【サッカー】<日本の超大物>乾貴士の試合をお忍び観戦? 中継カメラに抜かれる..「昨日、DAZNに俺の顔が映り込んだみたいな話が..」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/01/20(月) 22:46:17 ID:29IrOTp49.net

MF乾貴士が所属するエイバルは18日、リーガ・エスパニョーラ第20節でアトレティコ・マドリーとホームで対戦し、2-0の勝利を収めた。エイバルがアトレティコ相手にクラブ史上初の白星を挙げた一戦を、実業家でJリーグアドバイザーを務める堀江貴文氏が現地観戦していたようだ。

 臍(さい)ヘルニアのため北海道の病院に緊急入院し、手術を終えて16日に退院したばかりだった堀江氏。手術室に入っていく様子や手術後の経過などをツイッターやユーチューブチャンネルで随時報告し、大きな反響を呼んでいた。

 堀江氏は退院してすぐに日本を飛び立ったようで、18日にスペイン・バスク州にあるエイバルの本拠地ムニシパル・デ・イプルーアへ。エイバル対アトレティコのハーフタイム中に『DAZN』の中継映像に映り、SNS上で話題となっていた。

 乾が先発フル出場した同試合は、エイバルがDFエステバン・ブルゴス、MFエドゥ・エスポージトのゴールで2-0の完封勝利。対アトレティコ戦12試合目にして、クラブ史上初の白星をつかんだ。

 堀江氏は翌19日に自身のユーチューブチャンネルに投稿した動画の中で「昨日、DAZNに俺の顔が映り込んだみたいな話があったんですけど、そうです。昨日は乾貴士が所属するエイバルの試合を観に行っていました」と報告。「なんとですね、リーガ・エスパニョーラで3位のアトレティコ・マドリーに2-0で勝ってしまった」と、勝利の価値をユーザーに説明した。

 また、堀江氏はスタジアム到着が数分遅れたようだが、着席してすぐにエイバルのゴールを目撃したという。「すげぇ、俺持ってるわ」「僕はおかげ会の会長でして、全て僕たちのおかげ」とおどけていた。

1/20(月) 18:22
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-43477420-gekisaka-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20200120-43477420-gekisaka-000-3-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579527977
続きを読む

【サッカー】本田にインドネシア行きが浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/01/15(水) 20:20:42.02 ID:8gIEVYAo9.net

 昨年12月にオランダ1部フィテッセを退団して無所属の元日本代表MF本田圭佑(33)にインドネシア行きが浮上した。

 地元メディア「フットボール5スター」は、同国1部ペルシジャ・ジャカルタのフェリー・パウルス会長が本田の獲得を目指していると報じた。パウルス会長は「新しい外国人選手として本田を含む数名の選手と交渉している」と明かした。東京五輪出場を目指し、今後も欧州でのプレーを希望しているとされるが、まさかの新天地を選択するのか

1/15(水) 16:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000016-tospoweb-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579087242
続きを読む

【ゲーム依存症】<伊集院光>香川県のゲーム利用時間規制条例案に持論「脳トレのゲームもバカになるの?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/01/16(Thu) 09:15:36 ID:VRRamI0h9.net

タレントの伊集院光が、1月13日に放送されたラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)で、「ゲーム依存症」について私見を述べた。

 先日、香川県議会が、ゲームやインターネット依存症への対策として、高校生以下の子どもを対象に「ゲームなどの利用時間は1日あたり平日60分、休日は90分」と制限する素案を条例に盛り込むことを明らかにした。

 この取り決めについて伊集院は、「ゲームをやめられないからバカになっちゃうのか、俺みたいなバカがゲームをやめられないのかは、凄く難しいところじゃない?」と問題提起し、「あとこれからアンタたち、同じ口で『プログラミング教育』とか言うんだよね?」と疑問を投げかけた。

 続けて、「ゲームっていうのは、何をもってゲームなのかわからないんだけど」と述べた伊集院。「多分、みんな“ブロック崩し”だと思ってる。この法案出してる人は、『ブロック崩しなんか60分やったらもう十分だろ』って(笑)」とし、「だってさ、脳トレのゲームとか出来てるじゃん。脳トレのゲームもダメ? バカになっちゃうの?」と指摘していた。

 さらに伊集院は最近、東京大学名誉教授で『バカの壁』の著者・養老孟司氏と共著を執筆するべく対談を重ねていると言い、「あの人、ゲームをやる人なんですよ。もともと、『ときメモ』とかもやる人なんですよ」と明かした。その上で、「楽しいことがやめられなくなり、制御が利かなくなる人はいつの時代にもいる」ことのたとえとして、養老氏から聞いた二宮金次郎の話を披露し始めた。

