【サッカー】<ウルグアイ代表DFカセレスの狂気的な選択とは?>ヴィッセル神戸での「カネ」よりもユベントスでの「名誉」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/08(金) 18:10:12.50 ID:d7adJN4I9.net

ヴィッセル神戸は実力派DFの獲得目前まで迫りながら、土壇場でドタキャンを食らっていたようだ。

 ウルグアイ代表DFのマルティン・カセレスは、今シーズンのラツィオで出番が減り、今冬の移籍が囁かれていた。パルマやボローニャとの交渉が破談した後、急浮上したのがヴィッセル神戸行きだ。バルセロナに時代に共闘したアンドレス・イニエスタをはじめ、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキなど大物が所属するJクラブ入りへ、本人も前向きだと現地メディアで伝えられた。

 しかし1月下旬、かつて二度に渡って所属した古巣ユベントスから急遽オファーが届く。メディ・ベナティアがカタールのアル・ドゥハイル行きが濃厚になったため(その後に同クラブには中島翔哉も移籍)、その後釜として声が掛かったのだ。結果として1月29日、ユベントスへの半年レンタルが発表された。
 
 現地時間2月7日に地元トリノの『トゥットスポルト』紙が報じたところによれば、その顛末はこうだったという。

 カセレスはヴィッセル神戸と年俸300万ユーロ(約3億9000万円)の3年契約で基本合意。ラツィオでの年俸は110万ユーロ(約1億4300万円)だったため、ギャラは約3倍だ。そして、日本行きのフライトチケットも予約した。しかし、ユベントスからまさかのオファーが届き、そのすべてをキャンセルしていたのだという。

 ちなみに、ユベントスとは半年契約で給与は90万ユーロ(約1億1700万円)。しかも現在はCBに怪我人が続出しているため出場機会を得ているが、基本的にはバックアッパーの立ち位置だ。

 つまりカセレスは、望外とも言える金額のオファーをくれた神戸での“カネ”をあえて蹴り、ほぼ現状維持のギャラなうえ控え扱いとはいえセリエAはもちろんチャンピオンズ・リーグの優勝も狙えるユベントスでの“名誉”を取ったということだろう。31歳とキャリアの晩年に足を踏み入れた選手としては、異例と言っていい選択だった。

 トゥットスポルト紙もこの選択を、「カセレスのユベントスへの愛が証明された。説得には2、3回の電話で十分だった。現代サッカーでは狂気とも言える選択だ」と驚きをもって報じている。

 ちなみにカセレスは、2019年6月で保有権を持つラツィオとは契約が満了する。ユベントスと契約延長するか、はたまた神戸を含めて新天地を求めるか、夏には再び去就に注目が集まることになる。

2/8(金) 16:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00053947-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549617012
続きを読む

【サッカー】<香川真司が選ぶ「世界最強イレブン」>海外メディアで明かした“夢の11人”とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/08(金) 15:50:39.50 ID:EeLZRXyR9.net

日本代表MF香川真司はドルトムントからベジクタシュに期限付き移籍し、トルコデビュー戦で3分間に2得点という強烈なインパクトを残した。そんな香川が衛星放送「ビーイン・スポーツ」で、自身の考える世界のベストイレブンを明かした。

 イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドで2シーズンプレーし、ドルトムントではファンから絶大な人気を誇った香川。日本代表の10番としてワールドカップ2大会連続出場など、華やかな経歴を持つ日本屈指のスターが選ぶ「サッカー界最高の11人」とは――。

 GKはドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)。DFラインは右からドイツ代表DFヨシュア・キミッヒ(バイエルン)、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(バルセロナ)の4人が並んだ。

 中盤から前は超攻撃的布陣ができ上がりそうな名前がずらり。スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)とベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)という二人の司令塔に、ブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペ(ともにパリ・サンジェルマン)、そしてポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)という“二大巨頭”が選出された。

 香川にとっては、この11人が現代サッカー界の“ベスト”だという。まさにゲームの世界でしか見られないような夢の顔ぶれが揃った。

2/8(金) 11:05配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00169200-soccermzw-socc

写真https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/02/kagawa-1.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549608639
続きを読む

【サッカー】武藤嘉紀がニューカッスルでプレーできない理由は?現地メディアが“英語能力”を指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/02/08(金) 07:54:17.26 ID:kVJsbpFN9.net

