【サッカー】<W杯アジア2次予選全結果>西野タイが強豪UAEを破る大金星! 本田圭佑が率いるカンボジアは3連敗と危機的状況に…

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/16(水) 08:34:35.97 ID:9iEunos39.net

元広島のFWティーラシンが先制ヘッドで西野タイを勝利に導く
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191016-00065398-sdigestw-000-5-view.jpg

10月15日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の第4節が各地で開催され、元日本代表監督の西野朗氏が率いるタイが、グループ首位攻防戦となった強豪UAEとの一戦で大金星を挙げた。
 
 チャナティップやティティパンなど、主力を欠くタイだったが、26分に左サイドからのクロスに、昨年まで広島でプレーしたFWティーラシンが頭で合わせて幸先良く先制。前半アディショナルタイム2分にUEAに1点を返され、一度は試合を振り出しに戻されるも、51分にMFエカニットが勝ち越しゴールを決めて再び突き放す。そのまま最後までリードを守り抜いたタイが2-1で競り勝ち、グループ首位に浮上した。
 
 また、10日のイラン戦で0-14の大敗を喫した、元日本代表MF本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジアは、火曜日のイラク戦でも0-4の敗北を喫して3連敗。1分け3敗でグループ最下位に沈んでいる。
 
 そのほか、29年ぶりのピョンヤン開催となった南北対決、北朝鮮対韓国の一戦は、お互いに決め手を欠きスコアレスドロー。日本と同グループのもう1試合では、キルギスが2-1でモンゴルを下し、2位に浮上している。
 
 火曜日に行なわれたアジア2次予選・第4節の全試合結果は以下の通りだ(国名横のカッコ内数字は勝点)。
 
【グループA】
フィリピン(4) 0-0 中国(7)
シリア(9) 4-0 グアム(0)
※試合なし=モルディブ(3)
 
【グループB】
台湾(0) 1-7 オーストラリア(9)
ヨルダン(7) 3-0 ネパール(3)
※試合なし=クウェート(4)
 
【グループC】
カンボジア(1) 0-4 イラク(7)
バーレーン(7) 1-0 イラン(6)
※試合なし=香港(1)
 
【グループD】
シンガポール(4) 1-3 ウズベキスタン(6)
パレスチナ(4) 0-0 サウジアラビア(5)
※試合なし=イエメン(2)
 
【グループE】
インド(2) 1-1 バングラデシュ(1)
カタール(10) 2-1 オマーン(6)
※試合なし=アフガニスタン(3)
 
【グループF】
モンゴル(3) 1-2 キルギス(6)
タジキスタン(6) 0-3 日本(9)
※試合なし=ミャンマー(0)
 
【グループG】
インドネシア(0) 1-3 ベトナム(7)
タイ(7) 2-1 UAE(6)
※試合なし=マレーシア(3)
 
【グループH】
北朝鮮(7) 0-0 韓国(7)
スリランカ(0) 0-3 レバノン(6)
※試合なし=トルクメニスタン(3)

10/16(水) 5:33 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00065398-sdigestw-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571182475
続きを読む

【サッカー】<日本サッカー協会>元アーセナル監督の名将ベンゲル氏にアドバイザーリーもしくはテクニカルディレクターの就任を打診!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/16(水) 08:43:00.97 ID:9iEunos39.net

日本サッカー協会が元アーセナル監督の名将、アーセン・ベンゲル氏(69)の招へい計画を進めていることが15日、分かった。複数の関係者によれば、アドバイザーもしくはテクニカルダイレクターの就任を打診しているという。実現すれば来年の東京五輪、22年W杯に向け、A代表から育成年代まで幅広いサポートが期待できそうだ。

 ベンゲル氏は95~96年には名古屋を指揮、天皇杯制覇に導くなど日本サッカーにも精通。その後、22シーズンにわたり名門アーセナルを指揮。プレミアで3度、FA杯で7度優勝の実績。アンリ、セスク・ファブレガスらを育て上げるなど若手育成にも定評がある。

