【サッカー】<岡崎慎司が魂のファイト! >9針も縫う怪我を負ってのプレーに「素晴らしき勝者」と地元紙。監督「カミカゼのよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/10(日) 07:54:19.02 ID:CAP_USER9.net

指揮官ピュエルも「カミカゼのよう」と称賛

まさに魂のファイトだった。
 
 現地時間12月9日にプレミアリーグ15節が行なわれ、敵地に乗り込んだレスター・シティはニューカッスル・ユナイテッドを3-2で下した。
 
 2試合連続ベンチスタートとなった日本代表FWの岡崎慎司にチャンスが巡ってきたのは、チームが同点とされた直後の73分だった。2点目を挙げていた俊英デマライ・グレイとの交代でピッチに送り出された。
 
 勝ち越しゴールを挙げるべく投入直後から攻守に奔走した岡崎だったが、78分にアクシデントに見舞われる。味方のクリアボールを何とか収めようと身体を張った岡崎の左瞼にニューカッスルのスペイン人MFミケル・メリーノのスパイクがヒットしたのだ。
 
 思わぬ接触プレーで流血したため、一時ピッチを離れた岡崎は、包帯で頭をぐるぐる巻きにした痛々しい姿で戻るのだが、痛そうな素振りは微塵も見せない。そして試合終了間際、今度も身を挺したポストプレーから決勝弾を呼び込むのだ。
 
 86分、自陣で岡崎が起点となったカウンターから抜け出したジェイミー・ヴァーディーがペナルティーエリア内左へ持ち込んでゴール前へクロスを供給。そこで受けた岡崎はワントラップからシュート体勢へ入ると、ニューカッスルのアジョセ・ペレスが慌てて出した足がボールに当たり、オウンゴールとなった。
 
 あと少しだけシュートモーションが早ければ……そう思えてしまうほどの岡崎が絡んだプレーで勝ち越したレスターはプレミアリーグ3連勝。順位も8位に上げた。
 
 試合後、英紙『Daily Mail』は、この日がニューカッスルのクラブ創設125周年の記念試合でもあったことを受けて、「レスターがセント・ジェームズ(本拠地)のお祝いムードを台無しにした」との見出しを打ったうえで、寸評採点で岡崎に「7.5」を付けている。
 
 また、レスターを常に追い続けている地元紙『Leicester Mercury』は、岡崎の怪我の状態について、「彼は試合後に9針も縫った」と伝え、その魂のプレーを褒めちぎっている。
 
「レスターのハードマン……シンジ・オカザキ。彼は偉大な貢献をするだけでなく、テリー・ブッチャーのように目の上を9針も縫う大怪我を患いながらもプレーを続けた素晴らしき勝者だ」
 
 イングランド代表のレジェンドで、額から大量の血を流しながらプレーしたことで知られるブッチャーを引き合いに出し、称賛された岡崎。そんな日本代表FWを指揮官のクロード・ピュエルは、「カミカゼのようだった」と犠牲を厭わないプレーを称えた。
 
「シンジ、そうだな。今日の彼は言うなればカミカゼのようだった。そして、それはチームにとって素晴らしいプレーと言える。彼はチームのために身体を張れる素晴らしいプレーヤーであり、チームの全員がそうでなければいけないね」
 
 いわば“必死のパッチ”で、レスターに勝利を呼び込んだ岡崎。中4日で迎える次節は吉田麻也を擁するサウサンプトンとの一戦だけに、両雄が先発を飾っての日本人対決に期待したいところだ

12/10(日) 7:12配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171210-00033562-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171210-00033562-sdigestw-000-6-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512860059
続きを読む

【サッカー】<本田圭佑>クラブW杯初出場&勝利に持論を展開!「こんなに内容がどうでもいい大会はない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/10(日) 08:44:59.99 ID:CAP_USER9.net

パチューカFW本田圭佑が9日のFIFAクラブワールドカップ(W杯)初戦の準々決勝ウィダード・カサブランカ(モロッコ)戦で先発フル出場。延長120分の死闘の末に1-0の勝利を飾った。

12日の準決勝グレミオ(ブラジル)戦に向かう“背番号02”は、決勝までわずか3試合というフォーマットのクラブ世界一決定戦について「こんなに内容がどうでもいい大会はない」と持論を展開。短期決戦での徹底したリアリストぶりを示している。


 本田は4-3-3システムで右のインサイドハーフに入った。後半4分に相手GKのクリアボールを拾うと、約20メートルの強烈なミドルシュートを放つ。左足の一撃は右ポストをかすめながら、惜しくもゴールはならなかった。

 相手の退場で数的優位に立ったパチューカだが、身体能力に優れるウィダード・カサブランカのカウンターの脅威にさらされた。スコアレスのまま延長戦に突入し、MFグスマンがゴールを奪ったのは延長後半12分のことだった。

