【サッカー】<新天地で出番を待つGK川島永嗣(ストラスブール>今節に初のベンチ入りを果たす!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/22(月) 11:32:35.49 ID:CAP_USER9.net

フランス・リーグアンのストラスブールに所属するGK川島永嗣は20日、第10節・モナコ戦(2-1)で今夏加入から初のベンチ入りを果たした。

 川島は21日、自身のインスタグラム(@eijikawashima01)を更新。背番号16のユニフォームの写真とともに「モナコ戦勝利!!」と喜びを語っている。

 2部降格となったメスを退団し、ロシアW杯を経てフリー期間が続いた川島は、8月29日に1年契約でストラスブールに加入。再びリーグアンに戻ってきたものの、リーグ戦6試合でベンチ入りすらできず、苦しい時間が続いていた。

 自身のブログ(http://globalathlete.jp/eiji-kawashima/)によるとリザーブチームで試合に出場しており、19日の更新分のブログでは「試合のリズムが自分の中に戻ってきた」と綴る。

いつでも戦える準備をしているという35歳の日本代表守護神は「とにかく今はいい準備、自分を向上していくための指針、何よりこの挑戦を楽しむという心を忘れずに進んでいきたいと思います」と新天地での意気込みを伝えている

10/22(月) 11:01配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-03324232-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540175555
続きを読む

【サッカー】神戸、元バルサDF獲り!元ブラジル代表アドリアーノ イニエスタも熱望

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/10/22(月) 05:33:57.01 ID:CAP_USER9.net

神戸が、かつてバルセロナでプレーした元ブラジル代表DFアドリアーノ(33)の獲得に動いていることが21日までに分かった。
複数の関係者によれば、神戸は来季に向け左サイドバックを補強ポイントの一つに挙げて選手をリストアップ。
その中で川崎Fの車屋にオファーを出していたが断られたこともあり、ターゲットをアドリアーノに絞ったという。

アドリアーノはスペイン1部のセビリアで、05?06、06?07年シーズンにUEFA杯2連覇に貢献するなど活躍。
10年7月にはバルセロナ移籍を勝ち取った。
そのバルセロナでは現在、神戸でプレーする元スペイン代表MFイニエスタとも一緒にプレー。
優勝した11年クラブW杯では、得点王に輝くなど得点力も持ち合わせる。
本職のサイドバックのほか、MF、センターバックもこなせるユーティリティーな能力も武器だ。

神戸はW杯後にイニエスタを獲得すると、10月にはスペイン人指揮官のリージョ監督を招へい。悲願のタイトルへ向け、“バルサ化”を推し進めている。
関係者によれば、アドリアーノ獲得はイニエスタも強く望んでいるという。
現在トルコ1部のベシクタシュでプレーするDFの獲得が実現すれば、日本で再び元バルサコンビが結成されることになる。

https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/10/22/kiji/20181022s00002179122000c.html
2018年10月22日 05:00

https://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/112000/111255/news_111255_1.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540154037
続きを読む

【サッカー】<本田圭佑>メルボルン・ビクトリー加入で観客数も大幅増!AリーグCEOも“本田効果”にご満悦

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/21(日) 21:27:08.79 ID:CAP_USER9.net

オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーでデビューを飾った本田圭佑は、いきなり初ゴールを記録して力を見せつけただけでなく、ピッチ外でも大きな波及効果をもたらした。オーストラリア『AAP通信』が伝えている。

 本田は20日に行われたAリーグ開幕戦のメルボルン・シティとのダービーマッチに先発で出場。新天地での公式戦デビューとなった試合で前半28分に初ゴールを記録してみせた。その後逆転を許してチームは黒星発進となったが、大きな期待に十分に応える力を発揮したと言える。

 本田は今季Aリーグの最大の目玉選手として注目され、同リーグにとって「アレッサンドロ・デル・ピエロ以来」最大のスター選手だとも言われている。その注目度は観客動員にも反映されているようだ。

