【サッカー】<乾貴士(アラベス)>新天地デビュー戦で躍動! 股抜きパスにシュート4本で連敗脱出に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/12(火) 08:53:47.25 ID:ZgmvOxwz9.net

2.11 リーガ・エスパニョーラ第23節 アラベス2-0レバンテ]

 リーガ・エスパニョーラは11日、第23節を行い、MF乾貴士がローン移籍で加入したアラベスはレバンテに2-0で勝利した。乾は新天地デビュー戦でさっそく先発メンバーに名を連ね、右ウイングのスタートポジションでプレー。4本のシュートを放つなど多くのチャンスに関わり、3連敗からの脱出に貢献した。

 今季開幕前にエイバルからベティスへ加入した乾は半年間でリーグ戦8試合に出場。ただ、昨年11月11日の第12節バルセロナ戦の後半41分に出場して以降は出番がなく、先発は同10月21日の第9節バリャドリー戦が最後だった。アジア杯に参加中の今年1月24日、アラベスへの期限付き移籍が発表された。

 新天地でのデビュー戦となった乾は前半9分、敵陣右サイドでのファーストタッチを迎えると、そのプレーの流れから股抜きパスでチャンスを創出。さっそくホームの観衆を沸かせた。キックオフ直後は右ウイングに入っていたが、その後は時折左にポジションを移し、徐々にプレーに関わる機会を増やした。

 そんな前半17分、最初の決定機が訪れた。右ウイングのMFジョニーが鋭いフィードを送り込むと、PA内に走り込んだ乾にピタリ。だが、コントロールを失ったボールはゴールラインを割った。さらに同19分、FWジョナタン・カレリのシュートがバーに当たって跳ね返りに乾が反応するも、ヘッドは枠を外れた。

 チームを通じて最初の決定機を逃したアラベスだったが、前半23分に先制に成功した。右サイドを駆け上がった乾が相手にクロスを当てて右CKを獲得すると、このキックをジョニーがファーサイドへ放り込み、DFビクトル・ラグアルディアが高い打点でヘディングシュート。正確なインパクトでネットを揺らした。

 アラベスは前半36分、ジョニーのFKを相手GKがファンブルしたことでチャンスをつくるも、乾の高精度クロスに合わせたラグアルディアのヘディングシュートはGK正面。同43分には乾のドリブル突破からFKを獲得したが、ジョニーのキックは大きく外れ、1点リードでハーフタイムを迎えた。

 アラベスは後半10分、MFダルコ・ブラシャナツのパスから乾がダイレクトで狙ったが、シュートは大きく上に外れる。乾は同16分にもカレリの横パスを受け、球際で相手DFを制して左足でシュートを放つも、GKアイトール・フェルナンデスに阻まれ、なかなかチャンスを生かせない。

 劣勢が続いていたレバンテは後半20分過ぎからセットプレーでゴールに迫ったが、アラベスの守備陣が同点弾を許さない。乾は同27分、カウンターのチャンスでロングシュートを試みたが、これを大きく枠を外れた。同35分には果敢なランニングで抜け出し、ゴール前約20mでのFK獲得を導いた。

 4本のシュートを放った乾は後半43分、FWディエゴ・ロランとの交代でピッチを後に。スタンドからは大きな拍手が送られ、ホームサポーターの心を掴んだ様子が見られた。試合は後半アディショナルタイム、アラベスがジョニーのゴールで1点を追加。ここまで無得点で3連敗を喫していたアラベスが5試合ぶりの勝利をおさめた。

2/12(火) 6:55配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190212-27670787-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549929227
続きを読む

【テレビ】内田有紀、同じ“小室ファミリー”TRFに涙

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:湛然 ★:2019/02/12(火) 05:08:35.70 ID:ISoZyl809.net

