【サッカー】香川真司、2試合連続ゴールはならず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/02/10(日) 03:01:27.30 ID:FoyuehPS9.net

2/10(日) 2:59配信
<トルコリーグ:ベシクタシュ2-0ブルサスポル>◇9日◇第21節◇イスタンブール

今冬にドルトムントからトルコ1部ベシクタシュに期限付き移籍したMF香川真司(29)の2試合連続ゴールはならなかった。

本拠地デビューとなったボーダフォン・アリーナでのホーム戦はベンチスタート。地元メディアはこぞって先発予想していたが、途中出場で2発の衝撃デビューを飾った3日アンタルヤスポル戦に続き、試合中の出番をうかがうことになった。

会場には香川を歓迎するフラッグが掲げられ、クラブ公式テレビもウオーミングアップする香川をアップにするなど、注目度の高さをうかがわせた。約4万2000人を収容するスタジアムの入場券も完売。クラブは、お辞儀ポーズで迎える準備もサポーターに求めており、途中出場を心待ちにしている。

試合は前半40分、元トルコ代表FWブラク・ユルマズ(33)が左足で先制。サイドラインでウオーミングアップしていた香川は拍手で喜んだ。前半は出番がなかった。

再びユルマズが決めて2-0になった後半19分、スタジアムにシンジ・カガワのコールが起こった。その声援に後押しされ、21分に出番が来る。ホームの白ユニホームを初披露。4-2-3-1のトップ下に入った。まず1点を返したい相手がボールを握る難しい時間帯が続いた中、香川はボールを受けに下がったり、指示を出して修正。38分にはパス、40分にワンタッチプレーでチャンスをつくった。

しかし、この日はシュートを放つことができず。前節の「16秒弾」を含む2発に続く、連発をホームのファンの前で見せられなかった。ただ、チームは勝利。香川は率先してチームメートをたたえ、スタンドに向かって手を挙げた。さらには仲間と一緒にはねて喜ぶと、シンジ・カガワのコールが起き、両手を振り下ろしてから頭上で手をたたくチームの喜び方を初めて行い、感謝した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00476896-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549735287
続きを読む

【サッカー】<日本代表>アジアカップで評価を上げた大迫と冨安。下げた選手は誰?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/10(日) 07:08:39.76 ID:oS750Gjm9.net

昨年9月に発足した森保ジャパンの最初の公式戦となったアジアカップ。過去4度の優勝を誇る日本は苦戦しつつも無敗で決勝に進出したが、3年後のW杯自国開催に向けて強化を進めるカタールに完敗し、準優勝に終わった。

 約1カ月にわたる大会を通して、選手の評価も明暗が分かれた。まずエースとして圧倒的な存在感を見せたのが、ロシアW杯でも活躍した大迫勇也(28)。臀部の負傷で満足にプレーできない状況が続いたが、準決勝イラン戦では2得点を挙げる大活躍だった。

「前線で屈強なDFに負けないボールキープに味方の選手を操るパス。さらにゴールセンスにも優れ、FWとしての万能さが炸裂。エースの名に恥じないプレーだった」(サッカー協会関係者)

 20歳のDF、冨安健洋の台頭も見逃せない。昨年1月にベルギー1部のシントトロイデンに移籍し、本場欧州で守備力を磨いてきた。主将の吉田麻也と若さに似合わぬ堅実で落ち着いた守備を披露し、ベスト16のサウジアラビア戦では決勝点も挙げた。

「高さあり、強さあり、さらにスピードも兼備し、敵のキーマンを止め続けた。未来のDFリーダーの筆頭候補です」(サッカー専門誌記者)

期待を裏切る結果となった選手は?

 一方、期待を裏切る結果となったのがMFの堂安律(20)と南野拓実(24)。本田圭佑、香川真司、岡崎慎司に代わり、彼らと中島翔哉(24)が「新ビッグ3」として注目を集めてきた。中島が負傷で途中離脱する中、堂安は2得点、南野は1得点を挙げた。

 ただ、「堂安は右サイドで得意のドリブル突破が毎試合不発。終始動きの重さが目立った。南野は大迫不在の試合では周囲とのコンビネーションが噛み合わず、技術的なミスも多く見られた」(同前)と、大会を通してともに不完全燃焼のプレーに終わった。

「大会中は強気な発言を続けた堂安、そして大会途中から急に口を閉ざすことが多くなった南野。2人とも勝ち気な性格だけに、取材エリアでは自分への歯がゆさが見え見えだった」(スポーツ紙記者)