「今日はやりたいことがいくつもあったけど、前半のうちに全部諦めて今日は勝てば良いと」

 メキシコ特有のショートパスをつなぐ華麗な崩しや俊敏性を生かした連携プレーなどなかった。数的優位に立っても攻めあぐね、凡戦にも見えたが、本田は徹底的に現実的だった。

「これだけでかい大会でこんな短期決戦は…」

 人生で最後というクラブW杯の舞台で、本田は本能を呼び覚ましていた。

「これだけでかい大会で、こんな短期決戦なのはこれだけでしょう。こんなに内容がどうでもいい大会はない。これは自分にとっても初の経験」

 アフリカ王者との初戦がいきなり準々決勝。準決勝でブラジルの名門を倒せば、世界一決定戦を迎える。人生初の短期決戦に、内容を求める意味はないと断言している。

 欧州王者で史上初の大会連覇を目指すレアル・マドリードの「背番号10」を担うことが、人生の目標と定めていた本田。2014年ブラジル・ワールドカップでは「自分たちのサッカーで世界一」を目標に掲げたが、どちらも叶うことはできなかった。憧れの名門と戦うために、今は内容を度外視し、勝利だけを目指す覚悟だ。

12/10(日) 7:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171210-00010010-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171210-00010010-soccermzw-000-1-view.jpg

【サッカー】<“ノルマ達成”の本田圭佑が下剋上宣言!>「世界のサッカーファンはおもんないなと…」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512858348/

【サッカー】<本田圭佑を海外メディアが援護射撃!>「ホンダがロシアに行けない? 馬鹿げた話だ」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512596913/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512863099
続きを読む

【サッカー】<日本代表1-0北朝鮮>日本が北朝鮮に勝利!、東アジアE-1サッカー選手権

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/09(土) 21:10:59.04 ID:CAP_USER9.net

東アジアE-1サッカー選手権
東京/味の素スタジアム
日本(55位)vs北朝鮮(114位)

日本代表1-0北朝鮮


先発
GK 12 中村航輔
DF 3 昌子源(Cap)
DF 4 谷口彰悟
DF 5 車屋紳太郎
DF 20 室屋成
MF 2 井手口陽介
MF 8 高萩洋次郎 → FW 14 伊東純也
MF 17 今野泰幸
FW 7 倉田秋 → FW 18 阿部浩之
FW 11 小林悠
FW 15 金崎夢生 → FW 9 川又堅碁


https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2017120902


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512821459
続きを読む

【サッカー】香川同点弾アシストもブレーメンに敗北 リーグ戦8試合勝ちなし(3分5敗

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★ :2017/12/10(日) 01:26:19.27 ID:CAP_USER9.net


2017年12月10日(Sun)1時24分配信

ドルトムントに所属する香川真司【写真:Getty Images】

【ドルトムント 1-2 ブレーメン ブンデスリーガ第15節】

 現地時間9日にブンデスリーガ第15節の試合が行われ、ドルトムントはホームにブレーメンを迎えて対戦。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は先発出場を果たした。試合開始して26分、マックス・クルーゼからパスを受けたマキシミリアン・エッゲシュタインがドリブルで仕掛けて自らシュートを放つ。これがゴールネットに突き刺さりブレーメンが先制した。

 それでも57分、マルセル・シュメルツァーがDF裏に浮き玉のパスを送ると、香川がヘディングでゴール前に折り返してピエール・エメリク・オーバメヤンが体で押し込みドルトムントが同点に追いつく。しかし65分、コーナーキックからテオドル・ゲブレ・セラシェにヘディングシュートを叩き込まれ再び勝ち越しを許してしまう。

 72分には香川に決定機が訪れたが、シュートはゴール前で転んでいたオーバメヤンの背中に当たり得点ならず。結局、ブレーメンに1-2で敗れたドルトムントは泥沼のリーグ8戦未勝利となった。

【得点者】
26分 0-1 エッゲシュタイン(ブレーメン)
57分 1-1 オーバメヤン(ドルトムント)
65分 1-2 セラシェ(ブレーメン)

https://www.footballchannel.jp/2017/12/10/post245662/
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512836779
続きを読む

【サッカー】CLグループリーグ最終順位まとめ、ドルトムント、アトレティコ、ナポリらが敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2017/12/07(木) 07:11:13.82 ID:CAP_USER9.net

12/7(木) 6:56配信
ドルトムント、アトレティコ、ナポリらが敗退…CLグループリーグ最終順位まとめ

チャンピオンズリーグは6日にグループリーグのすべての試合が終了し、決勝トーナメント進出チームが決定した。


“死の組”グループHに入った香川真司所属のドルトムントは、2分4敗でグループ3位となり、1勝もできずに敗退となった。

その他、こちらも厳しい組に入ったアトレティコ・マドリーも、ディエゴ・シメオネ監督就任後、初めて決勝トーナメント進出を逃した。また、セリエAで好調を維持するナポリも、シャフタール・ドネツクに2位の座を明け渡し、敗退が決定している。

