【サッカー】<香川真司>ベシクタシュで早くもブーム?シャツを次節ホーム戦で2万5000枚用意へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/07(木) 13:05:05.02 ID:4wldRK609.net

トルコ、ベシクタシュでのデビュー戦でいきなり2ゴールを叩き込んだ香川真司。同選手のトルコにおける注目度はうなぎのぼりとなっているようだ。

トルコメディア『Star』は、9日に行われるホームでの次節ベシクタシュvsブルサスポル戦について次のように伝えている。

「ベシクタシュにおける香川真司は大きなムーブメントになっている。彼は出場からわずか19秒でゴールを決めるという離れ業をやってのけた。早くもベシクタシュはブルサスポル戦に向け、特別な準備をしているようだ」

「土曜に行われるボーダフォン・アリーナ(ベシクタシュのホームスタジアム)の試合に向けて、ベシクタシュは2万5000枚の香川真司記念Tシャツを用意している」

また、ベシクタシュ幹部のリュズガー・サニャク氏は自身のSNSで、2月23日に予定されているベシクタシュvsフェネルバフチェのイスタンブール・ダービーで、香川のシャツを4万枚用意する計画を明かしている。

現地トルコの著名ジャーナリスト、アレン・マルカリアン氏は「ホーム戦では香川真司がピッチに登場したら、ファンのみんなは日本式のお辞儀で迎えよう」という呼び掛けを行っており、そのSNSメッセージに前述のサニャク氏が「それは素晴らしい考えだね」というコメントを寄せている。

アンタルヤスポル戦でいきなり結果を残した香川真司。次節ブルサスポル戦はホーム戦デビューとなるが、その一戦を盛り上げるべくベシクタシュは”仕掛け”を用意しているようだ。

2/7(木) 12:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000005-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549512305
続きを読む

【サッカー】トルコ2発デビューの香川 縦回転FKの裏に中村俊輔の教え

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2019/02/07(木) 00:16:27.13 ID:PCQ39W6j9.net

 悲運のエースの大復活は必然だった。3日(日本時間4日)に行われたトルコ1部リーグで、ドイツ1部ドルトムントからベシクタシュに移籍したばかりのMF香川真司(29)が、デビュー戦となった敵地のアンタルヤスポル戦で見せたプレーは欧州に衝撃を与えた。後半途中出場からわずか16秒でのゴールに加え、驚がくの直接FK弾。試合勘の欠如など不安を一気に吹き飛ばした形だが、そこにはあの「元10番」の教えがあった。

 出場機会を求めて新天地に合流してわずか3日というハンディを感じさせることはなかった。香川は後半36分にピッチに送り出されると、わずか16秒後には見事なまたぎフェイントからゴール。同39分にも直接FKを叩き込み、地元メディアから絶賛された。

 特にFKの一撃は衝撃的で、公私共に親交のあるDF長友佑都(32=ガラタサライ)は自身のツイッターに「フリーキック縦回転は初めて見たわ。あんな球蹴れるなら隠さず先言っといてや。笑」と投稿。かつて日本代表のチームメートからキックの精度の低さを指摘されていた選手とは思えないプレーだっただけに、香川を知る多くの選手や関係者も長友と同じ心境だったはずだ。

 苦手分野に対して地道に向き合ってきたことがようやく実を結んだ。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド時代の2013年には、左足のキックが代名詞であるMF中村俊輔(40=磐田)と、ともに契約を結ぶアディダス社のCMでの共演も無駄にはしなかった。互いの得意分野を実技を交えて披露し合う内容の中、初めて間近で見る左足から繰り出される俊輔のキックから、参考になるテクニックを盗もうとしていたという。

 その後もあらゆる角度から継続的にFK技術の向上に取り組んできた。ある日本代表OBも「ドルトムントで出られない中でも地道に練習していた成果だろう」と指摘する。今季は開幕から出番を失っても腐ることなく、捲土重来を期して新たな武器を研ぎ澄ます時間に費やしてきた。その成果には手応えをつかんできたようで、昨年末にはリーグ中断期間の自主トレで、ロシアW杯日本代表GK中村航輔(23=柏)を相手に2本連続で近い位置からFKを決めて大はしゃぎする動画を自身のSNSに投稿した。

 新境地を開拓したことで、アジアカップ準優勝に終わった森保ジャパンの足りないピースを埋める存在になりそうだ。森保一監督(50)からはこれまでの経験値や高い技術を評価されているが、新天地のデビュー戦でセットプレーのキッカーとしてもアピール。アジアカップでは直接FKからゴールは生まれなかっただけに、代表復帰となれば、キッカーとして低調だったMF柴崎岳(26=ヘタフェ)やMF堂安律(20=フローニンゲン)に代わって主戦を任されてもおかしくはない。

