【サッカー】日本代表入りなるか!? 過酷なスペイン2部で揉まれる鈴木大輔「この状況を楽しめている」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 18:43:05.96 ID:CAP_USER9.net

昨シーズンはリーガエスパニョーラで昇格プレーオフを戦ったヒムナスティックだが、今シーズンは25節を終えた時点で最下位と振るわない。

 26節のヌマンシア戦を目前に控え、タラゴナの地元紙は5-3-2フォーメーションを予想していた。守備を固めてカウンターで一発を狙う──そんな消極的な戦術が容易に想像できた。しかし、キックオフの笛が鳴ると、ヒムナスティックは積極的にヌマンシア陣内で試合を進めようとした。

 実際のフォーメーションは3-1-4-2と呼べそうなものだった。 その「4」を務めるウイングバックとインサイドハーフが、攻守の切り替えのポイント役を果たしていた。この4人と2トップがハイプレスを掛けてショートカウンターを狙うぶん、後方のアンカーと3バックには守備の負担が重くのしかかる。1月から指揮を執るフアン・メリノ監督のサッカーには志の高さを感じた。

 スペイン2部リーグは22チームで構成され、各チームが42試合も戦う長丁場だ。まだ降格のストレスを抱えながら戦うには早すぎるのかもしれない。彼らのホームスタジアム、ノウ・エストゥディに集ったファンの応援にも残留争いの悲壮感はなく、温かさすら伝わってきた。

 一方で、選手を甘やかすこともない。鈴木大輔が味方にボールをつながず、安易にクリアボールを蹴ったときには非難の怒号すら聞こえた。

 そのヌマンシア戦は、後半立ち上がりと終了間際のゴールで、ヒムナスティックが2-0で勝利した。これで最下位を脱出して20位に浮上。残留圏内の18位まで勝点2差に迫った。

 試合後の鈴木に話を聞いた。
 
「ホームでやるんだったら内容にもこだわって、攻めに行っている。躍動的に動いて動いてというサッカーです。3バックですが守備的ではないし、消極的でもない。一人ひとりが機能したと思います」

 鈴木のポジションは3バックの右だ。主に相手のサイドハーフをケアしていたが、アンカー、ウイングバックとのマークの受け渡しが多く、連携も含めた味方とのコミュニケーションが欠かせない。
 
 1-0でリードしていた77分には4-4-1-1フォーメーションにシフトし、ヒムナスティックは逃げ切りを図った。鈴木はセンターバックとして相手のロングボールをクリアし続け、チームの完封勝利に貢献した。

「自分は真ん中に入りましたが、うまく耐えることができた。ああいう時間に失点することが、今シーズンは多かったのですが“ゼロ”に抑えられて良かったです」

 48分に生まれたヒムナスティックの先制ゴールは、鈴木の縦パスから攻撃のスイッチが入り、生まれたものだった。

「右から組み立てて攻撃の起点になるのは、自分が求められているところだと思います。ああやって得点に絡めて良かったです」

ヒムナスティックに入団したのは昨年の2月16日。あれからちょうど1年が経った。

「自分にとってはチャレンジで、右も左も分からずやってましたけれど、ある程度いま、厳しさを思い知っている感じです。最初の半年は昇格争いをやっていたから、勢いでできたけれど、チームがこのようになかなか浮上できないことも経験し、いまはチームの実力差があまりない(スペイン2部)リーグの厳しさを実感しています。そのなかでも試合に出続けていますし、この状況を楽しめていると思います」

 以前、スペインを旅したときにも感じたことだが、今回、改めてスペイン2部リーグのレベルの高さを感じた。

 今季の鈴木は4バックと3バックのセンターバックとしてプレーし、右サイドバックもこなすなど、試合中のシステム変更にもスムーズに対応している。そろそろ彼も日本代表のポジション争いに加わってもいいのではないだろうか。


「見てもらっての通り、ガチガチな試合をやってますし、かなり攻撃的なサッカーもしている。球際も激しいリーグです。そこは自分の得意なところでもありますし、アピールポイントかなと。スペインで磨かれていると思うので、継続していければ(日本代表が)、見えてくるんじゃないかなと信じてやってます」