 本田や香川が2011年大会の優勝で人気と実力を確かなものにした一方、堂安、南野は代表のスターに駆け上がる最初のステップで躓くことに。森保監督が掲げる“世代交代”の成否は、彼らの成長にかかっている。

2/10(日) 7:00配信 週刊文春オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190210-00010671-bunshun-spo


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549750119
続きを読む

【サッカー】<香川真司>ベシクタシュの監督退団へ、会長と問題重なり

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/09(土) 23:51:16.39 ID:qanGXjY99.net

MF香川真司(29)が入団したトルコ1部ベシクタシュのギュネシュ監督が退団を発表すると、現地サバハ紙が報じている。

9日に行われるブルサスポル戦後の記者会見で発表する見込みといい、理由について同紙は「オルマン会長との間に問題が積み重なり、経営陣のチェビ氏が退団した後、必要な助けが得られなくなったため」としている。

[2019年2月9日20時24分]日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/soccer/world/news/201902090000915_m.html?mode=all


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549723876
続きを読む

【サッカー】レアル、逸材FWキエーザ獲得か(元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子)…フィオレンティーナは約76億円で放出容認

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/02/09(土) 22:01:00.13 ID:ePQTOmKW9.net

レアル・マドリードが、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの獲得を目指しているようだ。
イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が7日付で報じている。

複数ポジションこなせるキエーザを巡っては、かねてからユヴェントスやナポリといったイタリアのビッグクラブをはじめ、
マンチェスター・Uやバイエルンといった国外の強豪クラブが注視していると報じられており、獲得レースにレアル・マドリードも参戦するようだ。
 
また、フィオレンティーナは適切なオファーがあれば放出を容認する姿勢をみせているようだ。
報道によると同クラブは6000万ユーロ(約76億円)以上のオファーで手放すという。

キエーザは1997年生まれの21歳。元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子で、2016-17シーズンのセリエA開幕戦でトップチームデビューを果たした。
昨年5月にはイタリア代表にも招集され、今年3月にデビュー。フィオレンティーナとは2022年までの契約を結んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00905017-soccerk-socc
2/9(土) 21:22配信

https://amd.c.yimg.jp/im_siggMSx.SWuzNA3iicLlkBwgCg---x400-y254-q90-exp3h-pril/amd/20190209-00905017-soccerk-000-2-view.jpg
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2017/09/GettyImages-1106525.jpg

12 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/02/09(土) 22:06:18.38 ID:ePQTOmKW9.net

パルマで試合を見た時 キエーザとクレスポの2トップだったよ


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549717260
続きを読む

【サッカー】U-23日本代表としてロンドン五輪出場のDF村松大輔、29歳での現役引退を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:pathos ★:2019/02/09(土) 20:11:03.57 ID:9yGRRMvW9.net

 ギラヴァンツ北九州は9日、DF村松大輔(29)が2018年シーズンをもって現役を引退することを発表した。

 藤枝東高出身の村松はHondaFCを経て2009年に湘南へ入団。2011年には清水へ移籍し、2014年に徳島、2016年に神戸への期限付き移籍を経験した。2017年限りで清水を退団すると、2018年から北九州でプレー。同シーズンはJ3リーグ戦26試合に出場し、1得点を記録したが、昨年12月1日にクラブから契約満了が発表されていた。

 また、村松は過去に国際舞台も経験しており、2009年、2011年に日本代表に選出されたほか、2012年にはU-23日本代表としてロンドンオリンピックにも出場している。

 現役引退にあたり、クラブ公式サイト上で「この度2018シーズンをもって引退することを決断しました。熱く応援してくださった、ギラヴァンツのサポーター、スタッフの方々には感謝しかありません。これから第2の人生に向かって頑張っていこうと思います。応援ありがとうございました」とコメントした。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF村松大輔
(むらまつ・たいすけ)
■生年月日
1989年12月16日(29歳)
■身長/体重
176cm/71kg
■出身地
静岡県
■経歴
藤枝東FC-藤枝東高-HondaFC-湘南-清水-徳島-清水-神戸-清水-北九州
■出場歴
J1リーグ:146試合7得点
J2リーグ:50試合
J3リーグ:26試合1得点
カップ戦:32試合1得点
天皇杯:14試合
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?265787-265787-fl


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549710663
続きを読む

【サッカー】<デュッセルドルフ幹部>「私だってカガワ(の獲得)は夢だった」でも…ドルトムントとの意見交換で「悪夢にうなされたよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/09(土) 17:20:47.36 ID:qanGXjY99.net