 逆襲の第一歩をしるした男は「まだ1試合だけなので。次に切り替えてこういう結果を常に出せるようにやっていきたい」と浮かれる様子はない。さらなる活躍に向けた強い決意は、日本サッカー界にとって頼もしい限りだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/15981622/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549466187
続きを読む

【サッカー】<カタール代表のFWアルモエズ・アリ>ACミラン移籍浮上!アジア杯MVP

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/06(水) 20:42:21.03 ID:kz+mBM9s9.net

今月1日に決勝が行われたアジア杯で初優勝を果たしたカタール代表のエース、FWアルモエズ・アリ(22)が、
セリエAの名門ACミランに移籍する可能性が浮上した。6日にカタール紙ガルフ・タイムス(電子版)が報じた。

アリはアジア杯で新記録となる9得点を挙げ、大会MVPを獲得。3―1で日本代表を破った決勝戦では、前半12分にオーバーヘッドキックで先制点を決めた。
同紙によると、大会にはACミランがスカウトを派遣しており、今夏の移籍期間で獲得に動く可能性が出てきたという。

 中島翔哉(24)が加入したカタールの強豪アルドハイルに所属するアリについて、名将ジョゼ・モウリーニョ氏(56)も高く評価。
アジア杯で解説を務めたカタールのテレビ局beINスポーツで「アリはスピード、俊敏性があり、国外でプレーできる実力を持った素晴らしい選手。
若い彼がトッププレーヤーになりたいのなら、もっと上のリーグでプレーする必要がある」とアドバイスを送っていた。

2/6(水) 19:24配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000128-spnannex-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190206-00000128-spnannex-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549453341
続きを読む

【サッカー】<日本代表“新旧10番”明暗!>欧州ビッグクラブを選ばなかった中島翔哉と選べなかった香川真司

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/06(水) 19:42:12.25 ID:kz+mBM9s9.net

 本来は欧州のビッグクラブへの移籍を画策していた中島が選んだのは、2022年W杯開催国であるカタールの強豪アルドハイルだった。とにかく条件は破格だ。

 43億円を超える移籍金は、2001年に中田英寿氏がローマからパルマ(ともにイタリア)に移籍した際の約32億円を上回り、香川が全盛期にドルトムントからマンチェスターユナイテッドに移籍した際の21億円の2倍以上。年俸も350万ユーロ(約4億4000万円)にはね上がった。

 日本サッカー協会幹部が「Jリーグに一銭も入らないのが残念」と嘆く。中島は17年8月、当初は18年6月30日までの期限付きでポルティモネンセに移籍したが、18年5月に完全移籍に切り替えた。この時点で保有権を手放したFC東京は、今回の大型契約の恩恵にあずかることはできない。

 そもそも、ポルティモネンセも中島を放出する意志はほとんどなかった。昨オフ、ポルトガルリーグのライバルであるポルトが移籍金800万ユーロ(約10億円)で中島の獲得をオファーしたが、これを断り、中島の移籍金を2000万ユーロ(約26億円)と設定。欧州ビッグクラブ以外への移籍は消えたとみられていた。

 ところが、資金力だけなら世界でも英プレミアリーグに次ぐカタール・リーグのアルドハイルが、ポルティモネンセ側の想定をはるかに超える金額で、フォリャ監督ら現場が残留を熱望していた中島をかっさらった。

 それだけではない。アルドハイルは、ネイマールやエムバペを抱えるフランス・リーグのパリ・サンジェルマン(SG)とオーナーが同じ(カタール人のナセル・アル・ヘライフィー氏)。欧州のメディアは、中島のアルドハイル移籍は単なる補強ではなく、パリSGが、欧州サッカー連盟(UEFA)がクラブの健全経営のために定めた規約をすり抜けるための方策との見方も示している。

 パリSGが中島を獲得するため、アルドハイルを経由し、規約に抵触しない範囲で移籍金を再設定するか、期限付きで獲得する可能性が指摘されているのだ。これが本当だとすれば、欧州屈指の強豪にとって中島は、謀略をめぐらしてでもほしい選手-という言い方もできる。

 カタール行きを選択した背景には様々な憶測が飛び交っているが、中島は自身のブログで説明。

 「今回の移籍に関して少し誤解をしているかもしれないと感じています。(中略)今回カタールのアル・ドゥハイルへ移籍することはポルティモネンセや代理人が決めたことではなく、自分の意思で決めました」

