【サッカー】<岡崎慎司にシャルケ移籍報道!>マインツ時代のGMと再タッグで名門の危機を救う存在に?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 12:48:46.36 ID:CAP_USER9.net

レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司が再びドイツに帰ってくる可能性が浮上している。

シャルケは今シーズンも強豪復活とはいかず、不振にあえいでいる。前半戦を終えて11位と低迷し、
今冬の移籍市場ではバイエルン・ミュンヘンからDFホルガー・バドシュトゥバー、ニュルンベルクからFWグイド・ブルグスタラーを獲得した。

すでに冬の補強は完了したと見られているが、ドイツ紙『ビルト』は岡崎がシャルケの救世主となる可能性を示唆している。

同紙では、シャルケがFWルイス・アドリアーノ(スパルタク・モスクワ加入が決定)、ナポリFWマノロ・ガッビアディーニを長く追っているとしながら、
岡崎がチームにとって最適解となると伝えている。シャルケは適応に時間がかからないブンデスリーガをよく知るFWを必要とし、
レスターでサブに甘んじる岡崎に目をつけたようだ。

また、シャルケのSDを務めるクリスティアン・ハイデル氏は昨シーズンまで24年間マインツでゼネラルマネジャーを務め、
2013年から2015年まで同クラブでプレーした岡崎の能力を高く評価している。

フランコ・ディ・サント、クラース・ヤン・フンテラール、ブレール・エンボロなどFW陣が軒並みケガで離脱しているシャルケ。
それだけに、ブンデスリーガですぐに活躍できるFWを必要としており、岡崎の獲得に本腰を入れる可能性は十分にあるだろう。

GOAL 1/17(火) 11:19配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000002-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170117-00000002-goal-000-view.jpg


フットボールチャンネル 岡崎が内田のチームメートに? 選手をよく知るシャルケSDが獲得に興味か
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00010020-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484624926
続きを読む

【サッカー】ミランが敵地でトリノと2-2ドロー 本田は1カ月以上も出場機会をつかめず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:あちゃこ ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 10:07:44.07 ID:CAP_USER9.net

Football ZONE web 1/17(火) 8:28配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するACミランは、現地時間16日の
リーグ敵地トリノ戦で2-2の引き分けとなった。ベンチスタートの
本田に出番は訪れず、2017年に入りまだ出場機会を手にできていない。

 先にゲームを動かしたのはトリノだった。前半21分、ミランの
左サイドを突破したMFイアゴ・ファルケがマイナスに戻したパスを、
MFアデム・リャイッチがミドルで狙った。シュートは全くヒット
しなかったが、そのボールに反応したFWアンドレア・ベロッティが
コースを変えてゴールに流し込んだ。

 さらにトリノは同26分、ミランゴール前の混戦からベロッティがボールをキープ。
そこから生まれたミドルシュートを、MFマルコ・ベナッシが
ヒールキックでコースを変えてゴールに流し込んだ。同じような
得点パターンで、トリノが2-0とリードを広げた。

 続く同31分には、トリノDFアントニオ・バッレーカが左サイドを突破して
ペナルティーエリアに侵入したところでミランDFイニャツィオ・アバーテが
倒してPKの判定。しかし、決まれば試合の行方が決するかというリャイッチのPKを、
ミランGKジャンルイジ・ドンナルンマが止めた。中央へのキックを読み切り
一歩も動かずに弾くと、こぼれ球に反応したファルケのボレーシュートも
枠を外れた。ミランは九死に一生を得て、2点ビハインドでハーフタイムを迎えた。

全文
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00010001-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484615264
続きを読む

【サッカー】<ブンデスクラブの支持率ランキング>あの“嫌われ者“が大躍進! 香川のドルトムントは何位に?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 17:14:31.75 ID:CAP_USER9.net

ドイツ国内の14~59歳を対象に調査、王者バイエルンが1位に輝く

ブンデスリーガで最も人気のあるクラブはどこだ――。

スポーツマーケティングリサーチ&コンサルティング会社「ニールセン・スポーツ」の調査で、
リーグ4連覇中のバイエルン・ミュンヘンがドイツ国内でも最も人気があるという結果が出た。
ドイツ衛星放送「スカイ・ドイツランド」などが報じた。

