【サッカー】久保建英「個人的にラグビー好き」…ラグビー日本代表にエール「一緒に盛り上げる」「バカデカい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:れいおφ ★:2019/10/09(水) 04:05:44.31 ID:mIRSwZWY9.net

サッカー日本代表MF久保建英(18=マジョルカ)が8日、一時帰国中の日本で盛り上がっているラグビーW杯について言及した。
さいたま市内で行われた非公開練習後、話題を振られ「日本代表の試合も見ましたし、
スペインでもリアルタイムで中継されて盛り上がっている。いろんな競技が一緒になって日本を盛り上げるのいいことだと思います」と話した。

グビーは「個人的に好き」というスポーツで「自分がどうこう言う立場ではないですけど、楽しみにしていますし、活躍を願っています」と敬意を示した。

ジョセフ・ジャパンに「お気に入りの選手」がいるか聞かれると
「お気に入りと言うと、失礼になりますので。言わないですけど」と丁重に断りながら「いるには、います」と答えて報道陣をなごませた。

日本が屈強な相手に立ち向かう姿には「日本は小さいといっても、バカデカいと思うんで。あんまり参考にはならないですね」と苦笑いしつつ、
同じ日の丸を背負う仲間に刺激を受けている様子だった。

本業のサッカーではW杯カタール大会アジア2次予選モンゴル戦(10日、埼玉)へ向かう。
5万人を超える集客が見込まれるW杯予選のホーム開幕戦。
得点、アシストについて「全然期待してもらって大丈夫です」と宣言。18歳128日の日本代表史上最年少ゴール記録更新も視野に入れた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-10080859-nksports-socc

久保建英「個人的にラグビー好き」快進撃の同じ日本代表にエール「一緒に盛り上げる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00010059-chuspo-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570561544
続きを読む

【サッカー】<日本代表>久保建英、堂安律、伊東純也の“三つ巴”…最激戦区右サイドMF争いを記者が読み解く!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/13(Sun) 07:36:21 ID:lickMa199.net

日本代表は12日、タジキスタン戦(15日)が行われる同国の首都ドゥシャンベで初練習を行った。

6―0と大勝した10日・モンゴル戦でMF伊東純也(26)=ゲンク=が3アシストと結果を残し、MF堂安律(21)=PSV=、MF久保建英(18)=マジョルカ=と、ポジション争いはまれにみるハイレベルな“三つ巴(どもえ)”の右サイドMF。

レギュラーからメンバー落ちまでの可能性が渦巻く最激戦区の展望を、日本代表担当の金川誉記者が読み解く。

 ともに勝ち点6で迎えるタジキスタン戦に向け、人工芝の張られた試合会場での初練習。DF長友、吉田はコンディション調整のため姿を見せず、モンゴル戦のスタメン組も軽めに調整した。

一方、同戦の“サブ組”は、シュート練習などで約1時間半、体を動かした。右MFの1番手だった堂安、18歳の久保はモンゴル戦で出番なしに終わり、この日は感触を確かめるようにボールを蹴った。

 伊東は「みんな右サイドだけじゃないし、意識はしていないと思う」と話したが、一気に過熱してきた競争。

過去日本代表で3人が一つのポジションを争い、最も白熱したのは、02年日韓W杯を目指したトルシエ・ジャパンの左MF。中村俊輔、小野伸二、三都主アレサンドロが競った結果、中村はW杯のメンバーから落選した。

他ポジションとの兼ね合いもあるが、メンバー23人のうち、3人のGKを除き1ポジション2人というのはどのチームも基本路線。3人の実力者が集えば、おのずと1人はメンバー外となる可能性が出てくる。

 生き残りに向けたポイントは、試合で結果を残せるかが第一。加えて複数ポジションをこなす多様性も重要になる。

基本布陣の4―5―1なら堂安、久保はともにトップ下をこなし、伊東は左サイドの経験がある。さらにオプションとなる3―6―1なら、伊東はウィングバックでのプレーも可能だ。

タジキスタンのファンからも「クボー!」とサインをねだられるほど知名度を誇る久保ですら、3番手の状況が続けばメンバー落ちの可能性もはらむ“天国から地獄”。この争いが、日本代表をさらに強くする。(金川 誉)

10/13(日) 6:31配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000176-sph-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191012-00000176-sph-000-4-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570919781
続きを読む

