【サッカー】乾貴士出番なしに「正直俺がやれるポジションない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/10(月) 11:49:24.94 ID:CAP_USER9.net

<スペインリーグ:ベティス2-0Rバリェカノ>◇9日◇セビリア

MF乾貴士(30)が所属するベティスは勝利したが、乾はベンチ入りしたものの出番がなかった。

後半14分、MFロセルソがVAR判定で得たPKで先制すると、同31分にはDFシドネイが個人技でエリア内に持ち込んで右足を振り抜き、強烈な一撃で突き放した。

この勝利でチームは7位に浮上。乾は「ここで連勝できたのはデカイ。チームとしても上を狙っているチーム。
上との差が今はあまりないので、すごく良い状況だと思う」と話した。

ただ、個人としては出番なしの状況。「正直今は、俺がやれるポジションがない。
3-5-2でやっている以上、自分のやれるポジションというのは…。
俺はインテリオール(サイドハーフ)でも、別にFWの一角でもいいんだけど、そこでは他の選手のがいいと思われているのでなかなかチャンスをもらえない。
難しいですね」と厳しさを口にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00415495-nksports-socc
12/10(月) 11:09配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544410164
続きを読む

【サッカー】プレミア第16節 武藤出番なし ニューカッスルはロスタイムの悲劇 5試合連続出場なし

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/10(月) 08:07:51.61 ID:CAP_USER9.net

<プレミアリーグ:ニューカッスル1-2ウルバーハンプトン>◇9日◇ニューカッスル

FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルはホームでウルバーハンプトンに1-2で敗れた。

1-1の後半49分、ウルバーハンプトンのDFドハーティに勝ち越しゴールを決められた。
武藤はベンチ入りしたが出場しなかった。

ニューカッスルのDFイェドリンは後半12分にレッドカードで退場した。

ニューカッスルは3勝4分け9敗、ウルバーハンプトンは6勝4分け6敗となった。

▽得点経過

前半17分【ウルバーハンプトン】ディオゴ・ジョッタ

前半23分【ニューカッスル】ペレス

後半49分【ウルバーハンプトン】ドハーティ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00415151-nksports-socc
12/10(月) 7:59配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/gbr/gbr-11154738.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/standings/
順位表


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544396871
続きを読む

【サッカー】<川崎フロンターレ>C大阪の元日本代表MF山村和也の獲得決定的 三度目オファーで決断 両クラブに意思伝える

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/10(月) 06:18:02.99 ID:CAP_USER9.net

リーグ連覇を達成した川崎Fが、C大阪の元日本代表MF山村和也(29)を獲得することが9日までに決定的となった。
複数の関係者によれば山村は新天地での新たな挑戦を決断。既に両クラブに対してその旨を伝えたという。

川崎Fは過去に流通経大時代を含め2度のオファーを出しており、今回はまさに三度目の正直での獲得となった。
1メートル86の長身を誇る山村は本職のボランチのほか、トップ下、センターバックも高いレベルでこなすユーティリティープレーヤーで
トップ下にコンバートされた昨季は自身最多の8得点。

その点も高く評価する川崎Fはリーグ3連覇も懸かる来季へ、補強の目玉として白羽の矢を立てていた。

12/10(月) 5:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000007-spnannex-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181210-00000007-spnannex-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544390282
続きを読む

【サッカー】元日本代表FWハーフナーが来季タイ期限付き移籍へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/10(月) 06:04:44.78 ID:CAP_USER9.net

J1神戸で仙台に期限付き移籍していた元日本代表FWハーフナー・マイク(31)が、
来季はタイ1部バンコク・ユナイテッドへの期限付き移籍が濃厚となっていることが9日、分かった。

複数の関係者によると、今季リーグ2位のバンコク・ユナイテッドはかねて194センチの長身を生かした空中戦に定評のあるハーフナーを高く評価。
来年2月にアジア・チャンピオンズリーグのプレーオフを控えるなど前線の補強は急務で、昨冬に続く2年連続のオファーに至ったという。

17年夏に神戸へ加入し、約5年半ぶりの日本復帰を果たしたハーフナーは今夏から仙台に期限付き移籍。今季リーグ戦では10試合2得点だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000031-dal-socc
12/10(月) 6:01配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/600040/238
成績