 27歳の円熟味を増したセンターバックは、遠くイベリアの地から、虎視眈々とロシア・ワールドカップを狙っている。

http://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=22643


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487497385
続きを読む

【サッカー】柴崎岳、22日にバルセロナから帰還予定。会長も期待感「順調に回復している」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/02/22(水) 07:56:15.20 ID:CAP_USER9.net

報道陣との朝食会に出席したスペイン2部テネリフェのミゲル・コンセプシオン会長が、同クラブに所属する日本代表MF柴崎岳について言及した。
21日にスペイン紙『エルドルサル』が報じている。

冬の移籍市場でテネリフェに加入した柴崎だが、慣れない土地やチームへの適応に苦しみ、練習を欠席する状況が続いていた。
現地時間18日に行われたセグンダ・ディビシオン第26節のアルメリア戦ではスタジアムで試合を観戦する様子が目撃されたが、
21日にクラブは公式ツイッターで柴崎が”個人的な理由”でバルセロナに移動したことを明かしている。

コンセプシオン会長は柴崎について言及し「我々は柴崎に対して大きな期待を持っている。
今はチームに適応する段階で順調に回復している。
彼は個人的な理由で許可を求めバルセロナに行ったが、水曜日(現地時間22日)には帰ってくるだろう」と答え、近いうちにチームに合流することを明かした。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00010004-footballc-socc
フットボールチャンネル 2/22(水) 7:45配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487717775
続きを読む

【サッカー】レアル、ディバラ獲得に金銭+選手1人を譲渡へ その放出候補が豪華すぎる……?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/02/19(日) 18:05:28.27 ID:CAP_USER9.net

彼らはどうしてもパウロ・ディバラを手中に収めたいようだ。スペインのレアル・マドリードがユヴェントスでプレイするアルゼンチン代表FW獲得に向けて、“大胆な計画”を企てている。

古巣パレルモから2ゴールを奪い改めてその価値を知らしめたレフティーは、2021年までとなる新契約締結が目前に迫っており、ユヴェントスで年俸700万ユーロを手にするだろうと言われている。
だが、そこに割って入ろうと企てているのが、レアル・マドリードに他ならない。
スペイン『Don Balon』によると、白い巨人はこの小柄な技巧派ストライカーを猛烈に求めており、ユヴェントスに対し破格の金銭だけでなく、所属選手を1名譲渡する覚悟があるとのこと。
曰く、その放出選手はダニーロかハメス・ロドリゲス、アルバロ・モラタ、イスコ、そしてカリム・ベンゼマの中から選ばれるのだという。

今季のセリエAで18試合出場7ゴールという戦績を残すディバラを巡っては、レアルの他にもバルセロナが関心を示しており、ユヴェントスとしては一刻も早く同選手と新契約のサインを済ませるのが賢明と言えるかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00010019-theworld-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170219-00010019-theworld-000-1-view.jpg



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487495128
続きを読む

【サッカー】<UEFA/CL>アトレティコがレヴァークーゼンに4発先勝!マンC、壮絶な打ち合い制してモナコに先勝

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/22(水) 07:34:15.98 ID:CAP_USER9.net

【スコア】
レヴァークーゼン 2-4 アトレティコ・マドリード

【得点者】
0-1 17分 サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)
0-2 25分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
1-2 48分 カリム・ベララビ(レヴァークーゼン)
1-3 59分 ケヴィン・ガメイロ(PK)(アトレティコ・マドリード)
2-3 68分 オウンゴール(ステファン・サヴィッチ)(レヴァークーゼン)
2-4 86分 フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000784/match=2019620/index.html

【スコア】
マンチェスター・C 5-3 モナコ

【得点者】
1-0 26分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
1-1 32分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
1-2 40分 キリアン・ムバペ(モナコ)
2-2 58分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
2-3 61分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
3-3 71分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
4-3 77分 ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)
5-3 82分 リロイ・ザネ(マンチェスター・C)

http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000784/match=2019613/statistics/index.html



チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが21日に行われ、レヴァークーゼンとアトレティコ・マドリードが対戦した。

 レヴァークーゼンとアトレティコが2シーズンぶりにCLベスト16で激突。2014-15シーズンの前回対戦では2戦合計1-1でPK戦の末にアトレティコが準々決勝に駒を進めていた。リベンジを狙うレヴァークーゼンはカリム・ベララビやユリアン・ブラントらが先発。2014-15シーズンのCL準々決勝でレアル・マドリードの一員としてアトレティコ戦の決勝ゴールを挙げ、現在3試合で5ゴールと好調のハビエル・エルナンデスもスタメンに入った。一方、4シーズン連続のベスト8を狙うアトレティコはアントワーヌ・グリーズマン、ヤニック・フェレイラ・カラスコ、ガビらが先発メンバーに名を連ねた。

 試合は開始17分に動いた。アトレティコはサウール・ニゲスが相手選手を1人かわして右サイドを突破。そのままエリア内右まで持ち上がり、左足を振り抜くと、綺麗なカーブを描いたシュートは枠の左上隅に吸い込まれた。

 幸先よくゴールを奪ったアトレティコは25分、相手のミスを見逃さず追加点を奪う。ケヴィン・ガメイロが相手DFアレクサンダル・ドラゴヴィッチのクリアミスを拾い、そのままエリア内に進入。キープして横パスを送ると、走り上がっていたグリーズマンがフリーで左足ダイレクトシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

 反撃したいレヴァークーゼンは34分、ケヴィン・カンプルがエリア手前右で左足を一閃。強烈なシュートは枠の左上隅を突くが、相手GKミゲル・アンヘル・モヤの好セーブに遭う。アトレティコは34分にもグリーズマンに絶好の決定機が訪れるが、相手GKベルト・レノの体を張ったセーブに阻まれた。前半はこのままアトレティコの2点リードで折り返す。

 後半開始直後の48分、レヴァークーゼンの反撃が実る。中央のカンプルからのパスを、右サイドのベンヤミン・ヒンリヒスがダイレクトで折り返す。これにゴール前のベララビが右足で合わせて、ゴール左隅に決めた。だが、レヴァークーゼンは反撃ムードも束の間の58分、ドラゴヴィッチが股抜きでかわされたガメイロをエリア内隅で倒してPKを献上。アトレティコは59分にガメイロが自らキッカーを務め、ゴール中央に蹴り込んだ。

 それでも68分、レヴァークーゼンはラッキーな形で再び1点差に迫る。左サイドのブラントが低目の鋭いクロスを供給。これはGKモヤに阻まれるが、弾いたボールがステファン・サヴィッチの足に当たり、ボールはゴールに吸い込まれた。

 オウンゴールを献上したアトレティコは78分に、グリーズマンとカラスコを下げて、アンヘル・コレアとフェルナンド・トーレスを投入。すると86分、右サイドのシメ・ヴァルサリコからのクロスに、ニアサイドに飛び出したトーレスが頭で流し込み、試合を決定付けるゴールを奪った。

 終盤はレヴァークーゼンが猛攻を見せるが、試合はこのまま終了。アトレティコが敵地で4-2の勝利を収め、ベスト8進出に前進した。

 セカンドレグは3月15日にアトレティコ・マドリードのホームで行われる。

SOCCER KING 2/22(水) 7:16配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00554349-soccerk-socc

つづく

2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/22(水) 07:34:28.86 ID:CAP_USER9.net

■マンC、壮絶な打ち合い制して先勝…モナコはファルカオ2発も痛恨のPK失敗

チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが21日に行われ、マンチェスター・Cとモナコが対戦した。

 グループCを 2位で通過したマンチェスター・Cは、公式戦ここ6試合負けなしで、CLではホームゲームで9試合無敗をキープ。クラブ史上2度目のベスト8に向けてホームで先勝しておきたいところ。先発メンバーにはセルヒオ・アグエロ、リロイ・ザネ、ダビド・シルバらが名を連ねた。