以下、各グループの最終順位。

●グループA
1位:マンチェスター・ユナイテッド
2位:バーゼル
3位:CSKAモスクワ
4位:ベンフィカ

●グループB
1位:パリ・サンジェルマン
2位:バイエルン・ミュンヘン
3位:セルティック
4位:アンデルレヒト

●グループC
1位:ローマ
2位:チェルシー
3位:アトレティコ・マドリー
4位:カラバフ

●グループD
1位:バルセロナ
2位:ユヴェントス
3位:スポルティング・リスボン
4位:オリンピアコス

●グループE
1位:リヴァプール
2位:セビージャ
3位:スパルタク・モスクワ
4位:マリボル

●グループF
1位:マンチェスター・シティ
2位:シャフタール・ドネツク
3位:ナポリ
4位:フェイエノールト

●グループG
1位:ベシクタシュ
2位:ポルト
3位:ライプツィヒ
4位:モナコ

●グループH
1位:トッテナム
2位:レアル・マドリー
3位:ドルトムント
4位:アポエル

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000038-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171207-00000038-goal-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512598273
続きを読む

【サッカー】<日本代表MF清武弘嗣(セレッソ大阪)>ロシアW杯行き絶望的!脳振とうで無念の離脱

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/08(金) 18:03:55.55 ID:CAP_USER9.net

日本代表MF清武弘嗣(28=C大阪)が7日、チームを離脱した。東アジアE―1選手権(9日初日、味スタ)に向け約9か月ぶりの代表復帰を果たしたが、6日の練習で頭部を強打し、脳振とうと診断された。半年後に迫ったロシアW杯に向けた国内組の最終サバイバルでのアクシデント。アピールの場を失った清武のロシア行きは極めて厳しくなった。

 脳振とうで離脱となった清武はこの日、日本サッカー協会を通じて「僕自身、強い気持ちをもって挑んだ大会だったのでとても残念。チームから離脱することは非常に残念だが、また日本代表に戻ってこられるよう所属クラブで頑張りたい」と無念さをにじませるコメントを発表した。

 脳振とうの場合、日本協会の規定で最短6日間の回復プログラムを受けなければならないが、清武は最短で復帰可能なレベルという。韓国戦(16日)に間に合う計算となるものの、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は「メディカルスタッフから10日間はやめたほうがいいと言われた。昨日(6日)も一昨日(5日)もよいトレーニングができていたので残念だ」と表情を曇らせた。

 今回の離脱によって清武のロシア行きは絶望的な状況と言わざるを得ない。今大会は、国内組のロシアW杯メンバーを見極める最後の舞台。指揮官は「(E―1選手権は)選手たちが、自分を見せてA代表に立候補する機会。意欲的にやってくれると思う」と話しており、今大会で好パフォーマンスを発揮することが、日本代表に生き残る条件としていた。

 さらに挽回しようにも日程面が問題となる。来年5月下旬のロシアW杯メンバー発表まで日本代表の活動は同3月の2試合しかない。しかもW杯本番を想定し、新戦力をテストするというよりもチームの戦い方を最終確認する場となる。このため今回の離脱は大きな痛手となるわけだ。

 もちろん、復帰の可能性がゼロになるわけではないものの、来季にクラブで指揮官を納得させるプレーができるか。さらに代表のポジションを争うライバルの動向もあり先行きは不透明だ。2014年ブラジルW杯後に「(代表の)キャプテンをやりたい」と高い意欲を語っていた清武だが、W杯に向け窮地に追い込まれた。

2017年12月8日 16時30分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14001858/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/3/1/313e6_1399_41fef2f8_c9eadb8d.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512723835
続きを読む

【サッカー】<香川真司>がヒールパスで同点弾演出…ドルトムント、王者レアル・マドリードに敗戦もEL進出決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/07(木) 06:44:15.83 ID:CAP_USER9.net

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が6日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントは、アウェイでレアル・マドリードと対戦した。香川は先発出場した。

 試合は開始8分、すでに2位通過を決めているレアルが先制した。左サイドから切り込んだクリスティアーノ・ロナウドがエリア内へパスを送ると、ターンをしながら受けイスコには収まらなかったが、こぼれ球をボルハ・マジョラルが押し込み、先制点を挙げた。

 さらにレアルは12分、マテオ・コヴァチッチからパスを受けたC・ロナウドがエリア手前左で右足を一閃。相手GKも動けない絶妙なシュートがゴール右隅に決まり、はやくもリードは2点に広がった。C・ロナウドはリーガ・エスパニョーラで10戦2ゴールと不調だが、CLではグループステージ史上初の6戦連発を達成し、計9ゴール目と好調を維持している。