【サッカー】<レアル・マドリード>ジダン長男&次男に続いて三男テオもトップチームの練習に参加!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/13(Sun) 01:32:53 ID:lickMa199.net

レアル・マドリーのトップチームに4人目のジダンが組み込まれた。ジネディーヌ・ジダン監督の三男であるMFテオ・ジダンだ。

現在、レアル・マドリーのフベニールA(U-19)に所属するテオは11日、インターナショナルウィークに突入して人員不足となっているトップチームに練習に参加。レアル・マドリーのトップチームで汗を流したジダン一家としては、父親のジダン監督、長男MFエンツォ・ジダン、次男GKルカ・ジダンに続いて、4人目となる。

なおテオは現在17歳だが、エンツォは16歳でジョゼ・モウリーニョ監督から、ルカは17歳になる直前でカルロ・アンチェロッティ監督からトップチームの練習に参加するよう声をかけられた。

現在24歳のエンツォはポルトガル1部リーグのCDアヴェスに所属し、その一方で21歳のルカはレアル・マドリーからのレンタル移籍によってリーガ2部ラシン・サンタンデールでプレーしている。テオはこれから、どういった道を歩んでいくのだろうか。

10/12(土) 23:57配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010030-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20191012-00010030-goal-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570897973
続きを読む

【ラグビー/W杯】日本代表・レメキ、台風による試合中止での8強入りは「男らしくない。試合はやりたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:鉄チーズ烏 ★:2019/10/08(火) 18:33:19.88 ID:BCynEAvE9.net

 ラグビーW杯で初の8強入りを目指す1次リーグ(L)A組の日本代表は8日、都内で最終戦のスコットランド戦(13日、横浜国際総合競技場)に向けて練習した。報道陣に公開された冒頭15分は、グラウンド上でアップし、その後ボールを使ったミニゲームを行った。その後、ゲームプランを落とし込み、ラインアウトからのオプションなどを確認した。

 台風19号が接近し、週末は7試合が予定されているが開催そのものが懸念されている。13日の最終戦が中止となった場合、日本はスコットランドと戦わずして初の8強入りが決まる。大会規定で1次Lは中止でも順延がなく、引き分け扱いに。このため、日本は勝ち点2を得て、自動的にA組1位で1次L通過。12日のアイルランド―サモア戦(博多)が中止になった場合も8強入りが決まる。

 ウィングのレメキ・ロマノ・ラヴァ(ホンダ)は「試合やらずに8強行くのは男らしくない。試合はやりたいね」と話す。ただ「バックスとしては雨は嫌」。濡れるとボールが滑りやすくなりキャッチが大変になる。影響の出やすいキックが減ってFWによる地上戦が増える可能性もある。「風もSOが大変になると思うけど、まぁ大丈夫」と強気。被害が出ずに無事開催されることを願っていた。

 台風19号は猛烈な勢力で北西に進路を取り、週末にかけて国内に強風と大雨をもたらす恐れがある。12~13日は1次リーグが大詰めで、12日は愛知・豊田スタジアムなどで3試合を実施。最終日の13日は横浜でA組の日本―スコットランド戦など各地で4試合が行われる。

10/8(火) 17:25配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000156-sph-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570527199
続きを読む

【サッカー】本田圭佑「台風の被害が凄いと聞いてます。安全になるまで自宅待機か避難所に避難するように!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/10/12(土) 22:28:05.94 ID:8P8FOYOl9.net

KeisukeHonda(本田圭佑)
@kskgroup2017

台風の被害が凄いと聞いてます。気を付けてくださいね!安全になるまで自宅待機か避難所に避難するように!

午後10:26 · 2019年10月12日·Twitter for iPhone

https://twitter.com/kskgroup2017/status/1183010936522543105?s=21
(deleted an unsolicited ad)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570886885
続きを読む

【サッカー】<本田圭佑>シュート練習動画を公開!「俺のシュート技術はもっと向上する」圧巻の技術にファン「日本代表きてください」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/08(火) 19:27:53.08 ID:/aBz8Ilt9.net

「俺のシュート技術はもっと向上する。まだ満足しない」
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191008-00065032-sdigestw-000-2-view.jpg
いまだ無所属の元日本代表MFが自身のトレーニング映像を公開した。