 モナコはグループEを首位で突破。現在は公式戦11試合負けなしと好調しており、CLではイングランド勢に対し、アウェーゲームで4勝2分2敗と好成績を収めている。2シーズンぶりのCL準々決勝進出へ得意とするイングランド勢相手に白星を狙う。スタメンにはラダメル・ファルカオ、ベルナルド・シルヴァ、ファビーニョらが入った。

 試合は攻勢に出ていたマンチェスター・Cが先制に成功する。26分、ザネが左サイドをドリブルで突破。一度は相手DFにカットされるが、こぼれ球を拾ったシルバのスルーパスでエリア内左に抜け出し、中央へ鋭い折り返し。これをゴール前に走り込んだラヒーム・スターリングが合わせてゴールネットを揺らした。

 先制を許したモナコだが、32分に反撃が実る。ファビーニョが右サイドからクロスを送ると、中央のファルカオがダイビングヘッドで合わせて同点ゴールを奪った。これで勢いに乗ったモナコはさらに40分、ファビーニョのロングボールにキリアン・ムバペが反応。DFラインを抜け出し、エリア内右から強烈な右足シュートを突き刺した。前半はモナコが逆転に成功し、2-1で折り返す。

 後半開始早々の48分、モナコに決定機なチャンスが訪れる。ファルカオが自ら獲得したPKで十分な間を取ってゴール右に蹴り込む。だが、これは相手GKウィリー・カバジェロに読まれて追加点の好機を逃した。

 すると58分、逆にマンチェスター・Cが試合を降り出しに戻す。自陣でボールを奪ったスターリングがそのまま持ち上がり、エリア内右へラストパス。そこに走り込んだアグエロがダイレクトで右足シュートを放つと、GKダニエル・スバシッチは後逸してしまい、ボールは枠内に吸い込まれた。

 しかし直後の61分、カウンターからエリア内に抜け出したファルカオが相手DFをかわして冷静にループシュート。これが綺麗に決まり、再びモナコがリードを奪った。だが、これにマンチェスター・Cも黙っていない。71分に右CKでシルバからのボールを、中央のアグエロが豪快に右足ボレーシュートを叩き込んで再び同点とした。

 77分、今度はマンチェスター・Cがこの日2度目のリードを得る。左CKでケヴィン・デ・ブライネからのボールに、ニアサイドのヤヤ・トゥーレが頭ですらす。これに反応したファーサイドのジョン・ストーンズが右足で押し込んでネットを揺らした。さらに82分には、パス交換からエリア内右に抜け出したアグエロが、飛び出したGK目前で横パス。そこに走り込んだザネが流し込み、ダメ押しゴールを奪った。

 試合はこのままタイムアップ。マンチェスター・Cが5-3で打ち合いを制し、モナコに先勝した。

 セカンドレグは3月15日にモナコのホームで行われる。

SOCCER KING 2/22(水) 6:37配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00554325-soccerk-socc

ゲキサカ UEFAチャンピオンズリーグ
2016-17シーズン特集
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?195994-195994-fl


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487716455
続きを読む

【サッカー】<日本代表>プレイ機会を最優先に求めなかった本田圭佑のプロサッカー選手としての姿勢...柴崎の方が問題の程度は低い

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 22:06:22.52 ID:CAP_USER9.net

 2018年ロシアW杯アジア最終予選対UAE戦が行われるのは3月23日。慣例に従えば、そのメンバー発表は3月上旬だ。Jリーグの日程で言えば2節(3月5、6日)が終了したあたりか。

 代表チームが最後に試合を行ったのは、昨年の11月15日。試合が行われるのは4ヶ月ぶりだ。ハリルジャパンにとって、試合間隔がこれだけ空くのは、昨年のこの時期に続き2度目。だが、前回が2次予選の最中だったのに対し、今回は最終予選の最中。しかも次戦は、初戦のホーム戦で苦杯をなめているUAEだ。再度敗れれば4位転落。出場圏外に放り出される、今予選のハイライト。最重要カードと言ってもいい。

