【サッカー】シャルケ内田篤人、代表期間中に試合出場か?ハノーファー戦に帯同

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 15:23:50.26 ID:CAP_USER9.net

内田が代表戦ウィークに行われるハノーファーとのチャリティーマッチに出場する。

日本代表DF内田篤人がリーグ戦中断期間に、実戦復帰へ向けたステップを踏むようだ。ドイツ紙『デア・ヴェステン』が報じている。

内田は昨年12月、ヨーロッパリーグのレッドブル・ザルツブルク戦で約1年9カ月ぶりに実戦復帰を果たした。しかし、万全の状態まで戻るには至っておらず、’公式戦の出場は未だ7分間に留まっている。

そんな中、シャルケは国際Aマッチデーの23日にハノーファーとチャリティーマッチで対戦する。内田が出場する見込みであることを、アクセル・シュスターSD(スポーツディレクター)が明かした。

「内田の膝のケガはもう完全に癒えている。だが、長い間休んだ後に負荷がかかり、筋肉系の問題がいくつか発生した。ハノーファーとの試合には帯同するよ」

自身の肉体と戦い続けている内田だが、代表戦ウィークのチャリティーマッチを転機とすることはできるだろうか。

http://m.goal.com/s/jp/news/123/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/2017/03/18/33756052/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B1%E5%86%85%E7%94%B0%E7%AF%A4%E4%BA%BA%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E6%9C%9F%E9%96%93%E4%B8%AD%E3%81%AB%E8%A9%A6%E5%90%88%E5%87%BA%E5%A0%B4%E3%81%8B%E3%83%8F%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E6%88%A6%E3%81%AB%E5%B8%AF%E5%90%8C


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490077430
続きを読む

【サッカー】本田「いずれは外れる。でもこの時点では本望ではない」「コンディションは悪くない。試合勘のところだけ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 12:46:06.17 ID:CAP_USER9.net

ゲキサカ 3/21(火) 4:08配信

議論呼んだ代表選出に持論…本田「いずれは外れる。でもこの時点では本望ではない」

その選考自体が注目を集めたFW本田圭佑(Kaoru WATANABE/GEKISAKA)

 言葉の端々にプライドをのぞかせた。所属クラブで出場機会に恵まれず、その選出自体が議論を呼んだ日本代表FW本田圭佑(ミラン)は「いいんじゃないですか。みんながそれほど盛り上がって。いずれは(代表から)外れるし、いずれはサッカーを辞めるし、いずれは死ぬわけですから。でも、この時点でそうなるのは本望ではない。自分の努力次第で切り開く。そのスタイルは変わらない」と言い切った。

 不安がないわけではない。17年に入って公式戦に出場したのは1月25日に行われたコッパ・イタリア準々決勝ユベントス戦のみ。それも後半アディショナルタイムからの出場だった。「コンディションは悪くない。試合勘のところだけ」。それは本人も自覚している。

「10cmでボールを失ったり、ボールを取れたり、10cmでゴールになったり、失点したりする。その10cmを感覚というのだと思うし、緊張感であったり、ガチでやってくる相手というのは練習ではいない」

 実際にピッチに立ってみなければ分からないというのが偽らざる本音だろう。しかし、それでもハリルホジッチ監督は「試合に出ていなくても、今の代表は本田を必要としている。20試合、我々は一緒に戦ってきたが、常に彼の存在はそこにあった。我々のトップスコアラーでもある」と、その経験値に期待して招集に踏み切った。

「得点に関しては2次予選と今とでは相手も違う」。昨年9月1日のUAE戦(1-2)でW杯予選7戦連発弾を記録した本田だが、最終予選でのゴールはこの1点のみ。その後は国際Aマッチ5試合連続無得点に終わっており、昨年11月15日のサウジアラビア戦(2-1)は先発からも外れた。

 経験という意味では「精神的なものではいくらでも役に立つと自覚している」と話す一方、「ピッチ上で貢献したい気持ちはサッカー選手として当然ある。自分が出たら点を取る気持ちでやる」と、プレーでチームを勝利に導く決意も口にする。

 ホーム初戦で敗れたUAEとのリベンジマッチは、勝てば2位以内をキープし、サウジアラビアが引き分け以下で首位に立つが、負ければW杯出場圏外となる4位転落の可能性もある。最終予選の行方を占う大一番へ、「勝たないといけないし、負けられない。勝ちしかないとは言わないけど、負けは(許され)ない。その緊張感は今が一番だと思う」と位置づけた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-01637974-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490067966
続きを読む

