2014年12月

【サッカー】ブンデス公式が前半戦の日本人選手を5部門で比較。岡崎が3部門でトップに

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2014/12/30(火) 16:25:23.19 ID:???0.net

ブンデスリーガ公式サイトは、1部リーグに所属している日本人全選手の前半戦を比較し、そのデータを30日に掲載した。

比較されたのは「得点」「シュート数」「パス数」「1対1の勝率」「1試合平均走行距離」「出場時間」の5部門。

フランクフルトのFWアレクサンダー・マイヤーに5点差と突き放されたものの、得点ランク上位をキープしていたFW岡崎慎司が
「得点」8得点、「シュート数」33本、「出場時間」1440分を記録し、3部門でトップに輝いている。

また、「パス数」では今夏からフランクフルトに移籍し、中心選手となっているMF長谷部誠が669本で1位。

「平均走行距離」では、同じく今夏ボルシア・ドルトムントに復帰したMF香川真司が11.9kmでトップとなった。

また、「1対1の勝率」ではDF酒井宏樹が最も勝利しており、DFとして対人の強さを示した結果となっている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141230-00010013-footballc-socc
フットボールチャンネル 12月30日(火)15時40分配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419924323
続きを読む

【サッカー】FC東京、ジュビロ磐田の元日本代表FW前田遼一を完全移籍で獲得したことを発表!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2014/12/29(月) 20:27:44.07 ID:???0.net

FC東京は29日、ジュビロ磐田の元日本代表FW前田遼一を完全移籍で獲得したことを発表した。

移籍に際し、前田はクラブを通じて以下のようにコメントしている。

「一つでも多くの勝利に貢献してFC東京がタイトルをとる力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」

また移籍元の磐田に対しても以下のようにコメントしている。

「15年間本当にお世話になりました。今回の決断は本当に迷い何度も考えました。

この決断が自分とジュビロ磐田にとってプラスになると信じています。

そして、いつかまた前田が欲しいと言ってもらえるような選手になれるよう頑張ります。

本当に感謝しております。皆さんありがとうございました」

日本代表としても活躍した前田は、2000年に暁星高から磐田に入団し15年間プレーしてきた。

磐田では数々のタイトルを獲得し、2009年と2010年にはJリーグベストイレブンと得点王に輝いている。

リーグ戦の通算成績は、J1で326試合137得点、J2で37試合17得点を記録している。

12月29日(月)17時27分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00263171-soccerk-socc

前田遼一選手 完全移籍加入決定のお知らせ
http://www.fctokyo.co.jp/204376/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419852464
続きを読む

【サッカー】日本代表合宿初日「いろいろ騒ぎすぎ」「影響そんなにない」サポーターの反応さまざま

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2014/12/30(火) 07:58:28.96 ID:???0.net

 ◇サッカー日本代表 合宿スタート

 連覇が懸かるアジア杯へ向けた代表合宿初日をスタンドから見守ったサポーターたちの反応もさまざまだった。八百長疑惑の渦中にあるアギーレ監督が指揮を執る中で行われた千葉県内の公開練習に詰め掛けたファンは約450人。

 多くの人が「笑顔で楽しそうに練習をしていたので、見に来ることができて良かった。影響もそんなにないと思う」と話した

一方で、ある20代の女性サポーターは「何が本当なのか分からない。凄く気になるので、真実をはっきりさせてほしいですね」と、複雑な表情で八百長問題の早期決着を望んでいた。

 「いろいろ騒ぎすぎだと思う。一丸となって、アジア杯では連覇してほしい」と話す20代の男性サポーターもおり、選手にとっては動揺も少なくない中で結果が求められている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000049-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419893908
続きを読む

【サッカー】シャイで遠慮がちな清武弘嗣…クラブで得た自信を胸に香川真司の定位置奪取に挑む

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2014/12/30(火) 09:21:10.73 ID:???0.net

清武は今回の代表メンバー23人中、ただ1人だけアギーレ体制発足後の合宿に呼ばれていない選手である。

彼が入るであろうインサイドハーフのポジションでは、これまで田中順也(スポルティング)、森岡亮太(神戸)、田口泰士(名古屋)、
細貝萌(ヘルタ・ベルリン)らがテストされてきた。が、田中は所属クラブでの出場機会激減、

森岡と田口は国際経験の不足というマイナス面があり、細貝も長谷部や今野泰幸(G大阪)との兼ね合いで微妙な状況に追い込まれていた。
MF6枚のうち長谷部、今野、遠藤保仁(G大阪)、柴崎岳、香川真司(ドルトムント)の5人はすでに決まっていたから、
指揮官の中で最後の1枠をどうするかは悩みの種だったに違いない。