 ところが、1ヶ月後に大一番が迫っているというのに、サッカー界が緊張感に包まれている様子はない。プロ野球のWBCの報道に完全に劣っている。少なからず、注目すべき事件が起きているというのに、だ。問題提起の仕方が下手というか、敢えて見過ごそうとしているのか。メディアの事なかれ主義も輪を掛ける。その最たるものは結局、起用される見通しのないミランに居座る決断をした本田だ。

 不思議なのは、本田に低評価を下すモンテッラ監督ではない。評価されていないことを承知しながら、プレイ機会を最優先に求めなかった本田のプロサッカー選手としての姿勢だ。

 注目はハリルホジッチの対応だ。考えられる選択肢は以下の4つ。

 (1)それでもスタメンで先発起用する
 (2)前戦、サウジ戦のように交代出場に止める
 (3)代表には招集するが試合には使わない
 (4)宣言通り、代表には呼ばない

 いずれにしても、これは、11月から引き続いている関心でもあり、移籍市場が閉じられた瞬間(1月末日)、決定的になったいわば事件だ。

 日本代表での背番号は4ながら、実質は10だ。2010年以降、日本代表の顔役として、もっと言えば、日本サッカー界の顔として存在してきた本田。

ハリルホジッチの選択が(1)でも(4)でも大問題。大問題になることを承知で、ミラン残留を選択した本田の決断も大問題。

「所属クラブで試合に出場していない選手は使わない」というハリルホジッチの意向に真っ向から背く選択であるにもかかわらず、大きな騒ぎに発展しなかった日本のサッカー界もまた大問題。

メディアとして、真っ先に飛びつくべき話になるが、ハルホジッチのコメントも、本田のコメントも、いずれも表に出てきていない。

 それに比べれば、テネリフェに移籍したものの、いまだ練習に参加できていない柴崎の方が問題の程度は低い。クラブW杯直後のハリルホジッチのコメントを聞く限り、次は呼ばれそうなムード感じた期待の選手だが、本田に比べれば、今のところ小者。本田のサッカー選手としての不思議な行動はいま、柴崎問題の陰に隠れた状態にある。

 一に本田、二に柴崎と言うわけでもない。所属チームで出場機会に恵まれていない選手は誰か。ハリルホジッチの言葉に従えば、海外勢の中で落選の可能性を秘めている選手は誰かと言えば、香川、長友の名前が浮上する。

 香川の出場機会はブンデスリーガ21節を終了して、交代出場を含めて10試合。合計わずか525分だ。90分の試合を6試合分こなしていない計算になる。ハリルホジッチはそれでも呼ぶだろうが、香川は本田に次ぐ中心選手。背番号は10だ。ハリルジャパンの虚しい現実を象徴する事象と言える。

つづく

2017年2月21日 15時13分 杉山茂樹のBLOG
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12702689/?p=1

2 名前:Egg ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 22:06:32.48 ID:CAP_USER9.net

 そして長友。確かにアモーレは美しい女優さんだ。よくやったと拍手を送りたくなる、まさにおめでたい話だが、サッカー選手としての長友は、逆に大きな苦戦を強いられている。こちらの出場時間は25週を消化して計501分。およそ4分の3の時間、ベンチを温めている計算になる。私生活でいま一番おめでたい選手に、落選の危機が忍び寄っているわけだ。

 聞こえてくるのは、おめでたい話ばかり。スポーツニュースは、芸能ニュースに取り込まれた状態にある。

 清武は、思い起こせば、昨年の11月の時点で最も輝いて見えていた。好選手ひしめくセビージャへ移籍。試合にも出場し、スタメンも狙おうかという勢いをのぞかせていた。本田、香川から清武の時代へ向かうのか。11月の段階で、代表チームにプラスのエネルギーをもたらしそうな一番の存在だった。

