net

★岡崎は「もう少し印象的なプレーとゴールを見せる必要がある」。

サッカー専門メディア『FOOTBALLIST』などは、「短所ない岡崎、英国でも通じるはずだ」というコラムも掲載されたほど。そのなかで記事は岡崎をこう評価している。
「岡崎は目立った長所を探すことが難しい。爆発的なスピードがあったり、シュート力が優れているわけではない。技術も身体条件にも恵まれているわけではない。だが、短所を探すことも難しい。

彼のもっとも素晴らしい能力は、活動量と決定力だ。最前線から2列目の左右サイドまで幅広く動き、チャンスを簡単に逃さない。
(中略)今までプレミアリーグは日本人アタッカーの墓場だった。古くは稲本潤一、最近では香川真司がプレミア適応に失敗した。
稲本はトップクラスではなく、香川は身体条件とテンポを克服することができなかった。しかし、岡崎は違う」

目を引いたのはこの記事にぶら下がっていたいくつかのコメントだ。日本への対抗意識から一部には「ソン・フンミンのほうが上」などの感情的なコメントもあったが、
「日本の選手だが、脱アジア選手であることは明らか。ブンデスでもトップレベルのアタッカーだった」「極東アジア出身のストライカーたちが現実的なロールモデルにすべき選手」
「いろいろと総合すると、“アジアのテベス”という表現が似合う」との肯定的な意見が多かった。それだけ岡崎が韓国でも評価されていると判断してもいいだろう。

ただ、開幕から6試合を終えた9月22日、「プレミアリーグ序盤成績、最高の補強は誰?」と題した記事を掲載した総合メディア『Oh my News』は、こう評している。

「マインツでも活躍した岡崎はプレミアリーグ進出後1得点。試合に出場はしているが、もう少し印象的なプレーとゴールを見せる必要があるだろう」

ちなみにソン・フンミンもリーグ戦ではまだ1得点。年齢やプレースタイルは異なるが、ブンデスリーガ時代から得点記録がなにかと比較されてきたふたりだけに、
今後シーズンが深まっていけば、ますます比較される頻度が増えていくことだろう。プレミアを注視する韓国のメディアとファンは岡崎をどう評価していくのか。注目していきたい。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443518216
続きを読む

【サッカー】リストラ王ファン・ハール監督の語るマンU復活劇 香川ら25選手を大量放出 「昨年はバランスがなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2015/09/29(火) 20:06:21.25 ID:???*.net

昨季のチームはバランスがなかった

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が今季首位に立つなど好調の理由を放出した選手のおかげと分析している。
米テレビ局「ESPN」が「ルイス・ファン・ハールいわく、マン・ユナイテッドのプレミアリーグでの興隆は選手の移籍のおかげ」と特集している。

前節首位を独走していた宿敵マンチェスター・シティがトットナムに1-4で惨敗し、
サンダーランドを3-0で撃破した赤い悪魔は現時点でリーグ首位に立った。

就任2年目を迎えるファン・ハール監督は、2年連続で移籍市場に200億円以上をつぎ込んだ。
ワールドクラスのタレントをかき集めてチームを強化したが、首位躍進の理由について持論を語っている。

「運も必要だ。だが、チームのバランスは昨年よりも改善した。試合に勝つ必要があるし、毎週成長しなければいけない。
確かに毎週成長しているように見えないが、チームと選択肢は向上している。今は選手をローテーション起用しているが、なぜならそれが可能だからだ。
昨年は、私の考えではバランスがなかった。私は20選手から25選手を放出してきた。だから、これは新しいチームなんだ」

2シーズンで25人の大量リストラを断行

今季開幕前に移籍総額108億円といわれる大金で獲得したフランス代表の神童FWアンソニー・マルシアルら、6選手を補強した。
その一方で、オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーをフェネルバルチェに、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアをパリ・サンジェルマンに、
レバークーゼンにメキシコ代表FWチチャリートを放出するなど、レンタル移籍を含めて13人を放出した。

