【サッカー/イングランド】アーセナルのイングランド代表MFウォルコットが、宮市亮のアーセナル復帰を予言!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/04/02(月) 23:31:38.46 ID:???0

アーセナルのイングランド代表MFテオ・ウォルコット(23)が、ボルトンへ期限付き移籍中の日本代表FW宮市亮(19)の同クラブ復帰に言及した。
アーセナルの公式ホームページが伝えた。

ウォルコットは「若手選手にとって、チームメートが心停止で倒れるような出来事が起きても、恐怖心を見せずに自分のプレーをするのは、そう簡単なことじゃない」と評価。

「プレミアリーグのDFたちは『リョウとは戦いたくない』と思っているんじゃないかな。来季、彼がアーセナルで多くの出場機会を得ている姿が見えるよ」と予想した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000107-nksports-socc

続きを読む

【サッカー/イングランド】「宮市は若き日のギグス」英国記者が見た侍スピードスター

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:五十京φ ★:2012/04/03(火) 09:14:49.71 ID:???0

ボルトンの日本代表FW宮市亮(19)の評価がうなぎ上りだ。1月にアーセナルからボルトンへ期限付き移籍し、
3月31日のウルバーハンプトン戦まで公式戦7試合連続で先発して1得点2アシスト。新天地で飛躍した若き
スピードスターを、本場英国の記者はどう見ているか。ボルトンの番記者マーク・イリーズ氏(ボルトン・ニュース紙)、
全国紙記者スティーブ・スタマーズ氏(サンデー・ミラー紙)、評論家のデビッド・プリート氏(元トットナム監督)に話を聞いた。

目の肥えた英国の記者にとっても宮市の活躍は衝撃的だった。今季アーセナルでの出場はリーグ杯2試合だけ。
無名だった19歳の日本人が1月にレンタル移籍したボルトンで不動のレギュラーとなり一気に飛躍した。

 ≪イリーズ記者≫ 私がこれまで見てきたボルトンの選手で最もスピードがある選手で、技術も兼ね備えている。
彼の活躍には驚いた。正直に言うと、アーセナル時代はあまり知らなかった。

英テレグラフ紙で100メートルを10秒6で走ると紹介された快足だけが武器ではない。
かつてトットナム、レスターなどを率いた“ご意見番”のプリート氏は説明する。

 ≪プリート氏≫リョウは左右両サイドでプレーできる。そこは彼のアドバンテージであり、今後武器になるはずだ。

日本から来た新星に似た選手を聞くと、元ウェールズ代表の超大物が挙がった。

 ≪イリーズ記者≫左サイドのウインガーという点では、若き日のライアン・ギグス(マンチェスターU)に通じるものがある。

そしてイリーズ、スタマーズ両記者が言及したのは、スピードという共通点があるアーセナルのイングランド代表FWウォルコット。
さらにイングランド代表の左サイドバックの名前も出た。

 ≪スタマーズ記者≫ポジションは違うが、もともとウインガーだったA・コール(チェルシー)。
左サイドで抜群のスピードがあるリョウは、コールの若い頃を思い起こさせるね。

スポニチアネックス 4月3日(火)9時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120403-00000070-spnannex-socc

続きを読む

日本人名のローマ字表記を姓-名に統一=日本サッカー協会

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:うんこなうρ ★:2012/04/03(火) 00:53:58.44 ID:???0

日本人名のローマ字表記について

公益財団法人 日本サッカー協会(以下、JFA)では、2012年度(4月1日)より、日本人名の
ローマ字表記順を原則として「姓-名順」に統一していくことになりましたのでお知らせいたします。

JFAとしては、これまでローマ字表記について特に明文化された規定はなく、現在日本で一般的
となっている「名-姓順」が使用されているケースが大半でした。世界のグローバリズム化が進む中、
JFAとして個性が顕著に表れる「名前」において、日本人固有の表記順(姓-名)で、世界へ
アピールしていきたいという考えのもと、この度表記を統一することになりました。