 その3ヶ月後、セレッソに移籍。国内組の1人に甘んじようとは、想像だにできなかった。
 
 セレッソ復帰にあたっての移籍金は6億円超だという。セレッソとしては、それ以上の金額を提示しないと、清武を売るつもりはないはずなので、それは海外組に戻ることがほぼ不可能になったことを意味する。選手としてのグレードが、そのレベルで確定してしまったことを意味する。多くの選択肢がある中で、お世話になったセレッソを選択した。そんな物言いをする報道を多く目にしたが、少なくとも、これは日本サッカーにとっては、プラスのエネルギーにはならない。いい話ではない。

 本田、香川、そして清武。さらに言えば柴崎と、中心選手として期待される選手から、よいニュースが聞こえてこない日本。好ましくない事態に直面しているにも拘わらず、可能な限りよい話に仕立てようとするメディア。元選手の評論家が、いまだに、誰々より本田を起用した方が……と、擁護に回ろうとするテレビ解説は、日本のアゲアゲ報道体質を象徴する事例になる。

 3月上旬、ハリルホジッチはどんなメンバーを選ぶのか。新機軸を打ち出さないと、期待値は下がるばかり。限界値は鮮明になる。少なくとも、だ。これからの5試合。いい流れを作りたいなら、いまの本田に代表される負のエネルギーを抱えた選手は、代表に混入すべきではないと思う


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487682382
続きを読む

【サッカー】香川真司さん、朝比奈彩さんも協力 兵庫県が公式インスタ開始

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 14:37:18.07 ID:CAP_USER9.net

兵庫県は、写真共有サービス「インスタグラム」の公式アカウントを開設した。一般の人に県内で撮影した風景などの写真を投稿してもらい、県の魅力を発信する。地域創生の一環で、若者の利用が多いことに着目し、県内定着や交流人口の拡大につなげる。

神戸出身の香川さん、宝塚出身の岡崎さん、洲本出身の朝比奈さん

 インスタグラムはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一つで、写真や簡単なコメントが投稿できる。県によると、世界で5億人、国内でも若者を中心に1200万人が利用しているという。

 スマートフォンでインスタグラムのアプリをダウンロードし、個人のプロフィルを登録。写真にハッシュタグと呼ばれる検索キーワードを設定して投稿する。県のハッシュタグ「#lovehyogo」に写真をつけて投稿すると、県が公式アカウントで紹介する。

 プロサッカー選手で神戸市出身の香川真司さんや宝塚市出身の岡崎慎司さん、洲本市出身のファッションモデル、朝比奈彩さんらにも投稿を依頼。若者の利用も呼びかけている。

現地視察ツアーも企画

 また、県はインスタグラムを利用する人を対象に写真撮影を目的にした現地視察ツアーを企画するほか、3月11、12日に大阪・梅田ちゃやまちプラザで開かれる「ひょうご博覧会in大阪」でもPRする。

 問い合わせは県地域創生課((電)078・362・4221)。

http://www.sankei.com/west/news/170221/wst1702210052-n1.html


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487655438
続きを読む

【サッカー】インテル長友佑都、チームでいじられキャラに定着…伊メディアが報道

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 12:07:09.44 ID:CAP_USER9.net

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都がチームの中でいじられキャラになっていると、イタリアメディアが報じている。

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都がチームの中でいじられキャラになっていると、イタリアメディア『PassioneInter.com』が報じている。

長友はこれまでも、元同僚で悪童として知られたFWアントニオ・カッサーノらからいじられ話題となってきた。カッサーノがインテルを去った後も、愛されるいじられキャラとしての地位を確立したようだ。

長友が20日、バールでポーズをとる写真をインスタグラムに掲載し、「Caffe time キメてみました笑」とコメントを書くと、すぐさまDFダニーロ・ダンブロージオとFWステファン・ヨベティッチが反応した。

ダンブロージオは「カッコイイ」とコメントを残したが、ヨベティッチは「僕らには返事もしてくれないね。インテルでプレーして22年も経つのに、まだ(イタリア語で)書けないのか(笑)」といじっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170221-00010002-goal-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487646429
続きを読む

【サッカー】サッカー日本代表の応援をauがサポート!お笑い芸人「ペナルティ」があなたの“自宅”で一緒に試合観戦!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2017/02/21(火) 17:45:41.14 ID:CAP_USER9.net