就任初年度の2014-15年シーズン開幕前の夏には、アシスタントコーチのライアン・ギグス氏の引退に加え、
ドルトムントに復帰した日本代表MF香川真司ら9選手を放出。

今年1月の移籍市場ではブラジル人MFアンデルソンら3選手を売却。
バランスが悪かったと力説する指揮官は、2シーズンで実に25選手をリストラし、完全に新しいチームを作り上げた。

500億円近い補強費を投入したオランダ人指揮官だが、自らがリストラ王として大ナタを振るった結果がもたらした成果と自認しているようだ。

Soccer Magazine ZONE web 9月29日(火)19時30分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150929-00010013-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443524781
続きを読む

【サッカー】日本代表 人材難の代表サイドバック…負傷・酒井宏樹の処遇どうなる?試合出場のメドが立てば招集したい意向

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2015/09/29(火) 16:52:37.48 ID:???*.net

日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(63)は28日、都内のJFAハウスでスタッフ会議を行い、
来月1日に発表するロシアW杯アジア2次予選シリア戦を戦う日本代表メンバーについて話し合った。

懸案は右太もも裏を痛めて26日のボルフスブルク戦を欠場したDF酒井宏樹(25=ハノーバー)の処遇だ。
すでに所属クラブに招集レターを送っているが、試合出場が可能なのかの確認作業に追われたという。

ハリルホジッチ監督はかねてサイドバックの人材不足を嘆いており、試合出場のメドが立てばレギュラー格の酒井宏を招集したい意向。
とはいえ、プレーできたとしても100%でできるのか。ロシアW杯アジア2次予選の天王山を前に難しい判断を迫られている。、
僕らは1戦1戦に集中していく」とそれぞれ続けている。

東スポWeb 9月29日(火)16時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00000031-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443513157
続きを読む

【サッカー】日本代表DF丸山が入籍!お相手は一般人「責任感と向上心をこれまで以上に」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2015/09/29(火) 17:15:12.09 ID:???*.net

 J1FC東京は29日、日本代表のDF丸山祐市(26)が9月21日に一般女性と入籍したことを発表した。

 丸山はクラブを通じて「この度、9月21日に入籍しました。まず、私をサポートしてくれる妻に感謝し、
明るい家庭を作っていきたいと思います。
これからは、責任感と向上心をこれまで以上に持ち、チームの力になれるように頑張ります」とコメントした。

 丸山は明大を経て2012年、FC東京に加入。14年には湘南へ期限付き移籍し、15年に復帰した。
今年8月にはワールドカップ・アジア2次予選を戦う日本代表に初選出されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00000054-dal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443514512
続きを読む

【サッカー】城福浩氏が国内外の「NEXT香川」をリストアップ 欧州で次に輝く日本人は?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2015/09/29(火) 14:59:03.92 ID:???*.net

鳥栖の鎌田は“なにかを起こす気配”を持っている。

ブンデスリーガ5節のレバークーゼン戦では1得点・1アシストの活躍で欧州ベストイレブンに輝くなど
好調の香川真司だが、果たしてこの日本代表の10番を背負うアタッカーの後に続く日本人選手は
現われるのか。FC東京、甲府などで監督を務めた城福氏が主な候補者をリストアップし、
個々の選手について解説する。

――◆――◆――

 国内組で『ネクスト香川』を考えた時、真っ先に思い浮かぶのは鳥栖の鎌田大地だ。
まだ満足のいくレベルでないにしてもゴールを決める力があり、急所を突くパスも出せるという意味で、
香川に近い雰囲気がある。パスのタイミングやボールを受けてさばくリズムは独特。パサーだけでなく、
フィニッシャーの資質も備えているうえ、日本人のこうしたアタッカーとしては珍しくサイズ(180センチ)
もあるのは強みだろう。

 香川は反転力や前を向いた後のクイックネス、チェンジ・オブ・ペースで勝負するが、
鎌田はそうした敏捷性でこそ香川に劣るものの、懐の深さを活かしてボールを保持し、
自分のタイミングでパスを出せる。アイデアの出し方は異なるとはいえ、
バイタルエリアでボールを受けた時、“なにかを起こす気配”はふたりに共通している部分だ。

