【サッカー】VARで7点無効…ウエスカ岡崎慎司、”悲運の判定”を現地紙指摘 「最も苦しめられている」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2020/02/27(Thu) 09:54:43 ID:DIMrqDZ79.net

7回のノーゴール判定を受ける
 スペイン2部ウエスカは、29試合消化時点で14勝4分11敗の4位。首位カディスと勝ち点6差と自動昇格を狙える位置につけるが、スペインメディアは「PKが吹かれた回数が最少」だと指摘し、なかでもFW岡崎慎司がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の最大の“被害者”だとしている。

【動画】VARがなかったらすでに二桁ゴール超え!? ウエスカ岡崎、今季リーグ戦全5ゴール

 岡崎は今季、4年間プレーしたレスターを離れ、自身初となるスペインのウエスカと契約。昨年9月28日のリーガ・エスパニョーラ2部第8節ジローナ戦(1-0)で移籍後初ゴールの豪快右足ボレーを決めるなど、リーグ戦24試合に出場して5ゴールをマークしている。

 スペインメディア「SPORTARAGON」は、「SDウエスカ、最も敵陣にたどり着き、最も反則を吹かれないチーム」という見出しとともに、「ウエスカはリーガで最も相手陣内でボールタッチ(458回)をし、PKが吹かれた回数が最少のチーム」と言及。29試合でリーグ7位の35得点を挙げているが、本来はもっとゴールが認められるべきで、岡崎が最も“被害”を受けていると分析している。

「シンジ・オカザキはビデオ判定の結果に最も苦しめられている選手だ。日本人選手は5得点と挙げ多くの試合でレベルの高さを披露しているものの、7ゴールを無効とされている。先週の日曜(23日のラージョ・バジェカーノ戦)、その前にハンドがあったとして日本人選手は得点を認められなかった。それは得点シーンの3分前のことだった。勝利したリーガ前半戦のオビエド戦ではオフサイドとファウルがあり2ゴールが認められていない。マラガ戦、アルバセテ戦、テネリフェ戦、アルメリア戦でも同様のことが起こった」

 記事によれば、岡崎はVARによって7点分のゴールがノーカウントになったという。それらが認定されていた場合、岡崎のゴール数は「12」に到達し、リーグ4位タイに相当する。いかに岡崎がスペインでも好プレーを見せているかが分かる数字となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00248585-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582764883
続きを読む

【サッカー】トッテナムMFデレ・アリ、FAから告発される…新型コロナに言及した不適切なSNS投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2020/02/27(Thu) 10:50:33 ID:DIMrqDZ79.net

イングランドサッカー協会(FA)が、トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリを倫理規定違反で告発した。26日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 アリは今月8日、「Corona whattt、ボリュームを上げて聞いて」というタイトルの動画をスナップチャットに投稿。フェイスマスクをした自撮りをし、カメラを一般アジア人男性に向けた、という内容のものだった。さらに、消毒器の写真に「僕を捕まえるには、ウイルスはもっと速くならないとね」と付け加え投稿していた。この一連の投稿はすぐに削除され、アリは9日に中国のSNSプラットフォームWeiboを通じて謝罪していた。

 FAは公式声明を通じて、デレの投稿がソーシャルメディアへの利用方法を規定したFAのルールE3に抵触している可能性があることを指摘した。

「トッテナムのMFの投稿は、『“侮辱”および/または“不適切”および/または“試合の信用失墜”』に関するFAのルールE3(1)に違反したと言われています」

「さらにこの投稿は、FAルールE3(2)で定義されている『明示または黙示を問わず、“人種”および/または“肌の色”および/または“民族的出身”および/または“国籍”への言及』が含まれていたため、『さらに重大な違反』に当たると主張されています」

「彼は2020年3月5日(木曜日)までに、(告発内容について)返答する必要があります」

 今季前半には、マンチェスター・Cに所属するポルトガル代表MFベルナルド・シルヴァが同様のケースでFAの処分対象に。同選手は昨年11月、自身のSNSに同僚のフランス代表DFバンジャマン・メンディの幼少期の写真と、菓子ブランド「コンギトス」のチョコレート色のキャラクター画像を並べて投稿したことで、1試合の出場停止と罰金5万ポンド(約700万円)の処分を言い渡された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-01040406-soccerk-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582768233
続きを読む

【サッカー】本田圭佑、今週末のブラジルデビュー危うし? 登録手続きはまだ完了せず

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/02/27(Thu) 06:20:15 ID:pXMsSAlb9.net