 昨年W杯ロシア大会中には田嶋会長がベンゲル氏と会談し、日本サッカーについて議論したという。実は昨夏にも日本協会はテクニカルダイレクター的な立場での招へいに動いた経緯もある。ベンゲル氏への信頼は今も絶大で今回も継続的に打診したとみられる。

 ベンゲル氏は先月、吉本興業とマネジメント契約を締結。その際「東京に戻ってきます。本当にうれしいです。日本サッカー界の皆さまに再会できることを心待ちにしています」とコメントし、今後は日本でも活動の場を広げることが確実。名将の今後が注目される。

 ◆アーセン・ベンゲル 1949年10月22日生まれ、フランス・ストラスブール出身の69歳。現役時代はMF。84年、ナンシーで監督業をスタート。モナコ、名古屋を経て96年からアーセナルを指揮。03~04年には26勝12分けでシーズン無敗優勝するなどプレミアリーグを3度制覇。18年に退任。03年には大英帝国勲章を受勲している。

10/16(水) 6:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191016-00000122-spnannex-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571182980
続きを読む

【サッカー】<日本代表の森保監督>なぜ久保建英を起用しないのか?輝き失う堂安律…謎だらけの采配と人選..

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/16(水) 09:07:10.23 ID:9iEunos39.net

【タジキスタン 0-3 日本 カタールワールドカップ・アジア2次予選 第3節】

 日本代表は15日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第3節でタジキスタン代表と対戦し、3-0で勝利している。これでアジア2次予選3連勝とした日本代表は、グループF組で単独首位に立つことになった。

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! カタールW杯の日本代表イレブンを予想

 前半は相手のしっかりとした対応に手を焼き、得点を奪うことができなかった森保ジャパン。後半に入ってFW鎌田大地をトップ下のような位置で起用し、MF南野拓実を最前線に置くことで攻撃の形がやや発揮できるようになり、結果的に南野の2得点とFW浅野拓磨の得点で合わせて3点を奪ったが、恐らく今回のアジア2次予選で最も苦戦し、そして課題が浮き彫りになった試合と言えるだろう。

 森保一監督の選手起用にも疑問が残った。とくに2列目の人選だ。日本代表はここまで4-5-1のフォーメーションを基本とし、ほぼ主力を固定した状態で戦ってきたが、その分相手には簡単に対策されてしまう。AFCアジアカップ2019の決勝・カタール戦、そして今回のタジキスタン戦でもうまく対策され、苦戦を強いられた。だからこそ、森保監督は新たな選手をスタメンで起用し、可能性の幅を広げる必要があった。

 実際、10日に行われたモンゴル戦ではMF伊東純也を右サイドハーフで起用し、大当たりだった。背番号14のスピード、クロスの質は日本代表の新たな武器になり得るほど脅威となっており、6-0の大勝は彼の力なくしては果たせなかっただろう。スタメンに新たな選手を起用し、その選手が活躍すれば日本代表にとっても大きなプラスだ。

 しかし、森保監督がタジキスタン戦に送り込んだ2列目の選手はMF中島翔哉、南野、MF堂安律といったいつもとは変わらぬ顔ぶれ。モンゴル戦で好調だった伊東、最も出場が期待されていたMF久保建英の名前もなかったのだ。

 そして、いざ試合が始まると日本代表は苦戦。南野は結果的に2ゴールを挙げ好調ぶりをアピールしたが、中島の守備は相変わらず向上しておらず、堂安は利き足である左足を封じられると何もできなくなる。縦に行くにも単調なリズムなので相手に囲まれる。よっぽど技術力の高い久保を起用した方が良いのは序盤から明らかだった。

 アシストを記録したもののそれほど存在感を示せていなかった中島は64分に浅野と交代でベンチへ下がった。妥当だ。しかし、右サイドでもはや輝きを失っていた堂安はまだ出ている。久保にはまだ声が掛からなかった。

