【サッカー】<日本代表「ハリルホジッチ解任」の吉凶>人間関係はギスギスの極みで最悪。采配も稚拙な愚将、クビで正解か?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/04/23(月) 07:15:16.69 ID:CAP_USER9.net

お互いが自分のやり方を押しつけて、人間関係はギスギスの極みで最悪。采配も稚拙な愚将、クビで正解か? 選手たちの運命やいかに

■本田圭佑はツイッターで

〈It's never too late.〉和訳すると“遅すぎることはない”。4月10日、サッカー日本代表の本田圭佑はツイッターでこう呟いた。「何を指しているのかは一目瞭然。
その前日の4月9日、サッカー日本代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチ氏の解任が発表されたんです」(スポーツ紙記者)

 2015年から約3年間、代表監督を務め、ロシアW杯の出場も決めたハリルホジッチ氏のまさかの解任。その衝撃は計り知れない。
「電撃解任の理由は、成績不振。確かに日本代表はW杯出場が決定して以降は、3勝4敗2分けで低迷していました。とはいえ、ロシアW杯を2か月後に控えたこの時期に、なぜ? と疑問も残ります」(前同)

 本田は“遅すぎることはない”と呟いているが、はたして、どうなるか? 後任には、アトランタ五輪サッカー日本代表監督で、Jリーグではガンバ大阪などを率いた西野朗氏が選ばれたが、大丈夫なのか?

■長谷部誠は何度もハリルの解任を進言していた
 そこで、本誌が『ハリルホジッチ解任の吉凶』を徹底取材すると、今回の解任劇を“吉”とする見方がかなり強い。
三十数年、サッカー日本代表の試合を取材しているスポーツライターの戸塚啓氏は、こう言う。「ハリル解任は当然の流れ。タイミング的には遅すぎると思いますよ」

 その理由として挙げられるのは、ハリルのサッカー戦術と日本のサッカーが“合っていない”ことだ。「ハリルのサッカーは“縦に速い”。
距離の長いパスを主軸に、選手をとにかく前線に走らせるスタイルです。ただ、日本人サッカーはもともと、短めのパスをつないでいくことを得意としています。ミスマッチがあったんです」(前同)

 サッカー専門誌の編集者もこう語る。「ハリル監督の口癖は“デュエルで勝て”。デュエルとはフランス語で1対1のことです。
日本人は、海外の選手に比べてフィジカルが弱く、個の力で突破できない弱点があった。ハリルは、そんな日本人選手を改革しようとしたんですね」

 そして、長年、決定力不足が問題だった日本サッカーを変えようとしたのだが、結果が伴わなかった。
「W杯のアジア予選なら、それなりに通用したんですが、欧州や南米の強豪相手では、まったく歯が立たなかったんです」(前同)

 それが如実に現れたのは、先の3月下旬に行われたベルギー遠征。
「W杯の同じグループの対戦国を想定した遠征でしたが、マリとは1-1の引き分け、ウクライナには1-2で敗戦。この2国はW杯出場を逃した格下なのに、このありさま。ハリルジャパンの限界が見えたような結果でした」(夕刊紙記者)

 それだけではない。ハリルと選手の間の信頼関係も末期状態だったという。ベルギー遠征後、MFの森岡亮太は、「監督と選手の間にイメージのギャップ? それは見ていても分かると思う」と不満気味にコメント。
DFの槙野智章は、「自分たちの良さは何か。ショートパス、間を使いながらプレーするのも必要だったかなと思う」と、監督の戦術に対して真っ向、批判をブチまけた。
「キャプテンの長谷部誠は、何度も協会にハリルの解任を進言していたようです。しっかり者の長谷部が動いていたのだから、余程でしょう」(前出の夕刊紙記者)

 このように、ハリル解任は、日本サッカーにとって“吉”という見方が強い。

つづく

2018.04.23 05:00  大衆
https://taishu.jp/articles/-/59056

2 名前:Egg ★:2018/04/23(月) 07:15:29.48 ID:CAP_USER9.net

■今の日本はワールドカップで勝てない
 だが、これですべてがうまく進むとも言えないのだ。「正直、今の日本がW杯で勝てるとは思えない。1次リーグで、コロンビア、セネガル、ポーランドという強豪と当たります。
ハリルが辞めたところで、今の日本選手の実力では、とうてい太刀打ちできません」(前出のスポーツ紙記者)