 中島は森保一監督(50)の就任とともに日本代表の「10」を香川から引き継ぎ、キリンチャレンジ杯で大活躍。しかし先のアジア杯を前に右下腿を痛め離脱した。日本が決勝で敗れ、2大会ぶり5度目の優勝を逃した要因として、チームの軸となった中島の不在を挙げる関係者は多い。アジア杯では追加招集の乾(アラベス)が10番を付けたが、今も実質的なエースは中島である。

 一方、香川が置かれた立場は対照的だ。20年6月まで契約があるドイツのドルトムントで“戦力外”状態。本人はスペイン・リーグへの移籍を希望していたが、トルコのベシクタシュへ、半年間のレンタル移籍が決まった。半年の給料は110万ユーロ(約1億4000万円)で、“都落ち”の感が否めない。しかも「シーズン終了後、ベシクタシュが160万ユーロ(約2億円)を払えば優先的に契約を結べる」(関係者)内容で、レンタル料は“タダ”(無料)。ドルトムントからていよく追い払われた格好だ。

 途中出場で2分半の間に2ゴールを奪ったデビュー戦(3日のアンタルヤスポル戦)は、確かに衝撃的だった。しかし、4-1と大量リードした後半36分からの登場で、相手が試合を諦めた状況だったことを差し引かなければならない。「1試合だけなので。次に切り替えて、こういう結果を常に出せるようにやっていきたい」と冷静にコメントした香川自身が一番よくわかっている。

 森保ジャパンは3月からキリンチャレンジ杯4試合、6月14日開幕の南米選手権出場をへて、9月から22年W杯カタール大会アジア予選に臨む予定。森保監督は今月中にも選手選考のため欧州視察に出かけ、“海外組”との面談も行う意向だ。

 トルコ経由で代表復帰と10番奪回を目指す香川にとって、アピールできる時間は極めて短い。

2/6(水) 16:56配信 夕刊フジhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000007-ykf-spo

写真
https://www.zakzak.co.jp/images/news/190206/spo1902060002-p1.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549449732
続きを読む

【サッカー】<“香川待望論”>マンUにも拡大!古巣サポーターが再獲得を熱望「ポグバとローテを…」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/06(水) 15:23:11.47 ID:ifxfShI+9.net

スールシャール暫定監督の下で好調なユナイテッド サポーターの“切なる声”に英紙注目

ドルトムントからベジクタシュに移籍したMF香川真司は、現地時間3日のトルコデビュー戦で3分間で2ゴールを奪う離れ業を見せ、一気にファンのハートをつかんだ。いきなりの復活を印象付けたかつての日本代表ナンバー10だが、“香川待望論”はかつて所属したマンチェスター・ユナイテッドのサポーターからも起きているという。

 英紙「デイリー・スター」は、こんな見出しで香川の活躍を紹介している。

「マン・ユナイテッドファンは(現監督の)オレ・グンナー・スールシャールに対して、鮮やかなデビューを飾ったシンジ・カガワとの契約を求めている」

 ファンの間では、アンタルヤスポル戦(6-2)で後半36分に出場するやいなや叩き込んだドリブルシュートと、その3分後に相手GKの虚を突いた直接FKを叩き込んだ香川の雄姿が共有され、ファンからコメントが殺到しているようだ。

「素晴らしい選手なのに、俺たちは彼を適性のある形で起用したことが一度もなかったんだよ」
「彼にとって、そのリーグ(トルコ)は力を持て余しすぎるよ」
「オレ(スールシャール監督)の元で彼ならどれだけ上手く馴染んでくれるだろうか」
「たぶんだけど、(フランス代表MFポール・)ポグバとローテしていくべきくらいの良い選手だろう」

 ユナイテッドと言えば、かつて香川が2012~2014年まで所属したクラブだ。日本人でプレミアリーグ史上初となるハットトリックを達成するなど存在感を見せた一方で、デイビッド・モイーズ、ルイス・ファン・ハールという2人の指揮官の元ではポジションに恵まれずドルトムントに戻った経緯がある。

 その一方で現在のユナイテッドはジョゼ・モウリーニョ前監督から引き継いだスールシャール暫定監督が、オフェンシブなスタイルを促進している。それもあって今のチームなら香川も生きるのでは、という思いが持ち上がったのかもしれない。

2/6(水) 9:10フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190206-00168855-soccermzw-socc

写真
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/02/KagawaShinji.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549434191
続きを読む

【サッカー】<バルサ出身新戦力>サガン鳥栖FWクエンカ2発“デビュー”

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/03(日) 12:38:15.04 ID:GuY3VWKX9.net