 本田圭佑が10月7日、自身のインスタグラムを更新。シュート練習の映像を公開して、ファンから多くの反響を呼んでいる。

【動画】本田圭佑、ゴラッソ連発のシュート練習!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=65032

 今夏、オーストラリアのメルボルン・ヴィクトリーを退団して以来、所属クラブが決まっていない本田は、来年の東京オリンピック出場を睨んでハイレベルな競争ができるクラブへの加入を目指している。先月にはマンチェスター・ユナイテッドや古巣ミランへのSNSによる“逆オファー”も話題を呼んだ。

 そんな本田が7日更新したインスタグラムで、自身のトレーニングの様子を公開。「まだ俺のシュート技術は向上している。決して満足しない」と英文で綴り、シュート練習に励む姿が映し出されている。

 GKとしてスタッフが立つゴールに向かって、軽い調整のようなトレーニングではあるものの、ミートの正確性やトラップからシュートまでの無駄のない一連の動き、そしてGKの頭上をふわりと浮かせた華麗なループなど、圧巻ともいえるテクニックを垣間見せている。

 この動画にはファンも「やるやん」「日本代表きてください」「いや、圧倒的にうまいな。」「かっこいい」「動作が必要最低限」「トラップミスってからの修正のうまさ!」とその技術の高さを絶賛。さらに「マンU行ってほしい」「代表復帰の為に、早く新天地へ‼・v「ビッククラブに行けたら良いですね」と、所属先の早期決定を願う声も多かった。

 果たして今後、本田はどのクラブへ移籍することになるのか。そして、まだまだ錆びついていないその技術を発揮する場を得る日はいつになるのだろうか。

10/8(火) 12:48配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191008-00065032-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570530473
続きを読む

【サッカー】<長友佑都>なぜこれほど長く日本代表で活躍できるのか?キャップ数を119に伸ばし歴代3位タイへと浮上!今月12日には33歳に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/08(火) 09:34:44.84 ID:dRIkwqyV9.net

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191008-00010000-realspo-000-2-view.jpg

日本代表・長友佑都は9月、キャップ数を119に伸ばし、岡崎慎司と並んで歴代3位タイへと浮上。2位・井原正巳の122を追い抜くのも時間の問題だ。幼いころからエリートとしての道を歩んできたわけではない男は、なぜこれほどまでに進化を続けてきたのか。そして、ベテランと呼ばれる33歳になったいまも変わらず、飽くなき向上心を持ち続けられるのか。その情熱の源泉を紐解く――。

ベテランとなり、若い選手とともにして芽生えた気持ち

南アフリカ、ブラジル、ロシアと3大会連続でFIFAワールドカップ代表に選出され、日本代表が戦った11試合すべてで先発フル出場。フィールドプレーヤーとして前人未踏の記録を打ち立てた過程で、サイドバックとして初めて国際Aマッチの出場試合数が100を超え、今月12日には33歳になった。

ベテランと呼ばれる存在になって久しい長友佑都(ガラタサライ)が、無意識のうちに拒絶反応を示す言葉がある。森保ジャパンに初めて招集された昨年10月。濃密な経験を伝える立場になったことを理解しつつも、それでも苦笑いしながら胸中に秘めた思いを明かしている。

「継承という言葉が、実は好きじゃないんですよ。継承というと何だか経験を伝えるだけで、去っていくようなイメージがあるじゃないですか。若い選手たちとともにこのチームに残っていって、新しい日本代表を創造していきたい、という気持ちが僕のなかに芽生えているんです」

船出となった昨年9月シリーズで、森保一監督はロシアワールドカップで主軸を担った選手たちをあえて選外とした。久しぶりにピッチの外から見た日本代表戦。コスタリカ代表から3ゴールを奪い、快勝した一戦で躍動した若手選手たちの一挙手一投足が長友のハートに火をつけた。

「また違った日本代表を若い選手たちが見せてくれた。試合に出始めたばかりの、若いころの僕たちのようにギラギラした何も恐れないプレーを見て、僕自身も初心というか、原点に返れた気がします」

若手の象徴が中島翔哉(当時ポルティモネンセSC、現FCポルト)、南野拓実(ザルツブルク)、そして堂安律(当時FCフローニンゲン、現PSVアイントホーフェン)で構成される2列目トリオだった。特に自身の前方となる左サイドで何度も目の当たりにした、中島のプレーに衝撃を受けた。