後任の西野監督への疑問の声も。「西野監督といえば、ガンバ大阪の黄金時代を築き上げた名監督ですが、あれは当時、遠藤保仁という天才が全盛期で活躍したおかげ。
その後、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスの監督に就任したものの、結果が残せずに解任されているんです」(前同)

サッカー通の間では、「西野よりも、手倉森誠氏が良かった」との意見も多かったが、同氏は西野体制下で森保一氏とともにコーチを務めることが発表された。
「W杯まで残り2か月という期間を考えると、一番大事なのは、選手のモチベーションを上げること。その点、手倉森氏は“モチベーター”と呼ばれるほど、選手をヤル気にさせるのがうまい。あの本田でさえも、彼のことは“兄貴”と呼ぶほど慕っています」(同)

前出の戸塚氏も言う。「個人的には監督は手倉森が良かったと思いますが、西野氏も技術委員長としてハリルジャパンのチームに帯同していました。
ハリルが選手に言って、嫌がられていたこと、うまくいかなかったことを反面教師として見ているのは大きい。これは“内部昇格”で監督に就任した、最大のメリットの一つといえます」

本田の言う通り、今回の解任は決して“遅すぎることはない”はず。ロシアW杯で日本中を熱くさせる試合を期待したい。

週刊大衆 2018年4月30日号


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524435316
続きを読む

【サッカー】原口、宇佐美が全3ゴールに絡む活躍!デュッセルドルフが優勝へ前進/ブンデスリーガ2部第31節

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/04/22(日) 22:23:50.12 ID:CAP_USER9.net

■ブンデスリーガ2部第31節 デュッセルドルフ 3-0 インゴルシュタット

デュッセルドルフ:ヘニングス(6分)、ギーゼルマン(39分)、ボルムート(65分)

ブンデスリーガ2部第31節が22日に行なわれ、首位のフォルトゥナ・デュッセルドルフはインゴルシュタットと対戦した。

2部優勝目前まで来て3連敗と、足踏み状態の続くデュッセルドルフ。この日も原口元気、宇佐美貴史を両サイドに配置し、ゴールを狙う。

立ち上がり、先に結果を残したのは原口。7分、FKのトリックプレーから原口が左サイドを駆け上がってクロスを上げると、ローヴェン・ヘニングスが流し込み、ホームのデュッセルドルフが先制に成功する。

さらに39分には、今度は宇佐美のコーナーからニコ・ギーゼルマンが頭で合わせ追加点。デュッセルドルフが2点をリードして前半を終える。

後半立ち上がりには原口が抜け出し、キーパーと一対一のチャンスを迎えるが、GKの好守でゴールはならず。その後も宇佐美とのコンビネーションでカウンターの起点となり、決定機を作っていく。

すると65分には宇佐美のコーナーキックから最後はDFロビン・ボルムートが押し込み、決定的な3点目を挙げる。

その後、原口に再び決定機が訪れる。クロスにワントラップからボレーで狙うが、再びGKの好セーブでゴールは生まれず。

それでも両日本人アタッカーの活躍もあり、デュッセルドルフは3-0で快勝。リーグ戦残り3試合で首位をキープしている。なお、原口はフル出場、宇佐美は79分に途中交代した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000030-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524403430
続きを読む

【サッカー】酒井と伊藤先発のHSV、残留争い直接対決制して望みつなぐ/ブンデスリーガ第31節 ハンブルガーSV 1-0 フライブルク

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:サイカイへのショートカット ★:2018/04/22(日) 00:38:42.85 ID:CAP_USER9.net

酒井と伊藤先発のHSV、残留争い直接対決制して望みつなぐ/ブンデスリーガ第31節
4/22(日) 0:30配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000041-goal-socc

ホルトビーが決勝弾 (C)Getty Images
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggyWIkK8sz7qq4W.2jqbbkdg---x900-y506-q90-exp3h-pril/amd/20180422-00000041-goal-000-view.jpg


■ブンデスリーガ第31節 HSV 1-0 フライブルク

HSV:ホルトビー(54分)

ブンデスリーガ第31節が21日に行なわれ、ハンブルガーSV(HSV)とフライブルクが対戦した。

ともに16位、17位と残留を争うクラブ同士の対戦。HSVは酒井高徳、伊藤達哉がそろって先発。しかし、立ち上がりからアウェーのフライブルクが攻め立てる展開に。ビッグチャンスを立て続けに迎えるが、GKユリアン・ポラースベックの好守でHSVは何とか耐え凌ぐ。