 「二宮金次郎が農家の子供に生まれたあの時代は、二宮金次郎が本を読んで勉強するっていうことは、今の一般社会の学生がゲームをするよりも、下手すれば無駄。『面白いか何か知らないけど、本を読んで学問を蓄えるっていうことなんて一生役に立たない』って言われていた時代だった」と説明した伊集院。「でも、ニノキンは『もうやめらんねぇから』って。ニノキンはDS的な感覚で本を読んでるんだよね(笑)」と解説し、「結果、(学問は)役には立ったし時代は変わったけど、要はヤツは無駄な勉強中毒だったとも言える……っていうこと」と結論付けた。

 そんな話を養老氏から聞いたことについて伊集院は、「嬉しかった」と言い、「年長者のしかも学問やってる人なんて、みんな『ゲームダメだ』っていうに決まってるのに、説得力があった」と嬉しそうに振り返った。

1/16(木) 7:02配信 リアルサウンド
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00010003-realsound-ent

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200116-00010003-realsound-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579133736
続きを読む

【パパ】乾貴士「息子とポケモン通信対戦!こんなに離れててもできる時代すげーな」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:スタス ★:2020/01/14(火) 16:07:59 ID:MtqVBoNi9.net

https://i.imgur.com/NNJr2yU.jpg


関連スレ


【事務所総出】木下優樹菜「たかしあいてる」の相手はサッカー選手・乾貴士(2児の父)か 「ゆきな大好き」と縦読み投稿 W不倫か★7
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578982342/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578985679
続きを読む

【サッカー】<FW上田綺世(鹿島アントラーズ)>本当に「久保竜彦以来の逸材」なのか?大学生選手としては9年半ぶりとなる日本代表選出

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/01/14(火) 19:32:23 ID:Le7KvVH+9.net

2019年は上田綺世にとって激動の1年だった。大学生選手としては9年半ぶりとなる日本代表選出、優勝を争う鹿島アントラーズでのJリーグデビュー。多くの期待と、それ以上に多くの批判を浴びた。

2連敗で史上初のグループステージ敗退が決定したAFC U-23選手権タイ2020では2試合に出場し無得点。東京五輪に挑む五輪代表のエース候補として結果を出せずに苦しんでいる。

語り手によってその評価が大きく分かれる上田綺世とは、いったいどれだけの力量を持った選手なのだろうか?

(文=田中滋、写真=Getty Images)

“久保竜彦以来の逸材”と森保一監督が高く評価

昨年6月に開催されたCONMEBOLコパアメリカブラジル2019で日本代表としてデビューを飾った。唯一の大学生選手として参加しただけでなく、東京五輪世代のエース候補として注目を集めて3試合に出場。しかし、多くの得点チャンスに絡みながらもゴールをあげることができなかった。その後も、この年代のエースとして活躍を期待され、昨年末のEAFF E-1サッカー選手権2019のメンバーにも選出された。しかし、ここでも3試合に出場し無得点。上田綺世は多くの批判を浴びた。

一方で、起用する森保一監督は“久保竜彦以来の逸材”と高く評価。フル代表の大迫勇也と並び、絶大な信頼を寄せている。上田綺世は、どれだけの力量を持った選手なのだろうか。

Jリーグで結果を出すのは早かった。初先発となった9月1日の清水エスパルス戦で2得点。1点目は、永木亮太のクロスがファーに流れてきたところを着実に頭で捉え、2点目は、速攻の場面で逆サイドに開き、遠藤康の正確なクロスを高い打点のヘディングで叩き込む。両耳に手を添え、沸き立つゴール裏の歓声を味わう姿は、夏にベルギーへ移籍した鈴木優磨のあとを見事に引き継ぐ存在が登場したことをうかがわせた。試合後は、当然のごとく取材陣が殺到した。

「まだまだ自分のストロングを出したいと試合中は思っていましたけど、ああやって要所、要所で使ってくれた。だから取れた2点かなと思います」。

アシストを出した遠藤康は、試合中ずっと「綺世に取らせたい気持ちは僕もあった」と言う。前半早々、上田を狙ってスルーパスを出したのも遠藤。惜しくもシュートは外れてしまったが、若いセンターフォワードにゴールを決めさせて気持ちもプレーも楽になってもらいたい、というのはベテラン選手の親心でもある。

「シーズン途中から入ってきたFWなので、ゴールを決めることがあいつの自信になるだろうし、たぶんこれから日本を背負っていくようなFWになると思う。どんどんゴールを決める手助けをしたいと思います」