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544389484
続きを読む

【サッカー】<マンチェスター・シティの無敗を止めたのはチェルシー!>プレミアリーグ唯一無敗のリバプールが首位に...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/09(日) 05:33:18.02 ID:CAP_USER9.net

【チェルシー 2-0 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第16節】

 現地時間8日に行われたプレミアリーグ第16節のチェルシー対マンチェスター・シティは、2-0でホームのチェルシーが勝利した。

 ここまで無敗を維持するシティと、対策が講じられ始めたチェルシーの一戦。前半は圧倒的なシティペースで進む。高い位置からの激しいプレスでチェルシーに自由を与えず、主導権を握った。

 しかし、チェルシーはシティの猛攻に耐えて無失点で踏ん張ると、前半終了間際に先制点。ペナルティエリア左でボールを持ったアザールがマイナスに折り返したボールに2列目から入ったカンテが合わせ、チーム初シュートを得点にした。

 追いかけるシティは53分、ザネを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。チェルシーはコバチッチが負傷したため、65分にバークリーと交代した。

 守備の意識が高いチェルシーを攻略できないシティは、なかなか1点差を詰めることができない。

 すると78分、チェルシーが大きな追加点を挙げる。左からのCKにダビド・ルイスがヘディングで合わせて2-0とした。

 チェルシーは残り時間で集中した守備を披露し、シティにチャンスを与えない。最後までこの守りを続けたチェルシーが、シティに勝利している。

 この結果、シティの無敗がストップ。同日の試合で勝利したリバプールがリーグで唯一の無敗チームとなり、シティは2位に順位を下げた。

【得点者】
45分 1-0 カンテ(チェルシー)
78分 2-0 ダビド・ルイス(チェルシー)

12/9(日) 4:22 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00300375-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544301198
続きを読む

【サッカー】ブンデス第14節 ドルトムント、荒れたルールダービーを制しリーグ4連勝で14試合無敗。香川はベンチ外

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/09(日) 04:58:00.87 ID:CAP_USER9.net

【シャルケ 1-2 ドルトムント ブンデスリーガ第14節】

ドイツ・ブンデスリーガ第14節が現地時間の8日に行われ、首位ドルトムントがアウェイで12位シャルケとのルールダービーに臨み、2-1で勝利した。

前半いきなりアウェイのドルトムントが先制に成功する。
7分、ゴールからやや距離のある左サイドからのFKをFWマルコ・ロイスが蹴ると、中央に飛び込んだDFトーマス・ディレイニーがヘディングで決め先制。
その後、シャルケはチャンスを作るも、同点ゴールを奪うことができない。一方、ドルトムントは落ち着いてボールを回し、ゲームを支配して前半を折り返す。

61分、ドルトムントがビデオアシスタントレフリー(VAR)の判定により、PKを献上してしまい失点を許す。
その後のキックオフ直後、試合が荒れだす。
ドルトムントDFアシュラフ・ハキミがMFセバスティアン・ルディを倒してしまい、ファールの判定。
その直後、MFダニエル・カリジューリがボールを保持しドルトムントに渡そうとせずロイスが詰め寄り、あわやというシーンだった。

同点とされたドルトムントだったが、勝ち越しに成功する。
74分、ジェイドン・サンチョが左サイドをワンツーで抜け出し、右足でファーサイドに決め2点目。ドルトムントが後半良い時間帯に勝ち越した。

追いつきたいシャルケだったが、同点ゴールを奪うことができず、そのまま試合は終了した。
両チーム計7枚もイエローカードが出たダービーはドルトムントが制した。

【得点者】
7分 0-1 トーマス・ディレイニー(ドルトムント)
61分 1-1 ダニエル・カリジューリ(シャルケ)
74分 1-2 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00300361-footballc-socc
12/9(日) 1:47配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ger/ger-11157809.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/germany/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/germany/data/ranking/
得点ランキング

MF 香川真司 今季成績

第1節 ベンチ外
第2節 ベンチ外
第3節 ベンチ外
第4節 後半25分~出場
第5節 後半17分~出場
第6節 ベンチ外
第7節 ベンチ外
第8節 ベンチ外
第9節 ベンチ外
第10節 ベンチ外
第11節 ベンチ外
第12節 ベンチ外
第13節 ベンチ外
第14節 ベンチ外