今週末の3月1日にブラジルでの公式戦デビューを飾ることが見込まれていたボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑だが、手続き上の問題のためデビューが先送りとなる可能性も出てきたようだ。ブラジル『グローボ』が26日に伝えた。

本田は1月31日にボタフォゴ加入が発表され、今月7日に現地入り。翌日の入団会見では、試合出場に必要なコンディションを整えるため2~3週間が必要だという見通しを示していた。

3月1日にはリオデジャネイロ州選手権の後期にあたる「タッサ・リオ」の初戦、ホームでのボアヴィスタ戦が予定されている。
この試合が本田のデビュー戦になると予想されていたが、試合に出場するために必要な書類手続きはまだ完了していないとのことだ。

ブラジルメディアによれば、今週末の試合でデビューを飾るためには現地時間26日中に選手登録を完了させる必要があるという。
カーニヴァルの影響で金曜日には担当機関が休業することもあり、残された時間に余裕はないようだ。

ボアヴィスタ戦に出場できない場合、チームの次の試合は3月7日にアウェイで行われるフラメンゴ戦。
だがボタフォゴはファンのためにテレビ放送のあるホームゲームで本田をデビューさせることを考えており、
3月15日に予定されるタッサ・リオ第3節のバングー戦までデビューがずれ込む可能性があるとの見通しも伝えられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00364552-footballc-socc
2/26(水) 22:46配信


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582752015
続きを読む

【サッカー】UEFA-CL決勝T1回戦第1戦 レアル・マドリード×マンチェスター・シティ、リヨン×ユベントス

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:久太郎 ★:2020/02/27(Thu) 06:55:38 ID:DIMrqDZ79.net

レアル・マドリード 1-2 マンチェスター・シティ
[得点者]
イスコ        (後半15分)
ガブリエル・ジェズス (後半33分)
ケヴィン・デ・ブライネ(後半38分)PK
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085318



リヨン 1-0 ユベントス
[得点者]
ルーカス・トゥザール(前半31分)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20085322


CL決勝T1回戦第1戦 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

7 名前:久太郎 ★:2020/02/27(Thu) 06:56:37 ID:DIMrqDZ79.net

>>1
マンCが敵地で逆転勝利!レアルはS・ラモスが一発退場で第2戦欠場に

[2.26 欧州CL決勝T R・マドリー1-2マンチェスター・C]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は26日、決勝トーナメント1回戦の第1戦が行われ、サンティアゴ・ベルナベウではレアル・マドリー(スペイン)とマンチェスター・シティ(イングランド)と対戦。シティが終盤の2ゴールにより逆転し、2-1で先勝した。

 22日のリーガ・エスパニョーラ第25節でレバンテに0-1で敗れ、首位陥落したレアル。3月1日にバルセロナ戦を控える中、先発3人を変更し、DFマルセロとMFトニ・クロース、負傷したMFエデン・アザールに代えて、DFフェルラン・メンディとMFフェデリコ・バルベルデ、FWビニシウス・ジュニオールを起用した。

 グループ首位通過のシティは、22日のプレミアリーグ第27節のレスター・シティ戦(1-0)から2人を変更。FWセルヒオ・アグエロとMFフェルナンジーニョに代え、DFニコラス・オタメンディとFWガブリエル・ジェズスがスタメンに名を連ねた。

 決勝トーナメント1回戦屈指のビッグマッチ。過去の対戦で2勝2分と負けていないレアルは、前線からのチェイスで主導権を握り、ピッチを幅広く使ってFWカリム・ベンゼマを中心にゴールに迫った。さらにDFセルヒオ・ラモスとDFラファエル・バランの両センターバックも流れの中で攻撃参加。そのスペースをMFカゼミーロが埋め、シティのカウンターに備えた。

 レアルの決定機は前半30分、サイドチェンジから左サイドのF・メンディがクロスを入れると、バックステップを踏みながらベンゼマが頭で合わせる。これはGKエデルソンの好セーブに遭い、ビニシウスがこぼれ球に反応するもミートできなかった。

 対するシティは、序盤こそレアルのプレスに苦しんだが、徐々に持ち味のパスワークを発揮。前半21分、MFケビン・デ・ブルイネのスルーパスを受けたジェズスがPA左で相手をかわして右足を振り抜くが、GKティボー・クルトワがストップ。チャンスを逃すと、33分にDFアイメリック・ラポルトが負傷交代を余儀なくされ、フェルナンジーニョがピッチに入った。アディショナルタイムにも左CKの流れからジェズスが右足ボレーシュートを放ったが、相手の決死の守備に阻まれた。