国内の14歳から59歳までを対象に調査を行ったところ、王者バイエルンは25.6%の支持を獲得してトップに立った。
昨季、史上初のブンデスリーガ4連覇を成し遂げた名門が、実力、人気ともにドイツトップであることを示した。

2位には日本代表MF香川真司が所属するドルトムント(19%)が入った。
上位2クラブとは大きな差がついたものの3位にボルシア・メンヘングラッドバッハ(5.3%)、
4位に日本代表DF内田篤人が所属するシャルケ(4.5%)と続いた。

全ランキング一覧、成り上がりクラブが躍進!
 
さらに注目は、今季前半戦を2位で折り返したRBライプツィヒが7位と上位にランクインしたこと。
2009年に飲料メーカー王手のレッドブルに買収されて5部リーグから“成り上がり”を果たした同クラブは、伝統を重視するドイツにおいて「嫌われ者」の立場にいた。
今回の調査では、昨年夏の調査からおよそ倍となる3.9%の支持を集めた。前半戦に一時首位に立つ快進撃で周囲の雑音をかき消したようだ。

 ランキングは以下の通り。

1位 バイエルン・ミュンヘン(25.6%)
2位 ドルトムント(19%)
3位 ボルシアMG(5.3%)
4位 シャルケ(4.5%)
5位 ハンブルガーSV(4.5%)
6位 ブレーメン(4%)
7位 RBライプツィヒ(3.9%)
8位 ケルン(3.6%)
9位 フランクフルト(3.3%)
10位 ヘルタ・ベルリン(2.7%)
11位 フライブルク(1.3%)
12位 マインツ(1%)
13位 ダルムシュタット(0.9%)
14位 レバークーゼン(0.8%)
15位 アウクスブルク(0.7%)
16位 ホッフェンハイム(0.6%)
17位 ヴォルフスブルク(0.4%)
18位 インゴルシュタット(0.2%)

Football ZONE web 1/16(月) 16:12配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170116-00010009-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484554471
続きを読む

【サッカー】<MF清武弘嗣(セビリア)>「残留してCL」か「移籍して出場機会」か…悩む  バレンシアへのレンタル移籍浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/17(火) 00:36:33.33 ID:CAP_USER9.net

日本代表MF清武弘嗣(27=セビリア)が苦悩を深めている。

冬の移籍市場で放出が噂される清武は、ますます苦しい立場になり、今後はベンチ入りすら危ぶまれる状況だ。
すでにバレンシア(スペイン)へのレンタル移籍や、同FW原口元気(25)が所属するヘルタ(ドイツ)入りが浮上している。

本人は昨年末に一時帰国した際に「ゆっくり考えたい」と話した。
今後の道を模索する中、公認資格を持つ選手代理人は「このままセビリアにいても出番は保証されないだろうけど、
CL(欧州チャンピオンズリーグ)で勝ち上がったから、本人も悩ましいんじゃないか。簡単に出られる大会じゃないし、賞金も大きい。
それを捨てられるか」と、清武の心境を推測した。

CLは世界最高峰の舞台であり、清武が昨夏にセビリア移籍を決めたのも同大会への参加が大きな要因だった。
チームは決勝トーナメント進出を決め、状態もいいことから欧州制覇の可能性もある。

国内リーグも2位で優勝を狙える位置にいる。出場機会は少なくても“歴史的瞬間”に立ち会える可能性があるのだ。

こうした状況から、仮に1月の移籍市場で好条件のオファーが届いても簡単には決断できないというわけ。
しかもチームが勝ち進めば、高額なボーナスを受け取れる。果たして、清武はどんな結論を下すのか。

2017年1月16日 16時30分 東スポWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/12548546/

写真
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2016/01/GettyImages-494519374.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484580993
続きを読む

【サッカー】バルサ通算得点数「0」の男マスチェラーノ、「自分は絶対にゴールを決めない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 22:23:09.53 ID:CAP_USER9.net