今後は、各都道府県サッカー協会や各連盟にも協力を仰ぎ、公式文書や試合記録、職員の名刺等、
対応可能なものより順次採用していく予定です。

表記例

<名-姓順> Junji Ogura

<姓-名順> OGURA Junji

※今回の統一に合わせ、これまでの慣習による誤解を避けるため、苗字はすべて大文字で表記します。
※ただし、すでに一定の書式に基づいて作成されている書類やシステムについては、それに倣います。

http://www.jfa.or.jp/jfa/topics/2012/39.html

続きを読む

公式戦7試合ぶり先発落ちのインテルDF長友佑都「また一からアピールしたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/04/02(月) 20:58:45.48 ID:???0

 1日に行われたイタリア・セリエA第30節、ジェノアとホームで対戦したインテルは、5-4で勝利した。

アンドレア・ストラマッチョーニ新監督就任後の初戦として注目を集めた試合は、PKが4本も飛び交う乱戦となったが、インテルが辛くも逃げ切り、新体制で初白星を挙げた。

なお、日本代表DF長友佑都は公式戦7試合ぶりのベンチスタートとなり、出場機会はなかった。

 以下は試合後の長友のコメント。

「(新監督についての印象は)ちょっとまだ時間がたってないから、何とも言えないです。若い監督で、今日勝ったことで雰囲気も変わるかなとは思う。

(自身のスタイルと新監督とは合うか?)合うか合わないかっていうよりかは、しっかり自分のプレーをしていれば、よければ使ってくれると思うんで、自分のプレーに集中して、チームに貢献できるプレーをしていきたいですね。

(ベンチからの観戦となったが)僕の中で新鮮というか、いろいろ学ぶことは多かった。これをまた次につなげられるように。スタートラインはみんな一緒だと思うので、また一からアピールして、練習で頑張っていきたいなと思っています」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000012-spnavi-socc

続きを読む

ドルトムント香川、2週連続でドイツ2大メディアのベスト11に選出

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ニシナリーヒルズ高校白書φ ★:2012/04/02(月) 19:05:46.98 ID:???0

 3月31日に行われたブンデスリーガ第28節のシュトゥットガルト戦で先制点をマークした
日本代表MF香川真司が、2週連続でドイツ誌『キッカー』、同紙『ビルト』が選出する
今節のベストイレブンに選出された。

 33分に3試合連続となるゴールを奪い、今シーズン12点目をマークした香川。
2006-07シーズンにフランクフルトの元日本代表FW高原直泰(現清水)がマークした
欧州主要1部リーグでの日本人選手最多得点記録の11得点を上回る、
シーズン最多得点記録を樹立し、81分に途中交代した。

 この活躍を受けて、『キッカー』は香川にドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの
「1.5」(最高点1、最低点6)に次ぐ「2」と採点し、今シーズン9度目となるベストイレブンに選出。
『ビルト』も、チーム最高タイとなる「2」をつけ、今シーズン8度目のベストイレブンに選出している。

 ドルトムントは次節、7日にアウェーで日本代表MF長谷部誠が所属するヴォルフスブルクと対戦する。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000310-soccerk-socc

依頼がありました。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1333022379/323

続きを読む

インテル新監督・ストラマッチョーニ「長友は私にとって重要な選手」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:れいおφ ★:2012/04/02(月) 15:12:01.57 ID:???0

インテルは1日、セリエA第30節でジェノアと対戦し、ホームで5-4と勝利を収めた。
デビューを白星で飾ったアンドレア・ストラマッチョーニ監督は、チームが団結したことによる白星だと主張している。
また、出場機会のなかったDF長友佑都について、重要な選手だと述べた。