当時のFIFAランキングで5位につけていた南米の強豪、ウルグアイ代表と壮絶なゴールの奪い合いを展開。4-3で勝利した10月16日のキリンチャレンジカップ後には、こんな言葉を残している。

「気持ちがいいくらいにイケイケでしたね。あのレベルの選手たちを相手にして、あれだけドリブルを仕掛けられるんだ、と。テンポも速いし、オッサンはついていくのが必死でしたよ。これだけ技術があって勢いがある若手選手たちが多いと、体を張ったプレーをしなかったら『長友、さようなら』となってしまうと思って熱いプレーをしました」

最終ラインに目を移せば、センターバックで当時19歳の冨安健洋(当時シントトロイデンVV、現ボローニャ)が威風堂々としたオーラを放っていた。自らが19歳だった、明治大学体育会サッカー部に入部したころを思い出しながら、自虐的な言葉を介して冨安を賞賛したこともある。

「僕が19歳の時は、大学で太鼓を叩いていましたからね。19歳であれだけ堂々とプレーできるのは、本当にうらやましいですよ。もう嫉妬しちゃいそうですよね」

10/8(火) 7:10配信 REALSPORTS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00010000-realspo-socc

2 名前:Egg ★:2019/10/08(火) 09:35:47.79 ID:dRIkwqyV9.net

才能がなくても努力で道が開けることを伝えたい

長友は大学入学後に椎間板ヘルニアを患っている。復帰へ向けてリハビリを積みながら、サッカー部のために何か力になりたいと一念発起。幼いころに和太鼓を習っていた経験から、試合に臨んでいるサッカー部のために太鼓でエールを送り、抜群のリズム感はいつしかスタンド名物になった。

何事にも情熱を注ぐ長友は、サッカーを介して「ビッグになりたい」と念じ続けてきた。女手ひとつで姉と弟を含めた3人の子どもを育て、全員を私立大学へ送り出してくれた母親の美枝さんを一刻も早く幸せにしたい――。高校も私立の東福岡高に通った長友は、特に恩返しの思いが強かった。

しかし、生まれ育った愛媛県西条市から越境入学した東福岡高では、全国の舞台で目立った成績を残せなかった。Jクラブから声がかかることはなく、スポーツ推薦ではなく指定校推薦で明治大学政治経済学部へ入学した。サッカーで大成できなかったら、一流企業でバリバリ稼ぐ青写真も描いていた。

いま現在に至る転機は大学1年生の冬に訪れる。後にJ3グルージャ盛岡の監督を務める神川明彦監督から告げられた、ボランチからサイドバックへの転向。長友にとっては青天の霹靂だった。

「嫌でしたよ。攻撃が大好きだったし、サイドバックは無難にパスをつないで、守って、たまに攻め上がるというイメージでしたから」

当時をこう振り返る長友は、幾度となく中盤に戻してほしいと直訴する。しかし、これからはサイドバックが勝敗のカギを握る時代が訪れる、と確信していた神川監督も絶対に譲らない。これ以上逆らうと退部せざるを得ない状況になる、と観念した長友の価値観はすぐに180度覆る。

「自分からどんどん攻め上がって、いい形でボールをもらって、1対1で勝負して。それを何度も繰り返しているうちに、本当に面白く感じてきた。自分にすごく合っている、と」

身長が伸び止まった高校時代から、将来を見据えて体を徹底的に鍛え抜いてきた。愛媛・西城北中学時代にはいまも恩師と慕うサッカー部顧問の井上博教諭が、夏場で部活を引退する3年生のために駅伝部を創設。長友を入部させて走力を磨かせたことで、無尽蔵のスタミナも備わっていた。

サイドバックに必要な能力を偶然にも搭載していた長友は、FC東京との練習試合で絶対的なスピードを武器とするブラジル人選手、FWリチェーリと壮絶な1対1を展開。当時の原博実監督(現Jリーグ副理事長)に見初められ、4年生に進級する前の2007年末にオファーを勝ち取った。

「スポーツ推薦ではなく指定校推薦だったこともありますけど、あれだけのレベルを備えていてプロに送り出さなかったら、それはチームのエゴになる。明治大学体育会サッカー部の見識が疑われます」

