【サッカー】乾貴士は「エイバルが抱える宝石の一つ」…スペイン地元記者も成長認める

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:3倍理論 ★:2018/02/17(土) 19:09:53.53 ID:CAP_USER9.net

エイバルのMF乾貴士について、地元のジャーナリストが賛辞を贈っている。『OMNISPORT』が報じた。

エイバルは17日、リーガ・エスパニョーラ第24節でバルセロナと対戦する。ビッグマッチを前に、現地で活動する2人のジャーナリストが取材に応じ、エイバルについて語ってくれた。

『BeIN Sports』で記者を務めるレイレ・バッリオカナル氏は、エイバルを率いるホセ・メンディリバル監督の手腕を称賛。さらに「個人的にはイヌイが好きなんだ」と話して、こう続ける。

「本当に質の高い選手だと思う。プレーしている姿は特徴的だしね。エイバルが抱える宝石の一つだよ」

また、バスクのTV局に勤めるジャーナリスト、ミゲル・オルバナノス氏もメンディリバル監督とSD(スポーツディレクター)の存在がエイバルを強くしたと主張。さらに、乾の成長ぶりには舌を巻く。

「昨年から成長を続けている。より出場機会が増えて、ピッチでも快適そうだね。チームにより組み込まれているし、メンディリバルが会見で言っていたように、エイバルに適応したと思う」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180217-00000016-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518862193
続きを読む

【平昌五輪】女子カーリング日本代表チームの藤沢五月、韓国で美貌が話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★ :2018/02/16(金) 15:48:19.03 ID:CAP_USER9.net


2018年02月16日10時52分
[? 中央日報日本語版]

女子カーリング日本チーム代表の藤沢五月が韓国で話題を集めている。

女子カーリング韓国代表チームは15日、江陵(カンヌン)カーリングセンターで開かれた2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック予選第2戦で日本に5-7で惜しくも敗れた。

試合直後、日本のスキップ藤沢五月の名前が韓国のポータルサイト検索語ランキング上位に入って注目を浴びた。

優れた実力もそうだが、藤沢五月の清純な美貌が話題を集めている。引退した日本フィギュアスターの浅田真央と似ているという反応もあった。

LS北見所属の藤沢五月は、平昌冬季五輪の選手情報では韓国語も話せると紹介されている。

http://japanese.joins.com/article/709/238709.html?servcode=600&sectcode=670
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518763699
続きを読む

【Mステ】小沢健二、今夜「Mステ」パフォーマンスにスペシャルゲスト参加決定 誰かは観てのお楽しみ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ストラト ★:2018/02/16(金) 10:15:46.09 ID:CAP_USER9.net

本日2月16日(金)にテレビ朝日系で放送される「ミュージックステーション」で、小沢健二のパフォーマンスにスペシャルゲストが参加することが明らかになった。

小沢は今回、1994年リリースのヒット曲「ラブリー」と、映画「リバーズ・エッジ」の主題歌でテレビ初披露となる「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」をスペシャルメドレーで披露。
ゲストの正体とコラボの内容は番組放送開始まで明かされない。

番組ではこのほか、初出演となるあいみょんが「君はロックを聴かない」を歌い、家入レオは“クラシック界の貴公子”と言われる世界的ピアニスト・清塚信也とのコラボで「ずっと、ふたりで」を歌唱。
絢香&三浦大知は「ハートアップ」、Hey! Say! JUMPは「マエヲムケ」と、それぞれ2月14日にリリースする最新シングルの表題曲をパフォーマンスする。

また「高校ダンス部×J-POP」企画では、“バブリーダンス”で知られる大阪府立登美丘高等学校を破り日本一に返り咲いた同志社香里高等学校のダンス部が、スタジオゲストとして登場する三浦大知の楽曲で華麗な踊りを披露する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000012-natalien-musi


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518743746
続きを読む

【元サッカー日本代表】ラモス氏、ビーチサッカー日本代表監督就任で中村俊輔&遠藤保仁にラブコール

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/02/15(木) 07:17:24.07 ID:CAP_USER9.net

2/15(木) 7:11配信
ラモス氏、ビーチサッカー日本代表監督就任で中村俊輔&遠藤保仁にラブコール

 ビーチサッカー日本代表監督に就任した元サッカー日本代表MFのラモス瑠偉氏(61)が14日、都内のJFAハウスで就任会見を行った。過去4度W杯で指揮を執り、19年大会(開催地未定)で5度目の出場を目指す。

 09年には元日本代表MF前園真聖氏(44)を招集してW杯で8強入り。今回も「俊輔とか遠藤とかどうかな」と中村俊輔(39)=磐田=、遠藤保仁(38)=G大阪=にラブコールを送った。ラモス氏は16年12月に脳梗塞で倒れたが、リハビリを経て回復。医師の許可も得ての就任となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000034-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518646644
続きを読む