 ビクトリーの年間チケットはすでに2万4000枚以上を売り上げており、クラブ記録を更新する見通しだという。また、開幕戦のダービーマッチには4万504人のファンが観戦に訪れ、これはシティにオーストラリアの英雄ティム・ケーヒルが在籍していた昨季の同カードよりも13%増加したとのことだ。

「素晴らしい観客数だった。本田のプレーを生で見たいというファンが大勢いるという騒ぎは今週ずっと耳にしていた。日本のメディアも大勢駆けつけていた。素晴らしい夜だったよ」とAリーグのグレッグ・オルークCEOは“本田効果”について試合後にコメントしている。

10/21(日) 16:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00293998-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540124828
続きを読む

【サッカー】<中島翔哉の“移籍先”と日本代表の未来>香川&本田の例に見る理想の新天地とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/21(日) 21:08:31.41 ID:CAP_USER9.net

評価上昇中の“10番”中島、去就は日本代表にとっても重要な問題に…
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181021-00142976-soccermzw-000-4-view.jpg


ウルグアイ戦でも大活躍だった中島翔哉は、冬のマーケットで移籍するか、遅くとも来年夏には所属するポルティモネンセ(ポルトガル)を離れるに違いない。そして移籍は個人の問題とはいえ、中島の新天地は日本代表にも影響を及ぼす可能性がある。

 ドルトムント(ドイツ)で飛ぶ鳥を落とす勢いだった香川真司は、2012年夏にマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)へ移籍してコンディションを落としてしまった。世界的名門のユナイテッドからオファーがあれば断れない。ただ、ユナイテッドは香川のプレースタイルとは合わないチームだった。

 当時のファーガソン監督は、香川の獲得でチーム全体のプレースタイルを変化させようとしたのだろうが、香川一人でどうにかなるものでもなかった。2012-13シーズン、ユナイテッドはプレミア制覇を果たし、サー・アレックスは引退。香川もそこそこ活躍はしたが、次のシーズンは出番を減らしてしまう。

 ユナイテッドはこれまで移籍によって栄光を築いてきた半面、失敗も何度かやっている。2001年にアルゼンチンのフアン・セバスティアン・ベロンを獲得した時も、使いきれないまま終わっていた。あえて異物を混入させて化学反応に期待するのだが、上手くいかないことがあるのだ。

 CSKAモスクワ(ロシア)に幽閉状態になっていた本田圭佑も、2014年1月にやっと移籍できたと思ったらACミラン(イタリア)だった。ミランで10番をもらって期待は大きかったが、やがて背番号が重荷になっていく。本田の場合はプレースタイルの問題よりも、クラブそのものが泥舟だった。経営権争いの真っ最中で、できれば移籍したくないクラブの典型と言っていい。

 香川、本田という二枚看板の不調は、2014年ブラジル・ワールドカップに臨む日本代表に影を落とすことになった。二人とも結果的に最後の選択を誤ってしまったと言える。ドルトムント、CSKAというCLにコンスタントに出場できる各国トップクラスで活躍したところまでは申し分のないキャリアである。二人にとってユナイテッド、ミランへの移籍はキャリアのピークであり、「上がり」に相当する仕上げだったが、そこが上手くいかなかったわけだ。

つづく

10/21(日) 20:45配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00142976-soccermzw-socc

2 名前:Egg ★:2018/10/21(日) 21:08:40.33 ID:CAP_USER9.net

ビッグクラブへの「ショーケース」に並べるか

 中島の次の移籍先は、ビッグクラブへの「ショーケース」になる。香川のドルトムント、本田のCSKAにあたる。国内リーグの強豪でCL出場権のあるチームがいい。

 ただ、中島は香川以上に“チームを選ぶ”プレーヤーである。長所と短所がはっきりしていて、例えば中島に空中戦や守備力を求めるようなチームに行けば出場機会を失いかねない。とはいえ、プレーできればいいというわけでもない。チームが強く、安定していて、そのうえでプレースタイルも合っているところがベストだ。