 インテンシティの高い一戦は、スコアレスのまま後半へ。シティは5分、自陣でのインターセプトからカウンターを発動。デ・ブルイネがドリブルで中央を駆け上がり、PA手前からMFリヤド・マフレズが左足を振り抜いたが、わずかに枠を外れる。11分にはMFイルカイ・ギュンドガンのパスで裏を取ったマフレズが絶妙なトラップから右足シュート。これはGKクルトワの好セーブに阻まれ、チャンスを逃した。

 すると、レアルが均衡を破る。後半15分、敵陣中央で一気に3人がボールホルダーにプレスをかけ、MFルカ・モドリッチが引っかけてショートカウンター。PA左からビニシウスが相手2人に挟まれながらも中央へ折り返し、フリーとなっていたMFイスコが落ちついて流し込み、ホームチームが先制に成功した。

 アウェーゴールが欲しいシティは後半28分にMFベルナルド・シウバを下げ、FWラヒーム・スターリングを投入。レアルも30分にビニシウスに代えて、FWガレス・ベイルを送り込んだ。

 ともに終盤の展開を考えてベンチが動いた形だが、奏功したのはシティだった。後半34分、PA左でデ・ブルイネが粘ってクロスを入れると、ジェズスがヘディングシュートを叩き込んで同点。さらに37分にはPA左に侵入したスターリングがDFダニエル・カルバハルのスライディングタックルを受けてPKを獲得。キッカーを務めたデ・ブルイネがベルギー代表対決を制して、一気に2-1と逆転した。

 アウェーゴール2つを許したレアルは、後半41分に短くなったバックパスをジェズスに奪われ、後方からS・ラモスが倒してしまい、一発レッドカード。数的不利の中、シティから同点ゴールを奪うことはできず、そのままタイムアップ。シティが2-1で先勝した。

 なお、第2戦は3月17日にエティハド・スタジアムで行われる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-43478584-gekisaka-socc

14 名前:久太郎 ★:2020/02/27(Thu) 06:57:44 ID:DIMrqDZ79.net

>>1
ユーベ沈黙…リヨンは先制から堅守構築、CL第1戦逃げ切り勝利

[2.26 欧州CL決勝T1回戦 リヨン1-0ユベントス]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は26日、決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、リヨン(フランス)とユベントス(イタリア)が対戦した。ホームのリヨンが前半に先制点を決め、1-0で逃げ切り勝利。第2戦は2月26日に行われる。

 セリエA首位のユベントスは4-3-3の布陣で、前線にFWファン・クアドラード、FWパウロ・ディバラ、FWクリスティアーノ・ロナウドを並べる。一方、リーグアン7位のリヨンは3-4-3の布陣。前線にはカメルーン代表FWカール・トコ・エカンビ、エースFWムサ・デンベレ、21歳の新星FWフセム・アワールが並んだ。

 ユベントスは序盤からリヨンの守備時5バックに苦戦。C・ロナウドを中心に仕掛けるが、攻撃はバリエーションが少なく、ゴールに向けない。逆にリヨンはスピーディな攻撃を展開。前半21分には左CKをトコ・エカンビがニアサイドで合わせ、クロスバーに直撃させる。

 ユベントスは前半30分にアクシデントに遭う。セットプレー時にDFマタイス・デ・リフトが交錯し、頭から大量出血。一旦ピッチ外に出て、治療を行うことになった。すると、一時的に10人のユベントスが失点を喫する。リヨンは同31分、左サイドのスローインからアワールがドリブルでPA左の深い位置に進入。中央に折り返すと、DFリュカ・トゥサールが左足ワンタッチでゴールに流し込んだ。

 前半残り時間はリヨンが圧倒。同34分にはデンベレが右足シュートでゴールを狙い、41分にはトコ・エカンビがユベントス守備陣のパスミスを奪ってPA内から右足シュートを放った。ユベントスも前半終了間際にC・ロナウドがPA手前からFKを放つが、相手の壁に直撃。前半はゴール枠内シュート0本で折り返すことになった。