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544299080
続きを読む

【サッカー】<本田圭佑>MVP級の活躍! 開幕6試合4得点3アシストの活躍...オーストラリアAリーグのレベルはどの程度?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/12/08(土) 18:54:01.28 ID:CAP_USER9.net

写真
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/vsn-p/resize_contents/7274/d796be0bbfca74a3d24b1842051679c19ff4e09ef6728f76f4319794a89891bc@2x.jpg

本田圭佑が32歳にして大復活を遂げている。今シーズンから移籍したオーストラリアAリーグのメルボルン・ヴィクトリーで、開幕6試合4得点3アシストの活躍。

チームも4勝2敗で2位につける好調を維持している。Aリーグの公式サイトではMVPとの声もあがる無双状態だが、その活躍に疑問を投げかけるのは、あるスポーツ新聞の記者だ。

元々海外志向が強い、オーストラリア

「本田の全盛期は2010年のW杯南アフリカ大会から2014年のブラジル大会まで。クラブでいえばCSKAモスクワ時代で、ACミランに移籍してからは目立った活躍はできていません。ケガや病気の影響もあったし、当然年齢的な衰えもある。

ロシア大会で代表に選ばれたのも“功労賞”のような部分があった。それでも3大会連続でゴールを決めるあたりは、『持っている』といえるんでしょうね。もともと足は速くないし、全盛期のようなキープ力もない。そんな彼が活躍できるということは、Aリーグのレベルはそれほど高くないんでしょうね」

Aリーグが開幕したのは、2004年。現在はニュージーランドの1チームを加えた10チームで優勝を争っている。もともとオーストラリアの3大スポーツといえば、ラグビー、クリケット、そしてオーストラリアン・フットボール。サッカーは移民の間では人気があったものの、国民的スポーツとまではいかなかった。

そんな低迷していたサッカー人気に火が着いたのは1974年以来、32年ぶりの出場となった2006年のW杯ドイツ大会だった。初戦で日本を相手にW杯初勝利をあげると、グループリーグを2位で突破。ベスト16に進出すると、国内のサッカー人気も急上昇。4年後のAリーグ発足につながっていった。

「当時は、監督に名将と呼ばれていたヒディングを招聘するなど政府もサッカーの育成に力を入れていました。イタリアや東欧などからの移民の子どもたちを中心に代表も力をつけ、Aリーグも高いレベルを維持できていました。

しかし2000年代以降は、移民がヨーロッパ系からアジア系に変わり、レベルが落ちてしまった。またAリーグは、サラリーキャップ制を導入しているため、チームの総年俸が210万豪ドル(日本円で約1億7300万円)に抑えられている。

本田のように1チーム1人だけが認められている“マーキープレイヤー”(年俸総額に関係ないプレイヤー)をのぞいては、せいぜい年俸1000万円程度。この金額ではさすがに夢がない。もともとオーストラリア人は、海外志向が強いこともあって、若くて有望な選手は、どんどん国外に出ていってしまうのです」(Aリーグに詳しいサッカージャーナリスト)

つづく

12/8(土) 15:00配信 victory
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00010001-victory-socc

6 名前:Egg ★:2018/12/08(土) 18:55:45.39 ID:CAP_USER9.net

【参考】Aリーグ 歴史/AFCにおける戦績
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/vsn-p/contents/7274/c1850a749abff648da26949ede729b3b5746d6c978cb41cad4c916af0442ca3f.jpg


下位チームだとJ2かJ3程度の力しかない

「オーストラリアで暮らしていてもサッカーが話題になることはほとんどありません。クリケットやラグビーはテレビでやっていますが、Aリーグは放送しているかどうかもわからない。せっかく日本人のスター選手が来たので観戦してみましたが、正直いってレベルが高いとは思えませんでした。スピードはないし、ミスも多い。ラグビーみたいにガンガンぶつかりあうかと思ったら、そんなこともない。Jリーグのほうがずっとうまいし、激しいと思いました。そんなレベルですから本田選手が活躍できるのは当然。日本代表では足が遅い、走らないと言われていましたが、ここではそれが目立つこともない。パスやシュートの精度はさすがです。他の選手とはレベルが2段階くらいちがう感じがしました」
前出のサッカー・ジャーナリストもこう語る。

「AFCアジアチャンピオンズリーグでは、2014年にAリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズが優勝しましたが、それ以降は低迷している。リーグ全体の実力としては上位チームでもJ1下位レベル。下位チームだとJ2かJ3程度の力しかないと思います」

本田の東京五輪出場は?

