2015年02月

【サッカー】日本代表FW武藤嘉紀、東京ガールズコレクションにサプライズ登場 爽やか笑顔に3万人が胸キュン

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:れいおφ ★@\(^o^)/:2015/02/28(土) 19:58:21.83 ID:???*.net

サッカー日本代表の武藤嘉紀選手が28日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催中の
ファッションフェスタ「第20回 東京ガールズコレクション 2015 SPRING/SUMMER」(通称:TGC)に
サプライズ出演した。

見慣れたユニフォーム姿ではなく、爽やかなシャツスタイルで登場した武藤選手は、
手を振りながら堂々とランウェイをウォーキング。

「試合より緊張しました」とはにかむ武藤選手に、観客はみな胸をときめかせていた。

さらに、「男性の方より女性の方に応援していただいたほうがやる気になりますね」と
リップサービスも飛び出し、「今シーズンは得点をバンバン取って行きたいと思うので、
ここに来ている可愛い女性の皆さんも、ぜひスタジアムに足を運んで下さい!」と
笑顔で呼びかけた。

武藤選手は、FC東京所属でポジションはミッドフィルダー及びフォワード。
1992年生まれの22歳で、その実力はもちろん、
端正なルックスと現在慶応義塾大学経済学部に在学中という経歴でも話題を集めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000008-modelpn-ent

画像
http://mdpr.jp/photo/images/2015/02/28/w600c-e_1644097.jpg

http://mdpr.jp/photo/images/2015/02/28/w600c-e_1644097.jpg

http://mdpr.jp/photo/images/2015/02/28/w600c-e_1644097.jpg


17 名前:れいおφ ★@\(^o^)/:2015/02/28(土) 20:02:19.31 ID:???*.net

画像貼り付け失敗
すいませんこちらです
http://mdpr.jp/photo/images/2015/02/28/0_1644098.jpg

http://mdpr.jp/photo/images/2015/02/28/0_1644099.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425121101
続きを読む

【サッカー】スアレス、また“噛みつき”? マンC戦でのプレーに疑惑がかかる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/02/25(水) 22:02:09.64 ID:???*.net

欧州CLで疑惑のシーン、英紙は再犯の可能性を指摘

バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスに再び噛み付き疑惑が浮上している。
24日の欧州チャンピオンズリーグ16強、マンチェスター・シティ戦のワンシーンが波紋を呼んでおり、
英地元紙「インディペンデント」電子版が「バルセロナのストライカーはマンチェスター・シティのDFマルティン・デミチェリスに噛み付こうとしたのか、
それともちょっと噛み付いたのか」と特集している。

敵地エティハドスタジアムで行われた初戦。2得点を挙げてヒーローとなったスアレスはシティのペナルティボックス付近でボールを受けようとした際、
右手でブロックしようとしたアルゼンチン代表DFディミチェリスの黒い手袋をはめた右手に噛み付いたような格好となった

インディペンデント紙はこの疑惑の画像と動画を掲載し、スアレスの再犯の可能性を指摘している。

昨年夏のワールドカップブラジル大会1次リーグ最終戦で、イタリア代表DFジョルジオ・キエッリーニの肩に噛み付き、FIFAから4か月の活動停止処分を命じられた。
クラブでもオランダの名門アヤックスやリバプールでも噛み付き事件を起こしている。

昨夏、バルセロナに移籍した際には2度としないと誓っていたが、ブラジルの衝撃からわずか1年足らずでまたしても“渦中の人”となる可能性が出てきた。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150225-00010011-soccermzw-socc
Soccer Magazine ZONE web 2月25日(水)21時43分配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424869329
続きを読む

【サッカー】セリエA 破産危機パルマ、今節も延期に 選手サイドの要求をFIGCが認める

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/02/28(土) 15:41:06.33 ID:???*.net

イタリアサッカー連盟(FIGC)のカルロ・タヴェッキオ会長は27日、3月1日に予定されていたセリエA第25節、ジェノア対パルマの一戦を延期すると発表した。

財政難で破たん危機にあるパルマは、前節ウディネーゼ戦も警備や電気料金を支払えず。
無観客での開催も検討されたが、選手たちが拒んだことで、延期となっている。

敵地でのジェノア戦に向け、キャプテンのDFアレッサンドロ・ルカレッリは、自腹を切って遠征に向かうとしていたが、
27日に試合の延期を要求。認められなければ、ストライキすると話していた。

