【サッカー/イングランドリーグ杯】香川不在のマンU チェルシーに3度追いつかれて延長戦で敗退

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ぴぃとφ ★:2012/11/01(木) 20:50:44.09 ID:???0

 イングランドリーグ杯4回戦の3試合が10月31日、各地で行われ、マンチェスター・ユナイテッドは
チェルシーに延長の末、4―5で敗れた。

 前半22分、マンチェスターUはギグスのゴールで先制したが、チェルシーに3度追いつかれ3―3で
延長戦に突入。延長前半7分、チェルシーがスタリッジのゴールでリードを奪うと、同後半9分には
ラミレスがダメを押し。マンチェスターUは終了間際にギグスのPKで1点差としたが、反撃はそこまで
だった。

 左膝を負傷している日本代表MF香川真司は欠場した。

[ 2012年11月1日 08:54 ]

引用元:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/11/01/kiji/K20121101004457990.html
スポニチ Sponichi Annex:http://www.sponichi.co.jp/


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351770644
続きを読む

ファンが選ぶチェルシー史上最高の選手にFWドログバ、2位にMFランパード、DFテリーは4位

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ジェリー大尉φ ★:2012/11/01(木) 20:43:20.09 ID:???0


◇チェルシー史上最高選手はドログバ

ファン2万人が選ぶチェルシー史上最高の選手に
FWディディエ・ドログバ(34=現上海申花)が選ばれた。
1日発売のクラブ機関誌「チェルシー・マガジン」のファン投票結果を英ミラー紙が報じた。
同FWは今年5月の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝で同点弾を決め、
1-1からのPK戦でも5人目でシュートを成功させ、チェルシーの初優勝に貢献した。
MFランパードは2位、DFテリーは4位だった。ドログバは
「たくさんの素晴らしい選手がこのクラブでプレーをしてきた中で1位に選ばれるのは、
 とても光栄で誇らしいこと」と喜んだという。

日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20121101-1041015.html


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351770200
続きを読む

ウォルフスブルク長谷部「選手がびくびくプレーしていた。ボールをもらいたがらず1回ミスしたらベンチを見る雰囲気だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:れいおφ ★:2012/11/01(木) 19:12:37.71 ID:???0

DFBポカール(ドイツ国内杯)の2回戦が31日、行われ、MF長谷部誠の所属するボルフスブルクは
ホームでFSVフランクフルト(2部)に2-0で快勝し、16強入りを決めた。

これでチームはマガト前監督解任後、公式戦2連勝。27日のデュッセルドルフ戦(4-1)で
今季公式戦初先発を果たした長谷部も中3日ながら先発でピッチに立った。
「1週間に3試合だからといってメンバーを落とすわけではなく、普通に勝つということでやっている。
このメンバーで成熟させていくというか、ゲームをやりながら良くしていくというのがあると思う」と、
ギュンター・コストナー暫定監督の考えを代弁する。

今季はマガト前監督の構想外となり、プレシーズンはトップチームでの練習も許可されない時期があったが、
「アマチュアに練習に行っていたときも(コストナー暫定監督が)しっかり見ていたと。
『しっかりやっているのを見ている』と言ってくれた」と明かした。

そんな新指揮官について「選手に自信を持たせるのがうまい。思い切った失敗に対しては何も言わない」と指摘。
「今季、僕は外から見ていたけど、選手がびくびくプレーしているというか、ボールをもらいたがらないというか、
1回ミスをしたらベンチを見るというか、そういう雰囲気だった。そういうのがまったくなくなったので、
モチベーションや自信を持たせて送り出してくれる」と絶大な信頼を寄せる。

記事全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121101-01109207-gekisaka-socc

関連スレ
【サッカー】長谷部誠、マガト前監督に感謝「一番はやはり忍耐力がついた」
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351417467/
【サッカー/ドイツ】長谷部誠が公式戦2戦連続フル出場で先制の起点に…ヴォルフスブルクはドイツ杯8強入り
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351719058/


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351764757
続きを読む

マガトとの遺恨について口を閉ざすヴォルフスブルクのMFジエゴ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2012/11/01(木) 00:08:07.23 ID:???0