2019年2月12日 1時36分 ナリナリドットコム
内田有紀、同じ“小室ファミリー”TRFに涙

女優の内田有紀(43歳)が、2月11日に放送された音楽特番「歌のゴールデンヒット~昭和・平成の歴代歌姫ベスト100~」(TBS系)に司会として出演。“小室ファミリー”として同時期に活躍したTRFのメドレーをノリノリで楽しみ、時折涙を拭う様子を見せて、視聴者の反響を呼んでいる。

内田はこの日、23年ぶりにテレビ番組の司会を任されたが、ゲストの話をうまく拾い、時にはネタも披露するなど明るい対応を見せる。

その後、番組終盤にTRFが登場し、メドレーを披露すると、内田はノリノリで手拍子をしながら、時折涙を指で拭うなど感動している姿が映し出されることに。

ネットでは「TRFに、というより内田有紀ちゃんの涙にグッとくる」「内田有紀がノリノリで時々涙をふくの、めちゃわかる」「内田有紀の涙……尊い」「内田有紀、女神だった」「全体を通して内田有紀しか覚えてない」といった声が上がっている。


https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201902/12/20190212001.jpg


https://www.narinari.com/Nd/20190253220.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549915715
続きを読む

【サッカー】<J2V・ファーレン長崎>パシフィックリム杯優勝!MLSの強豪レアルに3-1勝利/いわきFCは3位!バスケス・バイロン決勝点

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/11(月) 17:44:55.78 ID:uwxNfE4M9.net

ハワイで開催されていたプレシーズントーナメントのパシフィック・リム・カップ2019で、J2のV・ファーレン長崎がMLS(メジャーリーグサッカー)のレアル・ソルトレイクを下して優勝を飾った。

 手倉森誠新監督のもと、1年でのJ1復帰を目指してチーム作りを進める長崎は、ハワイキャンプの締めくくりとして国際大会に出場。8日の準決勝ではMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスに3-1の勝利を収めて決勝へ駒を進めた。

 現地時間10日に行われた決勝では、昨季MLSでカンファレンス・セミファイナルまで進んだレアル・ソルトレイクと対戦。19分には左からのクロスに合わせたFW澤田崇のゴールで先制に成功した。

 38分には左サイドから抜け出した亀川諒史がエリア内に侵入し、GKを引きつけてラストパス。MF翁長聖が押し込んでリードを広げ、前半を2-0で折り返す。

 84分にはソルトレイクがバスケスの強烈なミドルシュートで1点を返す。だが直後の85分、スルーパスを受けエリア内に抜け出したMF名倉巧が落ち着いて流し込み、3-1の勝利を収めた長崎が優勝で大会を終えた。

 同大会には東北1部のいわきFCも出場。ソルトレイクに敗れて決勝進出を逃したが、3位決定戦ではバンクーバーに1-0の勝利を収めた。高校選手権で青森山田の優勝にも貢献したルーキーのバイロン・バスケスが決勝点を挙げている。

2/11(月) 14:13フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190211-00309097-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549874695
続きを読む

【サッカー】長谷部誠、ライプツィヒ戦のプレーにトップタイの評価…平均点ランキングでは驚異の2位に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/02/11(月) 21:07:12.88 ID:eAdbHP439.net

フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠は9日に行われたブンデスリーガ第21節のRBライプツィヒ戦(0-0)にフル出場。この試合でのプレーに最高タイの点数を与えたドイツ誌『キッカー』では、同選手は平均点ランキングで2位に浮上した。

今月2日の前節ボルシア・ドルトムント戦(1-1)での長谷部のパフォーマンスもチーム単独トップの「2」と高く評価していた『キッカー』だが、ライプツィヒ戦でのリベロのプレーも「2」と称賛。今回は3バックの右側でプレーし、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、第21節ベスト11にも選出されているオーストリア代表DFマルティン・ヒンターエッガーと並ぶ形でチーム最高タイの評価を得ることになった。