 ようやく森保監督が久保をピッチに送り出したのは終了間際の87分であった。遅すぎる。しかも交代するのは南野だ。疑問だらけである。

 しかし、久保は短い時間でもさすがの存在感を放つ。AT、左サイドでボールを受けた久保は相手DF2人を巧みなコントロールで外しながら最後は浅野へ右足でクロス。決定機を生み出した。久保に技術があるのは誰もがわかっている。マジョルカでのプレーを見ていれば、このくらいのことは当たり前にやることはわかっている。にもかかわらず、森保監督はなぜこんなにも中途半端な時間に使ったのか。やはり理解に苦しむ。

 久保を起用することで守備面での懸念はあるかもしれない。ただ、同選手は決してディフェンスが下手であるわけではない。マジョルカでも奮闘している。フィジカルではどうしても劣るところがあるが、だからこそこうした舞台で試す必要もあったのではないか。

 仮に森保監督に久保をスタメンで起用する考えがないならば、いまはクラブでのプレーに集中させるべき。マジョルカへのレンタル期間は久保にとって今後の運命を占う上で重要なものとなるからだ。現在のチームでは攻撃の中心的存在になりつつあるといっても過言ではないが、だからこそ今はチームメイトと多くの時間を共有し、より久保中心のチーム作りを加速させていくことも必要となるはず。その貴重な時間を代表チームが潰してはならない。

 10月シリーズでは、メンバー固定による課題が浮き彫りとなった。DF冨安健洋も負傷し、最もチャンスを与えるべき男・久保は2試合でたった5分間の出場に留まった。森保監督の采配や人選などにかんしては、間違いなく改善が必要である。

10/16(水) 7:30 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00343085-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191016-00343085-footballc-000-1-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571184430
続きを読む

【サッカー】日本代表、DF冨安健洋の負傷離脱を発表…DF室屋成(FC東京)を追加招集

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:砂漠のマスカレード ★:2019/10/11(金) 07:29:20.13 ID:LZazKhIe9.net

日本サッカー協会(JFA)は11日、日本代表からDF冨安健洋(ボローニャ)の負傷離脱と、DF室屋成(FC東京)の追加招集を発表した。

冨安は10日に行われた2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選ならびにAFCアジアカップ中国2023予選のモンゴル戦(6-0で勝利)に先発出場したが、終了間際に負傷。
左太もも裏を痛めてピッチを後にし、試合後に検査のため病院へ直行していた。

室屋は6月のキリンチャレンジカップ2019以来となる代表復帰となった。
2017年12月のEAFF E-1サッカー選手権2017でA代表デビューを飾り、これまで通算9試合に出場している。

日本代表は次戦、15日にアウェイでタジキスタン代表と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00988597-soccerk-socc
10/11(金) 7:14配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1400645/270
成績

DF室屋 成
フリガナムロヤ セイ
背番号2
身長/体重176cm/69kg
生年月日1994年4月5日
出身地大阪
血液型A
所属チーム名ゼッセル熊取FC-青森山田高-明治大

25試合 0得点

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/264000/263934/news_263934_1.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570746560
続きを読む

【サッカー】<本田圭佑のカンボジア>アジア2次予選3連敗!ホームでイラクに0-4...

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:Egg ★:2019/10/15(火) 22:38:44.97 ID:TZO7YvTO9.net

【カンボジア 0-4 イラク W杯アジア2次予選】

 カタールワールドカップ・アジア2次予選グループリーグC組のカンボジア対イラク戦が15日に行われ、アウェイのイラクが4-0で勝利を収めた。

 本田圭佑が実質的監督を務めるカンボジア代表は、10日前にテヘランで行われたイラン代表との試合に「0-14」という衝撃のスコアで歴史的大敗。続いてホームに迎えるイラクもアジア屈指の強豪国だが、前節の屈辱を払しょくする戦いを見せたいところだった。

 だがやはり地力に勝るイラクは前半から優位に試合を進めていく。22分にはゴール前の浮き球をMFイブラヒーム・バイシュが頭で押し込んで先制点。41分にも左からのクロスにヘディングで合わせたFWモハナド・アリが追加点を挙げ、前半を2点差で折り返した。

 後半にもイラクはリードを広げていく。57分にはMFアムジャド・アトワンが強烈なミドルシュートを突き刺して3点目。その5分後にも右CKからのクロスをDFアハマド・イブラヒムがヘディングで叩き込んだ。

