【サッカー】イタリア代表、アメリカとの親善試合に向けた招集メンバーを発表!ローマ所属の20歳FWポリーニが初招集

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/02/27(月) 07:41:37.07 ID:???0

26日、イタリアサッカー協会は29日にジェノヴァで行われるアメリカとの親善試合に向けた招集メンバーを発表した。

 チェーザレ・プランデッリ監督は、ローマに所属する20歳のFWファビオ・ボリーニを初招集。一方で、マンチェスター・CのFWマリオ・バロテッリ、ローマのFWパブロ・オスバルドが選外となった。

 招集メンバーは以下のとおり。

GK:
ジャンルイジ・ブッフォン(ユヴェントス)
モルガン・デ・サンクティス(ナポリ)
サルヴァトーレ・シリグ(パリSG/フランス)
エミリアーノ・ヴィヴィアーノ(パレルモ)

DF:
イニャツィオ・アバーテ(ミラン)
ダヴィデ・アストーリ(カリアリ)
フェデリコ・バルザレッティ(パレルモ)
アンドレア・バルツァーリ(ユヴェントス)

レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
ジョルジョ・キエッリーニ(ユヴェントス)
ドメニコ・クリッシト(ゼニト/ロシア)
クリスティアン・マッジョ(ナポリ)
アンジェロ・オグボンナ(トリノ)

MF:
ダニエレ・デ・ロッシ(ローマ)
クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)
リッカルド・モントリーヴォ(フィオレンティーナ)
チアゴ・モッタ(パリSG/フランス)
アントニオ・ノチェリーノ(ミラン)
アンドレア・ピルロ(ユヴェントス)

FW:
ファビオ・ボリーニ(ローマ)
セバスティアン・ジョヴィンコ(パルマ)
アレッサンドロ・マトリ(ユヴェントス)
ジャンパオロ・パッツィーニ(インテル)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00000307-soccerk-socc

続きを読む

【サッカー】「ミヤイチ!恐ろしく速い!」と実況興奮、敵地スタジアムにどよめき 宮市亮、DF2枚をぶっちぎる…その距離70m

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:[―{}@{}@{}-] 希望のHN無しφ ★:2012/02/27(月) 11:03:11.17 ID:???P

宮市に実況「恐ろしく速い!」次は地元で代表デビューだ

 ◆イングランド・プレミアリーグ第26節 チェルシー3─0ボルトン(25日・
スタンフォードブリッジ)日本代表に初招集されたボルトンのFW宮市亮(19)が
25日、アウェーのチェルシー戦でプレミアリーグ初先発、フル出場を果たした。
劣勢でボールが回ってこない時間が長かったが、前半終了間際にシュートを放つ場面も
あり、0―3で完敗したチームの中で奮闘。27日に帰国し、ザック・ジャパンに初合流する。

 強豪相手にも、ひるまなかった。後半20分、宮市は最大の見せ場をつくった。
自陣左タッチライン際でGKからのボールを受けてドリブルを開始。ゆっくりボールを
2度触ると、ポーンと前方のスペースへ蹴り出し、一気にトップスピードに乗って
DF2人をぶっちぎった。その距離70メートル。実況アナを「ミヤイチ!!
 恐ろしく速い!!」と興奮させ、敵地スタジアムにどよめきを起こした。

 ラストパスはクリアされたが、抜いた相手がすごかった。“トイメン”はセルビア
代表DFイバノビッチ。フォローに入ったDFケーヒルはイングランド代表。
「ゴール前で悩んでしまって…。得点につながらなかった。やっぱり悔やまれます」と反省を口にした。

 初の“ビッグマッチ”だった。伝統の敵地スタンフォードブリッジ。ドログバ、
ランパードらスター中のスターと一緒に入場した。「小さい頃から見ていたシーンで、
そういうところに立っていることがうれしくて、感動しました」。前半終了間際には、
チームの前半唯一の見せ場となるシュートを披露。一方で、後半16分のセットプレー
ではゴールマウスに入って守ったが、目の前に飛んできたドログバのボールに反応できず
ゴールを許した。 (つづく)

http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/soccer/etc/news/20120227-OHO1T00106.htm

▼参考動画
Speed Star Ryo Miyaichi 70m dribble 宮市、驚異の一人スルーパス
http://www.youtube.com/watch?v=5LxiLrG9OsY


2 名前:[―{}@{}@{}-] 希望のHN無しφ ★:2012/02/27(月) 11:03:22.96 ID:???P


 初招集された日本代表に合流するため、27日に帰国する。「素直にうれしいです」。
11日にプレミアデビュー(対ウィガン)、18日にイングランド初ゴール(対2部
ミルウォール)。さらに初先発フル出場と、初ものずくめだ。「やれることをやるだけだと
思っています。日本代表の力になれるよう、頑張りたい」。ウズベク戦の会場は地元の
豊田スタジアム。これ以上ない舞台で代表デビューを果たす。