これにより、同誌での今シーズンの長谷部に対する平均点は「2.70」に上がり、全フィールドプレーヤーを対象とする平均点ランキングでは4位タイから2位に浮上。レヴァークーゼンMFカリム・ベララビ(「2.59」)が首位を走るこのランキングで、ドルトムントMFマルコ・ロイス(「2.71」)やMFジェイドン・サンチョ(「2.76」)、バイエルン・ミュンヘンMFチアゴ・アルカンタラ(「2.79」)を3~5位に抑えている。

また選手たちのプレーを採点しない地元紙『フランクフルター・ルンドシャウ』だが、ライプツィヒ戦でのフランクフルトのベストプレーヤーは長谷部と評価。以下のような寸評を掲載した。

「もはや絶賛の言葉すら足りなくなってきた。彼はまたも傑出したパフォーマンスを見せた。ゲームを一冊の大きな本のように読み、常に正しい位置に立ち、非常に危険な場面も余裕に解決する。重労働をこなしているにも関わらず、とてもエレガントにプレー。信じられないほどシンプルなことであるかのように見せる。フランクフルトチームでは最多のボールタッチ(83)を記録。一度だけ不安なプレーをしたが、自ら取り返した」

先月35歳の誕生日を迎えた長谷部。プロ選手として決して若くない年齢で、ここまで絶対的な存在感を発揮し続ける選手は過去に存在したのだろうか。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010033-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549886832
続きを読む

【サッカー】<香川真司>中盤の王様になる!得意中受けで代表勢いに再点火..アジア杯では香川不在を痛感

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/11(月) 18:09:55.96 ID:uwxNfE4M9.net

【イスタンブール(トルコ)11日=木下淳】ドルトムントからトルコ1部ベシクタシュに期限付き移籍したMF香川真司(29)が、中盤の王様になる。

途中出場した2試合とも4-2-3-1陣形のトップ下に入ったが「特にこだわらない」と明言。ど真ん中が「最も自分が生きるポジション」としながらも「左で出ようが、右で出ようが、4-3-3のインサイドハーフだろうが、どこでもやれることを示してきた」との自負を残り13試合で生かす。

チームは中盤に流動的なポジションチェンジを許しており、ギュネシュ監督も「ローテーションしたい」と香川の柔軟起用を構想中だ。本人も「どうチームに合わせていくかが自分に与えられたチャレンジ。突き詰めたい」。

中盤を牛耳ることで、クロス攻撃に偏る現状も変える。「みんなゴール前で待つ感じがある。1歩引いてボールを受けに行く選手がいない」と早くも見抜き「そこを自分が担えれば違ったバリエーションが生まれる。クロス以外の、クリエーティブな部分を与えたい」と大物助っ人の面目躍如を思い描いた。

先には、自他ともに認める形での日本代表復帰も見えてくる。森保ジャパンも並び方は同じで鍵は2列目だが、アジア杯では香川不在を痛感。その全試合を映像で見た男には、若返った中盤に割って入り、勢いに再点火する役割が期待される。「新しい環境、仲間を楽しんでいる」という今のトルコでの挑戦も生きる。

W杯で得点したコロンビアとの再戦(3月22日、日産ス)や地元神戸でのボリビア戦(同26日、ノエスタ)へ、まずは当地で中盤の全権をつかさどる存在に戻ってもらわないと、困る。

2/11(月) 17:42配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00478770-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549876195
続きを読む

【サッカー】<JFA(日本サッカー協会)に怒り?>ブレーメンのコーフェルト監督、大迫勇也のコンディションに「かなり驚いた」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/02/11(月) 12:01:14.73 ID:wwZHQ6Y19.net

ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は、現地時間10日に行われたブンデスリーガ第21節のアウクスブルク戦(4-0)はベンチ外となった。ドイツ紙『ビルト』は、大迫が背中に問題を抱えながらアジアカップ2019からクラブに戻ってきたと伝えている。