ブンデスリーガ第9節、フェリックス・マガト解任後の第1試合、ヴォルフスブルクが敵地のデュッセルドルフで4-1の勝利を飾った。トップ下でチームの2得点目を演出し、4点目は自ら得たPKを決めたジエゴ。試合後には満面の笑顔を見せた。

ジエゴは『Wolfsburger Allgemeine』紙に、「我々はこの90分を楽しむことが出来た。またサッカーをプレーして、皆は自由にやれた。今までと違う心構えだった。誰もミスを怖がらなかった」と、マガトについての発言を避けながら語った。

暫定監督のローレンツ=ギュンター・コストナー氏については「とても知的でクレバー。最初の挨拶で直ちに感じた。プレーヤーを尊敬し、自信を与える。それは非常に大切だ」と褒め称えた。

ブラジル人の攻撃的ミッドフィールダーは、コストナー氏の元に駆け寄ったことについては「ベンチに行きたかった。ピッチに立てなかった選手が何人かいたが、彼らの姿勢は(一緒にプレーしている時と変わらない様子で)良かった」と説明。

一方、『キッカー』がヴォルフスブルク内部から得た情報によると、マガトがホームでフライブルクに敗れた第8節、ジエゴをレギュラーから外したのには裏事情があったと報道。

マガトは馬が合わない同選手を今冬にブラジルのFCサントスに放出するため、選手本人と同クラブに交渉させようと図っていたが、ジエゴはそれを拒否した。同紙はそのように伝えている。

それについて問われたジエゴだが、否定はせず、「自分にとって辛い日々だった。僕は過去も現在も常にチームを助けたい」と、結局真相を明かさなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121031-00000019-goal-socc

写真
http://amd.c.yimg.jp/im_sigg6Q0T09kVKjC0gE2SYq2pvw---x300-y187-q90/amd/20121031-00000019-goal-000-1-view.jpg



引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351696087
続きを読む

長谷部誠が公式戦2戦連続フル出場で先制の起点に…ヴォルフスブルクはドイツ杯8強入り

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はトマト1㌘φ ★:2012/11/01(木) 06:30:58.05 ID:???0

 ドイツ・カップ2回戦が10月31日に行われ、日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクは、2部のFSVフランクフルトと対戦。

長谷部は10月27日に行われたブンデスリーガ第9節のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦に続き、公式戦2試合連続で先発出場した。

 ホームで戦うヴォルフスブルクは、スコアレスで迎えた51分に先制点を奪取。長谷部のクロスをイヴィツァ・オリッチが折り返して、最後はジエゴが押し込んだ。

 ホームで先制に成功したヴォルフスブルクは、61分にもジエゴのラストパスからバス・ドストが加点。そのまま逃げ切り、2-0と快勝を収めて3回戦に進出した。

 なお、長谷部はフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦に続き、公式戦2試合連続でフル出場している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121101-00000302-soccerk-socc

◆試合詳細 ESPN
http://soccernet.espn.go.com/match/_/id/355561?cc=4716


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351719058
続きを読む

本田圭佑、2試合連続弾!途中出場から3分で仕事!CSKAはロシア杯8強進出

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ウインガーφ ★:2012/11/01(木) 06:15:47.71 ID:???P

ロシア杯は10月31日、ラウンド16を行い、日本代表MF本田圭佑の所属する
CSKAモスクワはホームのルズニキ・スタジアムでFCチュメニ(3部)と対戦した。
CSKAは前半34分の本田のゴールなどで、3-0で勝利した。

ベンチスタートとなった本田だが、出番はすぐに回ってきた。前半31分に接触
プレーで退いたMFアラン・ジャゴエフに代わってピッチに立った。するとその
わずか3分後の34分、本田はゴール前の混戦でうまくボールをキープすると、
タイミングよく左足を振り抜き、見事ゴール右隅に決めた。10月28日の
リーグ戦のテレク・グロズニ戦に続く、公式戦2試合連続ゴールとなった。

後半に入っても本田の存在感は絶大だった、後半24分にはFWパベル・
ママエフからパスを受けた本田がゴール前に侵入したママエフにリターンパス
を出す。ママエフのシュートは一度はGKに阻まれたが、跳ね返りを押し込み
追加点。本田の“実質アシスト”で、CSKAがリードを広げた。