ニューカッスル・ユナイテッドの日本代表FW武藤嘉紀が出場機会に恵まれない理由を現地メディア『クロニクル・ライブ』が伝えた。

2018年夏にマインツからニューカッスルに加入した武藤。昨夏の移籍市場でクラブ最高額となる950万ポンド(当時約14億円)で移籍した同選手だが、
ここまでプレミアリーグで先発5試合を含む12試合に出場して、マンチェスター・ユナイテッド戦で挙げた1ゴールのみと期待されるだけの活躍はできていない。

また、先発出場した昨年11月のワトフォード戦でふくらはぎを故障して戦線離脱。
さらに1月上旬からは日本代表としてアジアカップ2019に参戦するなど12月以降はリーグ戦2試合に出場のみと多くのプレー時間を手にできていない。

そんな中、『クロニクル・ライブ』は、昨シーズンにドイツで10ゴールの活躍を見せた武藤が出場機会を得られていない理由について報じた。
これによると、加入当初から指摘されていた英語能力に問題があるようだ。
ラファエル・ベニテス監督も同選手が試合中に流暢にコミュニケーションを取れないことを問題視しているようで、これが定期的にピッチに立てない1つの原因として考えられている。

2018年夏にニューカッスルを退団したシャンセル・ムベンバも言語の問題により、ベニテス監督の信頼を勝ち取れず、同指揮官が就任して以降は大幅に出場機会を減らしていた。
そのため、“言語の壁”を超えない限り、武藤は十分なプレー時間を手にできないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00010002-goal-socc
2/8(金) 6:42配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549580057
続きを読む

【サッカー】<香川加入のベシクタシュ>イルハンコーチが健康上の理由でクラブを退団?04年にJ1ヴィッセル神戸でプレー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/07(木) 22:17:37.76 ID:0WT+xNK89.net

MF香川真司(29)が所属するベシクタシュのコーチを務めてる元トルコ代表FWイルハン氏(43)が、健康上の理由でクラブを退団することになったと、7日付のトルコメディア・ハベル1903電子版が報じた

同電子版によると、04年にJ1ヴィッセル神戸でプレーしたイルハンは、腰痛が原因で退団すると報じたが、詳細は明らかになっていないと伝えた。

1月31日に加入した香川はクラブのインタビューで、イルハンについて「非常にフレンドリーで良いコンタクトが取れたので、今後一緒にコーチの立場ですけど、ベシクタシュの勝利に貢献できるように、一緒に仕事をしてアドバイスを受けながらやっていきたいと思います」と共闘を楽しみにしていた。

イルハンは2002年W杯日韓大会でトルコ代表を3位躍進に貢献し、イケメン選手としてベッカム(イングランド代表)とともに人気となった。

2/7(木) 21:53配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00474483-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549545457
続きを読む

【サッカー】<乾貴士>アラベス移籍!名誉挽回へ決意「プレーは合うと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/07(木) 22:22:24.01 ID:0WT+xNK89.net

スペイン1部アラベスに移籍した日本代表MF乾貴士が現地時間7日、入団会見を行った。UAEで行われたアジアカップへ参戦中に、ベティスからシーズン終了までのレンタルが決まったが、「そこに迷いはなかった」と決意に満ちた移籍だと語った。アラベス公式YouTubeチャンネルが、会見の模様を伝えている。

 2015年に念願のスペインリーグ挑戦を果たした乾。エイバルでの3年間でリーグ戦89試合11得点の成績を挙げ、今季開幕前に古豪のベティスに完全移籍した。明るいキャラクターで元スペイン代表MFホアキン・サンチェスやスペイン代表DFマルク・バルトラの心をつかんだ一方で、リーグ戦出場は8試合、うちスタメンは5試合にとどまっていた。

 日本代表として参戦していたアジアカップ中の1月24日、アラベスへの期限付き移籍が決定。アラベスはクラブ公式サイトで乾を「経験豊富なプレーヤー」と称し、期待を寄せていた。

 スペイン語の挨拶から入った乾は、アラベス移籍の決断について胸中を明かした。

「そこ(移籍する決断)に迷いはなかったです。あれだけ(ベティスで)試合に出られてない状況のなかで、(アラベスは)自分を必要としてくれた。すぐに行くと決めました。本当にありがたい話。プレーは合うと思っていますし、ここで貢献したいという気持ちです」