バルセロナ歴代5位となる出場記録を誇るマスチェラーノ。しかし、得点数はいまだ「0」である。

2010-11シーズンのバルセロナ加入以降、いまだゴールを記録していないMFハビエル・マスチェラーノだが、今後も「0」得点が続くと考えているようだ。

バルセロナで300試合以上に出場してきたマスチェラーノだが、その得点数はいまだ「0」。バルセロナファンにとっては、語り草となっている珍記録である。

14日のリーガエスパニョーラ第18節バルセロナ対ラス・パルマス(5-0)では、少し前まで戦力外扱いだったMFアレイクス・ビダルまでゴールを決めたが、マスチェラーノはその試合後、自身もいつか得点を記録するかを問われている。アルゼンチン代表MFの答えは、次のようなものだった。

「知らない、知らないよ……。おそらく、ゴールを決めることは絶対にないだろう。でも、誰にも分からないことだ」

「問題なんでどこにもないさ。フットボールはコレクティブなスポーツだし、それぞれ役割が違う。いずれにしろ、僕は『0』得点の最初の選手でも、最後の選手でもないはずだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00010002-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484572989
続きを読む

【サッカー】<日本代表のMF本田圭佑(ACミラン)>アザールらと米サンディエゴにサッカークラブ設立へ… 2018年始動

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 12:58:01.97 ID:CAP_USER9.net

ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑がチェルシーのMFエデン・アザールらと、
米国カリフォルニアでNASLのサッカークラブ設立に興味を示しているという。イタリアメディア『MLSSoccerItalia.com』が報じている。

上海申花でプレーする元チェルシーのFW デンバ・バがアメリカサッカーコーチ協会のイベントでその構想を明かしている。
「僕と投資家仲間で、サンディエゴでサッカークラブを設立しようという話になっている。NASLのライセンスを取得しているところだ」

デンバ・バの投資家仲間には、サッカー選手も含まれており、そのうちの1人が本田圭佑だという。
本田は自身のマネジメント事務所であるホンダエスティーロの支部をサンディエゴに置いており、
この地には非常に縁がある。またホンダエスティーロはオーストリア2部のクラブ、ホルンを運営しており、ロサンゼルスでサッカーキャンプを開催したこともある。

本田のほか、デンバ・バの親友であるアザールもサッカークラブの設立に興味を示しているという。
「僕らのプロジェクトに非常に関心を示していて、いろいろ僕に聞いてくる」とデンバ・バは話している。
すべてが順調に進めば、この構想は3月にも公式に発表され、クラブ設立が実現するのは2018年になる見込みだという。

GOAL 1/16(月) 12:25配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000005-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170116-00000005-goal-000-view.jpg


NASL A SAN DIEGO: CI PENSANO HONDA, HAZARD E DEMBA BA
http://www.mlssocceritalia.com/nasl-a-san-diego-ci-pensano-honda-hazard-e-demba-ba/

写真
http://www.mlssocceritalia.com/wp-content/uploads/2017/01/Screen_Shot_2015-06-14_at_7.27.22_PM.0.0.png



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484539081
続きを読む

【バスケット】日本代表強化へ世界的名将招へいへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 19:07:33.50 ID:CAP_USER9.net

 NBLとbjリーグの2つの国内リーグが統合して昨年9月にスタートしたプロバスケットボール「Bリーグ」のオールスター戦が15日、東京・代々木第一体育館で開催された。

 試合のチケットは発売日に即日完売。9567人超満員の観客を集めた球宴に、日本人唯一のNBA(米プロバスケット)経験者の田臥勇太(36=栃木)は「日本のバスケットもここまで来てくれたかと。こんなに、たくさんのお客さんの前でプレーできて楽しかった」と笑顔を見せた。

 リーグの調査では、昨年9月22日のスタートから4か月弱で認知度がバレーボールの「Vリーグ」を上回るまでになった。興行として着実に成長している勢いを、今後は日本代表の強化にもリンクさせる方針だ。

 バスケット日本男子代表は現在、監督不在の状態。日本協会の東野智弥技術委員長(46)は夏ごろをメドに「東京五輪で勝負できるように、過去の五輪でメダル獲得経験があるレベルの監督を連れてくる」と説明した。最近では、米国代表を率いて北京&ロンドン五輪を連覇したマイク・シャシェフスキー氏(69=米国)にもアプローチしたという。

