【サッカー】<インテルDF長友佑都>1月移籍報道!「スペインかドイツ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/11(日) 11:17:48.11 ID:CAP_USER9.net

伊情報サイトのインテルニュースは独自報道として、
DF長友佑都(30)が1月にもインテルミラノを出て行く可能性があると報じた。

インテルが欧州リーグで敗退したことにより、必要な戦力が減り、
冬の移籍期間に長友が放出されるのではないかと伝えた。

長友は今季公式戦21試合中、9試合の出場にとどまる。

チームになじんでいることは認められつつも、
同じポジションの選手が加入すれば、長友が移籍せざるを得ないと予想し、
同サイトは「行き先はスペインまたはドイツ」とも伝えた。

日刊スポーツ 12/11(日) 10:07配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-01750293-nksports-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481422668
続きを読む

【サッカー】ヴァーディー復活のハットトリック!レスター、マンCを4-2で下す 岡崎途中出場

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/11(日) 04:23:03.23 ID:CAP_USER9.net

レスター 4-2 マンチェスター・シティ

1-0 3分 ヴァーディー
2-0 5分 アンディ・キング
3-0 20分 ヴァーディー
4-0 79分 ヴァーディー
4-1 82分 コラロフ
4-2 90分 ノリート

http://www.livescore.com/soccer/england/premier-league/leicester-city-vs-manchester-city/1-2252326/

78分 スリマニ → 岡崎慎司

12 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/11(日) 04:26:07.73 ID:CAP_USER9.net

ヴァーディー復活の“ハットトリック“でマンCに大勝。岡崎は後半途中出場
フットボールチャンネル 12/11(日) 4:20配信

ゴールを決めたジェイミー・ヴァーディー【写真:Getty Images】
【レスター 4-2 マンチェスター・シティ プレミアリーグ第15節】

 現地時間10日にプレミアリーグ第15節の試合が行われ、レスター・シティはマンチェスター・シティと対戦。ジェイミー・ヴァーディーなどがゴールを積み重ね、レスターが4-2の勝利をおさめている。

 レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はチャンピオンズリーグ(CL)ポルト戦でフル出場を果たしたものの、今節のマンチェスター・シティ戦はベンチスタートとなった。

 試合開始して3分、DFラインで跳ね返したボールからショートカウンターで一気に攻め込み、最後はヴァーディーが先制点を決めた。9月10日に行われたリバプール戦でゴールを決めて以降、約3ヶ月ぶりのゴールとなっている。

 さらに直後の5分、スローインからパスをつなぎ今度はアンディ・キングが豪快なシュートをたたき込んで2点目を決めた。続く20分にも、鋭いカウンターからマンチェスター・シティの守備を崩し、再びヴァーディーが追加点を決めている。

 そして78分、マンチェスター・シティのパスミスを拾ったヴァーディーが角度のないところからシュートを放ちゴールを決めた。ヴァーディーはハットトリックを達成している。

 82分にマンチェスター・シティのアレクサンダル・コラロフがフリーキックから直接決めて1点を返し、さらに89分にもノリートが2点目を決めた。しかし、結局レスターが4-2の勝利をおさめマンチェスター・シティを撃破。岡崎は後半途中出場を果たしている。

【得点者】
3分 1-0 ヴァーディー(レスター)
5分 2-0 キング(レスター)
20分 3-0 ヴァーディー(レスター)
78分 4-0 ヴァーディー(レスター)
82分 4-1 コラロフ(マンC)
90分 4-2 ノリート(マンC)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161211-00010003-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481397783
続きを読む

【サッカー】大迫先発フル出場 ドルトムント、ロイスのAT弾でケルンと辛くも引き分け 香川ベンチ外 第14節

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:動物園φ ★@\(^o^)/:2016/12/11(日) 01:26:39.13 ID:CAP_USER9.net

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161211-00000019-goal-socc

10日、ブンデスリーガ第14節が行われ、ケルンとドルトムントが対戦した。

ケルンは4-3-3のシステムで大迫勇也がトップ下で先発。ツートップにはエースのアントニー・モデスト、アルトムス・ルドニェフスが並んだ。ミッドウィークにレアル・マドリーと対戦したドルトムントはお馴染みの4-1-4-1。ウスマン・デンベレが内側でスタートし、右サイドにエリック・ドゥルム、左サイドにマルコ・ロイスが入った。なお、香川真司はベンチ外となっている。