【サッカー】レアル、3発逆転勝利でネイマール擁するPSG下す! C・ロナウドがCL通算100得点超え

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/02/15(木) 06:47:28.39 ID:CAP_USER9.net

2/15(木) 6:36配信
レアル、3発逆転勝利でネイマール擁するPSG下す! C・ロナウドがCL通算100得点超え

【レアル・マドリー 3-1 PSG チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ】


 現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグの試合が行われ、レアル・マドリーはパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎えて対戦。

 試合開始して26分、クリスティアーノ・ロナウドがゴール真正面からフリーキックを蹴ったがゴール上に外れ先制ならず。直後の28分にもC・ロナウドに決定的な場面が訪れるが、PSGのGKアルフォンス・アレオラにセーブされて得点が決まらない。

 反対に33分、クロスボールをネイマールがゴール前で落とし、後ろから走り込んできたアドリアン・ラビオが押し込んでPSGに先制点が入った。それでも45分、トニ・クロースがペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得すると、このPKをC・ロナウドがしっかりと決めてマドリーが同点に追いつく。

 続く83分、GKアレオラが弾いたボールをC・ロナウドが押し込みマドリーが逆転に成功。さらに86分、味方がゴール前に折り返したボールをマルセロがダイレクトで流し込み3点目が入った。結局、リードを守り切ったマドリーが3-1の勝利をおさめている。2ndレグは現地時間3月6日にPSGのホームで行われる予定だ。

【得点者】
33分 0-1 ラビオ(PSG)
45分 1-1 C・ロナウド(マドリー)
83分 2-1 C・ロナウド(マドリー)
86分 3-1 マルセロ(マドリー)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256178-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180215-00256178-footballc-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518644848
続きを読む

【サッカー】鹿島、ACL初戦は上海申花に1-1ドロー 内田はフル出場も勝ち越しゴールはならず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/02/14(水) 21:01:30.19 ID:CAP_USER9.net

2/14(水) 20:51配信
Football ZONE web

前半4分にモレノのヘディングシュートで先制を許す

 鹿島アントラーズは14日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第1戦・上海申花(中国)戦に臨んだ。今季から日本に復帰したDF内田篤人が先発に入った試合は前半4分に失点したものの、後半に同点ゴールを奪い1-1で引き分けた。


 昨季はJ1リーグ2位でACL出場権を手に入れた鹿島。今季こそ悲願の初タイトルを手に入れるべく、本拠地カシマスタジアムにナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス、コロンビア代表MFフレディ・グアリンら擁する上海申花を迎えた。大岩剛監督は内田、そして東京Vから加入の安西幸輝を先発起用。センターバックは日本代表DF昌子源と植田直通、2トップにはペドロ・ジュニオールと鈴木優磨が入った。

 しかし前半4分、鹿島は試合の入りに失敗する。左CKからの流れで放たれたシュートはクロスバー直撃で命拾いしたが、マルティンスのクロスにGK曽ヶ端準がはじき切れず、FWジョバンニ・モレノのヘディングシュートを浴びて先制を許した。

 いきなりのビハインドとなった鹿島は攻勢を強めるも、なかなかゴールを割れない展開に。前半30分にはMF遠藤康の直接FK、右CKからDF昌子源のヘディングシュートと立て続けに決定機を迎えたがチャンスを生かせなかった。内田も同35分に鈴木の頭に合わせるクロスなどを送り込むも得点につながらなかった。

遠藤がこぼれ球を胸で押し込み同点に

 1点ビハインドでハーフタイムをおりかえした鹿島だったが、後半6分に反撃の狼煙を上げる。ペナルティーエリア内で混戦となると、鈴木がやや強引にシュートを放ち、最後はこぼれ球を遠藤がとっさの判断で胸で押し込んでゴールネットを揺らす。鹿島が勝負強さを見せて1-1に追いついた。

 その後は同22分に安西がシュートを放つ場面があったものの、なかなか試合を動かせない。後半32分にはマルティンスにニアサイド至近距離からシュートを打たれたが、曽ヶ端が手ではじき出して難を逃れた。

 そして、試合終了間際にレオ・シルバが決定機を生かせず、アディショナルタイムには内田が果敢にシュートを放つも、結局このままスコアは動かずタイムアップの笛がなかった。90分間戦い切った内田の古巣復帰戦を勝利で飾ることこそできなかったが、ホームでの敗戦は逃れた。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00010024-soccermzw-socc
https://amd.c.yimg.jp/im_siggC2WdpwPpDT7L4nTQ.Sh3Dw---x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20180214-00010024-soccermzw-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518609690
続きを読む