一方、HSVの攻撃の先鋒となったのは左サイドに陣取った伊藤。スピード溢れるドリブルで好機を作り出そうと奮闘する。

前半は劣勢に終わったHSVだが、後半に入ってついに待望の先制弾を手にする。クロスのこぼれ球を拾ったルイス・ホルトビーが絶妙なタッチでDF2人をかわすと、足先でゴールへと突き刺し、貴重なゴールをもたらす。

その後もHSVはチャンスを作っていくと、70分にはフライブルクに退場者が出てしまう。数的優位に立ったHSVは、チャンスを決めきれないながらも、1点のリードを守りきって90分間を終了。勝ち点3を手にした。

HSVは勝ち点を25に伸ばし、残り3試合で勝ち点30のフライブルク、ヴォルフスブルク、マインツ(暫定)を追う。依然として厳しい状況だが、何とか入れ替え戦に回るため、全力を尽くすこととなる。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524325122
続きを読む

【サッカー】バルサ、国王杯4連覇! メッシの1ゴール2アシストなど5得点でセビージャを圧倒

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2018/04/22(日) 15:11:29.51 ID:CAP_USER9.net

【セビージャ 0-5 バルセロナ スペイン国王杯決勝】

 現地時間21日にコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝が行われ、バルセロナがセビージャに5-0で勝利した。バルセロナはクラブ史上初の4連覇を達成。通算30回目の優勝となった。

 リーグ戦で首位を快走するバルセロナは、カップ戦でも圧倒的な強さを見せた。

 14分、GKシレッセンのロングフィードで裏のスペースをとると、コウチーニョがGKとDFを引きつけて折り返し、ルイス・スアレスが先制点を奪う。

 セビージャのゲームプランを崩したバルセロナはゴールラッシュ。31分、ジョルディ・アルバのパスを受けたメッシが2点目を決めると、40分にはメッシのアシストからルイス・スアレスが決め、3-0で折り返す。

 後半に入ってもバルセロナがセビージャを圧倒。52分にメッシとのワンツーで抜け出したイニエスタがゴールネットを揺らすと、70分にはコウチーニョがPKで加点。試合は5-0でバルセロナが勝利を収めた。

【得点者】
14分 0-1 ルイス・スアレス(バルセロナ)
31分 0-2 メッシ(バルセロナ)
40分 0-3 ルイス・スアレス(バルセロナ)
52分 0-4 イニエスタ(バルセロナ)
70分 0-5 コウチーニョ(バルセロナ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180422-00266394-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524377489
続きを読む

【サッカー】トルシエ氏が「W杯に100%選ぶべき」と推す日本代表選手は? 香川は「俊輔と同じになり得る」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2018/04/22(日) 11:48:10.16 ID:CAP_USER9.net

2018年4月22日 9時30分
21日放送、日本テレビ「Going!Sports&News」では、元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏にインタビュー。ワールドカップ(W杯)の2カ月前にヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任した日本代表について取材した。

2002年の日韓W杯で日本を率いたトルシエ氏。自宅に甲冑や日本刀、仏像など、日本の物であふれ、当時の写真を大切に保管している同氏は、「あのときを思い出すとうれしくなる」と日本への想いを語った。

西野朗監督の就任について、トルシエ氏は「日本人を理解し、ハリルホジッチの考えも理解しているので、これまでの代表と完全に断絶されることはない」と、「最善の決断だった」と評価した。

1998年W杯で3カ月前に南アフリカ代表の監督に就任した経験を持つトルシエ氏は、「コンディションの良い選手で初戦のシナリオを描く」ことがまず大切とし、「どんなシナリオになっても動じないようにプラスアルファとなる選手について考える必要がある」と続けた。

では、どんなメンバーを招集すべきなのか。トルシエ氏が「彼のいない日本は考えられない」と、まず名前を挙げたのは、「ゴールも決めるし、素晴らしいクオリティーもある」という本田圭佑だ。

メキシコリーグで15試合7ゴール7アシストと結果を出している本田について、トルシエ氏は「キックが一流」と評価。フリーキックが重要な現在のサッカーにおいて、直接フリーキックを決められる本田は「大きな武器」になるとし、「私なら100%選ぶ」と太鼓判を押している。