続きを読む

【サッカー】香川が日本代表合流へ W杯予選で追加招集

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:やるっきゃ騎士φ ★:2012/02/27(月) 10:35:49.71 ID:???0

【ドルトムント(ドイツ)共同】サッカーのドイツ1部リーグ、
ドルトムントのMF香川真司は26日、ワールドカップ(W杯)
アジア3次予選のウズベキスタン戦(29日・豊田スタジアム)に臨む
日本代表に追加招集されたと明らかにした。

香川は15日の練習で左足首を負傷して戦列を離れたが、
26日のハノーバー戦で復帰。
試合後に「(日本に)着いて次の日に試合だからどうなるか分からないけど、
最大限できることはやりたい」と話した。

ソースは
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012022701001135.html

関連スレは
【サッカー/ドイツ】ボルシア・ドルトムントのMF香川真司、復帰戦で高い質のプレーを披露し7連勝に貢献
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1330295056/l50

続きを読む

【サッカー/ドイツ】ボルシア・ドルトムントのMF香川真司、復帰戦で高い質のプレーを披露し7連勝に貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/02/27(月) 07:24:16.47 ID:???0

 ブンデスリーガ第23節が26日に行われ、ドルトムントは本拠地にハノーファーを招いた。負傷により前節を欠場した香川真司だったが、この日はトップ下のポジションで先発出場。

 序盤からドルトムントは持ち前のポゼッション力でハノーファーを攻め立てる。すると27分、ロベルト・レヴァンドフスキがゴールネットを揺さぶり、先制に成功した。

香川は前半、タッチ数こそ多くなかったものの、ボールを受けた際には抜群の間合いとパスセンスで決定機を演出。ドルトムントの攻撃を構築した。

 後半、ドルトムントは54分に再びレヴァンドフスキが決めてリードを2点差に。しかし60分にはハノーファーに得点を許し、再び1点差とされてしまう。

 しかしドルトムントはロスタイム、香川に代わってピッチへ入ったイヴァン・ペリシッチが決めて3得点目。結局、3-1でドルトムントがハノーファーを下し、リーグでの連勝を7に伸ばした。

 なお、香川は後半も絶妙のパスで決定機を演出するなど、効果的なプレーを見せ、87分までプレー。高い質を見せ、勝利に貢献している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00000306-soccerk-socc

試合詳細
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=1619914

続きを読む

【サッカー/イタリア】混迷インテル、ナポリに敗れて4連敗 DF長友佑都はフル出場

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/02/27(月) 07:30:56.72 ID:???0

26日に行われたセリエA第25節、ナポリ対インテルの一戦は、1-0でホームのナポリが勝利を収めた。インテルDF長友佑都はフル出場を果たしたが、チームはリーグ4連敗、公式戦で8戦7敗と混迷を極めている。

マイコンが負傷離脱したインテルは、ファラオーニが右サイドバックを務め、長友は左サイドバックで起用。

前線はスナイデルがトップ下に入り、ミリートとフォルランがコンビを組んだ。対するナポリは、出場停止のハムシクの代役をジェマイリが務める。

拮抗した立ち上がりを経て、徐々に主導権を握ったのはナポリ。

運動量豊富なラベッシのスピードとドリブルを武器に、25分にはジェマイリが強烈なシュートを放つが、これはGKジュリオ・セーザルに阻まれた。29分にもラベッシのFKにカバーニが合わせられるが、これも枠をとらえない。

インテルはスナイデルにボールを預けるが、思うように攻撃を組み立てることができず。43分にはスナイデルがFKからゴールを目指したが、シュートはわずかにバーの上へ。ナポリ優勢のまま、試合はスコアレスで前半を終える。

ハーフタイムに動いたのは、インテルのラニエリ監督だった。フォルランとスナイデルを下げ、パッツィーニとコルドバを投入。ファラオーニと長友をサイドハーフに上げ、3-5-2へと移行する。

だが、先制点を奪ったのはナポリだった。59分、ジェマイリのドリブル突破から、最後はラベッシが右足シュートをゴール隅に沈める。ナポリは直後にもカウンターからチャンスをつくったが、カバーニは惜しくもJ・セーザルに止められた。

>>2以降につづく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120227-00000041-goal-socc