 これは、サッカーで言えばマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のジョゼ・モウリーニョ監督(53)、米大リーグなら元ヤンキース監督のジョー・トーリ氏(76)に声をかけるようなもの。1976年のモントリオール大会出場後は五輪から遠ざかり、Bリーグ開幕前は「マイナースポーツ」と呼ばれても仕方ない日本では、あり得なかったことだ。

 60人超の代表候補を毎月の合宿に招集するのも、これまでにはなかった取り組み。サッカーのJリーグは開幕から5年でW杯初出場につなげたが、バスケットも同じ道を歩めるか。

2017年01月16日 16時30分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/640926/

Mike Krzyzewski氏
http://www.goduke.com/ViewArticle.dbml?DB_OEM_ID=4200&ATCLID=152844
http://www.empiresports.co/wp-content/uploads/2014/03/empire-sports-coach-k-mike-krzyzewski-racist-mercer-remark.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484561253
続きを読む

【サッカー】<リーガ・エスパニョーラ>なぜ乾貴士はスペインで成功できたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 15:26:05.16 ID:CAP_USER9.net

日本人選手はリーガ・エスパニョーラで成功できない。ずっと、そう言われ続けてきた。

城彰二(バジャドリー)、西澤明訓(エスパニョール)、大久保嘉人(マジョルカ)、中村俊輔(エスパニョール)、家長昭博(マジョルカ)、ハーフナー・マイク(コルドバ)……。
これまで何人もの猛者がスペインに活躍の場を求めた。だが、どの選手も激しい競争に身をさらされ、ある者は母国、またある者は他国リーグに去っていった。

日本人選手はリーガの1部で2シーズンと持たない。スペインでは、そんな声も聞こえていた。そんな中、人口2万7000人の小さな街エイバルにやって来たのが乾貴士である。

ボーフムで1年、フランクフルトで3年と、ドイツで4年を過ごしてから念願のスペイン移籍を実現させた乾は、昨季エイバルでリーガ27試合に出場した。
今シーズンも第18節を終了した時点で11試合に出場している。よほどの変化がない限り、出場機会を確保したまま2シーズン目を終えるのは間違いないだろう。

では、乾はなぜスペインで成功をつかめたのか。最も気になるのは、言葉の問題である。

■学習能力の高さと日本人通訳の存在

乾の獲得を決めたのはエイバルの敏腕スポーツディレクター、フラン・ガルガルサだった。
さらに、獲得に際してホセ・ルイス・メンディリバル監督の厚い信頼を受けるアシスタントコーチのイニャキ・ベアの進言も大きな後押しとなった。
乾は当初、そのベアと頻繁にコミュニケーションを取っていた。ベアがドイツ語に堪能だったからである。

さらにエイバルは通訳を付けるため、迅速な動きを見せた。海外に渡りUEFAプロライセンスを取り、現在バスクでユースチームの監督をしている岡崎篤氏に白羽の矢を立てたのだ。
クラブは乾に最高のパートナーを用意したかった。ガルガルサSD直々にスペインで監督として闘う岡崎氏に電話をかけ、「(乾の通訳として)君に来てほしい」と口説いたのだ。

岡崎氏は乾の移籍当初をこう振り返る。
「ドイツでやっていたからヨーロッパの雰囲気には慣れていました。けど、最初はポジティブな驚きがあったと話していましたね。『スペインはレベルが高い』と」

乾が感じたレベルの高さとは、どういうものだったのか。
「タカシは最初から『すごく練習が面白い』と言っていたんです。ポゼッションの練習でもすごくボールが回るし、どの選手も巧くて速い。とにかく『純粋に練習のレベルが高くて面白い』とよく言っていました」

新たな環境、レベルの高い選手たちに刺激を受けたこともあり、乾は加入当初から練習で凄まじい集中力を発揮していたという。
岡崎氏は「選手に複雑な動きを要求する練習でも、スペイン語の指示を聞いて(言葉を完璧に理解していないにもかかわらず)スムーズに動けていましたね」と回想する。
その学習能力にはメンディリバル監督をはじめ、スタッフ陣も舌を巻いたようだ。