FWディエゴ・ミリートのハットトリックなどで、大量5ゴールを奪ったものの、3つのPKを献上して計4失点を許すなど、
若き新監督の初戦は大味な一戦となった。
ストラマッチョーニ監督は試合後、イタリア『スカイ・スポーツ』で、次のように話している。

「5ゴールを決めた。激しい試合だったね。会長からは楽しませてくれと言われていたんだ。
みんな楽しめたんじゃないかな。これはグループ全員の勝利だよ。全員が貢献した。
期待していた答えを見せてくれたよ。3位? 試合ごとに考えていこう。あまり先を考えすぎても仕方がない」
「会長は満足していると思う。インテルはチャンスをたくさんつくり、良い試合をした。前半終盤に失点したことだけが
残念だ。あれで決まっていた試合が分からなくなってしまった」

ストラマッチョーニ監督は今季これまで批判を浴びていたFWマウロ・サラテとFWディエゴ・フォルランを評価しており、
この日の試合で先発させた。フォルランは先制点をアシストし、サラテは1ゴールを決めている。

(中略)

また、ストラマッチョーニ監督は試合後の会見で、リーグ戦20試合ぶりに出場機会がなかった長友について言及。
戦術的な決定だったとしつつ、同選手が重要なメンバーであることに変わりはないとつけ加えた。

「佑都は火曜に練習していなかった。(ハビエル・)サネッティと(クリスティアン・)キヴでいきたかったんだ。
サイドのバランスをかなり崩した布陣で臨んでいたしね。彼らを使う方を望んだ。
ただ、彼が私にとって重要な選手であることは変わらないよ」

記事全文はこちら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000001-goal-socc

続きを読む

インテル、ドタバタの打ち合いを制す!長友佑都は出場機会なし

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/04/02(月) 00:10:55.80 ID:???0

1日に行われたセリエA第30節、インテル対ジェノアの一戦は、5-4でホームのインテルが勝利を収めた。インテルDF長友佑都はベンチ入りしたものの、出場機会はなし。リーグ戦では昨年11月19日以来、20試合ぶりに出番がなかった。

ストラマッチョーニ新監督のデビュー戦を迎えたインテルは、事前の報道どおりにサラテ、フォルランが先発メンバーに名を連ねる。

中盤はレジスタの位置に入ったスタンコビッチの脇をポーリとカンビアッソが務め、守備では長友がリーグ戦で2月12日のノヴァーラ戦以来となる先発落ち。マイコンが負傷の右サイドはサネッティが、左サイドはキヴが務めた。

立ち上がり、ジェノアFWパラシオに脅かされたインテルは、10分にCKからカラーゼのヘディングであわや失点というピンチを迎えた。

だが、カンビアッソのクリアでこれをしのぐと、13分に逆に先制に成功する。サラテのパスから左サイドのフォルランがクロスを送ると、中央で完全フリーとなったミリートが頭で押し込んだ。

20分のカンビアッソのヘディングは、GKフレイに阻まれたインテルだが、ジェノアの緩い守備を突いてリードを広げる。

27分、スタンコビッチのフィードから、ディフェンスラインの裏に抜け出したミリートが、落ち着いてネットを揺らすと、38分にはCKの流れから、最後はルシオの強烈なクロスをサムエルが押し込んだ。

3点を奪って楽勝ムードが漂ったインテルだが、前半ロスタイムにセットプレーからモレッティに1点を返されると、後半からヤンコビッチを投入したジェノアを相手にペースダウン。

そして59分、サネッティのハンドでPKを献上。これをパラシオに沈められ、1点差へ詰め寄られた。ストラマッチョーニ監督はスタンコビッチを下げ、負傷明けの新戦力グアリンを投入する。

>>2以降につづく

★情報ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000028-goal-socc

★試合詳細
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=1635808

★関連
両チーム合わせてPK4つ…インテルが大荒れ試合制し、新監督初陣を飾る、長友は不出場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120401-01097216-gekisaka-socc

3 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/04/02(月) 00:11:19.37 ID:???0