 現地記者からはポジションに関しても質問が飛んだ。乾は左サイドを主戦場とするが、そこには今季リーグ戦2得点5アシストと攻撃を牽引するスペイン人MFジョニーがいる。左サイドの定位置を狙ううえでは一番のライバルになるが、乾は試合に出場するためにはこだわりはないと力強く語った。

「とにかく(試合に)出て貢献できるなら。もちろん左でやれれば一番いいですけど、ジョニーという素晴らしい選手がいるので、(ポジションは)出られればどこでもいい。代表に行って出られなくて悔しい思いもしましたし、そこでまた実力で代表へ戻りたいという思いが出ました。それができるように、まずはアラベスで自分の力を出して貢献したい」

 世界最高峰のリーガ・エスパニョーラで3年半戦ってきた侍アタッカーが、アラベスの地で新たなチャレンジに挑む。

2/7(木) 22:15配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00169145-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549545744
続きを読む

【サッカー】<香川真司>9日のホーム・ブルサスポル戦で初先発へ!左MFに入る見通し「嵐が起きている」空前の“カガワ・ブーム”!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/07(木) 19:27:33.74 ID:0WT+xNK89.net

トルコの名門で、空前の“カガワ・ブーム”が巻き起こっている。

 先月31日に閉じた移籍史上の最終日にベジクタシュへ駆け込み入団を果たしてから約1週間、香川真司の人気はうなぎ上りだ。

 現地時間2月3日に行なわれたシュペル・リギ第20節のアンタルヤスポル戦で、80分に途中出場を果たしてから、わずか3分の間に2ゴールを挙げるというインパクト大のデビューを飾ったことも、大きな要因となっている。

 トルコでの初実戦の舞台で、目に見える結果を残した香川。そんなサムライ戦士に、ベジクタシュ・ファンはハートを鷲掴みにされている。それを裏付けるのが、ユニホームなどのグッズ販売の推移だ。

 イスタンブール市内にあるベジクタシュのファンショップの店主であるヒュセイム・ミチャン氏は、トルコ・メディア『Star』の取材に対して「嵐が起きているよ」と語り、“カガワ・ブーム”から来る、グッズ売り上げの変化について語っている。

「間違いなく、嵐が起きていると実感している。すでに日本人のファンが、カガワのユニホームをかなり注文してくれている。彼が入団した31日から、予約件数は12倍に増加しているんだ。

 普段はこんなに日本人からの発注を受けることはないから、凄いことだと思うよ。私の友人は、すでに彼の入団記念の特別なシャツを作っている。時間はかかるかもしれないいが、確実に売り出すつもりだ」

 さらに『Star』は、9日に行なわれるホームでのブルサスポル戦で、ベジクタシュが「公式な香川の特別シャツを準備している」と伝えた。

「カガワは、デビューからわずか19秒でゴールを決めるという離れ業をやってのけた。そんな彼を本拠地で迎え入れるべく、早くもベシクタシュはブルサスポル戦に向け、特別な準備をしているようだ。

 今週の土曜に行なわれるボーダフォン・アリーナ(ベシクタシュのホームスタジアム)の試合に向けて、ベシクタシュは2万5000枚のシンジ・カガワのスペシャルTシャツを用意している」

 いまや、天井知らずで伸び続ける人気。その一大ムーブメントに応える活躍を、香川は披露できるのか? この先のパフォーマンスから目が離せない。

2/7(木) 17:21配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00053906-sdigestw-socc

トルコ1部ベシクタシュに加入した元日本代表MF香川真司(29)が、9日のホーム・ブルサスポル戦で初先発する見通しとなった。7日に地元紙バタン(電子版)が報じた。

 ドイツ1部ドルトムントから期限付き移籍で加入した香川は、3日のアウェー・アンタルヤスポル戦で出場直後3分で2ゴールを挙げるなど、衝撃的なデビューを飾った。同紙によると、ギュネシュ監督はフィジカルコンディションにまだ不安は残るものの、香川の先発起用を決断。トルコ代表MFジャネル・エルキン(30)に代わって4―2―3―1の左MFに入る見通しという。トップ下にはセルビア代表MFアデム・リャイッチ(27)が入ることが濃厚で、2列目でコンビを組むことになりそうだ