 鎌田のクイックネスが向上すればより一層怖い存在となるが、なにも香川を真似する必要はない。
ファーストプレーで香川のように前を向けなくても、相手を背負いながら巧みに時間を作り、
次のプレーに移行できるからだ。

 ただ、それはあくまでJリーグレベルでの話。世界水準を見据えるならば、
持ち味である技術とアイデアを消さずに、もっとインテンシティ(プレー強度) を高めていかないといけない。

宇佐美は「香川と似て非なる」新型のアタッカーとして期待できる。

 香川のように1.5 列目や2列目をこなし、チャンスメイクに加えてゴールも狙うという観点から考えると、
G大阪の宇佐美貴史も当てはまる。どのポジションでの起用が最適かという議論は、結局、
周りとの組み合わせやシステム次第という答に落ち着く。香川との併用はもちろん可能だが、
香川に取って代わる存在にもなり得る。

 宇佐美は、守備面の課題を指摘される場合が多いものの、そればかりをクローズアップするのは
決して良い傾向とは言えない。最低限という言い方が良いのか、やらなければいけない守備のタスクは当然ある。
ただ、彼の役割として重きを置くべきは攻撃。90分の間に、調子が良ければ10回は
ストロングポイントを出せるし、調子が悪くても最低5回は出せるという具合に攻撃面をもっと追求すべきだろう。

 言い換えると、攻撃面でアベレージの高いプレーを続けることが肝だ。その意味で、
今後の課題は消える時間をいかに減らすか。原因は幾つかある。自分のやりたいポジションではないから、
周りとの相性が良くないから、相手のマークが厳しいから……。ただそうした理由に関わらず
“消えない存在”にならないと、香川の壁は越えられない。

 もっとも、香川とはタイプが違う。広義でふたりともファンタジスタと言えるが、
決定的に違うのはフィニッシュ力。宇佐美はひと振りでゴールを決める力がある。
この点は、過去に中盤の名手と言われた日本人選手たちと一線を画している。
 あえて区別するなら、香川はチャンスメーカー寄りのアタッカー、宇佐美はフィニッシャー寄りのアタッカー。
香川も得点力を備えているが、どちらかと言えばビルドアップに積極的に絡み、
テンポの良いパス交換から好機を演出するのを得意とする。シュートも狙うが、
インサイドで最後に合わせるような形が多い。一方、宇佐美はドリブルで打開し、ネットに突き刺すようなシュートがある。

 例えば、フィリッペ・コウチーニョ(171センチ/ブラジル代表/ リバプール) や
カルロス・テベス(173センチ/アルゼンチン代表/ ボカ・ジュニオルス) など、
世界で活躍している小柄な選手を見てみると、総じてキックの威力と精度が光る。
宇佐美もそれを持っているので、香川とは似て非なる新型のアタッカーとして期待が懸かる。
フィニッシュ力の重要性を宇佐美が示せば、香川→宇佐美と続いて、新たな逸材が現われるはずだ。

続きは↓の記事から
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150929-00010001-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443506343
続きを読む

【サッカー】日本代表入りも期待されたエリヴォー、リオ五輪予選でハイチ代表に選出!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2015/09/28(月) 08:18:30.54 ID:???*.net

来年ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催される五輪。
アジア最終予選は3か月後に迫っているが、CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)の最終予選はひと足早く来月1日から約2週間をかけて行われる。

その開幕を目前に控えた25日、CONCACAFは出場12か国の登録メンバーを発表し、
日本人の血を引くMFザカリー・エリヴォー(ニューイングランド・レヴォリューション/USA)がU-23ハイチ代表に選出された。

エリヴォーは1996年2月1日生まれの19歳。

ガンバ大阪の練習に参加した経験があるというハイチ人の父親と、日本人の母親の間に大阪で生まれた日系人だ。
生後すぐにアメリカに渡り、今年5月にMLS・ニューイングランド・レヴォリューションのトップチームへ昇格した際には日本でも話題となった。