74分、インテルは再びリードを2点に広げる。新監督の期待にサラテが応えた。ポーリからパスを受けたサラテは、ペナルティーエリア内でメストをかわして右足でシュート。
ボールはカーブを描いてネットを揺らし、サラテが今季初ゴールをマークした。

だが、インテルはこれでも勝利を確実にできない。80分、スルーパスに反応したパラシオをJ・セーザルが倒し、再びPKを献上。

これをジラルディーノに決められて再び1点差とされると、さらにJ・セーザルの退場で数的不利に陥る。ストラマッチョーニ監督はカステラッツィを投入するためにサラテを下げた。

シーソーゲームはまだ終わらない。85分、インテルはグアリンがベッルスキに倒されてPKを獲得する。これをミリートが沈めてハットトリックを完成させると、ベッルスキの退場で試合は10人対10人に。

直後の90分、今度はルシオがスクッリを倒し、インテルはこの日3度目のPK献上。再びジラルディーノに決められて、1点差とされた。

最後までドタバタした打ち合いも、ここで終了。インテルはストラマッチョーニ監督のデビューを、かろうじて白星で飾った。勝ち点44のインテルは、チャンピオンズリーグ出場圏との差を7ポイントに縮めている。

続きを読む

【サッカー/イングランド】ニューカッスルに敗れリヴァプールが3連敗!GKレイナが頭突きを見舞いレッドカード

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/04/02(月) 00:45:49.02 ID:???0

1日に行われたプレミアリーグ第31節、ニューカッスル対リヴァプールは、2-0でニューカッスルが勝利を収めた。

連敗を脱したいリヴァプールは、古巣対戦キャロルに最初のチャンスが訪れる。相手DFとの競り合いを制し、独力で突破したキャロルがGKと1対1になると、クルルをかわした後にエリア内で倒れる。
しかし足はかかっておらず、シミュレーションでキャロルにイエローカードが出された。

ピンチを逃れたニューカッスルは、22分。右サイドでベン・アルファがシェルヴィ、J・エンリケを翻弄すると、左足でファーサイドにクロスを送る。シセが頭で逆サイドに流し込み、先手点を奪った。

ニューカッスルはさらに、前半終了前には相手のミスからボールを奪ったガスリーのクロスにシセが頭で合わせたが、これはわずかに枠を外れる。

>>2以降につづく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000027-goal-socc

2 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/04/02(月) 00:46:09.51 ID:???0

後半開始早々には、右からのクロスに距離のある位置からのウィリアムソンのヘディングシュートを放ったが、今度はポストに阻まれた。

しかしニューカッスルは、59分に貴重な追加点を奪う。カバイェのパスを受けたデンバ・バがゴール前にボールを送る。
走り込んで来たベン・アルファには届かなかったものの潰れ役となり、ボールはフリーのシセへ。シセは冷静にレイナをかわし、ゴールネットを揺らした。

リードを2点に広げられた後、ダルグリッシュ監督はシェルヴィを下げてダウニングを投入すると、その4分後にも2人を交代し、3枚の交代枠を使う。カイトに代わってピッチを退いたキャロルには、スタジアムから大きな歓声が送られた。

まずは1点を返したいリヴァプールだったが、81分にGKレイナが一発退場となってしまう。シュートをキャッチした後、前にボールを送ろうと走り出したレイナにパーチが足をかけた。

これに激怒したレイナが頭突きを見舞いレッドカードを提示された。リヴァプールは交代枠を使い切っていたため、J・エンリケがレイナのユニフォームを着てゴールマウスに入った。

その後、ゴールを奪われることなく試合を終えたリヴァプールだが、これでリーグ戦3連敗となり、ダルグリッシュ監督へのプレッシャーはさらに強まることになりそうだ。

逆に3連勝で勝ち点を53に伸ばしたニューカッスルは、チャンピオンズリーグ出場権へ望みをつないでいる。

続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(