メルボルン・ヴィクトリーが本田に払っている年俸は推定3億円。実力はもちろん、その人気にも期待したはずだ。

「観客の入りは、半分いかない程度。1万人いかないくらいだと思います。ほとんどが熱心な地元のファンで、日本人もちらほらいましたが、数えられるくらい。もともとシドニーやゴールドコーストに比べて、メルボルンは日本人観光客が少ないんです。もちろんこれから優勝争いをしていくことになれば多少は盛り上がるかもしれませんが……」

日本代表からの引退は表明したものの、東京オリンピックにオーバーエイジ枠での出場を狙っている本田圭佑。

「本田としては最後の花道を東京オリンピックで飾りたいはずです。高いレベルのリーグでベンチに座っているか、Aリーグでレギュラーとして活躍するか。オーバーエイジで呼ばれる可能性があるとしたら確実に後者。そういうことは本田も理解しているはず。あと2年、同じくらいの活躍を続けられれば、“精神的支柱”として呼ばれることは十分に考えられます。でも日本サッカーの未来を考えれば、いつまでも本田に頼るわけにはいかない。若手の選手には、彼を押し出すくらいのがんばりを期待したいですね」(前出・スポーツ紙記者)


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544262841
続きを読む

【サッカー】Jクラブ注目の桐光学園2年生エース西川潤がU-19日本代表入り!! 久保建英、斉藤光毅とともに飛び級選出!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/12/08(土) 12:26:40.56 ID:CAP_USER9.net

12月13日からのブラジル遠征に参戦。21日にU-19ブラジル代表と激突!
日本サッカー協会は12月7日、同13日に出発するU-19日本代表のブラジル遠征メンバーを発表した。

メンバーには、9月に開催されたU-16アジア選手権でMVPを獲得して日本の優勝に貢献した桐光学園高の2年生エース、FW西川潤が初選出され、久保建英(横浜)、斉藤光毅(横浜FCユース)とともに飛び級選出となった。
西川は今冬の高校サッカー選手権にも神奈川代表として出場。2020年シーズンの新卒加入を見込んで、多数のJクラブも注目する逸材だ。

その他には10月のU-19アジア選手権に参加したGK谷晃生(G大阪)、DF橋岡大樹(浦和)、齊藤未月(湘南)、田川亨介(鳥栖)などが選ばれたほか、筑波大の角田涼太朗が大学生として唯一選ばれている。

U-19日本代表のブラジル遠征メンバーは以下の通り。
 

GK
大迫敬介(サンフレッチェ広島)
谷 晃生(ガンバ大阪)
 
DF
橋岡大樹(浦和レッズ)
宮本駿晃(柏レイソル)
角田涼太朗(筑波大)
川井 歩(サンフレッチェ広島)
瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)
菅原由勢(名古屋グランパスU-18)
小林友希(ヴィッセル神戸U-18)
 
MF
齊藤未月(湘南ベルマーレ)
中島元彦(セレッソ大阪)
郷家友太(ヴィッセル神戸)
山田康太(横浜F・マリノス)
平川 怜(FC東京)
斉藤光毅(横浜FCユース)
西川 潤(桐光学園高)
 
FW
田川亨介(サガン鳥栖)
宮代大聖(川崎フロンターレU-18)
中村敬斗(ガンバ大阪)
久保建英(横浜F・マリノス)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181208-00051226-sdigestw-socc
12/8(土) 11:14配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/252000/251686/news_251686_1.jpg
https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/soccermama2018/wp-content/uploads/2018/07/03004432/5a3144f4db765ac100e6cee3a32efee5-480x640.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1544239600
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
最新記事(画像付)
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(