序盤から両者激しく攻め合い、相手ゴールへと迫る。ケルンはルドニェフスが左サイドを突破し、クロス。フリーのサリフ・エズカンがシュートを放つが、バーの上へと外れていく。逆にドルトムントは9分、細かいパス回しから最後はロイスのラストパスをピエール=エメリク・オーバメヤンが合わせて、ネットを揺らすもオフサイドの判定でノーゴール。

しかし、時間が進むにつれ、ペースは地力で上回るドルトムントへ。ゴールは時間の問題かと思われたが、ケルンがワンチャンスを生かす。28分、ヨナス・ヘクターのFKにニアでルドニェフスが合わせ、ケルンが大きな先制点を手にする。

ドルトムントは同点弾を目指し、反撃に出るが、ケルンの集中した守備の前にシュートまでは至らず。前半はホームのケルンが1点をリードして終了する。

後半に入ってもカウンターからケルンが好機を狙う展開は続く。モデストが裏へ抜け出して、キーパーをかわし、シュートを流し込もうとするが、惜しくもサイドネットに。ケルンにとっては大きな追加点のチャンスだったが、試合を決定づけることはできず。

ボールを支配しながら、なかなかゴールへと近づけないドルトムントはセバスティアン・ローデを投入し、中盤の活性化を図る。

しかし、ドルトムントの攻撃陣は焦りと苛立ちからミスを減らすことができず、危険なカウンターを許すシーンが散見される。67分にはカウンターから大迫が抜け出し、ラストパス。惜しくもあと一歩のところで味方には届かず、決定機には結び付けられなかったが、ゴールの匂いを感じさせた。

ドルトムントはDFを下げ、アドリアン・ラモスを入れて同点を狙いに行くが、ボールをなかなか最前線まで運べない。

しかし、ドラマは最後に待っていた。90分、右サイドを突破したラモスのクロスからロイスが合わせて、ついに待望の瞬間を迎える。ドルトムントが大きな同点弾を手にして、試合は終了。1-1のドローで、勝ち点1を分け合った。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481387199
続きを読む

【サッカー】<ザッケローニが本田の適正について持論>「彼はトップ下の選手。足元でボールを受けてから発想する」「サイドができない」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/10(土) 19:04:39.84 ID:CAP_USER9.net

ウインガーとしての適性ゼロ 「彼はトップ下の選手。足元でボールを受けてから発想する」

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は11日の敵地ローマ戦で6試合連続の先発落ちが予想されている。今季先発出場1試合でベンチ要員と化している背番号10について、かつて師弟関係にあったアルベルト・ザッケローニ元日本代表監督は「ケイスケはサイドができない」と辛辣な指摘。ミランと日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督に対して、背番号10のウインガーとしての適性ゼロと持論を展開している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

 本田はミランで最大の窮地に立たされている。これまで右サイドで出場機会を手にしてきた本田だが、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は同じ左利きで局面打開力、スピード、テクニック、創造性で優れるスソを右ウイングに固定。本田は昨季からリーグ通算1得点3アシストという不発ぶりだが、スソは今季だけで5得点6アシストと大活躍している。

「スソが本田のポジションを奪ってしまったが?」という質問に、かつての恩師はあっさりと苦境を認めた。

「そうだ。しかし、ケイスケはサイドができない。長い間、前から言っていることだけどね。彼はトップ下の選手だ。足元でボールを受けてから発想する。1試合で100回ボールタッチする必要がある。彼にはそれが出来る。決して疲れない。だが、ウイングはよくない。スソとニアンはアンタッチャブルで動かせない」

新天地では「自分の家」でプレーできるか

 ザッケローニ氏は本田にサイドの適正がないと主張している。ミランでも本田のスピード不足と局面打開力の欠如が問題視されているが、歴代のミラン監督は本田を中央で起用するケースが少なかった。