代表にはU-15アメリカ代表を経て、今年初めのU-20北中米カリブ海選手権にハイチ代表として出場。
将来は日本代表入りを夢見ているとの報道もされ、手倉森ジャパン、ハリルジャパンの“秘密兵器”とも期待されたが、
今回、五輪出場を目指すU-23ハイチ代表に選出された。なお、U-20大会ではセンターバックとして起用されたが、本職は守備的MFで今回も中盤登録されている。

北中米カリブ海の最終予選はアメリカ、メキシコ、カナダのシード国と中米、カリブ海の予選を勝ち抜いた12か国が2組に分かれて対戦し、各上位2チームがトーナメントへ進出。
準決勝を制し、決勝へ進出した2チームに本大会への出場権が与えられることになっている。

グループA

カナダ、アメリカ、パナマ、キューバ

グループB

メキシコ、ホンジュラス、ハイチ、コスタリカ

http://qoly.jp/2015/09/27/zachary-herivaux-called-in-to-haiti-under-23-national-team

写真
http://qoly.jp/media/54997612-e38b-4078-bd38-ef8e82d622ce?w=800


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443395910
続きを読む

【サッカー】本田の本職はサイド? ミランは10番の活かし方分からず……

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/09/29(火) 08:18:23.07 ID:???*.net

トップ下の方が得意だったはずの本田

日本代表MF本田圭佑の本職はどこだといった議論がイタリアで起きている。

昨季まで本職のトップ下ではなく、右サイドでプレイすることが多かった本田には、本職ではないから成績が伸び悩むのは仕方がないといった声もあった。
元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏も本田を中央の選手だと認めており、サイド起用は合っていないと語っていた。
しかし、その本職を与えられた今季、本田は何も仕事をこなせていない。

昨季の序盤戦は目に見える結果と、守備に走る献身性が高く評価されていた。
シーズン途中からゴールが途絶えたが、それでも攻撃に集中できるポジションに置けばそれなりに面白い選手だと示したはずだった。
ところが、今季は守備面の献身性だけが残り、目に見える結果は何もない。
守備の献身性もサイドに比べて目立ちにくいポジションにあるため、守備面で頑張っていたと評価を下すのは難しい。あくまでバランスを取っているとの評価だ。

『Milan News.it』は本田の本職はどこだと述べ、序盤戦から定まらないトップ下を問題視している。
当初シニシャ・ミハイロビッチ監督はインサイドハーフで起用されていたジャコモ・ボナベントゥーラのトップ下に恋焦がれていたが、
26日のジェノア戦でのボナベントゥーラはそれほど良くなかった。
同メディアは今季トップ下でプレイしたスソ、本田、ボナベントゥーラのどれもピンとこないと批判しており、
攻撃を操るポジションをこなせる者が不在の状態となっている。

同メディアはジェノア戦の後半で攻撃面で印象に残るプレイを見せていたアンドレア・ベルトラッチをトップ下に置いてみてはどうかと提案。
また、先日シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長はマリオ・バロテッリのトップ下が見たいと発言した。
誰かがフィットするまで試してみようといった雰囲気になっている。

本田の本職は昨季までのサイドなのか、それとも代表でもプレイするトップ下なのか。
どうやって10番を輝かせるのかミランは悩んでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00010005-theworld-socc
theWORLD(ザ・ワールド) 9月29日(火)8時10分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00010005-theworld-socc.view-000
本田の適正はサイド?


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443482303
続きを読む

【サッカー】地元メディアで放出の可能性も報じられている本田圭佑は今後、再び出場機会を手にすることができるのだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2015/09/28(月) 11:53:11.88 ID:???*.net

★ミラン番記者の目
 
ACミランの日本代表MF本田圭佑は、27日の敵地ジェノア戦で第2節エンポリ戦で4試合ぶりにスタメン落ちとなった。
イタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチが故障から復帰し、左のボランチを務めていたMFジャコモ・ボナベントゥーラが4-3-1-2システムのトップ下で今季初先発した。

試合は前半でDFアレッシオ・ロマニョーリが2度の警告で退場となって数的不利に陥ると、これまでゴールとアシストを重ねてきたボナベントゥーラも沈黙。
シニシャ・ミハイロビッチ監督は後半からトップ下のポジションを捨て、4-3-3システムへと移行させた。ボナベントゥーラも1列ポジションを下げてプレーした。