【サッカー】アギーレ氏(元日本代表監に懲役2年、6年間のサッカー界追放を求刑へ スペインL八百長疑惑

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/02/14(水) 18:55:40.65 ID:CAP_USER9.net

2/14(水) 18:47配信
 サッカー元日本代表監督で、現アルワフダ(UAE)監督のハビエル・アギーレ氏(59)に対し、試合結果を操作したとしてスペイン検察庁が懲役2年、さらに6年に渡りサッカーに関するあらゆる活動ができないよう求刑するという。14日のスペイン紙マルカが伝えている。


 記事によると、金品の譲渡・受け取りにより試合結果を操作したとされる2010-11シーズンのレバンテ-サラゴサ戦の選手・監督すべてに同処分が求められる見通し。対象者はかなりの数にのぼるとみられ、アトレチコ・マドリード主将のMFガビ、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のMFアンデル・エレーラ(以上、当時サラゴサ所属)、現在レスター(イングランド)で日本代表FW岡崎と同僚のMFイボーラ(当時レバンテ)らの名前が挙がっている。なおサッカー界の関与禁止はあらゆる国のあらゆる役職が対象になるため、事実上の業種からの追放になる。

 もっとも、仮に実刑判決が言い渡されたとしても前科がなければ、実際に収監される可能性は高くないという。ただし同氏はエスパニョール指揮当時の13-14シーズンのオサスナ戦についても同様の嫌疑がかけられているため、こちらでも有罪判決が出た場合には収監が避けられない状況が考えられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180214-00000123-dal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518602140
続きを読む

【サッカー】本田圭佑がカギ? 武藤嘉紀がハリルJで生き残るには…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/02/14(水) 16:15:02.03 ID:CAP_USER9.net

2/14(水) 16:00配信
本田圭佑がカギ? 武藤嘉紀がハリルJで生き残るには…〈dot.〉

 ブンデスリーガ1部のマインツに所属する武藤嘉紀はリーグ戦18試合に出場して、ここまで6得点を記録している。4カ月後に待つロシアW杯のメンバー入りを目指す武藤は“ゴールにこだわる”明確な目標をかかげて奮闘している。ここ3試合は結果が出ていないが、ゴール前の怖さという意味では日本でもトップレベルの選手であることは間違いない。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は主に4-3-3と4-2-3-1のフォーメーションを使い分けているが、後者の場合でもトップ下に井手口陽介が入る場合は4-2-1-3に近くなり、森岡亮太なら4-2-3-1に近くなる。前者は中盤のインテンシティーを高める効果が、後者は高い位置に攻撃の起点を作る効果が期待できる。

 見た目のフォーメーションは同じでも、選手起用や個々の要求で戦術のメカニズムがは違ってくるものであり、対戦相手の特徴や試合展開に応じてそれらを使い分けられるのがハリルホジッチの強みだ。4年前のW杯でアルジェリア代表を率いた時も4-2-3-1をベースに、選手起用でメカニズムに変化を起こしていた。

 マインツでは日本代表と同じ4-2-3-1の1トップに加え3-1-4-2の2トップでも起用される日本人FWは、青年監督のサンドロ・シュバルツが掲げる“ゲーゲンプレス”の急先鋒として前線からハードワークして高い位置からのボール奪取を助け、速攻主体の攻撃でシンプルなポストプレーと鋭い飛び出しを精力的に繰り返している。

 ゴールにこだわることを宣言してはいるが、そうしたディフェンスやポストプレーが自らのゴールチャンスにつながることは武藤もよく理解しているだろう。そうした仕事を当たり前にこなしながら、チャンスと見れば貪欲にゴールを目指す姿勢を打ち出しているわけだ。そのスタイルを考えればハリルホジッチ監督の下でも機能できそうだが、今のところ居場所を見いだせていない。

 中央のFWは大迫勇也がファーストチョイスであり、欧州遠征で招集された国内組の杉本健勇と興梠慎三、さらに経験豊富な岡崎慎司も控えている。国内組で挑んだ昨年末のE-1選手権(旧東アジア選手権)では韓国に大敗したものの、小林悠や川又堅碁が存在をアピールした。左サイドは原口元気と乾貴士がポジションを争っており、未招集の選手としてはポルトガルでゴールを量産している中島翔哉が4年前にハリルホジッチ監督が率いたアルジェリア代表のリヤド・マフレズよろしく“ラストピース”として滑り込んでもおかしくない活躍を見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180214-00000020-sasahi-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180214-00000020-sasahi-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1518592502
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(