日本代表MF宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフは1月の移籍市場で、一時MF香川真司の獲得を検討していたようだ。
クラブのルッツ・ファネンシュティール取締役が地元紙『ライニシェ・ポスト』のインタビューで明かした。

モナコからの興味が伝えられ、ハノーファーがボルシア・ドルトムントとレンタル獲得で合意に至るなどで騒がしい移籍市場を過ごした香川。
結局最終日にトルコのベシクタシュへの加入が決まり、今シーズン終了までのレンタル移籍が実現した。

一方で、昇格組のデュッセルドルフも香川獲得の可能性を調査していたようだ。クラブの補強を担当するファネンシュティール氏は、次のように話している。

何人ものファンに話しかけられたんだ。『お前たちは何でボーっとばかりしてカガワの獲得に動かないんだ?彼はデュッセルドルフに住んでいるのに』と。
私は彼らにこう答えた。『私だってカガワ(の獲得)は夢だった。でもドルトムントの責任者たちと数字について意見交換したら悪夢にうなされたよ。
経済面において、ドルトムントは我々とは別のリーグに所属する。カガワのような選手は我々にとっては絶対に無理。単純にそういうこと』とね

『ビルト』によれば、ドルトムントでの香川の年俸は600万ユーロ(約7億5000万円)。
現在のブンデスリーガ1部で最も予算が少ないと見られるデュッセルドルフは、主力選手数人分のサラリーを1人に支払うわけにいかないようだ。

2019年2月9日 12時3分 Goal.com
http://news.livedoor.com/article/detail/15997727/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/f/d/fdbe5_260_shinji-kagawa-besiktas_148zmrfnd05nn17d4ovodh6xvy.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549700447
続きを読む

【サッカー】<香川真司 がベシクタシュを選んだ理由…>「だから移籍を決断したんだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/08(金) 22:13:15.08 ID:Ee3vD9PY9.net

MF香川真司がベシクタシュ加入の経緯を語った。7日、トルコ『ハベル1903』が伝えている。
今冬に半年間のレンタルでトルコ入りした香川。3日のリーグ戦第20節・アンタルヤスポル戦(〇6-2)でデビューを果たすと、わずか3分間で2得点を挙げ、サポーターに鮮烈な印象を植え付けてみせた。

以前から移籍が噂されていた香川にはハノーファー、モナコなども候補に挙がっていた。しかし欧州5大リーグではなく、トルコのベシクタシュを新天地として選択。
その理由を、「シーズンが始まったときからとても熱心に誘ってくれたし、僕も彼らが何を欲しがっているのかわかっていた」とフィーリングがマッチしたことを挙げている。

「特に移籍期間に受け取ったオファーは熱烈で、心を動かされたよ。だから移籍を決断したんだ。歴史的なつながりもあったから、ベシクタシュの試合やトルコのことは調べていた」
さらに、デビュー戦で結果を残した香川は自信を覗かせる。

「好きなのは攻撃的なポジションだ。もともとはフォワードだったから。特に中盤で自由に動くことが性に合っている。これからどんどんパフォーマンスは上がっていくと思う」

2/8(金) 20:00配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-26506427-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190208-26506427-gekisaka-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549631595
続きを読む

【サッカー】<本田圭佑>会見での発音ミスが“禁止ワード”に…「もっと勉強します」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/08(金) 23:17:38.55 ID:Ee3vD9PY9.net

オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーに所属する本田圭佑は負傷からの復帰に近づきつつある。だが、復帰の見通しを述べた会見での英語の発音ミスも注目を集めることになってしまった。豪州『FOXスポーツ』が会見の様子を伝えている。

 本田は昨年12月半ば以来負傷で戦線離脱。だが順調に回復しており、10日に行われる首位パース・グローリーとの一戦にベンチ入りが見込まれ、試合展開次第で出場することになるとみられている。

 8日にはケビン・マスカット監督とともに会見に出席し、復帰の見通しについて語った。だが「負傷は良くないが現実、事実だった」と言おうとした本田は、「fact」という単語の発音を誤り、英語では口にすべきではない汚い罵りの言葉だと聞こえるような発音となってしまった。

 会見場がざわつく中、隣の監督から指摘を受けた本田は「fact」と言い直した上で「すみません、発音が良くなかったかも」と弁明。会場は笑いに包まれた。

 その後本田は公式ツイッターでもこの件についてコメント。「もっと頑張って英語を勉強します…いずれにしても、英語を改善する素晴らしい機会を与えてくれたFOXスポーツに感謝します」と投稿している。

2/8(金) 22:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00308776-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549635458
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(