 後半に入ってもユベントスはリズムをつくれない。後半16分にはMFミラレム・ピャニッチに代えてMFアーロン・ラムジーを、同24分にはクアドラードに代えてFWゴンサロ・イグアインを投入する。さらに33分にはMFアドリアン・ラビオを下げ、最後のカードとしてMFフェデリコ・ベルナルデスキを出場させた。

 リヨンは集中力を切らさず最後まで堅守を構築する。ユベントスは後半42分にディバラがゴールネットを揺らすも、オフサイドの判定。そのまま90分間で枠内シュート0本に終わり、試合終了。リヨンが第1戦を1-0で制した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-43478585-gekisaka-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582754138
続きを読む

【サッカー】<バスコ・ダ・ガマのサポーター>長友には「ブラジル来い」 本田とは異なる命令形勧誘・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/02/26(水) 22:41:21 ID:EIjB5V9s9.net

ブラジル1部の古豪ボタフォゴ入りしたMF本田圭佑(33)に続き、盟友のガラタサライDF長友佑都(33)にも、ブラジルからのラブコールの動きが本格化しつつある。

ガラタサライで登録外となり、公式戦に出場できず、中ぶらりんの立場となっている日本代表の左サイドバックに対し、
ボタフォゴと同じリオデジャネイロを本拠地とするリオ4大クラブの1つ、バスコ・ダ・ガマのサポーターが“勧誘運動”を開始。26日までに、静かに広がりをみせている。

ツイッター上には「#バスコ長友来い」とした投稿が増加傾向。同様の運動は、本田のボタフォゴ入りが報じられた際も、一気に拡散し、その盛り上がりでクラブが獲得に本腰を入れたと、同国メディアが報じたほど。
本田の際は、一時トレンド入りするほど沸騰。本田と面識のある山田彰在ブラジル特命全権大使も同様のツイートをするなどSNS上で大いに盛り上がりをみせた。

ただ、少し違いが…。
前回は「#本田さんボタフォゴに来て」と懇願形? だった。しかし、気さくで、誰とでも仲良くなれそうな? “コミュニケーションおばけ”、誰からも愛される長友には何と「来い」と命令形となっている。

“バスコ長友”の発端は、インテルミラノ時代の同僚で仲の良かったグアリンがバスコ入りし、インスタグラムで長友を“勧誘”したことが発端とされる。

2/26(水) 20:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-22260976-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582724481
続きを読む

【サッカー】<元日本代表FW工藤壮人(29> 新天地が決まらず…テスト参加していたポーランド2部が“不合格”を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/02/26(水) 22:57:30.30 ID:EIjB5V9s9.net

の新天地がなかなか決まらない。テスト参加していたポーランド2部が“不合格”を発表している。

柏レイソル下部組織育ちの工藤は、2009年にトップチームに昇格すると、2010年にJ2、2011年にJ1優勝を経験。2015年12月にはアメリカMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスに完全移籍を果たすも、1年でJリーグに復帰し、サンフレッチェ広島に加入した。昨季はレノファ山口FCに期限付き移籍。J2リーグで27試合4ゴールを記録した。

しかし、今年1月に期限付き移籍期間満了が発表された工藤。広島はクラブ公式サイトを通じて「今後の所属先につきましては、契約交渉中のため、決まり次第、お知らせします」と発表。オーストリア2部のクラーゲンフルトの加入テストを兼ねたトレーニングに参加し、テストマッチで結果を残したが、契約には至らなかった。

そして、今月はポーランド2部のザグウェンビエ・ソスノビエツのテストに参加。オドラ・オポーレとの親善試合に出場したが、アピールすることができず、ソスノビエツは公式フェイスブックを通じて「テストに参加していた工藤壮人は、ソスノビエツの新しいプレイヤーにはならない」と発表した。

オーストリアに続いて、ポーランド移籍も失敗に終わった工藤。早く所属クラブを見つけて、活躍する姿を見たいものだ。

2/26(水) 22:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-43478581-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200226-43478581-gekisaka-000-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582725450
続きを読む

【サッカー】< ”猿マネ男”>元韓国代表キ・ソンヨンはトラブルメーカー? マジョルカ行きに日本サポーターは不満…韓国メディア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/02/26(水) 20:42:01 ID:EIjB5V9s9.net