なおも攻めるCSKAは後半39分、個人技で突破したFWアーメド・ムサが
3点目を奪い、ダメを押した。本田の活躍もあり、CSKAが8強進出を決めた。

ゲキサカ 11月1日(木)2時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121101-01109183-gekisaka-socc

・CSKA Moscow vs Tyumen 3-0 Goals & Highlights 31-10-2012 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=5vGj8t9Xj9o


関連スレ:
【サッカー/ロシア】CSKAモスクワ本田圭佑、今季6ゴール目! 見事なボレーで同点弾、決定機も作り、逆転勝ちに貢献★2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351438051/


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351718147
続きを読む

インテル、リーグ戦6連勝!サンプドリアを3-2で破り2位浮上…長友佑都は途中出場

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ウインガーφ ★:2012/11/01(木) 06:46:35.68 ID:???P

セリエAは10月31日、第10節2日目を各地で行った。日本代表DF長友佑都の
所属するインテルはホームでサンプドリアと対戦し、3-2で逆転勝利をおさめた。
長友はベンチスタートとなったが、後半18分から途中出場を果たし、
リーグ戦6連勝、公式戦では8連勝に貢献している。勝ち点を24に伸ばした
インテルは、アタランタに敗れたナポリをかわして2位に浮上。
次節(3日)、首位ユベントスとの大一番へ向け弾みをつけた。

インテルは前半、ワンチャンスをものにされてしまう。前半20分、サンプドリアに
左サイドでFKを与えると、ゴール前へクロスが上がる。ファーサイドでDFラノッキアが
クリアに行くが、DFサムエルと被ってしまう。うまくクリアできず、ボールはゴール前で
待つMFジャンニ・ムナーリの足元にこぼれてしまい、簡単に押し込まれてしまった。

だがインテルは後半に入ってから反撃に出る。後半7分にFWディエゴ・ミリートが自ら
得たPKを、右ポストに当てながらもきっちり決めて同点。さらに同23分、カウンター
からFWカッサーノがドリブルで持ち上がると、並走しながら駆け上がったFWロドリゴ
・パラシオにラストパス。パラシオは落ち着いて左隅に流し込み、逆転に成功した。

さらにDFアルバロ・ペレイラに代わって後半18分から登場した長友も得点に絡む。
後半37分、左サイドへの浮き球パスで長友が抜け出すと、最後はカッサーノからの
横パスを受けたMFフレディ・グアリンが豪快に決めてた。終了間際に1点を返された
インテルだったが、ホームできっちり勝ち点3を獲得した。

ゲキサカ 11月1日(木)6時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121101-01109186-gekisaka-socc


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351719995
続きを読む

ミラン2点差追いつくもドロー 10試合で勝ち点わずか11

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ぴぃとφ ★:2012/10/31(水) 21:33:31.11 ID:???0

イタリア・セリエA第10節 ACミラン2―2パレルモ (10月30日 パレルモ)

 イタリア・セリエA第10節の1試合が30日に行われ、ACミランはアウェーでパレルモと対戦し、
2―2の引き分けに終わった。今季不振のミランは10試合を終えて、3勝2分け5敗の勝ち点11で
暫定9位。

 前節連敗を止めたACミランだったが、前半終了間際と後半開始早々に失点し、2点をリードされる
苦しい展開。しかし、アッレグリ監督がFWボージャンとFWパッツィーニの攻撃的な選手を投入すると、
ミランの猛攻が始まる。

 後半25分、ボージャンのクロスにMFモントリーボが今季初ゴールを決めて、1点差とする。
同35分には、MFエルシャーラウイの今季7得点目でついに追いつく。その後、逆転を目指した
ミランだったが、3点目を奪うことはできずに試合終了。

 パレルモは4試合連続の引き分けで、勝ち点8の暫定16位と低迷。

 セリエA第10節の残り試合は31日と11月1日に行われ、フルハム(イングランド)、ハンブルガーSV
(ドイツ)への移籍が噂されるFW森本貴幸の所属するカターニアは、アウェーでウディネーゼと対戦。
日本代表DF長友佑都の所属するインテル・ミラノはホームにザンプドリアをむかえる。

引用元:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/10/31/kiji/K20121031004451510.html
スポニチ Sponichi Annex:http://www.sponichi.co.jp/


引用元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1351686811
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(