試合詳細
http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=1635756

2 名前:お歳暮はウンコ100トンφ ★:2012/02/27(月) 07:31:17.44 ID:???0

インテルは66分、スタンコビッチを下げてポーリを投じるが、流れは変わらず。71分にはガルガノのクロスからジェマイリの頭に脅かされたが、このシュートはポストの横にそれて救われる。

78分にはセットプレーからネットを揺らされたが、オフサイドの判定で事なきを得た。

79分には、ミスからファラオーニを倒したアロニカが一発退場となり、インテルは数的優位に立つ。

だが、チャンスらしいチャンスをつくれず、88分にようやく長友のクロスから絶好機を迎えたが、フリーのパッツィーニのヘディングは枠をとらえず。ロスタイムのファラオーニのシュートも外れて万事休すとなった。

ラツィオはホームでフィオレンティーナを1-0と下した。30分にルリッチを負傷で失ったラツィオだが、その5分後にエルナネスのスルーパスからクローゼが先制。これが決勝点となり、指揮官の退任騒動に揺れながらも白星を取り戻した。

一方、ウディネーゼは敵地でボローニャに3-1と勝利している。38分、負傷から早期復帰したディ・ナターレが、自ら倒されて得たPKを沈めて先制。

後半に入ってバスタが加点すると、ディ・ヴァイオに1点を返されたものの、途中出場のフローロ・フローレスが3点目を決めて勝負を決した。

この結果、ラツィオとウディネーゼは勝ち点45で並走を続け、首位ミランとの差を6に縮めた。一方、ナポリはローマを抜いて5位に浮上。7位インテルはチャンピオンズリーグ出場圏との差が9に広がった。

続きを読む

【サッカー】アーセナル、FWファン・ペルシー残留に向け週給15万ポンド(約1900万円)のオファーを提示か

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ジェリー大尉φ ★:2012/02/26(日) 20:26:12.87 ID:???0


◇アーセナルはV・ペルシー引き留めに巨額オファーを提示か

アーセナルは、エースであるオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシーに対して、
かつてない給料を提示する準備があるようだ。『デイリー・メール』報じている。
準備している提示金額は、週給15万ポンド(約1900万円)。
ファン・ペルシーとアーセナルとの契約は今シーズンまでとなっている。
このため、アーセナルは同選手に魅力的なオファーを提示し、チームにとどめたい意向のようだ。
とはいえ、アーセナルはファン・ペルシーの去就が給料ではなく、
クラブの将来性によって左右されることも認識している。
そのためチャンピオンズリーグ出場権が与えられる4位以内でフィニッシュできるかどうかというのは、
ファン・ペルシーの去就に大きく関係すると見られている。

SOCCER KING
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120226-00000323-soccerk-socc

続きを読む

【サッカー/プレミア】 2点ビハインドからの大逆転でアーセナルがノースロンドンダービーに勝利 トッテナムは交替策が裏目に ARS 5-2 TOT

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:アフガニスタンバナナスタンドφ ★:2012/02/27(月) 00:28:28.83 ID:???0

<会場:エミレーツ・スタジアム/主審:マイク・ディーン/観衆:60106人>

 アーセナル  5 - 2  トッテナム・ホットスパー

  04分 [0-1] サア      アデバヨルのパスからのシュートがベルマーレンに当たってGKの頭上を超える
  29分 警告. モドリッチ   審判への抗議
  29分 警告. パーカー    ファンペルシへのタックル
  31分 警告. コシエルニー バランスを崩してクラニチャルへ体ごとぶつかる
  34分 [0-2] アデバヨル(P) ぬけだしたベイルをスチェスニーが倒してPK、ゴール右隅へ決める
  40分 [1-2] サニャ     こぼれを拾ったギブスからアルテタと繋いで、クロスをヘディング
  42分 警告. アルテタ    ベイルへのスライディング
  43分 [2-2] ファンペルシ  クリアが中途半端になったところを拾い、パーカーを個人技でかわしてゴール正面から左足シュート
  50分 [3-2] ロシツキ   カウンターで外を駆け上がるサニャにパス、そのまま走りこんでサニャの低いクロスをニアであわせる
  62分 警告. サンドロ   ファンペルシに対するファウル
  65分 [4-2] ウォルコット  CB二人に競られながらファンペルシが粘ってキープしてカウンター、パスを受けたウォルコットが最後はGKの上を浮かせて決める
  68分 [5-2] ウォルコット  ソングの浮き球パスからラインの裏に抜け出して冷静に決める
  78分 警告. ファンペルシ  アス=エコトへのファウル
  87分 警/退 パーカー   ベルマーレンの足を踏んで警告二回目