これを受け、FIGCは同日、試合の延期を決定。タヴェッキオ会長は次のように述べた。

「管理という観点からは、この上なく深刻なことであり、裁判所や当局の介入がない限り、
今後繰り返してはいけないと思う。選手たちの気持ちなどを考えて、延期することを考えた」

「だが、毎週延期するわけにはいかない。先週末は、選手たちが無観客での試合を望まなかったために延期となった。だが、これが最後だ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000004-goal-socc
GOAL 2月28日(土)12時0分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000004-goal-socc.view-000


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425105666
続きを読む

【サッカー】宇佐美が決勝点…昨季3冠のG大阪が浦和下し、2015年初タイトル

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/02/28(土) 15:30:48.00 ID:???*.net

Jリーグの今季初となる公式戦「富士ゼロックススーパーカップ2015」が28日に日産スタジアムで行われ、
国内3冠を達成したガンバ大阪と、昨季リーグ2位の浦和レッズが対戦した。

互いにACL(アジア・チャンピオンズリーグ)の初戦を落とし、リーグ開幕に向けて不安を残した両チーム。
今季の序盤戦をうらなう一戦は、

最初にチャンスを迎えたのは浦和だった。左サイドの関根貴大から柏木陽介にパスを送る。
柏木は上がってきた槙野智章に落とすと、槙野がミドルシュート。しかし、ボールはクロスバーの上を越えた。

試合を支配されるG大阪は22分、宇佐美貴史からパスを受けた倉田秋がダイレクトでシュートを狙ったが、DFのブロックに合う。

一方の浦和もゴール前で相手を崩す場面は少なく、35分に梅崎司が、
41分には槙野がミドルシュートを放ったが枠を捉えきれなかった。このまま0-0で前半を折り返す。

後半最初に好機を迎えたのはG大阪。54分、左サイドで倉田のパスに抜けだした藤春廣輝が中央へ折り返すと、
ペナルティエリア手前から明神智和がボレーシュート。しかしここはなんとか西川周作が弾きだした。

56分、浦和は右サイドからアーリークロスを入れると、ファーサイドの高木俊幸が合わせたが、シュートはゴール左に外れた。
さらに64分、森脇良太が右サイドから浮き球のパスを入れると、ファーサイドに走りこんだフリーの関根がダイレクトでシュート。しかし枠を大きく外れてしまう。

ここまで流れをつかめないG大阪だったが、遂に均衡を破ることに成功する。
68分、右コーナーキックを獲得すると、遠藤保仁のクロスを途中出場のパトリックがすらし、ファーサイドの宇佐美が押し込んで先制点を決めた。
直後の69分、宇佐美が決定機を迎えたが、GKとの一対一を外してしまう。

追い付きたい浦和は77分、槙野からパスを受けた柏木がミドルシュートを放つが、GK東口順昭の正面だった。

80分、G大阪は途中出場のリンスが左サイドを突破すると、クロスのこぼれ球を拾った倉田が右足でシュート。
DFにブロックされたボールを再び倉田が頭で合わせたが、最後は森脇が弾きだした。
続くCKでもパトリックが決定機を迎えたが、西川が必死にボールを抑えた。

後半アディショナル3分には、パトリックが追加点を決めた。

試合はこのまま終了し、2-0でG大阪が「富士ゼロックススーパーカップ2015」を制した。

G大阪は3月3日にACLの城南FC戦を敵地で、浦和は3月4日にACLのブリスベン・ロアー戦をホームで戦う。

【スコア】
ガンバ大阪 1-0 浦和レッズ

【得点者】
1-0 68分 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
2-0 90+3分 パトリック(ガンバ大阪)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00285753-soccerk-socc
SOCCER KING 2月28日(土)15時24分配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425105048
続きを読む

【サッカー】【G大阪】さらなる高みへ 宇佐美貴史が掲げる「下半身&スタミナ強化」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/02/27(金) 16:50:25.02 ID:???*.net

「シーズン半ばくらいに確固たる手応えを得られれば理想的」

昨季の三冠獲得に大きく貢献した宇佐美貴史は、「もっとやれる可能性を感じている」と、新シーズンに向けての意気込みを語る。
22歳のストライカーは、どこまで進化を続けるのか。

――◆――◆――

G大阪にとって今年最初の公式戦となったAFCチャンピオンズ・リーグ(ACL)、グループリーグ第1節の広州富力戦。
この試合にフル出場した宇佐美貴史は、0-2での敗戦という結果にも、表情を曇らせることはなかった。