そこで、ドイツ3チーム目のハノーファーへ移籍した今季、全試合出場を果たし、通算3得点を挙げている清武に白羽の矢が立った。
9月から11月の代表合宿に参加していなかった自分が選ばれるとは、本人も考えていなかっただろう。

 しかしながら、最近の清武は確かに非常にキレがある。ブンデスリーガ残留争いを強いられた昨季のニュルンベルクでは、
プレーが小さくまとまり、中盤でバランスを取っているだけの印象が強かった。ゴール前へ飛び出していく回数も少なく、得点の匂いが全く感じられなかった。

アルベルト・ザッケローニ監督の信頼が厚かったことから、辛うじて2014年ブラジルワールドカップメンバーに滑り込みを果たしたものの、
ピッチに立ったのはラストのコロンビア戦(クイアバ)の終盤わずかな時間だけにとどまった。

「2011年に代表入りしてからパフォーマンスに波もあったと思うし、一定のパフォーマンスをできる時期と出来ない時期が多かった。
試合数にしては得点も少ないし、そういう面で、オカちゃん(岡崎慎司=マインツ)とか、圭佑(本田=ミラン)君とか、
真司(香川=ドルトムント)君と比べて劣っていた。どのチーム見ても絶対的なエースがいて、日本だったら圭佑君とか真司君。
そういう選手に自分もならないといけないなと思いますし。この4年間で努力していきたい」と清武本人も力不足を切々と感じているようだった。

こうした屈辱が大きなバネになったのか、新天地・ハノーファーでは積極的にゴール前へ飛び出し、ゴールを狙う意識が一気に高まった。
香川との直接対決で注目された10月25日のドルトムント戦も、決勝点自体は得意のFKで叩きだしたが、
スキあらば相手陣内へグイグイと侵入していく力強さが感じられ、むしろ香川よりもインパクトが強かったといっても過言ではなかった。

今回のアジアカップでも、清武が出場機会を増やそうと思うなら、香川との競争に勝たなければならないだろう。
対戦相手にもよるが、4-3-3で戦うなら、インサイドハーフの現時点でのレギュラーは遠藤と香川だろう。

遠藤はゲームメークの軸として必要だから、清武がピッチに立つなら香川の左インサイドハーフということになる。
今のコンディションを単純比較したら、清武の方が香川を上回っている。今季の得点数も1点にとどまっている香川に対して、清武は3点。
そこはアピールできるポイントだ。「自分が中心になるんだ」という強い意気込みを合宿初日から前面に押し出していけるか否かで、今後の情勢は大きく変わってくるだろう。

清武はもともとシャイで遠慮がちな性格ゆえに、代表では自分からアピールすることが少なすぎた。しかしその彼もすでに25歳。
サッカー選手としては円熟期を迎えている。

「次の2018年ロシアワールドカップではハセさんみたい自分がキャプテンマークを巻いてピッチに立っていたい」
と彼が自ら口にした大目標を現実にするためにも、ここで巡ってきたチャンスは逃せない。

アジアカップのラストピースとなった清武がもしかすると大会の行方を大きく左右するかもしれない。今回はこの男に注目だ。

12月29日(月)13時2分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00263061-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419898870
続きを読む

【サッカー】元日本代表ハーフナー・マイクがコルドバのチーム練習欠席!

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2014/12/29(月) 20:21:49.45 ID:???0.net

サッカースペイン1部リーグ、コルドバの元日本代表FWハーフナー・マイクが28日、
クリスマス休暇明けで再開されたチームの練習に姿を見せなかった。29日のスペイン各紙が報じた。

コルドバによると、ウルグアイ出身のDFアドリアニ・グニノとハーフナーは、
クラブ側にチーム練習合流が遅れるとの許可を取っておらず、“無断欠席”しているという。

カメルーン出身のパトリック・エケングは29日の月曜日から合流するとの申請を出し、許可されていた。

ハーフナーはオランダ1部リーグ・フィテッセから今季、1部に昇格したコルドバに移籍。
しかし前半戦で出場5試合0得点と結果を残せておらず、外国人枠の関係もあり最近はベンチ入りからも外れている。

2014年12月29日
http://www.daily.co.jp/soccer/2014/12/29/0007621315.shtml


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419852109
続きを読む

【サッカー】G大阪のFW宇佐美貴史、来年こそ代表へ!自ら分析「献身性、運動量が足りない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2014/12/30(火) 07:42:03.37 ID:???0.net