【サッカー】長谷部誠が代表離脱でUAE戦回避 左膝治療を優先

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 23:34:54.50 ID:CAP_USER9.net

 日本協会は20日、左膝手術の可能性が浮上していた日本代表MF長谷部誠(33=フランクフルト)が、
W杯ロシア大会アジア最終予選でUAE遠征中のチームから離脱すると発表した。

 11日のBミュンヘン戦で痛めた左膝について、バヒド・ハリルホジッチ監督(64)や
メディカルスタッフに報告するため、19日(日本時間20日)にドイツから代表宿舎へ到着。
自力で歩きながら「話し合うために来た」と説明していたが、その後の診察の結果、
23日UAE戦の強行出場は断念し、治療を最優先する方針を固めた。

 この負傷に関しては、フランクフルトが16日のMRI検査の結果を受けて18日に
「手術を受ける」「無期限離脱」と発表。地元メディアも「一時帰国し、内視鏡手術を受ける」と追随していた。
この日は、ドイツ紙ビルトも「ハセベは21日に日本へ出発し、手術を受けることになるだろう」と報道。
患部は「半月板」と推測し、重傷の場合は今季のブンデスリーガ復帰は絶望と伝えていた。
代表にとっても、昨年9月に敗れたUAEとの再戦を主将不在で迎えることが決まった。

 長谷部はW杯最終予選に初出場した08年以降、出場停止だった3試合を除く、すべての最終予選に出場してきた。
その3試合も、すべて本大会出場決定後の消化試合。
離脱によって、初めて「長谷部抜きの真剣勝負の最終予選」をチームは強いられることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-01795232-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490020494
続きを読む

【サッカー】森重、高萩…日本代表に最多選出。ハリルのサッカーを体現するFC東京

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:25:47.01 ID:CAP_USER9.net

なぜ、FC東京から多くの日本代表選手が選ばれているのか?

 今回、GK林彰洋、DF森重真人、MF高萩洋次郎の3人が25名のメンバーに選ばれている。
昨季中位のチームで、今シーズンも8位(メンバー発表時点)であるにもかかわらず、Jリーグ最多。
さらに、丸山祐市、永井謙佑もバックアップメンバーに登録されている。
まるで「東京枠」でもあるかのような錯覚を受けてしまう。

しかしFC東京の試合を検証すると、代表選手が多いのも納得するだろう。
 
 3月18日、味の素スタジアム。J1リーグ第4節、FC東京は川崎フロンターレを迎えている。

 この日、序盤からボールを握って動かしたのは、川崎のほうだった。
ボールプレーヤーが多く、集団としての連動練度も高い。軽やかに「プレーの渦」を創り出す。

 センターバックの奈良竜樹は、迅速に球足の速いボールを前につけ、
司令塔の大島僚太はくるくると回転しながらタイミングよくボールを弾き出し、適切なスピードのボールを入れる。
そこに中村憲剛、小林悠ら攻撃陣が調和し、登里亨平は縦のスピードを使い、スペースに積極的に侵入。
その攻撃は多彩だった。

 しかし決定機を決めきれなかったことで、川崎は攻め疲れ(ACLの影響も否定できない)を見せる。

 一方、FC東京はしぶとく守り続けながら、ショートカウンターで相手を脅かすことで、じわじわと戦いの流れを引き入れていった。
高さ、体格にも恵まれた高萩がバックラインとの距離感を視野に入れ、リスク管理を徹底。
そして走力のある永井を、単純に前のスペースへ走らせる。

<消耗戦>

 端的に言えば、それがFC東京の戦いだろうか。攻められても耐え抜く。相手の隙が出るまでの根比べだ。

「相手がボールを握っていようといまいと、90分間、ゲームをコントロールしたのは我々だった。
まずは勝つために、相手とバトルすることを求めました。
決定機は作られましたが、そこを凌いで自分たちのペースに」

 FC東京の篠田善之監督は、会見場の隅まで響き渡る声で語った。

 そのリアクション戦術(自分たちのボールありきではない。
守備を出発点に)は、日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチが体現しようとしているスタイルに近いだろう。