 イラン戦ほどの大差は免れたとはいえ、カンボジアはホームで4点を奪われての敗戦。2次予選では初戦で香港と引き分けたあとバーレーン、イラン、イラクに3連敗を喫してグループ最下位に沈んでいる。

【得点者】
22分 0-1 イブラヒーム・バイシュ(イラク)
41分 0-2 モハナド・アリ(イラク)
57分 0-3 アムジャド・アトワン(イラク)
62分 0-4 アハマド・イブラヒム(イラク)

10/15(火) 22:25配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00342996-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191015-00342996-footballc-000-2-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571146724
続きを読む

【サッカー】日本代表、3-0でタジキスタンに勝利! 南野2ゴール+浅野1ゴール

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:豆次郎 ★:2019/10/15(Tue) 23:05:34 ID:PEZWOlom9.net

2022年カタールワールドカップ
アジア2次予選
第3戦

日本 3-0 タジキスタン

南野
南野
浅野

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/member/2019101501
https://amd.c.yimg.jp/im_sigguFzBbkVGR6Jg7vJ8K7.Kfg---x900-y628-q90-exp3h-pril/amd/20191015-00000199-spnannex-000-5-view.jpg


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571148334
続きを読む

【サッカー】日本代表スタメン発表 1トップは鎌田大地! 堂安律、植田直通らも先発入り。久保建英はベンチスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:久太郎 ★:2019/10/15(火) 20:16:12.48 ID:mbXotZMQ9.net

2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第3戦・タジキスタン代表戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。

▽GK
12 権田修一

▽DF
5 長友佑都
22 吉田麻也
19 酒井宏樹
2 植田直通

▽MF
13 橋本拳人
7 柴崎岳
10 中島翔哉
9 南野拓実
21 堂安律

▽FW
18 鎌田大地

 10日に行われたアジア2次予選の第2戦・モンゴル代表戦では6-0の大勝を収めた森保ジャパン。攻守両面で相手を圧倒する形となったが、果たしてタジキスタン戦ではどのようなパフォーマンスを見せるか。

 スタメンはモンゴル戦から4名を変更。10日の試合で負傷した冨安健洋の代わりは植田直通が務める。また、ボランチには橋本拳人が入り、右サイドハーフにはモンゴル戦では伊東純也が起用されていたが今回は堂安律が入る。1トップは鎌田大地が務めるようだ。

 アジア2次予選3連勝を懸けて挑むタジキスタン戦。相手も現在アジア2次予選で連勝中と侮ることはできないが、森保ジャパンはアウェイで勝ち点3を奪うことができるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191015-00337834-footballc-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571138172
続きを読む

【サッカー】本田圭佑“監督”「強がりと思われるかもしれないけど…」 カンボジア14失点大敗も指導理念ぶれず

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1 名前:ひかり ★:2019/10/11(金) 16:12:55.20 ID:wUzZlC5/9.net

 サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選が10日、各地で行われ、元日本代表の本田圭佑(33)が実質的な監督を務める
C組のカンボジアはアウェーのイラン戦で0ー14の大敗を喫した。開始早々からワンサイドゲームとなり、前半、後半にそれぞれ7失点した。

 屈辱的な惨敗から一夜明けた11日、本田は自身の公式ツイッターを更新し、「誤魔化したような戦いをして失点を減らすよりも、現在地を全員が認識してから
改善していく方が実は近道なんです。強がりと思われるかもしれないけど、事実やから」とつぶやいた。目先の結果にとらわれず、将来を見据えた指導信念を
貫徹していく考えをあらためて強調した。

 カンボジアはアジア2次予選3試合で勝ち点1にとどまり、C組最下位に沈んでいる。国際サッカー連盟のランキングはカンボジアの169位に対し、
イランはアジア最上位の23位。日本は31位。

中日スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00010015-chuspo-socc


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570777975
続きを読む
About
このサイトについて
外部サービス
twitter FaceBook はてなブックマークに追加
記事検索
アクセスランキング
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
スポンサー
  • ライブドアブログ
background:url(