 G大阪のFW宇佐美貴史(22)が29日、MBSラジオ「上泉雄一のええなぁ!」(月~金、前10・30)にゲスト出演し、来年の目標に日本代表入りを掲げた。

 アジア杯に選出されなかったことについては「献身性や運動量を求める監督。そこが足りないと思うし、成長するために必要なことを教えてくれていると思っている」と冷静。

ACLなどで過密日程となる15年シーズンへ向け「それだけアピールするチャンスが多いということ。来年こそは、必ず呼ばれたい」と意気込んだ。

 2週間のオフはハワイを訪れるなど心身ともにリフレッシュ。この日の午後からは自主トレもスタートさせた。エースは「個人的には満足はしていない。来季は得点王を取りたい」と、さらなる進化を誓い、前を見据えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000074-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419892923
続きを読む

【サッカー】香川真司「自分にとって必ずいい経験ですし、こういう状況を力に変えるしかないです」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2014/12/29(月) 23:34:02.52 ID:???0.net

日本代表は29日、来年1月9日からオーストラリアで行われるアジアカップに向けて、国内合宿を開始した。

約80分間の練習には、合流していないDF吉田麻也を除く22選手とトレーニングパートナーのGK牲川歩見、
MF中島翔哉を加えた24選手が参加。GK川島永嗣は別メニューで調整を行った。

練習後、ドルトムント所属のMF香川真司は「初戦のパレスチナ戦を含めて(グループステージの)3試合全て勝ちにいこうという話はしました」と、
アジアカップに向けて意気込みを示した。

日本代表を率いるハビエル・アギーレ監督の八百長疑惑に関しては「僕たちには分からないです」とコメント。
さらに「監督を信頼して、ついていくだけです。そのために、しっかりと気持ちの整理をしてやっていきたいと思います」と述べた。

ドルトムントでは先発で出場できない試合が続いているが、
香川は「自分にとって必ずいい経験ですし、こういう状況を力に変えるしかないです」と主張。

また「新たな年のスタートとして、アジアカップは自分にとっても、代表にとっても大きな大会。
勝ちにいくための準備をして、個人的にもしっかりとしたものを残したいです」と語った。

12月29日(月)23時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00263247-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419863642
続きを読む

【サッカー】レギュラー剥奪の香川 「捲土重来」期すアジア杯 考えようによっては巻き返しの好機

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2014/12/29(月) 20:49:33.27 ID:???0.net

 サッカー・ドイツ1部リーグのドルトムントで香川が窮地に追い込まれている。

前半の17試合を終えたリーグ戦は直近の4試合で先発を外れ、与えられた出場機会も17節ブレーメン戦の途中出場と限定的。
自動降格圏の17位で折り返したチーム低迷の“戦犯”のように扱われ、試合感覚の欠如は来年1月のアジア杯にも悪影響を及ぼしかねない。

レギュラーの座は完全に失った。今季開幕直後にイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドから復帰し、
初めてピッチに立った3節のフライブルク戦ではゴールも奪ってサポーターを喜ばせた。

しかし、その後はノーゴールで、14節以降の出場は17節ブレーメン戦の後半45分間だけとなっている。

運にも見放された。自身の出来が悪くなくても、故障者続出もあってチームは結果が出ない。
優勝候補筆頭のバイエルン・ミュンヘン追撃の一番手とみられながら2部降格の危機に瀕すれば、チームとして何かを変える必要は出てくる。
復帰当初は“救世主”ともてはやされた香川が、低迷の“元凶”としてやり玉に挙げられてしまった面はあるだろう。

ただ、出場機会の減少とともに輝きを失いつつあるのも確かだ。
前半戦最後となった12月20日のブレーメン戦では後半からピッチに立ち、攻撃の活性化には成功した。
しかし、ペナルティーエリア内からノーマークで放った2本のシュートは大きく枠を外し、鈍った試合感覚とメンタル面の焦りを露呈。
またしても敗れたチーム同様、悪循環に陥ってしまったようにみえる。

ドルトムントのクロップ監督は「シンジ(香川)は以前と変わらず並外れた力を持っている」と評価しながら、
「攻撃的な選手が調子を取り戻すのは難しい」と本調子ではないことを示唆。

ポジションを争うロイスやムヒタリャンらが故障で不在でも出場機会が得られない事実は、信頼回復が簡単ではないことを物語る。

日本代表の一員として挑むアジア杯に向けても不安が残る。所属クラブで満足な出場機会を得られないまま大舞台に臨む現状は、
嫌でもワールドカップ(W杯)ブラジル大会を思い出させる。エースとしての働きを期待されながらノーゴールに終わり、1次リーグ第2戦では先発落ちの屈辱も味わった。

香川を取り巻く状況は厳しい。しかし、考えようによっては巻き返しの好機でもある。

クロップ監督がアジア杯における香川のプレーに注目するのは当然で、何よりも納得のいくプレーをすることで本人が自信を取り戻すきっかけになり得る。
アジア杯に向けた日本代表の合宿が始まる12月29日からは、香川の今後を左右する1カ月となりそうだ。

12月29日(月)17時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141229-00000535-san-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1419853773
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