田代有三、興梠慎三、大迫勇也といった日本代表FWと共にプレーしてきた遠藤は、上田の非凡な才能をそう称した。プレースタイルとしては、その田代と大迫にイメージを重ねていた。

「鹿島でいうと有三さんとサコが混ざった感じですかね。ヘディングが強くて足下もうまい。言ったらミドルも打てる。そういうところはもっと貪欲に狙ってもいいと思う。周りのことを気にしすぎてパスを出しているところもあるので、もっともっと自分を出してほしいなと思います」

つづく

1/14(火) 17:11配信 リアルスポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00010000-realspo-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200114-00010000-realspo-000-2-view.jpg

2 名前:Egg ★:2020/01/14(火) 19:33:00 ID:Le7KvVH+9.net

上田はまだまだ力量を測られている段階

しかし、鮮烈だった先発デビュー戦のイメージは、試合を重ねるごとに色褪せてしまう。コンスタントにゴールをあげることはできず、鹿島の公式戦でも、その後は10月の松本山雅FC戦の1得点のみ。大岩剛監督は先発や交代の切り札としてさまざまな場面で出場機会を与えたが、その采配が日の目を見ることはなかった。

活躍できなかった理由は単純だ。彼にパスが入らなかったからである。上田綺世がゴールを狙う動きを始めるのはペナルティエリアのずっと外。1本のパスが通ればゴールに直結できるポジションを取って、虎視眈々とそのチャンスが来るのを待ち続けた。

ところが鹿島アントラーズは“上田綺世のチーム” ではない。どちらかと言えば上田はまだまだ力量を測られている段階にある。一瞬の駆け引きで相手を抜き去ろうとする上田の動きは、味方選手からすればあまりに小さく、ゴール前に張りついているだけにしか見えない。ゲームに関わる回数は少なく、パスの出し手と感覚が合った場面も数えるほど。試合後は「もう少し合わせていく必要があると思います」という主旨のコメントが繰り返された。

「もの足りない。わかるよ、日本代表に選ばれて大変だと思う。でも、もっとやってくれないと困る」

温かい視線で見守りながらも、厳しい言葉で現実を突きつけたのは、上田と同じく若くして日本代表を任されてきた内田篤人である。

「チームのためにできることが少ない。点を取るだけだったら最後の15分だけでいい。FWは、それ以外にもやることはある。そうなると(伊藤)翔のほうがいい」

大学時代は、それでよかったのだろう。森保監督が惚れ込むように、上田の身体能力は驚くほど高い。特に跳躍力は目を見張るものがある。無理な体勢からでもシュートを打てる、体の強さもある。そこで勝負されると上田に勝てるDFはいなかったはずだ。

だからといって、上田綺世が器用にいろいろなことをやれるようになればいいのか、と言えばそれはわからない。たぶん、これまでも何度となく、そうした指摘を受けてきたはずだ。しかし、上田綺世を上田綺世たらしめてきたのは、そうした周囲の声をすべてかき消す結果を出してきたからだ。

3 名前:Egg ★:2020/01/14(火) 19:33:18 ID:Le7KvVH+9.net

「僕のなかには答えがある」

もしかしたら、鹿島の試合と日本代表の試合では、試合への意気込みや意味合いが違うのかもしれないが、少なくとも鹿島ではいつも次のように語っていた。

「僕のキャリアにおいて信頼を得るために点を取ることは絶対に重要なこと。僕が意識するのはチームを勝たせる。そこだけです」

常に、自分が点を取るためにどうすればいいのか、思考を特化する。頑固と言えば頑固なのだろうが、彼はそのやり方を貫くことで数々の壁を乗り越えてきた。

確かに、まだ幼いところはある。法政大学サッカー部から日本のトッププロ集団である鹿島に籍を移したとき、練習量が減ったことで体重を増やしてしまった時期もあった。そこからコンディションを戻すのに苦労したのも間違いない。

しかし、ゴールを決めることで周りを納得させてきたのが上田綺世だ。シュートを外し続けたときも、上田は「僕のなかには答えがある」と表情を変えなかった。頑固一徹、ゴールを狙い続けるFWがいても面白い。
 


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1578997943
続きを読む

【サッカー】<VARに泣かされた日本代表>カタール戦..経験不足の主審のせいでドロー、どう解釈したらPKになるのか?VARが誤審の原因

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/01/19(日) 22:24:27 ID:oRa9N/FQ9.net

 U-23アジア選手権グループリーグB最終日、日本対カタール戦は1-1のドローに終わった。ひょっとするとアジアサッカー連盟(AFC)は「日本は早々にお引き取り願いたい」と考えていたのではないだろうか。