アーセナル
  スチェスニー、サニャ、コシエルニー、ベルマーレン、ギブス(75分 ジェンキンソン)、ソング
  アルテタ、ロシツキ、ウォルコット(82分 オックスレイド=チェンバレン)、ベナユン(88分 ジェルビーニョ)、ファンペルシ(C)
 [サブ] ファビアンスキ、ミケル、シャマク、朴主永

トッテナム・ホットスパー
  フリーデル、ウォーカー、キング(C)(82分 ドーソン)、カブール、アス=エコト、クラニチャル(46分 サンドロ)
  パーカー、モドリッチ、ベイル、アデバヨル、サア(46分 ファンデルファールト)
 [サブ] クディチーニ、ローズ、レノン、デフォー

http://www.bbc.co.uk/sport/0/football/17093405

続きを読む

【サッカー】「インテルで一番好きなのは長友」とフィリッポ少年は告白した

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:[―{}@{}@{}-] 希望のHN無しφ ★:2012/02/26(日) 08:23:03.92 ID:???P

【イタリア】少年は「インテルで一番好きなのは長友」と告白した

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/entry_img/0225inter.jpg

ロベルト・スカルピーニ●文 text by Roberto Scarpini
内海浩子●翻訳 translation by Uchiumi Hiroko
photo by AFLO

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント、マルセイユ戦に後半から出場、アユーとマッチアップする長友
インテルチャンネル名物パーソナリティーのナガトモ日記2011~2012(12)

 1年で最も日照時間が短い季節は、ネラッズーリにもあてはまってしまったようだ。そう、
近年のわれわれにとって、最も立ち向かうのが難しい時期となったのである。

 2月上旬、インテルのトレーニングセンター”アンジェロ・モラッティ”のグラウンドでは、
汗を流すディエゴ・フォルランの目に「チームへ貢献したい」という闘志がみなぎっていた。
そしてマルセイユ戦で彼はスタメンとして帰ってきてくれたものの、チームの志気を持ち上げて
くれる勝利は戻って来てくれなかった(結果は0-1)。

 ここ2週間、日々の練習の中では、特にフィジカルコンディションとメンタル面の改善を
重点においたトレーニングが行なわれていたのだが、ラニエリのインテルは、少し不運な面も
あったとはいえ、試合の内容面からもノバーラとボローニャを相手にホーム、サン・シーロで
1ポイントすら取れなかった(結果は0-1、0-3)。

 だが、こうした苦しい状況下においても、ティフォージと選手たちの対面の場が失われる
ことはなかった。

 例えば2月13日(月)の昼さがりにミラノ中心地のvia Berchet1番地にあるインテル
ショップ、”ソーロ・インテル”で、ポーリとファラオーニがTシャツ、ボールやインテルの
公式グッズへのサイン会を行なった際には、300人を超えるサポーターが集まってくれた。
月曜日の午後というビジネスマンには参加しにくい時間帯だったが、大勢の観光客がその穴を
埋めてくれた。彼らから最も人気のあった選手のひとりがわれらの若き長友だった。

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2012/02/25/post_95/


2 名前:[―{}@{}@{}-] 希望のHN無しφ ★:2012/02/26(日) 08:23:27.56 ID:???P


 それから3日後、今度はティフォージ抜きではあったが、アンドレア・ラノッキアが
24歳の誕生日の夜をチームメートとともに祝った。というのも、この日はボローニャ戦の
前日だったため、ピネティーナに前泊だったからである。

 ボローニャ戦では、小さな子どものインテルファンが国内マスコミの注目を集めた。
彼はサン・シーロの観客席で次のようなメッセージを掲げたのだ。「勝ってくれませんか?
そうじゃないと学校でからかわれちゃうから」。こうしてフィリッポくんは、
2月19日、トレーニングセンターに招待され、選手たちと直に会うことになった。

 サインをもらったり、写真を一緒に撮ったりした後、インテルチャンネルのマイクに
フィリッポくんは「インテルの選手の中で一番好きなのは長友」と告白した。とある
セリエAの試合後に、長友と直接接触する機会があった際、彼の人との接し方と親切さに
とても親近感を覚えたからだということだ。

 最後に”カピターノ”サネッティの逸話もひとつ紹介しておこう。それはランチタイムに
起こった。そこには美味しそうなポテトピュレとしか見えないものがあったのだが、
サネッティはそれに騙されてしまったのだ。彼はポテトピュレだと確信して口に運んだ。
ところが中身はポテトではなかった。

 カピターノはひきつった顔になり、すぐさまコックに言葉を投げた。「伝統にのっとった
もののほうがいいよ!」。これはまさにわれらインテルにもあてはまるセリフである。
伝統、つまり「勝利」に戻ることである。

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/wfootball/2012/02/25/post_95/index2.php

続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(