 ザッケローニ氏は日本代表で4-2-3-1を採用し、本田をトップ下で起用したが、ミランでは右サイドを主戦場としている。昨季開幕直後に4-3-1-2システムをテストしたシニシャ・ミハイロビッチ元監督は本田をトップ下で起用するも、奏功せずにシステム変更をしていた。日本代表でもハリルホジッチ監督は右サイドで本田を起用するが、その適正はないとザッケローニ氏は語っている。

 本田自身も「自分の家」とトップ下へのこだわりを見せているが、ミランと現在の日本代表にそのポジションはない。そして、バランサーとして評価された昨季から攻撃で違いを見せるシーンが激減している。来年1月の移籍が報じられている本田だが、新天地ではトップ下でプレーできるだろうか。

Football ZONE web 12/10(土) 18:52配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161210-00010015-soccermzw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481364279
続きを読む

【サッカー】<湘南ベルマーレ>元日本代表MF山田直輝の浦和からの期限付き移籍を延長!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/10(土) 11:23:24.68 ID:CAP_USER9.net

 湘南が、元日本代表MF山田直輝(26)の浦和からの期限付き移籍を延長することが9日、濃厚となった。

 山田は15年から期限付きで湘南に加入。浦和との契約は今季で満了となるが、再契約後、来季も湘南でプレーすることになった。

今季は負傷の影響でリーグ11試合の出場に終わったが、最終節に2得点するなど高い技術と豊富な運動量が光るアタッカー。甲府も獲得に動いていたが、1年でのJ1復帰を目指す湘南での戦いを選んだ。

スポーツ報知 12/10(土) 6:03配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000340-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481336604
続きを読む

【サッカー】アトレティコ、新スタジアム名は「ワンダ・メトロポリターノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2016/12/10(土) 14:10:48.49 ID:CAP_USER9.net

 アトレティコ・マドリー(スペイン)は現地時間9日、来季から使用するスタジアムの名前を発表。新スタジアムの名前は「ワンダ・メトロポリターノ」となると明かした。

 アトレティコは今季を最後に、1966年から使用していた本拠地「ビセンテ・カルデロン」から移転。来季は「エスタディオ・オリンピコ・デ・マドリー(通称ラ・ペイネタ)」を改築したものを使用することを発表していた。

 その名称だが、アトレティコは9日に行なわれたイベントで「ワンダ・メトロポリターノ」になると発表。昨年クラブの株式20%を取得した中国企業「ワンダ・グループ」の名を冠した新スタジアムは、収容人数約6万7000人になるという。(STATS-AP)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000016-ism-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481346648
続きを読む

【サッカー】<セレッソ大阪>元アーセナルFWパクチュヨン獲り!柿谷とコンビならJ1屈指の破壊力

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/10(土) 10:41:14.13 ID:CAP_USER9.net

 J1復帰を決めたC大阪が、来季の新戦力として、元アーセナルの韓国代表FW朴主永(パクチュヨン)(31=FCソウル)の獲得に乗り出していることが9日、分かった。

複数の関係者によると、FCソウルとの契約が来季まで残る中、違約金などを含め獲得に向けた調査を始めたもよう。今後、正式オファーに発展する可能性があるという。過去に3度のW杯に出場するなど実績十分のアタッカーが加入すれば、戦力アップとなることは間違いない。

 20歳でW杯ドイツ大会に出場した朴主永は、08年にFCソウルからフランス1部モナコに加入。11年には欧州の名門アーセナルに移籍した。プレミアでは目立った活躍はできなかったが、その後は複数クラブを渡り歩き、15年に古巣FCソウルに復帰。今季は34試合に出場し10得点を挙げ、リーグ制覇に貢献した。

 補強に関して玉田社長が「新監督の意向も踏まえて」と話すように、来季から指揮を執る尹晶煥(ユンジョンファン)氏を交え、すでにC大阪は2度の編成会議を実施。その中で、朴主永が国外を含め移籍を視野に入れているという情報を得て水面下で動き出した。違約金や年俸に見通しが立てば、オファーを提示できる条件が整う。