サッカー日本代表の応援をauが強力にサポート!
au BLUE CHALLENGE
「全力を全力で応援するキャンペーン 第2弾」
~お笑い芸人「ペナルティ」が
あなたの“自宅”で試合観戦を一緒に盛り上げる!~

 KDDIはこの度、日本代表チームを応援することを目的として、au BLUE CHALLENGE「全力を全力で応援するキャンペーン第2弾」を実施します。2017年3月に行われる「アジア最終予選- ROAD TO RUSSIA」日本対アラブ首長国連邦戦(日本時間24日)と日本対タイ戦(28日)を前に、サッカーファンの皆さまの応援を全力でサポートします。
 タイ戦を自宅で試合観戦するファンをサポートする『自宅で観戦プレゼント』として、プレミアムコースでは、熱烈なサッカーファンであるお笑い芸人・ペナルティ(ヒデさん、ワッキーさん)のお二人と一緒に、当選者の“ご自宅”でタイ戦を観戦する『Exciting Viewing』の機会を抽選で1組2名様に、スタンダードコースではサッカー日本代表レプリカユニフォームやオリジナルタオルマフラーなどの『自宅で観戦キット』を抽選で50組200名様にプレゼントします。
また、タイ戦の『現地で観戦チケット』を抽選で25組50名様にプレゼントします。
 KDDIは今後も「au BLUE CHALLENGE」で様々な日本代表応援キャンペーンを展開してまいります。


au BLUE CHALLENGE「全力を全力で応援するキャンペーン 第2弾」の概要
①『自宅で観戦プレゼント』 
・応募期間:2017年2月20日(月) 14:00~2017年3月3日(金)17:00
・応募方法:①Twitterにログインし、公式アカウント(@au_official)をフォロー
      ②2017年2月20日(月)に公式アカウントが投稿したキャンペーンツイート
       をリツイート
       https://www.au.com/pr/soccer/present20170220/

<プレミアムコース:Exciting Viewing >※抽選で1組2名様
 タイ戦の当日、ペナルティの二人が当選者の“自宅”を訪れ、一緒に試合観戦をして
 くれます。
 試合の解説やハーフタイムショーなど、盛りだくさんの内容を独占することができます。

<スタンダードコース:自宅で観戦キット>※抽選で50組200名様
 -adidasサッカー日本代表レプリカユニフォーム×4枚
 -オリジナルタオルマフラー×4枚
 -キリン一番搾り生ビール350ml×12缶
 -宅配ピザギフトカード(5,000円分)
 ※宅配エリア外の方はご利用いただけない場合がございます。
 ※20歳以上の応募となります。

②『現地で観戦チケットプレゼント』 ※抽選で25組50名様
  3/28(火) 「アジア最終予選- ROAD TO RUSSIA 」日本 VS タイ戦
 ・応募期間:2017年2月20日(月) 14:00~2017年3月3日(金)17:00
 ・応募方法:特設サイトの応募フォームからご応募ください。
      https://www.au.com/pr/soccer/ticket20170328/

<さらに現地で!>
『タイ戦限定オリジナルシリコンバンド「au BLUE BAND」』プレゼント  ※先着1万名様
2017年3月28日(火)タイ戦の当日、埼玉スタジアム2002に設置される「au BLUE CHALLENGE」特設ブースにて、先着1万名様に『タイ戦限定オリジナルシリコンバンド「au BLUE BAND」』をプレゼントいたします。

■au BLUE CHALLENGE
全力を全力で応援する。懸命なプレーをする選手たちとともに、わたしたちauも挑戦
します。勝利へのサポートから、新視聴スタイルの提案、あるいはプロダクトの開発まで。
auがもつ通信テクノロジーを生かして、「あたらしいサッカー体験」の創出に挑み、
サッカー日本代表を全力で応援していきます。味わったことのない興奮を、みなさんと。
au BLUE CHALLENGE
au BLUE CHALLENGE詳しくはこちら →https://www.au.com/pr/soccer/

https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201702208977/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1487666741
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(