元韓国代表キ・ソンヨン(31)はトラブルメーカーであり、マジョルカ行きに日本サポーターが不満を抱いていると韓国メディアが報じた。

キ・ソンヨンのプロフィールと写真

韓国メディアは26日、日本メディアが同日「韓国の”猿マネ”男加入でマジョルカ久保建に難題浮上」とのタイトルで記事を掲載した、と伝えた。

同紙は「現在2部降格圏の18位に低迷するマジョルカは1月末、ニューカッスル(イングランド)を退団しフリーだった元韓国代表MFキ・ソンヨンを獲得した」とし、「1部残留に向けて貴重な即戦力として緊急補強」と説明。

その上で「日本のライバル国の元代表のキ・ソンヨンは、これまで数々の騒動を起こしてきたトラブルメーカー」と紹介しながらも、「2011年アジアカップ準決勝で日本を侮辱する”猿マネ”パフォーマンスで物議を醸したが、実力は折り紙付き。
久保にとってはポジションを争うライバルとなりかねない」として「日本メディアが危機感を示している」と韓国メディアが報じた。

一方、キ・ソンヨンはニューカッスルとの契約解除後、Kリーグ復帰を打診していたが、叶わなかった。その後、去る25日にマジョルカがキ・ソンヨン獲得のニュースを公式発表。同チームで背番号「10」を付けることが明かされた。

2/26(水) 15:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00252295-wow-spo

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20200226-00252295-wow-000-view.jpg

【サッカー】<マジョルカ“10番”の元韓国代表「キ・ソンヨン」>「久保建英とはきっと分かり合える」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582695286/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582717321
続きを読む

【サッカー】<バルセロナ>“移籍期限外”にエース強奪…被害者レガネスが怒りの声明

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名前:Egg ★:2020/02/21(金) 18:52:19 ID:oNZP70oY9.net

バルセロナは20日、レガネスからデンマーク代表FWマルティン・ブライトバイテを獲得したと発表した。すでに移籍ウインドーは閉じているが、特例による緊急補強。一方、移籍期間外にエースを奪われたレガネスは同日、怒りの声明を発表している。

「今日の朝、マルティン・ブライトバイテ選手は一方的な契約終了に至りました」――。

 レガネスのゼネラル・ディレクターを務めるマルティン・オルテガ氏は同日、沈痛な面持ちで記者会見に臨んだ。降格圏19位に沈む中、最多6ゴールを挙げていたストライカーが流出。元日本代表のハビエル・アギーレ氏が指揮するチームにとっては大きすぎる痛手だ。

 今冬の移籍期間はすでに終了している。しかし、バルセロナは1800万ユーロ(約22億円)と設定されていた契約解除金を満額支払うことでストライカーの獲得に成功した。その背景には、国際サッカー連盟(FIFA)も廃止を求めていたスペイン独自のルールがあった。

 スペイン紙『マルカ』によると、リーガ・エスパニョーラでは選手が6か月以上の負傷離脱をした場合、クラブは代役として無所属かスペイン国内クラブの所属選手に限って獲得を申し出ることができるルールがある。この申請がスペインサッカー連盟(REFE)に認められれば、選手獲得の交渉を行えるという流れだ。

 今回、バルセロナはFWウスマン・デンベレが全治6か月以上と診断されていたため、連盟の認可を得ることができた。続いて、レガネスやブライトバイテとの契約交渉に移ることになったが、設定されていた契約解除金を満額支払うことで、レガネスの引き止めを受けることなくこの手続きもパスした。

 一方、レガネスにとっては一大事となった。通常の期間内移籍ならまだしも、すでに移籍期間が終わっているため、代役のストライカーを獲得することはできない。すなわち、バルセロナが生み出した負傷者の空白を代わりに背負わされた形だ。オルテガ氏は「問題を他のクラブに押し付けるものだ」と批判する。

 こうした構造を受け、オルテガ氏は会見で「このルールはクラブ間が合意した場合にのみ適用できると理解していたが、この形ではクラブ間の平等に反している。われわれに取り返しのつかない損害を与えるものだ」と怒りの言葉を述べた。

 その上で「誰も諦めようとは思っていない」と力強い言葉。「1部リーグにたどり着き、定着するまでに長い時間がかかった。これからも必死で汗をかいていく。選手とコーチングスタッフを信頼している。誰もわれわれが降格するとは思って欲しくない」と1部残留に向けて意気込みを語っている。

2/21(金) 10:02配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200221-43478391-gekisaka-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200221-43478391-gekisaka-000-1-view.jpg

【サッカー】<バルセロナ>デンマーク代表FWマルティン・ブライトバイテの緊急補強が正式決定!契約解除金は約363億円に設定と発表
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582204145/


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1582278739
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(