当然、悔しさはある。だが、昨年の戦いを踏まえればこそ、「結果に一喜一憂せずに、チーム力を積み上げていくことが必要」という想いが強かった。

「相手の戦い方にはめられたというよりは、自分たちからはまっていった感じ。
なにより1点目の取られ方がもったいなかったし、それによってブロックを固められてしまった。
もう少しチームとしても、個人としても仕上がってきたら、ぶっちぎる力はある。
今後の試合を想定しても、ああいう戦い方をしてくる相手をどう崩すのか。試合を戦いながらコンディションを上げつつ、チームとして、個人として突き詰めていきたい」

守備を固めてきた相手をいかに攻略するか。これは、今季の『タイトル』を目指すうえで、シーズン前から宇佐美が挙げてきた課題のひとつだ。
昨季から選手の顔ぶれが大きく変わらず、かつベースとなるサッカースタイルも昨年からの継続路線である。

より警戒を強めてくる相手を上回るために、宇佐美は「個の質の向上、それに伴う組織力の強化」が必須条件だと語る。
だからこそ今季は、自身に対しても様々なミッションを課してスタートしている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150227-00010002-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 2月27日(金)16時31分配信

2 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/02/27(金) 16:50:50.54 ID:???*.net

「個人的にパワーアップさせたいのは下半身。それによって馬力と活動量が上がれば、プレーの可動域が広がり、単純に走る距離や回数も増えるはず。
あとは去年までの課題だったスタミナですね。スタミナがつけば後ろに下がってボールを受けたり、自分で前に仕掛けたりできるし、
そこでボールを失ったら、また切り替えてボールを奪い返して、ということがよりスムーズに回数も多くできる。
それらを身に付けることで、昨年以上に爆発的な結果と内容を、シーズンを通して自分に求めたい」

そうした姿をACLの広州富力戦で披露できたのかと言えば、正直ノーだろう。
ゲーム勘のなさもあってか、ボールが足に付かないプレーが見られ、堅く閉ざされた相手の守備を前に、
無理に突っかけてはボールを奪われるシーンが多かったのも事実だ。

だが、シーズンは始まったばかり。宇佐美に限らず、トレーニングで積み上げてきたことが、すぐさま結果につながるような時期ではない。
それはシーズン前から宇佐美自身も自覚していることだ。
「試合を戦いながらトレーニングを続けて、シーズン半ばくらいに確固たる手応えを得られれば理想的。
ただし、こればっかりはイメージどおりにいくとは限らないので、その時々で身体の状態を感じて、
必要だと思うことを地道に続けていくしかない」

心身ともに「最高の状態」が訪れるのはこれから。それが実現した時、宇佐美は自分自身に、
G大阪に、どんな結果をもたらすのか。今はただそれを楽しみに待つばかりだ。

――◆――◆――
このエピソードを踏まえた宇佐美貴史選手のインタビュー「無双の域へ――」が、2月26日(木)発売号のサッカーダイジェスト誌に掲載中。

今季の自分に求めたいことや、Jとアジアの舞台への意欲などを語っています。ぜひご一読ください。

取材・文:高村美砂(フリーライター)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425023425
続きを読む

【サッカー/日本代表】「ハリルホジッチ」 呼称問題浮上…バハ?ハリル?ハリー?どう呼ぶ?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:れいおφ ★@\(^o^)/:2015/02/28(土) 06:51:20.95 ID:???*.net

サッカー日本代表監督の有力候補となっているバヒド・ハリルホジッチ氏(62)は
かつてリール(フランス)を率いていた時代に、尊敬の念を込めて「コーチ・バヒド」と呼ばれていた。

もっと距離感の近い愛称としてはバヒドを縮めた「バハ」というニックネームで呼ばれることが多い。

これまで日本代表は「ザックジャパン」、「オシムジャパン」「トルシエジャパン」などと
名字からとった呼び方が採用されてきたが、欧米流で言えばハリルホジッチ氏が
代表監督に就任した際には「バハジャパン」となるかもしれない。

また名字のハリルホジッチを英語風の愛称にするとハリーとなるため、「ハリージャパン」
も外国人にとっては発音しやすいだろう。

そういえば映画「ダーティ・ハリー」を演じたクリント・イーストウッドにどことなく雰囲気が
似ているという声もあるとか、ないとか…。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000009-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425073880
続きを読む