こんなエピソードを紹介しよう。乾の賢さが、ときにエイバル内である“事件”を巻き起こしていた。集中力に欠けた選手たちの姿勢が、メンディリバル監督の逆鱗に触れることがあったというのだ。

「1カ月前にやったような練習を、繰り返してやる時があるじゃないですか。そういう時、タカシは他の選手より先に動いていました。
スペイン人選手は覚えが悪かったり、集中していなかったりして、何回もメンディリバル監督に止められていました。おまけにこう言われるんです。
『おい、見てみろ! お前ら、あそこで日本人が一人でできているじゃないか!』と。そうやって監督が檄を飛ばしているのは何度も聞きましたね(笑)」

>>2以降につづく

GOAL 1/16(月) 11:35配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000003-goal-socc

2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 15:26:19.20 ID:CAP_USER9.net

■『もうタカに通訳はいらないよ』ってイジられてました(笑)

時間をともにするにつれ、乾と岡崎氏は信頼を深め合っていく。それも乾にとってプラスに働いた。2人は相乗りして練習の行き帰りをするようになり、
自然とトレーニングにおけるインプットとアウトプットは濃密になっていった。「あの時、監督なんて言ってたのかな?」「どうしてあの選手はあんなに怒られていたんだろう」。
乾の疑問を岡崎氏が車中で解決し、二人三脚でコーチングスタッフの考えを落とし込んでいった。

また、エイバルのスタッフは岡崎氏を温かく迎えていた。普通では考えられないが、岡崎氏はコーチ陣と同じロッカールームに入って一緒に着替えることができた。
加えて、ミーティングに参加することも許された。常にオープンな姿勢で接するスタッフが岡崎氏との意見交換を嫌がることなど一度もなかった。

「練習後に『あのプレーが欲しいんだよ!』みたいな会話をコーチたちとすることがあって、そういうのはタカシに伝えていました」。信頼を勝ち取るのは、日々の積み重ねだ。
試合に出るためには、どうすればいいか。乾は常にアンテナを張り、指揮官の求めるサッカーを全身で吸収した。

その結果、乾はものすごいスピードでメンディリバル監督のコンセプトをモノにしていった。
「けっこう早い段階で『もうタカに通訳はいらないよ』ってイジられてました(笑)」という岡崎氏の言葉が、乾の適応力と評価の高さを物語っている。

そして今シーズンが始まる頃、岡崎氏の肩書は「乾の“元”通訳」となった。通訳がいなくてもチームに馴染み、周囲の考えを理解し、
最高のパフォーマンスを披露できる状況が整ったと、今夏のプレシーズンが終わった後にクラブが決断したのだ。

実際、乾は今シーズンも信頼を失うことなくポジションを手にしている。相手チームにとって脅威となり、警戒される存在として現地でも認知されているのだ。

学習能力と向上心、そして周囲の考えを理解する力が乾にはあった。さらに周囲も乾がスペインで成功できるよう、しっかりとしたサポート体制を築いていたわけだ。
だからこそ今、リーガのピッチで相手DFを切り裂く姿を見ることができているのだろう。

今回、日本人選手にとって鬼門の地であるスペインという環境や過去の事例、そして最近の充実ぶりを加味して「成功」という表現を用いたが、乾本人はまだまだ満足していないはずだ。
シーズンが閉幕するまでに、日本人選手が到達したことのない領域にどこまで切れ込めるのか。得意のドリブルを武器に、どれだけ多くの相手に恐怖を与えるのか。まだまだ楽しみが尽きることはない。

文=森田泰史(スペイン在住フリーライター)

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170116-00000003-goal-000-view.jp
http://files.proyectoclubes.com/eibar/201608/250x250_181822128-inui.jpg


プロフィール
http://www.sdeibar.com/jugador/inui

【サッカー】<リーガ第18節>MF乾貴士10試合連続スタメンのエイバル、ヒホンに快勝で5試合ぶりの勝利をもぎ取る!
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484514670/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484547965
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(