アジアカップ2019に日本代表として参加した大迫。大会前にはコンディションが不安視されていたが、4試合に出場して4ゴールを記録。サムライブルーのエースとして、準優勝に大きく貢献した。

大会終了後、所属クラブであるブレーメンに戻った大迫。しかしアウクスブルク戦ではベンチ外に。『ビルト』によると、背中に問題を抱えているという。同メディアは「コーフェルトがJFA(日本サッカー協会)に怒り」と題し、ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督のコメントを伝えている。

「プレーできない状態で戻ってきたことには、かなりの驚きを覚えている。これに関しては、これから数週間話し合いたいね」

また、大迫がアジアカップの準決勝、そして決勝戦に出場したことについて「その試合を欠場するか、それともそっちでもここでもプレーするのかの二択しかないはずだ!」と納得がいかないようだ。

2/11(月) 8:55配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00010013-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549854074
続きを読む

【サッカー】C・ロナウドが3試合連続弾。ユベントス、快勝で2位ナポリと勝ち点11差に

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/02/11(月) 04:14:03.17 ID:RWz2VS1t9.net

【サッスオーロ 0-3 ユベントス セリエA第23節】

 現地時間10日に行われたセリエA第23節でユベントスはサッスオーロと敵地で対戦し、3-0の勝利を収めた。

 23分にケディラのゴールで先制したユベントスは、1-0で折り返す。52分にはクリスティアーノ・ロナウドが抜け出してゴールネットを揺らすシーンがあったが、オフサイドで認められず、1点差が続いた。

 55分には堅守ユベントスが大ピンチ。相手のロングフィードをGKシュチェスニーがペナルティエリアを飛び出して対応したがミスキックとなり、ボールはサッスオーロのものに。フリーのベラルディががら空きのゴールに決めるだけという状況となった。だが、ベラルディが枠を外し、ユベントスはリードを維持する。

 すると70分、役者が勝負を決定づける。左からのCKにC・ロナウドが打点の高いヘディングで合わせて2-0。終盤には途中出場のエムレ・ジャンが決めて3-0として勝ち点3を手にした。

 前日の試合では2位ナポリが勝利を逃しており、ユベントスのリードは勝ち点11差に広がっている。

【得点者】
23分 0-1 ケディラ(ユベントス)
70分 0-2 C・ロナウド(ユベントス)
86分 0-3 ジャン(ユベントス)

【了】

https://www.footballchannel.jp/2019/02/11/post309042/
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/02/20190211_cr_getty.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549826043
続きを読む

【サッカー】長友佑都の暴言疑惑がトルコで話題に。Fワード2回繰り返しが事実なら退場のはずだった?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/02/11(月) 04:17:43.01 ID:RWz2VS1t9.net

 ガラタサライのDF長友佑都は、10日に行われたトルコ1部リーグ第21節のトラブゾンスポル戦にフル出場した。1アシストを記録して勝利に貢献したが、一つの疑惑が浮上している。トルコ『SKOR』などが伝えた。

 トルコメディアで話題となっているのは、43分の場面。右サイドからのクロスが左サイドに流れたところに長友が追いついたシーンだ。相手との競り合いに勝ってボールを奪った長友だったが、主審はファウルの判定。相手ボールとなっている。

 このとき、長友は主審に向かって暴言を吐いたのではないかという疑惑がある。映像では、確かにいわゆるFワードを2度繰り返したように見えなくもない。これが事実であれば、長友はレッドカードの対象となるのではないかと話題だ。

 長友の暴言疑惑が大きく取り上げられているのには理由がある。

 トルコでは8日、フェネルバフチェのFWロベルト・ソルダードが同じ言葉を発したという理由で一発退場となったばかりだった。長友の発した言葉が暴言だったのであれば、同じ扱いになるはずではないかという指摘だ。

【了】

https://www.footballchannel.jp/2019/02/11/post309038/
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/02/20190211_nagatomo2_getty.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549826263
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(