 ***

「日本はホストカントリーとして、すでに東京五輪の出場権は獲得している。今大会は残るアジアの3枠を決める重要な大会だ。海外組の主力を呼ばないで参加している日本は、テストマッチくらいにしか思っていないだろう。真剣勝負の場で他国の可能性を奪わないで欲しいので、早々にお引き取り願いたい」

 もちろんAFCがそんなことを考えていたかは分からない。だが、そう邪推したくなるほどサウジアラビア戦、シリア戦に続きカタール戦のジャッジは酷かった。

 シンガポール人のムハンマド・タキ主審は前半アディショナルタイムの48分、田中碧のプレーに1発退場のレッドカードを示した。

 VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の進言でOFR(オン・フィールド・レビュー:映像の確認)を実施したためだ。

問題のプレーは田中碧がマイボールにしようとインサイドでボールを保持して地面に足をつこうとした瞬間だ。

 足を伸ばしてきた選手を足裏で踏みつける格好になった。現行のルールでは、足裏を見せての勢いのあるタックルは危険なプレーとして、踏みつける行為は意図的な悪質なプレーとして1発レッドの対象になる。

 しかし田中碧のプレーは足を着く自然な行為であり、故意でもない。流れの中の不可抗力なプレーであるため流してもいいし、ファウルを取ったとしてもイエローカード止まりだろう。

 お次は後半31分、ペナルティエリア内で交代出場の齊藤未月とマジードが接触して2人が倒れたプレーだ。

VARと審判が連絡を取り始めたので、記者席のモニターで確認すると、こぼれ球をクリアしようと伸ばした齊藤の後ろ足を、シュートに行ったマジードが蹴っている。

 これはマジードのキッキングと思ったところ、齊藤の反則でカタールにPKが与えられたのには驚いた。どう解釈したらPKになるのか。

つづく

1/19(日) 12:58配信 ディリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200119-00603523-shincho-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200119-00603523-shincho-000-1-view.jpg

4 名前:Egg ★:2020/01/19(日) 22:25:15 ID:oRa9N/FQ9.net

VARに泣かされた日本代表

 恐らく齊藤のプレーはボールに関与しておらず、シュートしようとしたマジードの足をブロックしたと判断したとしか考えられない。

ちなみに、このプレーで主審はVARと連絡を取りあったが、OFRは行われなかった。

 しかし齊藤はボールにアプローチしていて蹴られたのだから、本来なら日本にFKが与えられるべきである

それが日本にとって不利なジャッジになったのはなぜか。恐らく主審には自信がなかったと推測される。いずれのプレーも主審がVARを要求したのではなく、VARからのアドバイスで主審はプレーを止めた。すると心理的に「ファウルを取らなかった自分のジャッジは間違っていたのではないか」と思ってしまうかもしれない。

 こうなると、自信を持ってVAR判定を否定するのは難しいだろうし、VAR判定によりスーパースローで問題のシーンを見返す際は、「反則ありき」で見てしまう危険性もはらんでいる。アジアでは昨年1月のアジアカップ準々決勝から導入されたVAR判定だが、運用に関してはまだまだ試行錯誤が必要かもしれない。

 なぜならサウジアラビア戦のVARはオーストラリア人、シリア戦のVARもオーストラリア人でサウジアラビア戦ではアシスタントVARを務め、イラク戦は中国人の審判が務めた。J1リーグは今シーズンからVARを導入するが、そのための人材育成に時間をかけるなど慎重を期してきた。韓国は17年から導入しているものの、導入当初はトラブルが多発したと聞いた。

これまでオーストラリアのAリーグ、中国のスーパーリーグがVARを導入しているという話は聞いたことがない。そんな彼らがどこでVARのスキルを身につけたのか。そしてそのスキルは実用レベルにあるのか、我々には知る由がないからでもある。

 試合後に2つのVAR判定について森保監督にコメントを求めたところ、「確認していないので、確認できたらお話しします」と話すに止めた。

 すると16日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長はアジア選手権のマッチコミッショナーに質問状を提出したことを明らかにした。VAR判定を巡って整合性を欠く場面があったと指摘し、経緯説明を求めたという。

 グループリーグ3試合を通じ、シリア戦のVAR判定によるPKは仕方がない。町田浩樹は相手の顔面を蹴っていたからだ。

 しかしサウジアラビア戦のPKは、最初は相手選手のシミュレーション(審判を欺く演技)だと思った。メインスタンドのタイ人ファンも大声で「ノーファウル」と連呼していた。結果的に岡崎慎の反則となったが、これは古賀太陽が無理してバックパスを選択せず、簡単にクリアしていれば防げた失点でもある。