 オファーがあるかどうかは知らないが、例えばFCポルトやシャフタール・ドネツクは、中島にちょうど良いチームだと思う。国内リーグの強豪だが、活躍した選手を高値で売る方針だからだ。ポジション争いは厳しいけれども、どのみちここでレギュラーを取れなければ次のステップアップはない。どちらも左ワイドのポジションがあり、技巧派を起用している。

 中島より若い堂安律も、フローニンゲン(オランダ)から移籍するタイミングは近いだろう。ショーケースに入ることが重要。年齢が若いのでクラブとしては投資価値が高く、いきなりビッグクラブという可能性もある。しかし、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)でほとんど起用されなかった宇佐美貴史の例もあるので、慎重さが必要だと思う。

 南野拓実はすでにショーケースに入っている。ザルツブルク(オーストリア)でレギュラーポジションを確保すれば、自然と次の展望は開けるのではないか。

 いずれにしても、いきなりビッグクラブよりもショーケースに入る方が無難。だが、ショーケースもそれゆえの難しさはもちろんある。若い才能を集めることに特化しているだけに、いきなりとんでもない化け物がライバルとして入ってくることもあるからだ。将来性豊かな3人のアタッカーにとっても、日本代表にとっても、今冬と来夏の移籍マーケットの動向は注目を集めるだろう。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540123711
続きを読む

【サッカー】セリエA第9節 ユベントス、C・ロナウド連発(9試合5得点)も開幕からの連勝は8でストップ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2018/10/21(日) 06:24:15.06 ID:CAP_USER9.net

【ユベントス 1-1 ジェノア セリエA第9節】

現地時間29日にセリエA第9節の2試合が行われた。ユベントスはジェノアと1-1で引き分け、開幕から続いていた連勝が8で止まっている。

首位を快走するユベントスは立ち上がりから主導権を握ると18分に先制点。
左サイドから仕掛けたカンセロのシュートがDFに当たってゴール前に転がると、ジェノア守備陣が処理にもたつく間にクリスティアーノ・ロナウドが押し込んだ。

ジェノアで最も注目を集めているのは、開幕からゴールを量産している得点ランクトップのピオンテク。
だが、こちらはポーランド代表でチームメートのGKシュチェスニーの好守もあって決めきれず、9試合連続弾は実現しなかった。

それでもジェノアは67分、右サイドからのクロスにベッサがヘディングで合わせて1-1とすると、ユベントスに勝ち越しを許さず、試合は引き分けに終わった。

同日の試合では2位ナポリがウディネーゼに3-0と快勝しており、ユベントスとの勝ち点差は4に縮まっている。

【得点者】
18分 1-0 C・ロナウド(ユベントス)
67分 1-1 ベッサ(ジェノア)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00293965-footballc-socc
10/21(日) 6:15配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163335.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
得点ランキング

https://www.youtube.com/watch?v=xj9E09pi2aI
Juventus 1-1 Genoa | Ronaldo's Goal Is Not Enough | Serie A

https://www.youtube.com/watch?v=BW86S5BWlE8
Jυventυ? vs G?nоа 1?1 -- НighIights - 2О/1O/2O18


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540070655
続きを読む

【サッカー】 武藤は決定機いかせず2戦連発逃す…ニューカッスル泥沼9戦未勝利、ベニテス解任論加速か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:春の呪い ★:2018/10/21(日) 01:37:33.01 ID:CAP_USER9.net

10.20 プレミアリーグ第9節 ニューカッスル0-1ブライトン]

 プレミアリーグは20日、第9節を行った。FW武藤嘉紀の所属するニューカッスルはホームでブライトンと対戦し、0-1で敗れた。2試合連続スタメンの武藤は、後半29分までプレーした。