 ほかにも外国人を含め複数のFWを獲得候補に挙げながらも、前日に結婚を発表した柿谷と朴主永が前線でコンビを組めば、J1屈指の破壊力を誇ることになる。今後の動向に注目が集まる。

 ◆朴主永(パク・チュヨン) 1985年(昭60)7月10日生まれ、韓国・大邱広域市出身の31歳。高麗大在学中にFCソウルに入団し、モナコ、アーセナルなどに在籍。韓国代表として3度のW杯に出場し、ロンドン五輪にはオーバーエージ枠で出場。1メートル82、75キロ。利き足は右。

スポニチアネックス 12/10(土) 8:25配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000080-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481334074
続きを読む

【サッカー】<元日本代表>FW大黒将志(36わだかまり解け京都に復帰!“昇格請負人”MF本田拓也は山形が獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★@\(^o^)/:2016/12/10(土) 05:46:44.63 ID:CAP_USER9.net

山形に期限付き移籍していた元日本代表FW大黒将志(36)が、京都に来季復帰することが9日、分かった。

 大黒は石丸前監督との構想から外れ、シーズン開幕直前の2月に山形へ移籍。だが、すでに京都幹部と大黒が面談し、両者のわだかまりは解けた。布部新監督も貴重な戦力と考えている。

 山形ではリーグ26試合9得点とチームトップの得点。ベテランになってもゴール嗅覚は衰えていない。京都はMF堀米の7得点がチーム最多で、総得点はリーグ10位の50得点。J1通算204試合69得点、J2通算163試合84得点の点取り屋は大きな“補強”だ。

 大黒柱のFWエスクデロは残留濃厚。元日本代表FW田中マルクス闘莉王の獲得も目指している。そこに大黒が復帰。強力な縦のラインを形成し、10年以来のJ1昇格を成し遂げる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161210-00000001-spnannex-socc

J2モンテディオ山形が、来季からJ1に昇格する清水の元日本代表MF本田拓也(31)を完全移籍で獲得することが9日、複数のJリーグ関係者の話で分かった。今季は清水のJ1復帰に貢献した経験豊富なボランチが、2年連続で“昇格請負人”となる。また、来季J3に降格する北九州から、MF風間宏希(25)が完全移籍で加入すると発表。中盤の補強が着々と進んでいる。

 来季のJ1昇格を目指す山形に、心強いベテランがやって来る。本田は球際の強さで相手からボールを奪い取る堅守が持ち味。前線へのパスセンスも抜群で、攻撃の起点にもなれる。

 J1清水の主将を務めた昨季は、くしくも年間最下位を争った山形とともに、チームにとっても自身にとっても初となるJ2降格。1年でのJ1復帰を合言葉に臨んだ今季、一時は10位と苦しんだが、最後はクラブタイ記録となる9連勝で、自動昇格圏の2位に食い込んだ。本田はけがに泣かされたこともあり、リーグ戦42試合中19試合の出場だったが、9連勝中は5試合に先発して貢献した。

 山形のボランチは、今季リーグ戦37試合に出場したアルセウ(32)、鹿島から期限付き移籍している梅鉢貴秀(24)の退団が決定。プロ10年目の松岡亮輔(32)は攻守に存在感を発揮したが、FW登録の川西翔太(28)が“コンバート”された時期もあった。元日本代表の加入により、中盤の底が安定しそうだ。

 本田の他にも、J1浦和DF加賀健一(33)、J2愛媛からはFW阪野豊史(26)、FW瀬沼優司(26)、DF茂木力也(20)の獲得にも乗り出している山形。木山隆之新監督(44)の下、J1昇格に向けて戦力を整えていく。

 ◆本田 拓也(ほんだ・たくや)1985年4月17日、神奈川・相模原市生まれ。31歳。桐光学園高から法大を経て、2008年に清水に入団。U―16、17、21、22、23の各世代日本代表に選ばれ、10年にはA代表に初選出された。11年に鹿島に完全移籍し、13年7月から清水に復帰。国際Aマッチ通算2試合出場無得点。J1通算145試合出場4得点。J2通算19試合出場無得点。177センチ、75キロ。血液型O。利き足は右

スポーツ報知 12/10(土) 5:04配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000268-sph-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1481316404
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(