 ヨーロッパリーグ(EL)進出圏内の3位を守りたいドルトムントは27分、香川がプリシッチからのスルーパスでエリア内右に抜け出してシュート、35分にはピエール・エメリク・オーバメヤンもエリア内右からシュートを放つが、ゴールにはつながらない。レアルは38分、ラファエル・ヴァランが負傷交代を強いられ、代わりにマルコ・アセンシオを投入した。

 ドルトムントの反撃が実ったのは43分。マルセル・シュメルツァーが高い位置でボールを奪い、素早くクロスを送ると、中央に飛び込んだオーバメヤンがダイビングヘッドで合わせて、1点を返した。

 ドルトムントはこのまま1点ビハインドで折り返したが、後半立ち上がりの49分に追い付く。エリア手前の香川がヌリ・シャヒンからの縦パスをヒールで後方に流すと、オーバメヤンがエリア内中央で受けてシュート。これはGKケイラー・ナバスに阻まれたが、こぼれ球を自らループシュートで沈めて同点ゴールを奪った。

 追い付かれたレアルは勝ち越しを狙って攻勢に出るが、C・ロナウドが77分に放ったヘディングシュートはGKにセーブされ、80分にはCKのこぼれ球を押し込むが、オフサイドの判定でゴールは認められなかった。

 それでも直後の81分、相手GKのクリアボールをテオ・エルナンデスが頭でつなぎ、エリア手前中央のルーカス・バスケスが右足ダイレクトボレーで合わせると、ボールはゴール右隅に吸い込まれ、レアルが勝ち越しに成功した。

 88分、香川に絶好のチャンスが訪れるが、キックフェイントで相手をかわし、エリア内中央で打った右足シュートは無情にもクロスバー上に外れた。香川はその後、後半アディショナルタイム1分にアンドリー・ヤルモレンコと交代となった。

 試合はこのまま終了し、ドルトムントはレアルに2-3で敗戦。同組で3位を争うアポエルもトッテナムに敗れたため、3位キープでELベスト32に回ることが決まった。

 決勝トーナメントの組み合わせ抽選会は11日に行われる。

【スコア】
レアル・マドリード 3-2 ドルトムント

【得点者】
1-0 8分 ボルハ・マジョラル(レアル)
2-0 12分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル)
2-1 43分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
2-2 49分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
3-2 81分 ルーカス・バスケス(レアル)

12/7(木) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00680339-soccerk-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20171207-00680339-soccerk-000-3-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512596655
続きを読む

【サッカー】<香川真司>「ベルナベウで香川は輝いた」レアル・マドリードを驚かせた”日本代表の10番”に最高評価!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2017/12/07(木) 23:34:40.85 ID:CAP_USER9.net

6日にチャンピオンズリーグ最終節でレアル・マドリードと対戦したドルトムントは残念ながら2-3で敗れてしまったが、敵地サンティアゴ・ベルナベウで輝きを放ったMF香川真司の姿を日本のサッカーファンは楽しんだのではないだろうか。

すでにグループ突破を決めていたレアルにとって、今回のドルトムント戦は消化試合でもある。100%の力を出しづらい環境だったかもしれないが、それでも香川はベルナベウで自身の実力をしっかりとアピールしたことに変わりはない。

米『ESPN』も香川を高く評価しており、ピエール・エメリク・オバメヤンと並んでチーム最高となる8点の評価を与えている。オバメヤンの2点目をアシストしたアイディア溢れるヒールパスが高評価の要因だ。

同メディアは「高い位置にポジションを取った香川はベルナベウで輝いた。彼のオバメヤンへのバックヒールは素晴らしいものだった。終盤にはカゼミロをエレガントなボディフェイントでかわし、3-3にするチャンスがあったが、シュートはナバスの上へ外れてしまった」と伝えている。最後の決定機を外したのは残念だったが、そこまでの流れは非常に高く評価されているようだ。

今季の香川はドルトムントで常時スタメンというわけではないが、このパフォーマンスからポジションを確保していけるのか。やはりペナルティエリア付近でボールを受ければ香川は輝きを放つ選手だ。

2017年12月7日 19時30分 theWORLD
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13997626/

写真
http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/1/b/1bcec_1638_52914eb3_16a8e31c.jpg


“ビッグチャンス”を逃すも…レアル戦先発の香川真司は独誌チーム2位タイの高評価
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000030-goal-socc

レアル・マドリー戦の香川真司にスペインメディアは辛口評価「決定機を逸してしまった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171207-00000035-goal-socc

【サッカー】<香川真司>ヒールパスで同点弾演出…ドルトムント、王者レアル・マドリードに敗戦もEL進出決定!
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1512596655/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1512657280
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(