【サッカー】 バイエルン、ケルンにも4ゴールで4連勝 大迫は先発も前半のみで交代

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:casillas ★@\(^o^)/:2015/02/28(土) 08:24:17.89 ID:???*.net

27日に行われたブンデスリーガ第23節、バイエルン・ミュンヘン対ケルンの一戦は、4-1でホームのバイエルンが勝利した。
ケルンFW大迫勇也は先発出場したが、ハーフタイムに交代している。MF長澤和輝はベンチ入りしたが、出場機会はなかった。

ここ2試合で14得点無失点と圧倒的な強さのバイエルンは、この日も立ち上がりからスコアを動かす。3分、ロッベンのCKにシュバインシュタイガーが頭で合わせ、あっさりとネットを許した。

直後のロッベンのチャンスなど、一気に畳み掛けるバイエルンは、10分に早くもリードを広げる。
レヴァンドフスキのシュートは阻まれたが、左サイドからリベリがドリブルで中央に切り込むと、ペナルティーアークから右足のグラウンダーシュートをゴール左下に決めた。
王者に押されるケルンが期待するのはウジャ。21分にはそのウジャが飛び出し、ペナルティーエリア内で間接FKを獲得する。
対応したボアテングからのボールをノイアーがスライディングしながらキャッチしたが、これがバックパスと判断された。だが、ヘクトルのシュートは壁に阻まれる。

その後もバイエルンに主導権を握られたケルンだが、アディショナルタイムに1点を返す。ショートコーナーから右サイドのレーマンがクロスを入れると、ウジャが頭で合わせた。

希望をつなぐゴールを決めて前半を終えたケルンは、後半から大迫に代えてリッセを投入。
すると、58分に左クロスからウジャ、さらにショートコーナーからのクロスのこぼれに反応したリッセと、立て続けにチャンスを迎える。
だが、いずれもノイアーに阻まれ、追いつくことができない。
自信を深めて意気込むケルンを抑えたいバイエルンは、欲しかった3点目を67分に決める。
左からリベリがふわりとクロスを入れると、ファーのロッベンが頭で押し込む。

これでケルンの気勢をそいだバイエルンは、75分にダメ押しの4点目。
カウンターから、リベリ、ロッベンとつなぎ、最後はクロスボールをレヴァンドフスキが胸で楽々と押し込んだ。
その後も得点王ランク首位のロッベンが何度か追加点に迫ったバイエルンは、4連勝で勝ち点を58とし、2位ヴォルフスブルクに暫定で11差とした。
ケルンは後半戦に入って2敗目。ここ5試合で白星から遠ざかっている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150228-00000034-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425079457
続きを読む

【サッカー】本田、キエーボ戦で2戦連続先発落ちの可能性高まる 伊紙が報じる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2015/02/27(金) 21:39:11.99 ID:???*.net

指揮官への暴言報道のチェルチもベンチスタートの予想

ACミランの日本代表FW本田圭佑が28日の敵地キエーボ戦で前節チェゼーナ戦に続き2試合連続で先発落ちとなる可能性が高まっている。
イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

現在9位のミランは16位と低迷するキエーボとの試合を迎えるが、ガゼッタ紙はフィリッポ・インザーギ監督がチェゼーナ戦とほぼ同じ4-3-1-2のシステムで戦うと予想。
前節出場停止だった守護神ディエゴ・ロペスが先発に復帰するが、それ以外のメンバーは同様になると報じている。

チェゼーナ戦で先制点を決めるなどの活躍を見せたイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラがトップ下で先発し、
2トップはイタリア代表FWマッティア・デストロと元フランス代表FWジェレミー・メネズとなると予想している。

チェゼーナ戦で出番なしに終わった本田は試合後、「次の試合もこのまま行けば、出ないですけれど
勝ち続ける中でレギュラー争いをした方がチームにとってもよりいいこと」と語っていた。
チームが勝利したことからベンチスタートを覚悟していたが、現実のものとなりそうだ。

ここ2試合出場時間が短く、チェゼーナ戦のロッカールームでインザーギ監督に暴言を吐いたとされる
イタリア代表MFアレッシオ・チェルチは、ベンチスタートと予想されている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150227-00010007-soccermzw-socc
Soccer Magazine ZONE web 2月27日(金)18時36分配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1425040751
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