 いずれにしても今大会の日本は、VAR判定に泣かされた。だから冒頭にも書いたような愚痴が出てしまったというわけだ。

 カタール戦に関しては、日本は前半で退場者が出たため、森保監督も先に動かざるを得なかった。

 後半から旗手怜央に代えて齊藤をボランチに投入し、4バックによる4-4-1でまずは守備を固めた。25分すぎに小川航基の技ありの1ステップによるシュートで先制したが、35分ごろにPKから同点に追いつかれると、数分後には疲れの見える食野亮太郎に代えてスピードのある田川亨介を入れた。

 指揮官からの「点を取れ」というメッセージである。残念ながら大会初勝利を奪うことはできず、勝点1にとどまり、森保監督は「勝利を届けられないのは悔しいし、悲しい思いもある」と珍しく心情を吐露した。

 それでもカタール戦は、これまでの2試合と違い、日本は遅まきながらファイティングスピリットの片鱗を見せたと思う。

 今大会に参加した選手は、改めて南米や北中米の親善試合やトゥーロン国際大会と違い、世界大会に通じるアジア予選の厳しさを、身をもって知ったのではないだろうか。その経験を生かせるかどうかは選手自身にかかっているし、それが東京五輪の「狭き門」を開くカギにもなるだろう。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579440267
続きを読む

【サッカー】セリエA第20節 34歳C・ロナウドが圧巻2発!! 7戦連続弾で今季16点目(17試合)! ユーベは5連勝で首位キープ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/01/20(月) 07:10:35.01 ID:dB4RPUE49.net

[1.19 セリエA第20節 ユベントス2-1パルマ]

セリエAは19日に第20節を行った。ユベントスはホームでパルマと対戦し、2ー1で勝利。FWクリスティアーノ・ロナウドが2得点を挙げた。

首位を走るユベントスは4-3-1-2の布陣を敷き、トップ下にはMFアーロン・ラムジー、前線にはC・ロナウドとFWパウロ・ディバラを起用。
5連勝を狙う王者だったが、前半21分にDFアレックス・サンドロが負傷してしまい、DFダニーロを投入する。

しかしこの男が独力で均衡を破る。前半43分、C・ロナウドは左サイドでボールを収め、そのままPA左に進入。カットインから右足シュートを放つと、ボールは相手DFに当たりながらゴールに吸い込まれた。
C・ロナウドはリーグ戦7試合連続ゴール。データサイト『opta』によると、これは2005年にFWダビド・トレゼゲが記録して以来のものだという。

前半を1-0で折り返したユベントスだが、後半10分にセットプレーから失点。
パルマの右CKをFWアンドレアス・コーネリウスに頭で決められ、1-1と試合を振り出しに戻された。しかし再びC・ロナウドが得点を挙げる。

ユベントスは後半13分、中盤のMFミラレム・ピャニッチから右サイドのディバラへ。
ディバラはそのままPA右にドリブルで入り込んで中央に折り返すと、良いタイミングで入り込んだC・ロナウドが右足ダイレクトでゴールに流し込んだ。

ドッピエッタ(1試合2得点)のC・ロナウドは今季リーグ戦16ゴール目を記録。34歳ながら7試合11ゴールという決定力を見せつけた。ユベントスは2-1で勝利をつかみ取み、2位インテルと勝ち点4差となった。
22日にはコッパ・イタリア準々決勝でローマと、26日にはセリエA第21節でナポリと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-43477400-gekisaka-socc
1/20(月) 6:43配信

https://giwiz-content.c.yimg.jp/im_sigg.yYBXDi9eWeWm07dFfPE9A---priy-x259-y195-yc0-xc18-hc192-wc192-n1/r/iwiz-amd/20200120-43477400-gekisaka-000-1-view.jpg

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081298
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

https://www.youtube.com/watch?v=pqwpri0O3W8
Juventus vs Parma 2-1 - All Goals & Extended Highlights - 2020


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579471835
続きを読む

【たかし逃走中】乾貴士「強敵に勝った!もっと自分のパフォーマンスあげよう!頑張ろう!」炎上についてはスルー

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:スタス ★:2020/01/20(月) 03:21:23.05 ID:wA+Iyc179.net

https://i.imgur.com/ZzMPJII.jpg


関連スレ

【たかし逃走中】木下優樹菜と乾貴士の不倫疑惑、サンジャポ、アッコ、上沼恵美子の番組などで報道されてしまう
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579413352/

【たかし速報】「木下優樹菜と乾貴士が飛行機内で手繋ぎ、海外で一緒など有力な目撃情報がある」サンジャポで芸能リポーター
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579413830/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1579458083
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(