 まずは相手が嫌がるプレスをかける。そこでプレッシングが外されるようなら、
リトリートしてブロックで攻撃を受け止め、敵を疲弊させる。
相手の足が止まり、判断が鈍り、ミスが出たところでショートカウンターを発動する。
これを遂行するには、走力などフィジカル強度が高く、精神的にアグレッシブで、
守備的な責務を果たせる選手が必要となるのだ。

 つまり、FC東京とハリルジャパンには符合性がある。

「まず、カウンターを受けないポジショニングで、セカンドボールの回収を心がけました。
それと、相手のボールが自陣に入ったとき、どこでプレッシングに行くかを常に意識して。
(FC東京は)前に力のある選手がいるので、そこにボールが入ったらどうにかなるから」

 代表に選出された高萩は川崎戦後に語っているが、慎重かつ注意深い判断はまさにリアクションサッカーの象徴だった。
守りに厚みを持たせ、川崎の攻撃を吸収。戦術的にしたたかな判断ができる選手だろう。

 もっとも、高萩は特記すべきプレーを見せたわけではない。パスは何度か引っかかり、効果的でもなかった。
凡庸な出来だったと言ったほうが近い。

 中盤で輝きを放ったのは、むしろ大島のほうだった。

 しかし、ハリルホジッチが大島よりも高萩に魅力を感じるのは自明の理だろう。
なぜなら、指揮官は「プレーの渦を作る」というボールありきのアクションサッカーを重視していない。
中盤はバランスをとって安定してさえいれば、「守備のリズムが攻撃を好転させる」という考え方なのだ。

 川崎はそんなFC東京の術中にはまってしまった

「ボールを持たされてしまいました。(後半は)個々の守備が強く、入っていけなかった」(川崎、鬼木達監督)

 そして、消耗戦の決着をつけたのは、東京の決定力である。残り15分の3得点で川崎を沈めているが、
大久保、ピーター・ウタカという2人のストライカーの存在は際立っていた。

「蹴らずに俺にパスを入れろ!」

 大久保はそう強く求めるが、結局、彼が冷静に貪欲にボールをゴールに運んだことが、勝利につながった。

2 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:26:07.02 ID:CAP_USER9.net

FC東京は会心の勝利だったはずだが、その消耗戦は常に破綻のリスクも抱えている。
攻撃は個に頼り切り、組織的に形が構築されていない。先制された場合は不利に立つだろう。
メンタル的にも受け身なため、お尻が重く、エンジンがかからない。
事実、FC東京は前節のガンバ大阪戦では先制を許した後、すべてが空回りして敗れている。

 ともあれ、FC東京はこの日、川崎を下して2位に浮上した。勝利は勢いになる。
ただ、消耗戦でどこまで戦えるのか?

 それはUAE戦に向かうハリルジャパンにも通じる問いかもしれない。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2017/03/19/fc/index_5.php


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490012747
続きを読む

【文芸】内田康夫さんが休筆宣言 15年7月に脳梗塞で倒れリハビリ中

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:湛然 ★@\(^o^)/:2017/03/21(火) 05:24:15.84 ID:CAP_USER9.net

2017.3.21 05:01

 「浅見光彦シリーズ」で知られる作家、内田康夫氏(82)が21日付で小説の休筆を宣言した。2015年7月に脳梗塞で倒れ、現在は、短歌を作りながら、復活を目指してリハビリを続けているという。

 毎日新聞夕刊で連載していた「孤道」は15年8月12日、204回で中断していたが未完のまま出版し、同時に同作の完結編を公募することも発表した。「孤道」は浅見光彦シリーズ114作目(短編除く)で、不動産会社の社長が殺害される事件が起き、謎が提示されてこれから解決というところで中断していた。

 「孤道」は5月12日に発売し、完結編の原稿は同日付で募集を開始。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


http://www.sanspo.com/geino/news/20170321/sot17032105010002-n1.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490041455
続きを読む

【サッカー】18歳GKドンナルンマ、契約更新のメドが立たず移籍の噂も「ミラン愛」を強調

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 19:13:51.33 ID:CAP_USER9.net

ミランに所属するイタリア代表のGKジャンルイジ・ドンナルンマが19日、
イタリアメディア『メディアセット』のインタビューに応じ、ミラン残留を希望していることを改めて強調した。