一方で、香川真司については「ドイツの1部リーグでプレーしているので、経験は豊富。技術もあり、ゴールを決められる」と評価しつつ、「コンディション次第では、かつての中村俊輔と同じ状況になるかもしれない」との見解を示した。

日韓W杯で中村を外したトルシエ氏は、「コンディションが100%整っていれば選んでいた」と、状態が万全ではなかったと説明。先日負傷からの練習復帰が報じられたばかりの香川も、コンディションがメンバー入りを左右すると考えているようだ。

その香川と「どちらかを選ぶことになる」とトルシエ氏が評価したのは、柴崎岳だ。「なんといってもバルセロナからゴールを奪った男だからね」「中盤の攻撃的な選手でアシストもゴールもできる」と、香川と比較される存在に挙げた。

一方で、トルシエ氏は「試合が動かないときや戦術の相性で勝てないときがある。そんなときは稲妻が必要だ」ともコメント。「ドリブルで局面を打開してゴールを決めてくれるから重要」と、原口元気と乾貴士もキーマンだと指摘する。

トルシエ氏は「原口はW杯に必要なフォワードそのもの。すばやく技術もあるので、PKを奪えるかもしれない。守備にも参加するし、チャンスになったらすばやく切り替え攻撃に参加することもできる」と絶賛。「100%メンバーに選ばれるでしょう」と、原口も欠かせない選手と推薦した。

最後に、トルシエ氏は「選手全員に役目があることを気づかせることが大切。それが国の代表チームをつくるということ」だと、愛する日本代表に激励の言葉を送っている。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14613518/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524365290
続きを読む

【サッカー】マンUが逆転で決勝へ!トッテナムは準決勝8連敗…/FAカップ準決勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★:2018/04/22(日) 07:04:59.43 ID:CAP_USER9.net

Goal
準決勝で7連敗中のトッテナムが幸先よく先制したが…

■FAカップ マンチェスター・U 2-1 トッテナム

マンチェスター・U:サンチェス(24分)、エレーラ(62分)
トッテナム:デレ・アリ(11分)

現地時間21日、イングランド・FAカップ準決勝が行われ、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムの一戦は2-1でユナイテッドが逆転勝ちを収め、決勝戦へと駒を進めた。決勝戦の相手はチェルシーvsサウサンプトンの勝者となる。

今シーズンのプレミアリーグでは互いにホームで勝利し、1勝1敗の両者。トッテナムは普段ホームとして使用しているウェンブリー・スタジアムで試合を行えることは地の利ではあるが、一方で準決勝7連敗中という嫌なデータもある。最後に勝ったのは優勝した1990-91シーズンまで遡らなければならない。

そんなトッテナムだが、立ち上がりから得意のパスワークでユナイテッドを押し込むと、11分にクリスティアン・エリクセンがロングパスに抜け出し、右サイドから速いクロスを折り返す。これをゴール前にトップスピードで飛び込んできたデレ・アリが押し込んでトッテナムが幸先よく先制する。

しかし、このままで終わらないのがユナイテッド。徐々に守備からリズムを作ると、24分に左サイドでポール・ポグバがボールを奪い返し、すかさずゴール前にクロスを入れる。これをヤン・フェルトンゲンとベン・デイヴィスの間に上手く入ったサンチェスが頭で合わせ、ユナイテッドが同点に追いつく。

その後もパスをつなぐトッテナムと、カウンターを狙うユナイテッドという構図は変わらず。前半終了間際にはエリック・ダイアーのミドルシュートが左のポストを直撃。名手ダヴィド・デ・ヘアも諦めて見送らざるを得ない一撃を放った。

後半、ペースを握ったのはユナイテッド。前半以上の堅守でトッテナムにチャンスを与えず、逆に少ない手数でスパーズゴールに迫る。

すると迎えた62分、エリア内左でボールをキープしたアレクシス・サンチェスからの落としを受けたルカクが、ゴール前に横パス。これがDFに当たって若干コースが変わり、ペナルティーエリア手前右で受けようとしたジェシー・リンガードがスルーし、後方から走りこんできたアンデル・エレーラがダイレクトで押し込む。これがGKミシェル・フォルムを破り、ユナイテッドが逆転に成功する。

一度守ると決めたユナイテッドの守備は強力で、65分にはポグバのロングパスにロメル・ルカクが抜け出しチャンスを迎えるなど、カウンターの脅威も増す。なかなかユナイテッド守備陣を攻略できないトッテナムは73分、エリクセンが強烈なミドルシュートを放つものの、わずかに枠を外れた。