ビッグになれるチャンスと、副キャプテン就任が予定されていた大学の最終学年。夢と現実との間で揺れた長友の背中を押したのは神川監督の決断だった。

迎えた2008シーズン。瞬く間にFC東京でレギュラーを奪取した長友のプレーは、当時の日本代表を率いる岡田武史監督をも魅了する。

後に日本代表を指揮するヴァイッド・ハリルホジッチ氏が監督を務めていた、コートジボワール代表と豊田スタジアムで対峙した2008年5月24日。無名の存在から究極の成り上がりを果たす原点となった一戦で、先発フル出場を果たした心のときめきを長友はいまでも忘れていない。

「周りは憧れの存在どころか、僕から見れば本当に考えられないような位置にいる人たちばかりで。その日本代表のなかに自分がいる。どこで何の奇跡が起きたのか。人生は本当にわからないと思うし、だからこそ才能がなくても努力で道が開けるということを、子どもたちにも伝えていきたいですよね」

3 名前:Egg ★:2019/10/08(火) 09:36:20.81 ID:dRIkwqyV9.net

インテルのレジェンド、サネッティを間近で見てきて……

コートジボワール戦から実に11年あまり。コンスタントに積み重ねられてきた代表キャップ数はパラグアイ代表とのキリンチャレンジカップ、ミャンマー代表とのカタールワールドカップ・アジア2次予選初戦でともに先発した先の9月シリーズで「119」に達した。

同じ1986年生まれのFW岡崎慎司(ウエスカ)と並ぶ歴代3位の数字であり、上には「122」のDF井原正巳(現柏レイソルヘッドコーチ)、そして「152」のMF遠藤保仁(ガンバ大阪)しかいない。現状のペースが続けば、4試合が予定される年内に2位に浮上するだろう。

「ここにきて改めてヤットさんの凄さを痛感する。152試合て。。数字積み重ねてるはずやのに、遠のいていく感覚。ここからがより一層厳しくなるのを俺なりに知ってるんだよ。」(原文ママ)

自身のTwitterで、ヤットこと遠藤が持つ大記録に関して長友はこうつぶやいたことがある。もちろんお手上げというわけではない。歴代ランキングの上位を見れば、現役選手のなかでただ一人、遠藤に追いつき、追い越す可能性をもつ長友は、カタール大会へ向けてこう公言してはばからない。

「やるからにはカタール大会は終着点ではなく、通過点だと思っている。そこは自分のなかでも覚悟は芽生えています。そういう気持ちや向上心が、自分自身を支えてくれるので。日本代表が夢の場所というのは、僕が子どものころから変わらない。ワールドカップで何回プレーしても、日の丸を背負う刺激的な毎日はやめられない。ここに残っていたいし、だからこそ若手選手たちからも学び、貪欲に吸収することで僕もまた進化していきたい」

代表キャップ数の伸びに比例するように、所属クラブもFC東京からセリエAのチェゼーナを経て名門インテル・ミラノへ移籍。昨年1月末にガラタサライへ移籍するまで、いつしか在籍7年と当時の最古参選手になった過程で、現役を続けていくうえで勇気をもらう出会いも経験している。

インテルで19シーズンにわたってプレーし、アルゼンチン代表としても歴代最多の143試合に出場したハビエル・サネッティ氏は、36歳だった2009-10シーズンにキャプテンとしてセリエAで5連覇を達成。コパ・イタリアとUEFAチャンピオンズリーグも制覇した。

「30歳を超えたらオッサンと呼ばれて、アスリートとしてコンディションが落ちるんじゃないか。皆さんはそうおっしゃいますけど、35歳を超えてキャリアのピークを迎えた選手を、僕自身は間近で見てきたので。同じ人間である以上は、僕もサネッティのような選手になれないことはないと、まだまだこれからだと信じているんです」

4 名前:Egg ★:2019/10/08(火) 09:37:00.29 ID:dRIkwqyV9.net

経験者としての覚悟と決意

昨夏のロシア大会をもって長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)が代表から引退し、同じ1986年生まれの本田圭佑も実質的なカンボジア代表監督との二足のわらじへの挑戦をスタートさせた。岡崎もロシア大会以降では、コパ・アメリカ2019でしか代表キャップ数を上積みしていない。