18歳の天才GKにはこれまで、ユヴェントスのほかマンチェスター・シティやバルセロナなど
各国の強豪クラブが獲得に興味を示していると報じられてきた。

ドンナルンマとミランの契約は2018年6月末に満了を迎える。
当初はプロ契約が解禁となるドンナルンマの18歳の誕生日(2月25日)を目安に、契約の更新を行うはずだった。

ところがミランの譲渡をめぐって、新オーナーとなるシノ・ヨーロッパ・スポーツ(SES)から
シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長の家族が運営するフィニンヴェストへの契約金の支払いが遅れている。
このため12月に予定されていた手続き完了が現在も実現しておらず、
ミランは選手の契約更新へ踏み切ることができないままだ。

契約更新となれば、高額な移籍金を設定し、他クラブからのオファーをけん制することができるものの、
現在はドンナルンマ本人のミランへの忠誠心のみが流出を阻む最後の砦となっている。

移籍が噂されているユヴェントスとの一戦(2-1でユヴェントスが勝利)では、
ユニフォームのミランロゴにキスをして、ユヴェントスのサポーターの前でミラン愛をアピールしていた。

19日には、イタリア代表合宿の行われているフィレンツェでインタビューを受けた。

「僕はミラニスタだから残りたいと思っている。
だけど、契約更新については僕の代理人(ミーノ・ライオラ)が担当することになっている」

改めてミラン残留を希望していることを明かしたものの、契約更新についての詳しい発言は避けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000015-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490004831
続きを読む

【サッカー】代表復帰のFW宇佐美貴史、ジョーカーの役割に「イメージしやすい」と納得

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:仙台焼肉 ★@\(^o^)/:2017/03/20(月) 17:09:03.80 ID:CAP_USER9.net

日本代表は、現地時間3月23日に行われる
2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・アラブ首長国連邦(UAE)代表戦に向け、
敵地アル・アインでトレーニングを開始した。

「こういう自分自身の状況でも呼んでもらえてるんで、だからこそ貢献したいって気持ちは強いですね」
と語るのは宇佐美貴史だ。所属のアウクスブルクでは不本意なシーズンを過ごしている。
「アウクスブルクでは、自分本来のスタイルを封印しないといけないですが、
ここ(日本代表)では、より出しやすい状況にあると思います。
だからこそ、今のクラブの現状とかを見ずに呼んでもらえたのかなと思います。
どうチームに返していけるか、還元していけるかだと思います。
クラブでやれてることも、積み上げているものも、このチームに落とし込みたい」と、クラブでの経験を生かしつつ、
代表で求められている活躍をしたいと話した。

その宇佐美は、日本代表メンバー発表の記者会見で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは
「ジョーカーになる」との評価を受けた。「ジョーカー」という役割については
「(日本代表では)途中から出ることが多いし、その辺は割と役割もポジションもはっきりしてるし、
イメージしやすさはある」と納得している様子だ。

「自分自身に期待している」と言う宇佐美は、「普段積み上げているものが無駄になってない」ことを強調。
「環境を変えた場所でやることで、自分に返ってくる部分もある。自分自身もポジティブになれたり、
いい刺激をもらってクラブに還元できるものもある」とした後、
「こういう自分自身の状況で、こういう場所(日本代表)に来られたことは、ありがたいですね」と、
日本代表に招集されたことに感謝を述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000012-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489997343
続きを読む

【サッカー】左ひざ手術の長谷部、ハリル監督と話し合いのためUAEで代表合流へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2017/03/19(日) 11:26:39.84 ID:CAP_USER9.net

2017年3月19日10時1分 スポーツ報知

 来週中に左ひざの手術を受けることになった日本代表のMF長谷部誠(33)=フランクフルト=について、日本サッカー協会広報は「現在のところ」と前置きした上で「代表に呼ぶ方針。こっちでスタッフと話し合うことになる」と、UAEで日本代表に合流する見通しを明かした。日本代表は23日のW杯最終予選UAE戦(アルアイン)に備え、UAEで事前合宿に入る予定となっている。

 長谷部は11日のバイエルン戦でゴールポストに左足が激突。すねを6針縫う負傷を負いながら17日の練習には一時復帰した。だが、フランクフルトのコバチ監督とチームドクターの話し合いで、来週中に手術を受けると、クラブのホームページで18日に発表した。UAE戦の出場は厳しい情勢だが、一度バヒド・ハリルホジッチ監督(64)らと面会し、話し合うとみられる。

http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20170319-OHT1T50107.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489890399
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(