 前節、武藤のゴールなどでマンチェスター・ユナイテッド相手に善戦しながらも2-3で敗れたニューカッスル。2分6敗で19位に沈み、ラファエル・ベニテス監督の解任も囁かれる中、ユナイテッド戦から1人を変更し、DFハビエル・マンキージョに代えてDFポール・ダメットを起用した。

 前半9分に両者にアクシデント発生。空中戦でニューカッスルDFフェデリコ・フェルナンデスとブライトンFWグレン・マレーが頭部を接触し、約7分間の治療を経てマレーがFWユルゲン・ロカディアとの交代を余儀なくされた。F・フェルナンデスはプレーを続けている。

 試合が動いたのは前半29分だった。右CKを獲得したブライトンはFWアリレザ・ジャハンバフシュがゴール前に蹴り込み、ファーサイドのDFシェーン・ダフィーが中央に折り返す。ペナルティーアーク内からMFホセ・イスキエルドが右足でダイレクトシュートを放つと、MFベラム・カヤルがわずかに触ってコースを変え、先手を取った。

前半のうちに追いつきたいニューカッスルは前半43分、PA左に進入したシェルビーが強烈な左足シュート。GKライアンが弾いたボールを武藤がヘディングシュートで狙うが、クロスバー上を越えていく。
後半もシュートを積極的に放ったニューカッスルだったが、ゴールネットを揺らすことができず、武藤は後半29分にピッチを後にした。

 試合はそのまま0-1でタイムアップ。ニューカッスルは2分7敗で開幕から未勝利が続いている。この状況にホームサポーターは試合終了のホイッスルと共にブーイングを浴びせた。なお、プレミア公式サイトによると、ニューカッスルはポゼッション率67.7%、シュートは相手の3倍以上にあたる27本(枠内6本)を放ったが、最後まで1点が遠かった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-03228563-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540053453
続きを読む

【テレビ】<松本人志>日本代表の活躍で前園へ「サッカー調子いいと、どんどん前園さんも呼ばれるから、もう笑いが止まれへんよね?」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2018/10/21(日) 11:18:05.09 ID:CAP_USER9.net

元サッカー日本代表でタレントの前園真聖(44)が21日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し
16日のサッカーキリンチャレンジカップ2018でFIFAランキング54位の日本が同5位のウルグアイに4―3で勝利した一戦について選手間で
「競争意識が生まれて代表として活性化していいんじゃないか」と解説した。

これを受けてダウンタウンの松本人志(55)が「サッカー調子いいと、どんどん前園さんも呼ばれるから、もう笑いが止まれへんよね?」
と突っ込まれると前園は「そうですね。だから活躍してもらえれば」と返した。

さらに松本が「TBSとかTBSとか」と突っ込み続けると「そうですね、いろんなポジションでやっていきたいなと思っています」
とうなずくと松本は「局のことポジションって言うんや」と話していた。

10/21(日) 11:13配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000028-sph-ent

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181021-00000028-sph-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540088285
続きを読む

【海外サッカー】バルサに大打撃・・・メッシが右腕骨折で3週間の離脱、クラシコ欠場へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:あずささん ★:2018/10/21(日) 08:37:02.17 ID:CAP_USER9.net

バルセロナは20日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが3週間の負傷離脱を強いられることを発表した。

メッシは同日に行わたリーガ・エスパニョーラ第9節のセビージャ戦に先発出場し、12分にはゴールを決めていたが、26分に右腕のケガで途中交代を余儀なくされていた。

クラブ公式Twitterによると、検査の結果、メッシはとう骨(前腕)を骨折しており、約3週間の離脱を強いられるという。これにより、24日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のインテル戦や、28日に行われるリーグ戦第10節のレアル・マドリードとの“クラシコ”などを欠場することが決まった。

負傷した右腕を抑えて倒れ込むメッシ
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2018/10/GettyImages-1052622286-800x533.jpg


ソース/SOCCER KING
https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20181021/850796.html?cx_top=topix


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1540078622
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(