80分、アントニオ・バレンシアに代えてマッテオ・ダルミアンを投入して守備を固めつつ、ジェシー・リンガードに代えてマーカス・ラッシュフォードを投入しカウンターの武器も残すユナイテッド。一方、ゴールが欲しいトッテナムはルーカス・モウラ、ヴィクター・ワニャマ、そして86分にエリク・ラメラを投入し、交代枠を使い切る。

終盤は攻めるトッテナム、守るユナイテッドという構図がより鮮明に浮き上がったが、アディショナルタイムの5分を含めても決定機と呼べるチャンスは作れないまま。最後まで集中した守備で逃げ切ったユナイテッドが、2シーズンぶりに決勝進出を果たした。決勝では、チェルシーvsサウサンプトンの勝者と対戦する。

http://www.goal.com/jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BCu%E3%81%8C%E9%80%86%E8%BB%A2%E3%81%A7%E6%B1%BA%E5%8B%9D%E3%81%B8%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%81%AF%E6%BA%96%E6%B1%BA%E5%8B%9D8%E9%80%A3%E6%95%97fa%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97%E6%BA%96%E6%B1%BA%E5%8B%9D/1p9ncuk65ctn1npildxfofsw0


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524348299
続きを読む

【サッカー】日本代表GK東口が骨折の疑い 大阪ダービーで顔面負傷

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:おうか ★:2018/04/21(土) 22:51:36.09 ID:CAP_USER9.net

 「明治安田生命J1、G大阪1-0C大阪」(21日、パナソニックスタジアム吹田)

 先発出場したG大阪の日本代表GK東口順昭(31)が前半16分に負傷交代した。骨折の疑いがある。

 ロングボールに対応するため、ペナルティーエリア外に頭から飛び出した東口と、ボールを目で追いながらヘディングを試みたG大阪のDF三浦弦太(23)が顔面衝突。東口の右目の下は青くなり、大きく腫れながら控えGK林瑞輝(21)と交代した。その後病院へ直行し、入院しているという。

 試合後、レヴィー・クルピ監督(65)は「心配している。ドクターの話によると目の下を骨折しているのではということだった。骨折でないことを祈るばかりだ」とコメント。腫れが引き次第、精密検査を行う予定だ。

 昨年3月に東口が左頬骨の骨折をした際は、全治1カ月の診断を受けた。ロシアW杯へ臨む日本代表は、5月30日にガーナ戦を行い、31日に発表される。そこへ万全の状態で臨めるかどうか、厳しい状況に立たされた。

 試合はG大阪が前半41分に決めた黄義助のPKを守り切り、今季2勝目。最下位を脱した一方で、C大阪の連勝は4で止まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00000122-dal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524318696
続きを読む

【サッカー】マルセイユ・酒井宏樹がリーグ戦で負傷交代…左脚を痛める? 離脱ならクラブと日本代表の双方に痛手か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:サイカイへのショートカット ★:2018/04/22(日) 02:28:51.70 ID:CAP_USER9.net

酒井宏樹がリーグ戦で負傷交代…離脱ならクラブと代表の双方に痛手か
4/22(日) 1:24配信 SOCCER KING
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00746690-soccerk-socc

リール戦で負傷交代を強いられた酒井宏樹(写真は第33節・トロワ戦のもの) [写真]=Icon Sport via Getty Images
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20180422-00746690-soccerk-000-view.jpg


リーグ・アンの第34節が21日に行われ、日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユはリールと対戦した。
この試合でも先発出場を果たした酒井だったが、アクシデントによって前半のうちに負傷交代を強いられている。

マルセイユが1-0でリードして迎えた前半19分に、前線左サイドから攻め上がった酒井は地上戦で相手選手と競り合う。
その際にピッチへと倒れ込んだ同選手は左脚を痛めてしまったようで、22分にジョルダン・アマヴィと交代でピッチを後にした。

酒井は交代が告げられた後に自力で歩いてはいたものの、仮に故障離脱となるとヨーロッパリーグ(EL)の準決勝に進出しているマルセイユにとっては大きな痛手に。
また、日本代表でも右サイドバックの主力として活躍を見せてきた同選手が、この時期にケガによって戦線を離れるようなことがあれば、
2018 FIFAワールドカップ ロシアに向けても懸念材料が残ることになってしまう。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1524331731
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(