一抹の寂しさを感じながらも、若手がベテランを突き上げていく図式は万国共通の掟と捉え、その過程でベテラン勢がとことん抗うことでチームが進化していく、という思いを抱いてきた。森保ジャパンでも不動の左サイドバックとなった長友は、9月シリーズでフィールドプレーヤーの最年長になった。ビッグになりたい、という思いが「世界一のサイドバックになる」へと昇華して久しい。

「ハセさん(長谷部)みたいに真面目に、あるいは(本田)圭佑みたいに変わったことはなかなかできないけど、自分のことをコミュニケーションの鬼だと僕は思っています。コミュニケーションの世界大会があれば本当に優勝できるんじゃないかと思っているので、その実力を生かしていきたいですね」

18歳のMF久保建英(RCDマジョルカ)も居場所を築きつつある森保ジャパンで、長友は誰からも愛されるキャラクターぶりを発揮している。ユーモアかつウィットに富んだ言葉を介して、練習後や試合後の取材エリアでも大勢のメディアを引きつけながら、経験者としての覚悟と決意も明かしている。

「どんな状況でも精神的にぶれない、ドシッとしている選手がいるチームは勝手に整うんです。ぶれそうになっても『あの選手を見ていたら、冷静でいなきゃいけない』と思われるような存在でいたい。というか、そのような存在でいなきゃいけないですよね。これだけ経験してバタバタしていたら、長友は代表からもうおさらばですから」

ミャンマー、モンゴル、タジキスタン、キルギスと対戦する2次予選は来年6月まで続き、同9月からは1年以上もかけて争われる、長丁場の最終予選が始まる。カタール行きの切符を手にして、長友が4度目のワールドカップの舞台に立つときには――遠藤の記録を破る可能性が膨らんでいるだけでなく、いまも親交があるサネッティ氏がキャリアで眩い輝きを放った36歳を迎えている。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570494884
続きを読む

【サッカー】<大不振のマンチェスター・ユナイテッド>最大の問題は?8試合を終え2勝3分3敗、勝ち点「9」直近29年間で最悪のスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/07(月) 18:17:41.72 ID:JpavY+or9.net

「スールシャール解任は問題を覆い隠すものでしかない」
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191007-00010024-goal-000-2-view.jpg

大不振に陥るマンチェスター・ユナイテッドについて、イギリス著名記者ヘンリー・ウィンター氏が「最大の問題点」を指摘している。

6日に行われたプレミアリーグ第8節で、ニューカッスルと対戦したマンチェスター・U。ポール・ポグバやアントニー・マルシャルらが離脱している中で敵地に乗り込んだが、前半からニューカッスルの攻撃に苦しむことに。すると72分、プレミアリーグ初出場となったマシュー・ロングスタッフに豪快なミドルシュートを叩き込まれる。その後反撃できず、0-1で敗れた。

開幕8試合を終えたマンチェスター・Uは、これで2勝3分3敗、獲得した勝ち点は「9」にとどまっている。データ会社『Opta』によると、これは1989-90シーズンの「8」以来、直近29年間で最悪のスタートとなっているようだ。当時のマンチェスター・Uは、結局13位でシーズンを終えている。

守護神ダビド・デ・ヘアは「何と言っていいのかわからない。僕がここに来てから最も難しい時間だと思う。どうしてこうなったのか、今何が起きているのか、僕にはわからない」と語りつつ、「すべてを変えなきゃいけない」と危機感を募らせた。オーレ・グンナー・スールシャール監督は「私の責任。頑張っても結果を手にできない現状が、選手に良くない影響を与えている」と、結果が出ない現状を憂慮している。

最悪の状況に陥る“レッド・デビルズ”。イギリスで最も尊敬を集める記者の1人であるヘンリー・ウィンター氏は、最大の問題は経営陣にあると自身のSNSで綴っている。

「マンチェスター・Uの衝撃。クオリティもない。信念もない。ファンは選手たちよりも反抗していた。ユナイテッドはスールシャールを解任することもできるが、それは単に問題を覆い隠すものでしかない。(エド)ウッドワード(CEO)とグレイザー(オーナー)という」

「フットボールではなく、利益に走りすぎた。緊急にディレクターが必要で、チームを再構築する必要がある」

マンチェスター・Uはインターナショナルウィーク明けの第9節でも敗れると、降格圏にすら転落する可能性がある。そんな重要な次節の相手は、全勝中のリヴァプールだ。

10/7(月) 17:22配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00010024-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570439861
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(