 2発デビュー! 沖縄キャンプ中のJ1サガン鳥栖は2日、読谷村陸上競技場でJ2東京Vとトレーニングマッチ(45分×2本)を行い、2-1で逆転勝ちした。チーム合流8日目の新戦力、スペイン出身MFクエンカロペス(27)がスタメンでいきなり2ゴール。3週間後の開幕へ上々の仕上がりを見せた。

■4-3-3のWGで先発

 背番号7の新戦力がキャンプ地に詰めかけた多くのサポーターを沸かせた。0-1の後半15分すぎ、ゴール前に詰めたクエンカロペスが福田のパスに左足を合わせ同点弾。その約4分後には相手DFから奪ったボールをそのまま右足でゴールに流し込み、続けざまに2発をお見舞いした。

 「ゴールを入れられて本当に良かったし、より数を増やしていけたらいい。そういった状態を続けていきたい」。鳥栖加入後8日目で決めた待望の初ゴール。ガッツポーズで喜びを表し、チームに流れを引き寄せた。

 4-3-3の布陣だったこの日はウイングで出場。対外試合で初共演となった同じスペイン出身でキャンプテンマークを巻いたフェルナンドトーレスとの連係にも注目が集まった。何度もチャンスはあったが、2人が同時にピッチに立った時間のゴールはなかった。

 クエンカロペスは「どんどん(出場)時間が長くなることによって彼とのコンビネーション、適応も良くなると思う」と自信をのぞかせる。スペイン1部の強豪バルセロナに所属していた2011年にクラブワールドカップで優勝を経験。メッシやイニエスタらとプレーした経験も新天地で生かす構えだ。

 スペイン2部サバデル時代も指導を受けたカレーラス監督は、攻撃的なコンビネーションサッカーの戦術を浸透させようとしている。クエンカロペスは「日に日に良くなっているのが分かる。良くなっているから、ピッチでも結果につながっている」と手応えを口にした。23日の開幕戦へ向けて「日々努力することで自分もいい状態になって結果に出ると思う」とプレーの精度を高めることを誓った。

 ◆ファン・イサック・クエンカロペス 1991年4月27日生まれ。スペイン出身。バルセロナの下部組織を経て、同国下部リーグのチームでプレー。2010~11年はカレーラス監督が率いるサバデルに在籍した。11年にバルセロナ復帰、同年にクラブワールドカップ優勝を経験。その後オランダ1部のアヤックスなどを経て、今年1月、スペイン2部のレウスから鳥栖に完全移籍した。179センチ、68キロ。背番号7。

2/3(日) 11:53配信 西日本スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190203-00010008-nishispo-socc

写真
https://www.nishinippon.co.jp/import/sagan/20190203/201902030002_000_m.jpg
?1549141288


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549165095
続きを読む

【サッカー】<長友佑都>香川のデビュー戦2発を祝福「フリーキック縦回転は初めて見たわ。あんな球蹴れるなら隠さず先言っといてや笑」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/04(月) 08:41:54.10 ID:k52tUKKy9.net

サッカー日本代表の長友佑都(32)=ガラタサライ=が4日、自身のツイッターを更新。トルコデビュー戦で2点を決めた元日本代表MF香川真司(29)=ベシクタシュ=への祝福コメントを投稿した。

 香川は後半36分から途中出場すると、ファーストタッチからドリブルで切り込むと、最後は右足でゴールネットを揺らした。同39分には直接FKを決め、チームの勝利に貢献した。

 長友は「香川真司さん3分で2得点は衝撃的デビューで出来過ぎよ。笑」と祝福。「フリーキック縦回転は初めて見たわ。あんな球蹴れるなら隠さず先言っといてや。笑」とつづ

2/4(月) 8:24配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000057-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549237314
続きを読む

【サッカー】マンU、スールシャール就任後に10戦無敗と復活も ユナイテッドOB「モウリーニョの後なら誰でもできた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2019/02/05(火) 23:32:27.11 ID:cXwIYytG9.net

「モウリーニョ前監督下で、ユナイテッドが抱えていた問題は誰もが分かっていた。監督として、短期間で解決すべきことは比較的シンプルだった。監督経験のある立場から見ると、モウリーニョ前監督下で選手たちは楽しそうに見えなかったし、雰囲気や環境が非常に悪かった。正直に言うと、それは誰の目からでも分かること。つまり、後任監督なら誰でも正しい方向に舵を切り、選手やロッカールームでの雰囲気を改善し、クラブ全体を軌道に乗せるのは簡単なことだったんだ」

 問題点は誰の目から見ても明らかで、後任に選ばれた監督はチーム内の雰囲気を良くすることで成果が得られることが分かっていたと、インス氏は主張した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00168741-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549377147
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(