2/7(木) 17:19配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00000152-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549535253
続きを読む

■【サッカー】<最新FIFAランキング発表!>日本代表は、23つ上げて、「27位!」首位は引き続きベルギー

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/07(木) 19:03:25.04 ID:0WT+xNK89.net

FIFA(国際サッカー連盟)は7日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本は前回の50位から23つ上がって27位にランクイン。アジアでは22位のイランに続いて2番手につけている。また、トップ10の構成に変化はなく、引き続きベルギーが首位をキープしている。

■トップ10
1位 ベルギー
2位 フランス
3位 ブラジル
4位 クロアチア
5位 イングランド
6位 ポルトガル
7位 ウルグアイ
8位 スイス
9位 スペイン
10位 デンマーク

■ワールドカップ ロシア大会後の日本の順位推移
2018年8月 55位
2018年9月 54位
2018年10月 50位
2018年11月 50位
2018年12月 50位
2019年1月 27位

2/7(木) 18:58配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00904349-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549533805
続きを読む

【サッカー】“新型C・ロナウド”にレアルやマンU注目 ベンフィカ19歳MF、契約解除金は150億円か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:数の子 ★:2019/02/07(木) 15:55:32.48 ID:Ze80iD9q9.net

ポルトガル1部ベンフィカのポルトガル人MFジョアン・フェリックスは、“ニュー・クリスティアーノ・ロナウド”として注目を集めている。米スポーツ専門局「ESPN」は、レアル・マドリードやマンチェスター・ユナイテッドなど、複数のビッグクラブが獲得に興味を示し、ポルトガルの新星の動向を追いかけていると報じている。

 19歳の攻撃的MFフェリックスは、昨年8月にトップチームデビューを果たすと、デビューから2試合目となったスポルティングとの“リスボン・ダービー”で史上最年少ゴールを記録した。その後もレギュラーとして活躍を続け、先週末に行われたリターンマッチでも今季8得点目となるゴールを挙げ、チームの4-2の勝利に貢献している。

 ライバルクラブとのビッグマッチで輝きを放ったフェリックスに対し、レアルとユナイテッドのほか、バルセロナ、アトレチコ・マドリード、ウェストハム、ユベントス、ACミラン、ドルトムントなどヨーロッパの強豪クラブがこぞってスカウトを送り経過を観察しているという。「ESPN」がつかんだ情報では、同選手の契約解除金は1億2000万ユーロ(約150億円)に設定されているが、今夏にも動きがありそうとのことだ。


 大きな注目を集めるフェリックスに、メディアも注目している。先週、イタリア紙「トゥット・スポルト」はインタビューを行ったが、フェリックスは「報道されている金額にもビビっていない。メディアで比較されることや、世界のビッグクラブから興味を持たれていることも恐ろしいとは思わない。光栄に思う」と、すでに大物の片鱗を見せている。そして、ビッグクラブでプレーしたいという野心も隠さない。


「僕はプロフェッショナルで、良いアドバイスを受けることができて、とてもラッキーだ。父は体育の先生で、アスレチックのコーチの経験があり、僕らの世界をよく知っている。そして、ホルヘ・メンデスという世界一のエージェントもいる。
 スペイン、イングランド、イタリア、フランスのビッグクラブに惹かれる。最高のポルトガル人プレーヤーはみんな、最高峰の海外リーグでプレーしてきたから、僕も同じようになりたい」


 また、自身の目指す選手は同郷出身のスーパースターであるロナウドだと話し、「クリスティアーノ・ロナウドの隣でプレーしてみたい。なぜなら、彼は単純に最高だからさ。アイドルであり、世界の象徴であり、すべての人々にとっての手本。彼のようなモンスターとプレーできたら、もっと遥かに成長できる」と続けた。

 昨夏には、リバプールが6100万ポンド(約87億円)の移籍金を積んで獲得を目指したが、ベンフィカに断られたという話が残っている。スペイン紙「AS」は、ロナウドの古巣でもあるレアルが獲得に動き出したと伝えているが、世界が注目する逸材は、どのような決断を下すだろうか。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00169085-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549522532
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(