ミランは後半チャンスをつくったが、0-1で敗戦。本田はベンチを温め続けたが、ポジションを争うライバルも、この日はピリッとしなかった。
地元メディアで放出の可能性も報じられている本田は今後、再び出場機会を手にすることができるのだろうか――。

イタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」のミラン番記者フリオ・フェデーレ氏は、本田の今後の出番減少を分析している。
「本田の出番は少なくなる。メネズの故障の回復具合の状態にもよるが…本田は開幕5試合で司令塔として十分な役目を果たしているとは言えなかった。
今日のボナヴェントゥーラのプレーを、ミハイロビッチがどう考えるか。それにも左右される。ベルトラッチもトップ下でプレーできる」

トップ下として求められるのはやはりゴールに直結したプレーだ。だが、本田は開幕5試合で無得点、アシストもいまだ0と、生産性を見せられていない。
同記者も、その点で本田は不十分だったと指摘している。

★来年1月にベルギー代表獲得浮上
 
一方で、昨季16ゴールをたたき出した自由奔放なアタッカーの回復を待望する声も大きくなりつつある。ジェレミー・メネズが腰痛から復帰すれば、トップ下の有力候補としてその名が挙がるだろう。
そして、ボナベントゥーラのジェノア戦での評価次第では継続起用となり、その試合の後半で唯一輝きを放ったベルトラッチも加わり、激しい定位置争いとなるだろう。

ミハイロビッチ監督はジェノア戦の後半にバロテッリ、バッカ、ルイス・アドリアーノという3トップもテストした。絶対的な正解の見えないミランのトップ下の人選で、本田は厳しい立場にある。
そして、今季第2節エンポリ戦、6節のジェノア戦以外でトップ下で先発してきた本田は、このまま出場機会を失いかねない。

ミランは1月の移籍市場でレバークーゼンのトルコ代表MFハカン・チャルハノールを獲得する可能性も浮上している。
ミハイロビッチ監督は、今夏の移籍市場で唯一果たせなかった補強ポイントの強化について、フェデーレ記者は「司令塔のポジションではなく、中盤のヴィツェルを獲得する可能性がある」と口にした。

今夏の移籍市場で、ゼニトでプレーするベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルの争奪戦にミランは参加したが、移籍金の面で折り合いがつかなかった。
ボランチでレギュラーとなることが濃厚な実力者が1月に加入すれば、ボナベントゥーラ、ベルトラッチがトップ下に弾き出されるシナリオがより濃厚になる。

★欧州カップ戦不参加がプレミア移籍で有利に

苦境に立たされている本田とって、最良の選択肢とは何なのだろうか――。

フェデーレ記者はこう語った。
「イングランドに移籍した方がいい。彼はチャンピオンズリーグにもヨーロッパリーグにも出場していないから、1月からプレーできることは移籍にアドバンテージになる」

今夏、トットナムやエバートンなどが獲得に乗り出したと地元紙でも報じられていた。今季欧州のカップ戦出場権のないミランのチーム状況が本田の移籍をより容易にすると分析している。

その一方で、本田にはミランにとって特殊な存在だという。「しかし、本田は商業的にはミランには必要な選手。特別な選手だということも忘れてはならない」
背番号「10」は、ピッチ外で特別な選手だという。アジア市場で収益性を高める方針に転換したミランにとって本田は旗頭。

地元メディアは、本田をかつて「マーケティングマン」と評していた。残留の最大のメリットがミランにとっての商業価値という厳しい評価を受けてきた。
昨季開幕時の7試合6得点2アシストのような爆発ぶりで、屈辱的な評価をくつがえしたいところだ。

2015.09.28 (Mon)
http://www.soccermagazine-zone.com/archives/16389

【サッカー】出番なしのACミラン本田圭佑に朗報!?ミハイロビッチ監督がボナベントゥーラのトップ下固定再検討を明言
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1443397559/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1443408791
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